2008-09-28 20:27:37

ショパン~明日は明日の酒がある

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

社会人の皆様、飲んだくれてる学生の方々、





日本を動かしてる政府の皆様、





そしていつの間にかニートになってたりと、

色々動きのあるげんかやメンバーの皆様、








日々の業務大変お疲れ様です!!

(飲むのも仕事だ)









どうも、名古屋よりこんばんわ、コムゾーです。







最近消息不明状態だったので、少々近況報告をしたいと思います。






げんかやメンバーから遅れること一年。






長かった学生生活を終え、社会に羽ばたいた私ですが、






会社に入り、長らく住んでいた目白を離れ横浜にある会社に寮へ

入寮しました。






待っていたのは、






熱烈な酒の歓迎。





酒を扱う会社なので当然と言えば当然。






げんかやファンだという同期とともに毎晩毎晩来る日も来る日も










焼酎と泡盛を飲み続けていました。

(二人で三日で一升あけてました)











そんな日々も長くは続かず。








半年後、仮配属で異動通知をうけました。








場所は名古屋。







見知らぬ土地に降り立った僕がまずやったことは・・・・








実家に焼酎を発注。








・・・・さびしかったんだよ泣






焼酎にすがるしかない日々。






得意先に米焼酎白岳1.8ℓの紙パックを購入しにいってたんですが、






一週間に三本=2000×3=6000





週6000円は痛い。





ということで、実家から取り寄せしたんですが、










おやじ「会社の人に球磨焼酎を紹介してくれ」

こむ「わかった(・∀・)」






一升瓶6本が届きました。







でも飲んでみないと味わかんねー。









飲んじゃえ♪










・・・一か月後、















実家に再発注。

(全部一人で飲んじゃった♪テヘ)

















オヤジ、うまかったぜ。












ただ気になることがある。










俺、入社以来、





















毎日二日酔いだ(・∀・)アタマイテーヨ♪

















名古屋へいらした際は、是非お声掛けを♪




























AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-12-18 00:10:55

ショパン~屁のツッパリはいらんですよ~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。
最近よく聞かれることがあります。



「クリスマスは何するんですかぁ?」


 



しっかり予定が入っている僕は胸を張ってこう答えます。
(ふふふ、多忙なのよ)



















「某政治家の
パーティバイトですよ
(・∀・)」

















・・・・。
(何も言うな泣)






クリスマスって何ですか?




どうも、こむぞーです。







最近はまじが以前バイトしていた割烹で週5で
バイトしているのですが、
割烹といったら夜の賄い。






貧乏学生には嬉しい時間。
ちょっと高級なとこなのでうまいに決まってる。





ホタテの焼き物・エビフライ・寿司と色々ある中で、
そんな美味しいに決まってるものを全部スルーして
チョイスする一品。









それは・・・





茶碗蒸し。
(はまじオススメの一品)







ダイエットも兼ね夜メシは茶碗蒸しだけ
っていう生活をしていたら、










 




飽食の日本において餓死する
危険に陥りました。
(目の下のクマは消えず、フラフラしまくる)







朝はデパ地下バイト、昼は授業、夜は割烹バイトと
中々ハードな一日を過ごしてる僕は,
(単位下さい)





授業中腹が鳴るのにもめげず、

お菓子食ってる女子大生に負けず、









昼間っから「大学で」げんかやメンバーと
酒飲んだ思い出に負けず、
(現在大学で一人ぼっち)





おにぎり一個とかパン一個で割烹バイトまで粘っていた。




しかし、そんな生活を一ヶ月も続けていたら
切実に思うようになる。










いかん、
このままでは倒れる・・・
(・∀・;)ヤベェ






手軽に栄養を取れるものはないだろうか・・・










考えた。考えた。考えた。
(普通にメシ食えという発想がなかった)






これだ!!





















豆乳クッキーダイエット!
(一食140キロカロリー。栄養豊富)





思い立ったらすぐ行動。

12月頭にバイト代が入った勢いで購入しました。

意外と腹持ちもよく、味も悪くない。
強いて言えば少し高いぐらい。



俺は無敵だ!




とドラゴンボールZのスーパーサイヤ人化した
べジータの如く、フハハハハと高笑いしていました。




しかし、


豆乳クッキーを購入したと聞いた内定者同期(♀)から、










「あれ(豆乳クッキー)って自分で作れるよ」














!!!!!
(気分は人造人間にやられ、ワナワナ震える
スーパーべジータ)















俺は6000円出したぞ・・・
((・∀・;))ワナワナ






でもまぁ俺には作れないから仕方ない。




俺の料理=炒める煮る注ぐ
(ご飯や野菜を炒める・大根を煮カップめんに湯を注ぐ)







哀れなこむぞーにさらにはまじが一言。








「つーか6000円出せるんなら、
俺に2000円返せ(・∀・)バカヤロ




もう少し待て、はまじ!!(すまん)










クッキー以外に安く痩せる方法はないかと思って

まぁモノはためしだと思って健康食品会社を
経営している社長に
痩せるには何がいいかと聞いてみました。
(女性必見)













「酢」










確かに。
酢はここの所ずっーっと飲んでるので
効果は確かにあることが俺の中で実証されている。
代謝促進。
(食べた後にお酢を飲むのが効果大)




しかし、社長は続けざまに一言言った。
(女性必見)







「要はね、


















・・・・運動するのが一番だよ
(・∀・)」








歩け、走れ、筋トレやれ。






m(_ _;)m




そんなこんなで今日も頑張ってダイエットしています。





で、最近夜バイトでお客さんの席に
コンパニオンさんがきたのですが、
そこで女将さんが一言言いました。







「こむぞーさん、
どの子が一番好みだった?(・∀・)」



「いえ、あんま興味ないので見てなかったです
(・∀・;)リアルニ」



少し驚いた顔で女将さんは言いました。








「あらそうなの?はまじさんは―――
(注・ここでは本名で呼ばれてます)





コンパニオンの人とか来たら
頼んでもないのに
そこにヘルプに行ってたわよ
(・∀・)シゴトシロ」




割烹でのはまじ伝説は今も女将さんによって
語り継がれています。
(はまじを直接知らないバイトさんもはまじの名を知っている)




つーか、割烹でははまじの評判がすこぶるいいのが
今でも不思議でなりません。
(少しだけはまじを見直した)



では今日はこの辺で。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-09-23 00:04:07

ショパン~そこにあるべきではないもの~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

先日まで「夏仕様」で痩せ傾向にあったのですが、

















見事にリバウンド。













人生リバウンドだらけです。


転んでもただでは起きない男。




















…って何か違うような…。


















まあいいや(・∀・)

どうも、こむぞーです。

















最近なんかいいことねぇなぁと思ってたら、




この前はまじがうちに来たことを思い出しました。滅
















不幸ウイルスを撒き散らす男、はまじ。










先日ですよ、僕は部屋の大掃除を敢行したんです。

まさに改革断行。














ことのきっかけは、はまじ氏。










言わずと知れたはまじ邸。

(頭皮の臭いがする)



















部屋の汚さ、臭さともにげんかやランキングトップを独走。


















・・・・しているはずだった。








今日はそのお話。

はじまりはまじなり。














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











先日はまじ氏から電話があった。












はまじ「今目白いるんだけど、お前暇?(暇だろ、クソ学生)



こむぞ「暇だよ(仕事しろ、社会人)」



はまじ「じゃあコンビニにいるから来いよ(待っててやるよ、クソ学生)」



こむぞ「俺に指図するなぁ!(偉そうですねぇ、一年目の分際で)」



はまじ「はいはい、来てください(こいつめんどくせぇ、学生の分際で)」



こむぞ「今池袋だから10分後に(調子に乗るな、はまじのくせに)」














きっとこれが愛情表現。好きな子に文句を言う小学生心理。

不器用なんです、ボク達。

(今年で齢24=精神年齢小学生?)

















そしてコンビニで経済誌を読んで社会人を気取っているはまじ氏と合流。











こむぞ「なぁにそんなもん読んでんだ?(・∀・)週刊ダイヤモンド」



はまじ「社・会・人だから、俺(・∀・)クソガクセイガ」



こむぞ「わかるわけないのに無理しちゃって(・∀・)ニッケイヨメ」



はまじ「お前は早く卒業しろ(・∀・)ビンボーガクセイガ」


















・・・・きっとこれが愛情表現。




何とも心のこもった挨拶を交わしました。








そして僕はいったんうちへ戻るため、はまじを連れて家へ向かった。














昨年僕ははまじ邸に入り浸っていたが、はまじが僕の家へ来たことはこれまで一度しかなかった。

















玄関に入るとこの男は言った。




























「お前んち、何か男臭い(・∀・)」





























こむぞー「!!」










部屋が頭皮臭く、虫と同棲していたはまじ氏から強烈なジャブ喰らいました。








もし女の子の匂いがしたらそれはそれで困るだろと思いながらも、



少しばかり衝撃を受けた。


















こむぞー、立ち尽くす。
















そんな僕を横目にハマさんはビールはねぇのかと亭主関白のごとく言ってきたので、



「平成のおしん」こむぞーは内定先の輸入ビールを亭主関白旦那に差し上げました。






































はまじ「これ、おいしくねぇ(・∀・)」
























あと少しでちゃぶ台をひっくり返す勢いのはまじ氏。

平成のおしんこむぞーは言いました。














こむぞ「あんたに出すビールはないよ!」























はまじ「ちっ!これで我慢してやるよ(・∀・)」









とっても偉そうだよ、ハマさん。






さっきまで部屋が男臭いと言っていたはまじも、












































三分後にはすっかりくつろいでいらっしゃいました(・∀・)

(平成のおしんマジック)





















その後、わっしょいに移動し、初の外でのサシノミと初のサシカラオケに行きました。




そのときげんかやメンバーは誰もつかまりませんでした・・・・。













僕は考えた。


あのはまじから言われた部屋を。


ごみ溜めのような部屋に住んでいたはまじから言われた言葉を。

















お前んち、何か男臭い(・∀・)」












片付けていなかったため、たしかに汚かった。



しかし何よりあの「はまじ」に言われたのだ。










僕は考えた。







よくよく考えてみれば・・・・



















♀「何か独特の匂いがするよね」


♀「少し片付けた方がいいよ」


♀「行政とか妙な本ばっかり」

































極めつけは・・・・













































♀「もう二度と来たくない」





































別の視点からの検証。







♂「何か落ち着くよな」


♂「堕落してしまう部屋」


♂「誘惑に満ちている」


♂「気持ちいい」


♂「フェロモンに満ちている」






























・・・・男からすこぶる評判がよく、女からすこぶる評判が悪い、という事実発覚。
















いつも通りまぁいいかとも思ったけど、せっかくだから改革してみようと思い、

平成のおしんは立ち上がった。





決意に燃えるこむぞー。

(要するに暇人なんです)




















結論から申しますと・・・・












































こむぞーんちのごみ

ごみ袋5袋になりました。

(玄関が見えねぇ・・・・)






















そして驚愕の事実が発覚しました。



















ごみ袋5袋中半分が―――
















































たかしの私物でした。

(同棲か)





































・・・・なぜ?




























サークルの資料とか何故か浪人時代の教科書とか。











次々に出てくるたかしの私物を次々に捨てていきました。

(浪人時代の教科書一冊だけ残しておきました)











たかしファンがいたらまさに宝の山。俺にはただの紙の山。








レジュメの日付は3~4年前。


いつか取りにくると言って寝かせたままの資料の山。


こちらも山と化した僕のレジュメと葬りました。




























……













































・・・一応言った方がよかったかな?(・∀・)

(まぁいいか)


























少しは片付き、部屋の芳香剤を設置して改革終わり。








つーかあの狭い部屋(5.5畳)に、よくあんなに大量のレジュメを置けたものだ。












こうして俺の青春とともにたかしの青春も豊島区に処分された。














でもね・・・・







































今になって本当にたかしのレジュメを捨ててよかったのか、少し不安になってます。

(何てったってゼウスの私物)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-10 22:36:44

ショパン~飛び散った六つのドラゴンボール~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。
だいぶ先日の第二回げんかやオフ会で、
とあるお姉さんとお話しました。





お姉さん「こむぞーくんのブログ記事読んでるよ~♪」

こむぞー「ありがとうございます!涙」

お姉さん「タイトルも面白いよね。ほら、えっと...あ、思い出した♪





































パッション(・∀・)
















!!!!























ショパンっす!泣















ちょっと惜しかった。






その時一瞬ショパンからパッションに変えようかと思いましたが、














パッション(情熱)がこもるほどの熱いもんでもないのでやめました(・∀・)







個人的には、
やっぱショパンっていう響きが醸し出すもの悲しさに惹かれてしまいます。








もの悲しさ>情熱










...救いようがない。



どうも、こむぞーです。









ひっさしぶりのショパンです。げんかやメンバーと会うたびに、





一番暇なのはオマエなんだから書けよ!この学生がッ!(・∀・) 」




とブログ担当大臣のはまじ氏から差別発言を頂戴しておりました。



その度に、わかった、書くよ(・∀・)と言って、















翌日になると、もう覚えておらず(・∀・)








そして次飲む時も、




「オマエ書けよ!このクソ学生が(・∀・)」

「わかった、書くよ(・∀・)」






・・・翌朝記憶なし。





そしてその同形反復が半年続いたわけです。




アタマ悪い。




反省ってなんでしょう。
今更ですね笑







さてさて、そんな今日のショパンはげんかや卒業後のお話。
はじまりはまじなり~滅












....................................




桜が咲き誇り、大学は新入生のサークルの勧誘に満ち溢れていた。
新歓である。



僕はそんな希望に満ち溢れる一年生を見て思った。




「俺って孤独・・・」




いつもの光景。いつもの大隈講堂。いつもの教室。




でもそこにヤツらはいない。




当然の如く遅刻してきて(・∀・)ナニガワルイって顔してるけいじ。

僕は余裕ですよと根拠のない自信に満ちてスカしてるしんご。

授業には毎日出るものの授業中爆睡しているなり。

授業中腹減ったって退席して体重も堆積していったたかし。



そして授業が終わった後、直行していたはまじ邸。

昼間っから飲んだっくれていたはまじの姿ももうない。




そして就活も終わり、とうとう授業に行く以外何もなくなった。

バイト→授業→孤独。











そんなこんなで
突然けいじから召集がかかった。
場所はたかしんご邸。




意気揚々と乗り込んだ。




そして社会人「げんかや14号店」に遭遇した。




とりあえず、はまじが会社の方から「あなご」と呼ばれている
ということで、僕ははまじの新しいあだ名を考えた。せっかくのあだ名である。
会社の方の努力に何とか報いようと考えた。考えた。




三秒ほど(・∀・)





あまりはまじのこと考えると、精神衛生上よくない気がしたので
限界ギリギリの三秒にしました。



で、出た結論。









はまじ+あなご=
























あなじ(・∀・)











たかしんご邸に着くなり僕は言った。





















こむぞー「よう、あなじ!(.∀.)」











はまじ「!!」









一同「ブハハ(・∀・)」









たかし「...あなじって何か汚い」









確かに!!









・・・漢字に変換すればこうだろう。













穴痔。










m(_ _)m





ちょっと品がない、救われないということで、
「あなじ」の名称は二十分で消えていきました。




あくまでノリで生きる男たち=げんかや14.






ちなみに最近たかしがはまじのことを











「ハマさん」











と呼んでいます。使ってみると意外と使い勝手がいいです。
何か寂れた港町にいそうな、放浪の士って感じがするのですが、















残念ながら、はまじはただのはまじです。
(放浪の士ってより、人生の放浪者)












ただ僕には一つ大きな疑問がある。
このはまじという男、結婚して子どもができたら、
















子どもに自分がなぜ「はまじ」と呼ばれているかをどうやって説明するのか。











昨晩当のはまじ氏に問うた所、









「大きくなればそのうちわかる(・∀・)」







とごもっともな答弁を頂きました。
まあこういうのを永田町用語で「先送り」っていうんですが。




未来予想図。



はまじの子ども「ねぇねぇパパはなんでお友達さんからはまじってよばれてるの?」



未来のはまじ「!!...それはね、日曜午後六時からのフジテレビを見てみればわかるよ」












...きっと子どもは愕然とするでしょう泣
(子どもまで不幸にする男はまじ)











話は戻り久々のげんかやメンバー飲み。




まずはしんご。

地獄の夏期講習を終え、現世に戻ってきたしんご。
計画的な生活を送ってるみたいなんですが、

いいご縁にはまだめぐりあっていないみたいです・・・・。








誰かしんごのエンジェルに!






次はなり。

髪が伸びてました。びびりました。
しかし髪が伸びても阿呆は阿呆。
小中学生に学問を教える職にありながら、自身の知能には疑問アリ。
例えば道を教えるのも一苦労です。


その日、到着が遅れているなりに、たかしが嬉しそうに電話をかけました。



たかしあのね、JRの山手線っていうのに乗ったら高田馬場って駅があるんだ。




あ、山手線ってわかる?緑の電車だよ。いい?やーまーのーてー線ね。





そこから西武新宿線ってのがあるから、それに乗るんだよ。わかった?(・∀・)」



なり「...わかるわ!!」




やべぇ、思い出しただけで笑える




なり、お前おいしすぎる・・・

実はなりとたかしの絡みがげんかや一面白いかもしれません。




次はスーパーホープたかし。











相変わらずゼウスたかしは話を煽り、はまじとしんごの痴話げんかを見て喜んでいました。

そして仲直りした二人をみて一言、「キモイ~」と一言残される。



ひどい話である笑
(実は俺も結構好きw)




ちなみに先日僕はパチンコをやってズタボロに負けていたのですが、

たかしから電話が来た瞬間、突然確変大当たりが来てその後15連チャンの大爆発を起こしました。



お賽銭がわりの酒をわっしょいでたかし様に振舞いました。
福の神たかし健在。





次ははまじ氏。

あなじと呼ばれたり苗字で呼ばれたり、下の名前で呼ばれたり散々なはまじですが、酒乱は相変わらず。
はまじのロレツが怪しくなり目が据わってきたら、要注意。

もし会社でも暴れていたらと思うとちょっと不安になります。



そのはまじ氏も入社して半年になりますが―――

最近、早くも異動になったらしいです。






...お前、もしや何かやらかした?









そんな社会に揉まれてそれなりに社会に適応し始めたメンバーの中で、
一人学生時代よりもノリがパワーアップしていた男がいる。



はまじ曰く、「さらにめんどくさくなった」ってぐらいパワーアップしていた。
(お前が言うな)



ヤツはその日、朝まで飲んでそのまま空港→実家へ旅立った。
(お盆の時期なのに事前に切符買ってないテキトーぶり笑)



もうお分かりだろう。




バッカス、暴君と破壊的な異名ばかり次々とモノにしていく男。





けいじ(・∀・)オレノチハサケデデキテイル







けいじが通った後には酒の空き缶の山が残る。

ブハハ~(・∀・)って飲んだ後には最近恒例となったモノマネが飛び出す。





「暇でモテないげんかや14号店の諸君!私が高田モンスター軍総統の高田だッ!(・∀・)」
(ハッスルの高田総統のマネ)




「オウッオウッ、ハイ!モロキューね!オウッオウッ、生ね!生生生二丁!」
(我らの聖地「わっしょい」のマスター)









結構似てる笑
(分かる人には分かる)







その暴君は日本酒風呂につかったり、利根川で溺れて死にそうになったり、週末のたびに伝説をつくって帰ってくる。



最近は一週間家に帰らなかったらしい。
(毎日酒飲んで終電逃したらしい)

仕事と酒に溺れた一週間。




よくよく考えてみれば俺はけいじが寝ているところをあまりみたことがない!


ということに気がついた。




だって飲めば朝まで帰してくれない。
つまりオール。




けいじよ、お前一体いつ寝てんだ?笑




最近学生時代よりパワーアップしてるけいじがいます。




無敵の暴君(月末以外)降臨!
(注:暴君は給料日前になると途端に勢いを失くします)




さて最後に僕なんですが、デパ地下で売り子やったり田舎で農民に戻ったり、

本職(?)の永田町には戻らないんですが、そのげんかや飲みの最中、






完全に社会人の会話から外されていました。





一人すみっこにポツンと・・・。




会話に入ろうとすると、






はまじ「うっせーぞ、学生が!(・∀・)」




と差別発言を頂いておりました。





まさに学生と社会人というベルリンの壁。












あんなに入りたいと思った早稲田大学を、





こんなに出たいと思うのは、





人間とことんわがままだと思います。










では今日はこの辺で。










(やっぱり終わりは愚痴っぽい)


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-02-14 22:23:17

ショパン~IKARI~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

「こむぞーくんは、男らしくない」




高校一年の時に付き合った、当時大好きだった彼女はいい放ちました。



その後、こむぞーは男らしさに悩み苦しみました。




が、




高校一年生って先輩ブームがきますよね?





いくら頑張ろうと、報われない恋があると知りました。




一言言いたい。



それでもお前はいい女だ。





青春を引きずることが青春です。


なんてね。


どうも、こむぞーです。






きました、今日はショパンの日!

(今日は水曜日だっけ?)




ちなみに、現在のげんかやメンバーの動静。



けいじはげんかやメンバーのサドムービー作ってこんな(・∀・)顔してます。

たかしはブログでは表現できません(暴言王)。

こむぞーは就活最前線。なのにはまじんちで飲んでます。

なりは・・・・。

はまじはそこそこです。ぬるい。


しんごは「俺のスカシを邪魔すんな!」と頑張ってます。







今日はですね、IKARIなんですよ。






怒りです。


聞いてください、僕の魂の叫びを。




はじまり、はまじなり~!


















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









現在二月。



メンバーは皆、新たな門立ちに向け、準備をしている。



メンバーのはまじもその一人である。



社会人として、新たな旅立ち。



生活空間も、生活時間も変わる。



























よって、棲む家も変わる!!!!!




はまじは悩んだ。




現在はまじ家はげんかやメンバーの溜まり場と化している。





もはやタマリバクラブ。クラブハマジ。





一人の時間がほしい。






ヤツがそう思うのもわからんでもない。



しかし、




はまじよ、お前の家がなくなったら、



















なりは凍死する。


こむぞーは居場所を失う。

たかしは泊まる家を失くす。

けいじはネタがなくなる。


しんごは・・・・・滅








なんだよ。








俺ははまじに嘆願した。









「またこの付近に住め!」















はまじは言った。
































「ああ。俺またこの辺住むよ。」




その言葉を聞いた


メンバーはみんな安堵の表情を浮かべた。

(また溜まれる(・∀・))





































が、はまじは裏切った。







































裏切りの神経。































裏切りの魂。





メンバーは落胆した。






ヤツはこういい放ったのだ。




















































「ああ、俺五反田に引っ越すよ。」


























































!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



























目白じゃないのかよ!








失望した。IKARIが、メンバーを支配した。






ふざけんなよ、はまじ。

いい加減にしろよ、はまじ。

腐ってるよ、はまじ。

スカシてるよ、はまじ。

テキトーすぎだよ、はまじ。


















みんな言いたい放題。




はまじ氏の抗弁。









だって、会社が。。。。。








メンバーの意見。
















しらん!!!!!!!!!!!!!








が、はまじの意志は固く。





IKARIです。










まあ確かに、毎日俺となりの同形反復なんて


耐えれない。









週一回か二回ペースで、大家さんに怒鳴られるくらい、



暴れる奴らが来るってありえない。



だがな、はまじよ、




俺ら、いつまでたっても、青臭くいきてーじゃん?




だから、一言言っておく。







お前が五反田いこうが社会人なろうが、




げんかやはいく!!!






いいか、はまじ。











植民地は、おまえんちだ!!!!!!!!!!!!





つーかな、はまじ。













最近軽くスカシてるぞ!!!!!!!!!!!!!




だがな、はまじ。






お前は、ちょっといい奴だ。








あばよ、はまじ。













~追記~



サンキュ、こむぞー。



byはまじ

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-02-06 23:53:52

ショパンNATURAL VANISH~自然消滅の方向で~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

ある時、好きだった子にこう聞いたことがあります。



「今好きな人いるの?」




その子からの返事はこうでした。




「いるよ!」




勢いにまかせて僕は強気にでました。







「それが俺だったら嬉しいな。」

















・・・・・・。



















違う!!









何故かそこだけ即答でした。








紙切れ一枚で落ちたのを通知される。


はまじの就職試験ぐらい、明快。





嗚呼いつまでも素敵な青春でいたいです。






ちょっとスカしてみました。


どうも、こむぞーです。





いやはや久々のショパンです!!







決してサボっていたわけではなく、テストだったんですよ・・・滅








二留がかかっていたので




命がけで頑張りました。




大学入って初めてテストのために勉強しました(今まで社会勉強に精を出しておりました)。






たかしにノートを借り、後輩に教科書を借り・・・。






ちなみにその頃のげんかやメンバーの動静。







けいじはブハハ(・∀・)って飲んでました。


たかしは食べながら勉強してました(学食で)。


しんごは余裕かましてスカしていました。


なりは部屋が寒くて凍えていました(奴の家には掛け布団がない)。


はまじは本人不在の家が荒らされていました。













そしてテスト後のげんかやメンバーの動静。










けいじは前向きに追試の話をし始めていました(・∀・)


たかしは自分の回答に満足していました(料理の味にも)。


こむぞーはうなだれ明日のジョー状態になっていました。


しんごはもはや大学に現れもしませんでした。


なりは凍死寸前になりました(実話)。


はまじは家の危険を察知し緊急帰京してきました
(時すでに遅く、荒らされ尽くしておりました)。











あぁ。三月の成績発表が怖い。








そんなこんなで




今週のショパンNATURAL VANISH ~自然消滅の方向で~







今回の主役は・・


数々の暴言にてブログでは取り上げるのは不可能と言われた”あの男”。





グルメ、大食漢、孤高のダイエッター、チューヤン、無駄にこだわり屋、エセさわやか、年上キラー、デブ。




その男を形容する数々の異名。





今回の話は、そんな彼の一部分である。











はじまりはまじなり~!滅




....................................
.........








一月の初旬、ある男がこう言い出した。









「ラグビー大学選手権決勝、早稲田VS関学を観に行こう!」





その男とは、げんかやゼウス、たかし。








chiuyan_5
(最近ブレイクを通り越して、スパーク中)







何を隠そうこの男、早稲田LOVEではげんかや一を誇る。
(テキトーさも)







愛する早稲田がラグビー日本一をかける決勝戦。


しかも大学生活最後の冬である。


これはスタンド観戦しなければ・・・と思うのも当然頷ける。


そこでたかしはみんなにメールを送った。







「今日ラグビー決勝みにいかない?もしいくなら十二時すぎに新宿で。ちなみに今からバイトです。」















































・・・・・。







































観戦者、ゼロ――――――――――。
(返信率100%。ドタキャン率50%、物理的に無理率25%、ブハハ率25%)









たかしは怒った。怒り狂った。





ゼウスの怒りに触れたメンバーは「意味わかんないの刑」に処された
(実のところゼウスは、口が非常にお悪うございます)。














とりあえずしんごを罵倒していた。
「これから友達とラーメンなんて意味わかんない!」


次にノリと間の悪い関西人を罵倒していた。
「マジでこいつノリ悪すぎで意味わかんない!」


やっぱりはまじのせいだと言い放っていた。
「全てはまじが悪い。悪すぎて意味わかんない!」


こむぞーはいい加減熊本から戻れといわれた。
「何でまだ熊本いんの?意味わかんない!」


用事があっていけなかったけいじにまで被害は及んだ。
「ブハハ(・∀・)じゃねーっつんだよ。意味わかんない!」








































○×△※∀Ω#..................!
(以下自主規制)









・・・かくしてスタンド観戦は断念し、自宅観戦。










試合はかなり熱い戦いになり、学生史上最強といわれた早稲田は圧倒的な力で関学をねじ伏せ優勝。










たかしは見にいけなかったことを、かなり悔しがっていた。





「すんごいよかったのに・・皆来いよ、ほんっとによ~!怒」






大学生活最後の冬。学生日本一決定戦は終わった。


たかしの冬も終わった・・・














・・・かに見えた。








そこからたかしは考えた。









学生日本一は終わった。




しかし、社会人を含めた真の日本一決定戦があるじゃないか!!







さすがゼウス様。


学生の上には社会人が控えているということを悟られたのだ。


ということでたかしはげんかやBBSで参加を募った。











ラクビー 投稿者:たかし 投稿日: 1月25日(水)11時36分49秒


二月四日に秩父宮でラクビー日本選手権があります。(神宮外苑前)
時間は二時からで千円くらいです。
大学生のうちに早稲田を見ておこう!ちなみに浪人中、明大戦の熱い逆転劇に涙し合格しました。
ちなみに興味がなければ、興味がないといってください。言い訳はもうたくさんです。
死ね。








たかしの激しい怒りっぷりがお分かりであろう。


最後の二文字に、それが詰まっています。


(注・それがたかしの愛情と気づいたあなたはもうたかしマニア)。





一応参加表明があった。








ラグビー 投稿者:けいじ 投稿日: 1月25日(水)11時40分20秒


俺行クヨ(.∀.)






(無題) 投稿者:こむ 投稿日: 1月25日(水)12時47分57秒


正月に実家でTV観戦の悔しさを味わった、大学選手権。
熱すぎた、早稲田ラグビー。直接見なきゃ損よ!







そして決戦当日をむかえる。


優しいたかしはみんな来ると信じていた。


新宿集合のはずが、信濃町現地集合へ切り替わる。





もちろん集合時間にきたヤツはおらず。


参加者は、






バイトを終え、待ちに待った観戦のたかし。


朝まで内定先企業のプレゼン書類を作り、ノリと気合いで参加したけいじ。

午前七時まで卒論を書いて、そのままナチュラルハイで参加したこむぞー。






























・・・・。


































以上。
(あ、あれ?)














こむぞー「たかし~他のやつらは?」


たかし「しんごは今起きたって・・意味わかんない。


はまじはバイトだって・・・死ねばいいのに。


なりは内定先のバイトだって・・休めよ、ほんとノリ悪い。」


けいじ「あいつらほんとバカだよね(・∀・)まぁ酒買っていこうぜ!」


たかし・こむぞー「(・∀・)」












コンビニで酒を買い(注・昼の二時です)、臨戦態勢の三人。






たかし「じゃあいくべ!!」





勢いよく駅から出るたかし。


その姿はもはや遠足にはしゃぐ子どもである(注・ゼウスは現在24歳)






しかし・・







こむぞー・けいじ「・・・・たかし、そっちいったら新宿だ」







ゼウスはすっごい方向音痴。





たかし「ごめん、テキトーに歩いてた!」





ゼウスはすっごいテキトー。





こむぞー・けいじ「ブハハ(・∀・)」






げんかやみんな、たかしのその無駄なノリを愛している。





たかし「いくべいくべw」








ゼウスはちょっぴりお茶目さん。






そんな24歳半身独身たかし。








で、



秩父宮はこっちだ!!と勢いよくこむぞーが二人を引っ張る。





が、いけどもいけども人がおらず。






































・・・・。
































たどり着いた先は―――――――――――――






















































国立競技場。










こむぞー、しったか全開。




やべぇ、秩父宮はどっちだーーー!!!

















ここでけいじが(・∀・)こんな顔して登場した。






けいじ「お前らのテキトーさは俺がよく知っている!こんなこともあろうかとこれを持ってきといた!!!」



















バーン!!








地図!!!!!




熱い!!




















けいじの普段酒しか入っていない魔法のバッグから地図が出てきた!
(人はこれを”国立の奇跡と呼ぶ”)






三人は秩父宮に向かう。



しかし人がまばら。次第に不安になるメンバー。














こむぞー「ほんとに今日あんのたかし?」


たかし「えっ・・多分」


けいじ「今日だったよな・・」


こむぞー「なかったらなかったらで、飲めばいいじゃん(・∀・)」


けいじ「そうだなwあ、ここを曲がれば秩父宮だーーーーーーー!!!」


たかし「うわーー無駄に人いる!!」













確かにラグビー一回戦、早稲田大学VSタマリバクラブは今日だった。



人がたくさん。





ここで早速たかしのテキトーさんっぷりにやられる羽目になる。




けいじ・こむぞー「チケット下さい(・∀・)」



売り子さん「一枚1500円になります」



けいじ・こむぞー「(・∀・;)!!」



たかしからチケットは900円ぐらいと聞いていたため、少したじろいだ、けいじとこむぞー。


し、しまった、たかしはテキトーキングだということを忘れていた。。






当の愛すべきゼウスは、意気揚々と入場ゲートに向かっている。








まぁいいか!(・∀・)
(万事それで解決)








スタンドに入ると、一般席は結構満員状態。



テキトーに空いている座る。






そして早稲田がグランドに入ってくると同時に、










酒盛り開始!








ノリノリの三人。








こむぞー「タマリバクラブって何かはまじんちみたいな感じじゃね?」


けいじ「クラブチームでげんかや14号店ってつくろうぜ(・∀・)」


たかし「クラブチーム日本一かなんか知らないけど、早稲田が強いよ!」



















・・・いいたい放題。









試合開始!

早稲田の縦横無尽に流れる軽やかなパスワークに三人とも心を奪われる。










たかし「熱い!」


けいじ「すごい!」


こむぞー「間違いない!」

















10分後、けいじが早くもビール二本目に手をつけている。


そこに早稲田が初トライを決める!!













うおーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!






俄然盛り上がる!




テンションも絶好調!酒もうまい!









が、相手チームに攻め込まれ、相手がトライではなくキックでゴールを狙ったあたりから、三人の口が火を噴き始める。













たかし「小せぇ!!社会人のくせにセコイ!!」


こむぞー「逃げんじゃねぇ!!社会人なら!!」


けいじ「何かしょっぱいよな、ブハハ(・∀・)」
















・・・・。











こむぞー「学生ナメンな!貧乏だけど夢がある!!」


たかし「クラブチーム日本一の意地見せろ!!」


けいじ「酒足りねーブハハ(・∀・)!!」
















・・・・。
















たかし「いけ!潰せ!決めろ!」


こむぞー「伊○忠、俺を入れてくれー!」


けいじ「すいませーん、生ビール下さい(・∀・)!!」














・・・・。










たかし「熱い!!そこだ!!決まったーーーー!!!!」


こむぞー「すいませーん、生ビール下さい!!!!!」


けいじ「しまった、熱燗も売ってた(・∀・;)!!」




























もはやラグビーそっちのけw








そこに早稲田がトライを決めた!!





立ち上がって喜ぶ三人。









たかし「お前ら、熱い!!」


こむぞー「お前ら、最強だ!!」


けいじ「お前ら、カッコいい!!!!」






が、そこで異変に気づいた、けいじとこむぞー。






俺らは早稲田の応援をしている。


今早稲田はトライを決めた。


が、こっちのスタンドは早稲田潰せコールが起きている。




実は俺ら、相手側スタンドのど真ん中――――。












































俺ら、アウェー。







まさにライオンの群れに飛び込んだ彷徨えるガゼル三匹(正確には飲んだくれ三人)。






社会人小せぇとか言っていた。


社会人セコイとも・・・・







敵陣スタンドのど真ん中で―――――。












痛い。














が、




ある意味、俺らの生き方そのものだべ。





という勝手な結論で、居座ることに決定!






結局、熱い早い酒うまいという頭の悪そうな単語のみを駆使する三人。




試合は気づいたら早稲田の圧勝で終わった。




















すんごい気分いい。
(勝利と酒に酔っているw)







けいじ「ほんとすごかった!」


こむぞー「マジ熱かった!」


たかし「見に来てよかった!」


けいじ「あいつらも来ればよかったのに」


こむぞー「ほんと損だよ」


けいじ「やっぱあの三人だし(・∀・)」












・・ゼウスがここで一言仰られた。












たかし「あいつら人生の力の入れ所、間違ってんだよ」

(はまじ注:後日これを聞いたなり、「お前に言われたくないわ」とマジギレ)




嗚呼愛すべきげんかやのゼウス様。






それから男達は新宿という名の酒の海へ消えてった。























ブハハ(・∀・)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-30 20:04:41

ショパンZERO

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

ある夜、星空を眺めていました。

満天の夜空。


「綺麗だね」


普通の子なら、そこで


「そうだね☆キャハ☆」



なんて言うんでしょうが・・その子が言ったセリフは・・・・













「鳥肌みたいで気持ち悪い」



以上。










・・・・。






以来、夜空を見上げるたびに鳥肌に見えてきます。



毎回僕の好きになる子はどこか違った感覚の
持ち主みたいです。



夜空の管轄は何省でしょうか。
どうも、こむぞーです。




とうとう年の瀬も迫ってきました。
今回銘打った「ショパンZERO」。





ZEROというだけに、げんかやメンバーとの
出会いを振り返ってみたいと思いましてこのタイトル。
(やっぱ振り返る男こむぞー)





それでは、今週のショパン、いってみましょか!
(珍しく無駄にハイテンション)

















はじまりはまじなり~















































------------------------------------------------------


そう、あれは2002年春―――。







希望と不安にちょっぴりドキドキしながら、
大教室でガイダンスを受けていたときでした。









一年間つらい浪人時代を乗り越え、
俺の大学生活の門出。



胸、躍る。








そこに
遅刻して入ってきた一人の男。




挙句、顔が真っ赤で、



なぜか









「酒臭い」



奴が俺の隣に座ってきた。





坊主頭。






















・・・・。























なり
なり
(大学生活いきなりの頓挫)







実は、大学で初めて知り合った人は、
こいつでした。




なり「ここ空いてますか?」


こむ「はい(酒臭ぇ)」


なり「昨晩飲みすぎて、二日酔いなんよ~ちょっと寝るから後から教えてくれへん?」


こむ「いいよ(マジかこいつ・・)」






と言ってなりリアルに爆睡。






その後、携帯番号を交換したものの、

もう二度と会うことはあるまいと半ば本気で思っていた笑
(早稲田は広いのだ)












が、












その後、ある男がなりと劇的再会を果たさせてくれることになる(やっぱ早稲田は狭かった)。


実はその「ある男」はこの話の中で結構キーマン的存在となる(かもしれない)。









その男とは・・・




















































takashi
げんかやゼウス、たかし(最近ブレイク中)。











今でこそ、短髪の黒髪にエセさわやかさを醸し出すも、



その当時は、どっからどうみても、


















chiuyan_5
「チューヤン」








































・・・・。
































メガネにロン毛に茶髪にパーマ
(写真は後日)


そう、あれはコンピューターガイダンスを受けるため、
パソコン室に入ったときだった。







隣の席が空いている。




誰だろうと思っていたら、


メガネにロン毛に茶髪にパーマ姿のたかし登場。









たかし「ねぇ、授業何とった?俺青森出身のたかし。」


こむ「あ~語学が一緒だね~。俺熊本出身のこむぞー。」













3秒で意気投合(類は友を呼んだ)。




当時たかしの口癖が







「これも何かの縁だ」




ということで、サークルの新歓コンパ(すごい懐かしい響き)を一緒に回ることになった。










そこに・・・









たかし「さっき知り合った、なりくん」


なり「よろしく・・あっ、こむぞーくん」


こむ「あ、、、京都の・・二日酔い・・・」


たかし「えっ、知り合い?」





















なりと再会。
(早稲田は狭かった)


























・・・・・。























やはり類は友を呼んだ。























後々ではあるが、この三人プラス語学のメンツで、


サークルに入り損ねた人たちをサークルに入れるための、




サークル・「ツタンズ」を結成。
(注:名前の由来は仮面浪人ならぬ、仮面サークルなので、仮面と言ったらツタンカーメンという恐ろしくアホな理由から「ツタンズ」となった)







なぜか琴サークルや囲碁サークルに新歓荒らしの如く突っ込み、


撃沈後、ツタンズに舞い戻るという悪循環。


(ちなみに僕は高校時代陸上部で総主将をやっていたので、
陸上サークルに行くも、一年半のブランクは重く、撃沈。)






毎日、学生会館のカフェテリアに集まり、サークル紹介雑誌を片手にツタンズは戦った。










伝説がある。





新歓といったら出会い。
ポン女学女大妻跡短(プラス早稲女)。


胸をトキメカセル出会い。





ある時、安酒を飲みにたかしと二人テニスサークルのコンパに参加。




さすがテニサー。政治サークルとは違い、圧倒的に女の子が多かった。
(男女比2:8)









無駄に気合が入る、若かりしたかしこむぞ





飲んでコールして、周りに気を配り、
テニサーの人たちよりも盛り上げていた
たかしとこむぞー。









結果、







僕らの周りは新入生たちが集う。。。
























































ヤローども「お前らといると何か楽しい

















意図した結果と恐ろしく違い、



2秒ほど困惑するたかしとこむぞー。


























































が、






















ヤローばっかの方が気楽で楽しい(・∀・)












ということでテニサーの二次会を無視して、








ヤローばっか十数人で二次会決行!



これがたかしとこむぞーによるサークルジャック事件である。




まぁ今日はしょうがない、明日の出会いに期待しよう、


と若かりしたかしこむぞーの反省。
















が、









次の日も、


また次の日も、


そのまた次の日も、







コンパ終わる頃には俺らのテーブル―――
























全員ヤローばっか。








まさにヤローのオアシス。パラダイス銀河。




そして



ヤローばっかの方が気楽で楽しい(・∀・)



という同形反復。
(反省って何でしょう)






そんなこんなで語学が始まる。






そこに待ち受けていた奴らがいた。


「俺けいじ(・∀・)」


「俺しんご」


「俺なり」


「俺たかし」


「俺こむぞー」









他学部のはまじを除き、ここでメンバー全員と知り合うことになる。

(恐るべき早稲田のコンピューター)








当然の如く語学に遅刻してきてこんな(・∀・)顔してるけいじ。



今よりも老けていたとの憶測もあるしんご。



怖い先生にギャグをかまし(本人は真剣)、場を凍りつかせるなり。



真剣さを装い、すごく適当な和訳をするたかし。



教科書の代わりに辞典を持ってきて、一体何をしに授業にきたかわからないこむぞー。



















・・・・。


















何このクラス滅






そしてある晩、けいじたかしとうちで飲むことになった。



午後六時―――。



じゃんけんで負けた僕が慣れない手つきでモヤシ炒めを作り、












散々たかしとけいじに文句を言われ、悲しみに暮れ、酒を飲む。

若かりしこむぞー
(以前ブログでパンツ一枚の僕の写真がありましたが、それはこの時のものです)























・・・・。











この日思い知ることになる。


























けいじ
けいじの酒豪っぷりを。








以前けいじがこんなことを言っていた。









けいじ「俺と割り勘するとみんな割に合わないって言うんだよね(・∀・)

あたりめーだ、馬鹿ヤロウ!!笑







大体酒の強さでいったら当時、俺とたかしがほぼ互角。
(当時入っていたテニサーの合宿で、酒で酒を洗うたかしVSこむぞーの潰し合戦をやり、ほぼ同じくしてダブルノックアウト)




酒の強さはけいじが群を抜いていた(今でもそう)。




その日、23時を過ぎたあたりで道端で知り合った友も呼び、



結局次の日の昼まで(何かおかしくないか?)、



結局18時間飲み続け、議論しまくっていた。














教育論、人生論、恋愛論、将来論、政治論。






今となっては答えの出ない価値観論争だと割り切れるものの、


駆け出しの僕らは延々と次の日の昼まで議論していた。
(「青森に生まれたシンデレラ」の異名を持つゼウスは夜の0時を過ぎると寝ます。必ず。
が、このときたかしは奇跡的に起きていた)










朝8時。

事件は起きた。こいつの一言で。
(事件は教室で起きているんじゃない、飲みの場で起きている)




























けいじ「こむぞー、酒足りないから買ってこようぜ

(・∀・)
(注:朝8時です)













たかし・こむ「・・・・(マジか、こいつ)」





この時間になって焼酎、ポン酒を大量に買い込み、昼にはそれがなくなっているという惨事が起きた。





















・・・・。












































けいじよ、お前と割り勘は確かに割にあわねぇ。
(おごらされる時は尚更)




その後、僕は永田町通いを始め、ほとんど学校にこなくなる。














けいじとはテスト前に会っていた(今度ビールおごれよと言われた)。


たかしとはちょくちょく会って飲んでいた(お互い愚痴っていた)。


なりとは音信不通になった(さらば、出会いの第一号)。


しんごは色んな意味でスカしの連続みたいだった(普段の生活も恋愛も)。
コンビニ

(↑画像注:鼻にタバコ突っ込んでちゃ彼女はできません)



















そんなこんなで2005年の冬。








一通の留年通知書が届き、


電気を消し、冷蔵庫の明かりだけで、


ミスチルの「優しい歌」ゆずの「フラリ」 (←クリックすると歌詞を見れます)を


体育座りをしながら聞き、



打ちひしがれているところにたかしから電話。


















たかし「今何してんの?」



こむ「電気を消して、冷蔵庫の明かりだけで、

ミスチルの「優しい歌」とゆずの「フラリ」を
体育座りをしながら聞いている」



たかし「・・・いやそこまで詳しい説明は
いらない。今からけいじんちで飲むからきなよ」



こむ「いや今日は・・・・」






































・・・・。


















行ってしまいました。
酒のエデンへ。






そこで、メンバーと再会。

落ち着くひととき。

が、そこに耳慣れない男の名が響く。

みんなそいつのアホ話をしている。










曰く、












はまじオブジェ横
はまじ

















と・・・。


たかし曰く、







「マスコミ志望で、飲みには必ず来る男。面白い奴だよ。実はあまりよく知らないけど」
(たかしのテキトーっぷりがよくわかる発言)

けいじ「今呼んだよ。今日はまじの第一志望のエントリー合否発表らしいよ(・∀・)」


そして、来た。




きやがった。



ミスターHAMAJI。










はまじの登場は戦慄だった。

どこからどう見ても、はまじ。

スーツ姿だが何かおかしい。

ネクタイが異様に長いのだ。

股下まで届くそのネクタイ。

違った意味でヤバイと思った。








が、一応初対面のご挨拶。





こむ「はじめまして(こいつか、はまじ)」


はまじ「お、おう(誰だ、こいつ)」


こむ「俺こむぞー(何かうぜぇぞ、こいつ)」


はまじ「俺はまじ(何かめんどくせーぞ、こいつ)」

































・・・・。




















はい、なんともあっさりと、そして殺伐としたもんでした。












そこへ僕の携帯に一通の電話。






受けていた企業の人事から。







人事「何で今日面接こないの!?あれだけ頼んだじゃないか」





こむ「はい、実は・・・





































留年が決まりまして。






































・・・来年必ず受けに行きます涙」











































一同爆笑。
(&滅)













そして、はまじエントリー合否発表。







自主留年してまで、その企業にいきたかった。


昨年は最終面接までいった。


エントリーシートの添削までやってもらった。


今年こそは・・・





























が、

























けいじ「はまじ、お前、落ちてるよ

(・∀・)





























どぅーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!










適当にやったけいじはうかり、全力をかけたはまじ、散る。





そして、はまじのエントリーシートのダメだしが始まり、


傷口に塩をすり込むメンバー。

















「具体性がないよ」


「熱意が伝わってこない」


「字が汚ねぇよ。読みづらい」


「けいじのエントリー読んでたら、会ってみたくなる」


「ネクタイ長すぎだよ、はまじ」


「何か暗いよ、はまじ」


「終わってるよ、はまじ」


「ブハハ(・∀・)」








なんて仲間思い。

はまじの次を見据え、激を飛ばすメンバー。

なわけはなく。




言いたい放題。







はまじ酒に逃げる。飲む飲む飲む。

そして
















毒霧をかますはまじ。


ムービーをとるけいじ。


ひたすら食うたかし。


恋について語るしんご。


愚痴るこむぞー。


ノーリスク、ノーリターンと迷言を残すなり。





これからのげんかや的生活を予言するかのごとき一夜・・・。









































滅。





こうして、僕らの大学生活最後の一年が始まったのであった…。
(注:こむぞー除く)



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-24 02:47:26

ショパンSPECIAL~バッハあたりで~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

「次いつ会える?」



と聞いたら、



「んー忙しくて無理かも」




と言われたことがあります。











ミリオンセラーを連発した、



かの小室哲哉、TKは言ってました。




「僕の睡眠時間は15分。


忙しいという人の大半はいいわけだと


思うけど、僕ぐらい仕事抱えてたら


忙しいと言ってもいいよね。」





















TK、俺もそう思う(注:選挙期間中を除く)。













ちなみに、その娘と会う機会はその後なかったです。

どうも、こむぞーです。























皆さん、今日はイヴですね。




どう過ごしますか?



彼氏彼女と?










それともはまじスタイルで?

(↑その記事はこちら を)







ちなみに僕は













































































クリスマスよりも天皇誕生日を祝う派です
(何でも派閥にしたがる、コレヲ永田病トイフ)

























































































・・・・。












































































はい。

今日のショパンはそんな僕が今日ふと考えたお話です。













もう今年も終わる。


そう思った時ふと考えました(何でも振り返る男こむぞー)。









曰く、






今年一年でどれくらい酒を飲んだんだと。













考えてみてください。



我々げんかや、サークルでもゼミでもない、

ただの飲んだっくれ集団。








一体どれくらいの酒量を一年間で消費したのか・・。
(どれくらい財務省主税局に酒税を納めているのか)































飲んべえとしては大変興味深い命題となりました。







はい、こむぞーの場合で考えてみましたが、


メンバーほとんどが同じぐらいのペースで飲んでおりますので


自動的に平均がとれます。




















以下問いと回答。









問1:週何日飲まれますか?





さっき手帳を見てみましたが、週ナナの時もあったり、










]



週四もあったりで、平均すれば、週五日と出てきました。
(注:週五で飲めば充分だろう・・・)





















問2:一回でどれくらい飲まれますか?












さっき冷静になって考えました。








































ビア7、8杯飲んだ後、焼酎、サワー、チューハイ等飲む。































その結果、平均5000ミリリットル。



















































・・・・。
















































はい。



一ヶ月は平均で四週間ありますね。



ということは




一ヶ月で八日飲まない日がある計算ですね。









一年は12ヶ月。





はい。






12×8=96(日)









一年は365日なので、















365-96=269






はい、






















小学生でもできる計算ですね。
(ちなみに僕らは大学生)



















はい、大体年間269日飲んでいる
ということになりました。










































滅。



























でこれに先ほどの一日飲む量5000ミリリットル


をかけてやると、なんと年間飲酒量がわかる!!!!









なんと画期的!





もう分数のできない大学生なんて言わせない。
(もう永田町の論理がわからない大学生なんて言わせない)
















発表します。






年間飲んだ酒の量。
















































1345000ミリリットル。

(注:一人当たりです)





















































・・・・・。




















これですね、東京ドームを一杯にできる量なんですよ。









はい、わかりやすいように、





トンにして表します。
(トン表記という段階で何かおかしい)























出てきた答えが、




1.345トン。































































はい、1トン超えました。






これですね、よくよく考えてみたんですよ。


げんかやメンバー6人で

大体7トンの計算になります。






はい。

ナウマン象ってゾウがいます。






ゾウ一頭、大体4.5トンです。

















約二頭弱。






















































・・・・。












































































げんかや、ゾウを超える。



































そして調査を進めた結果、


我々は一体年間どれくらい酒に


金を注ぎ込んでいるかという命題にブチ当たりました。










はい、我々行きつけの一番安い居酒屋の値段で計算しました。
(注:わっしょい。生一杯150円税込)



























出てきた結果が、













約70万円
(注:一人当たりです)












はい。

大学生のアルバイト代って大体月7万ほど。





ということは、年間84万円ほど。

































・・・・。
























我々げんかや、ほとんどが酒に労働の対価を
払っているということになります。



考えてみてください。
















70万もありゃ、車、買えます。
















もう少し頑張れば、プラズマテレビ、買えます。
ルイ・ヴィトンも、こんな(・∀・)顔して買えちゃえます。






















・・・・。




































でも、俺は思う。



飲んでいる時間は、










お金で買えない価値がある





























PriceLess








買えるものがあったら、その金で、酒、飲め。



まぁ、その結果、月末にみんなこうなってる。






よ~く考えよう~お金は大事だよ~












ウ~ウウ,ウ~ウウ~(ToT)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-07 15:31:34

ショパン3

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

「コムゾーくんは”いい人”。


でも”好き”とは違うの。わかって。」
















いつまでたってもいい人止まり。



僕の人生、平行線だらけです。









やってきました、水曜日。

どうも、コムゾーです。














最近ふと思ったことを。











政治に関わって、病んだなぁと
思ったのが、携帯の変換機能。


















講演会と打ったつもりが、後援会







三時間後って打ったら、参事官後にと出る。













同様に時間を守れと打ったら、次官を守れと、


もはや違う意味になってしまう。















人と話す時も同様に考えて話すようになっている。




AさんとBさんは仲が良くないから、Cさんを間に立てて、
物事を頼めばうまくいく。



といった具合に。































・・・・。
























































一番痛いのが、、


全て官庁の管轄で見えてしまうこと。



軽くご説明します。
(飛ばさないでくださいね涙)












日本の社会は全て省庁の管轄によって
区割りされています。



そう、全てです。
端的な例でいうと、職業です。



農業だと、農林水産省管轄。



テレビ局は、総務省管轄。




病院だと、厚生労働省。





といった具合でございます。






で、話は戻ります。








夏に川原でバーベーキューをやりますよね。



みんなで楽しくお肉焼いたり、スイカ割ったり、



川で泳いだり。



山の緑に囲まれ、癒された気持ちになったり。




彼氏彼女達は二人の世界に入ってしまったり(涙)









そんな楽しいはずの空間も、



ジャンキーEYEには、何か違ったものが見えてきます。





ええ、川ですね・・







国土交通省の管轄ですね













ええ、山ですね・・。














農林水産省の管轄ですね
















ええ、川原ですね・・。











地方自治体の管轄ですね






























・・・・。
































一気に滅な気分へ・・・。
















そうあれは、楽しいはずの、夢の国、ディズニーランド。











ディズニーリゾートラインに乗った瞬間、
周りのカップルは、夢の国モードに入る。








しかし、



























俺の名を言ってみろ!






















俺の名を言ってみろ!!















俺はコムゾー。
選挙ジャンキー、ジャンキスト。
ディズニーでもやらかした。




















あれは彼女(当時)とディズニーリゾートラインに乗った瞬間だった。






















「これは、国土交通省になるのかなぁ・・・。」









































(元)彼女「!!??」




























ほとんど恐怖の表情だった。
















気でも狂ったかと本気で思ったらしい。





「二度と一緒にディズニーいかない」と宣言された日だった。




通称「夢の国発言(夢の国事件)」







































・・・・。
























夢の国発言の何年後かに訪れたもの。


そう、げんかや。


「けいじを中心とした神の集団」


でも結局、















滅。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-11-30 17:52:02

ショパン2

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

ショパンの「別れの曲」を聞いていると、
色んな別れを思い出して切なくなります。



別れもあれば出逢いもある。



しかし、中々前を見れません。



水曜はこむぞー担当。



水曜どーでしょう、水曜コムゾーなんて如何でしょう。



















滅。




















どうも、こむぞーです。







前回記事 で参院選挙といいましたが、



ぶっ飛んで、どうでもいい話に飛びたいと思います。
(げんかや適当魂継承)




実は色んな別れというか、撃沈というか。



人一人、色んな恋の結末があると思いますが、
一人の選挙ジャンキーの、昔の恋の行方を。




ちなみに今、はまじ、けいじ、こむぞーで



「いま、会いにゆきます」


を見ています。






















みお。

みお。

















まあいいや。なぁ、はまじ。





で、今回の話はけっこう遡ります。






















出逢いは中学三年の模試。
























8年前―――。
































胸にズキューんと来た子がいました。


























直球ど真ん中。

一目ぼれとかあんましない子なんですが、
してしまいました。


















高校も同じとこに入れたらいいなぁなんて
思っていたんですが、

































入っちゃってました(´▽`)









もう興奮ですね。




あの頃の気持ちは今でも覚えてます。



高校に入学した新鮮な気持ちと、新しい恋と。


周りに聞くと、結構いい感じだと聞いて、
もはや超特急。
















が、ビビりな僕は、周りから固めようと思ってしまった。



































外見はヤンキー。
眉は書いてたし(細すぎて見えなかった・・)
学ランはセミ短にバギー。
当時、目が合えば、
「何、みとっとや(なにみてんだよ?)」
と言って憚らなかった自分。

実際中学から自分を知ってた同輩は、
声かけられた時、裏に連れて行かれるんじゃ
ないか
と思ったと言ってました。

いやいや高校からキャラチェンジしたんです。























つーか
































































・・・恥ずかしすぎる。


























































話は戻り、
自分が周りを固めている間、
周りと言う柵を飛び越え、
その子は狼に捕まってしまいました。


ガビーン。


忘れもしません、。

放課後の教室の廊下で、二人が仲良く話している姿。

う、嘘だろ!?
と思いながらも、きっと何かの間違いだと思った瞬間。





当時陸上部で、ダッシュで吹っ切ろうと走り、
自己ベスト更新。
失恋の力ってすごい。


















が、その帰り道。

夕焼けに染まる田舎道。


部活帰りの、その子と彼氏。

自転車を引き、寄り添う二つの影。









立ちすくむ、俺。

高校入学時の、初めての恋は散った。

あれから何年たっただろう。

















彼女は言った。


「あの時は、色々タイミング悪かったね。」


今でもいい女だと、俺は思う。





今何をやっているのだろう。

懐かしくても、会えない。
そんなPrecious Memories。








































(追記)
そんなこむぞーくんの昔の写真はこちら(・∀・)
ばーいけいじ。















































ぐれこむ

ぶはは。いるいる!こういう田舎ヤンキー!!

こむぞー、当時15歳。

(何故か菊の花持ってます。爆)





























































ぐれこむ

こむぞー15歳。(中学生)


必勝山○派

こむぞー23歳。(大学生)                      




人って変わるものですね。涙


「選挙」という玉手箱を開けてしまった彼に幸あれ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。