1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 17:52:02

ショパン2

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

ショパンの「別れの曲」を聞いていると、
色んな別れを思い出して切なくなります。



別れもあれば出逢いもある。



しかし、中々前を見れません。



水曜はこむぞー担当。



水曜どーでしょう、水曜コムゾーなんて如何でしょう。



















滅。




















どうも、こむぞーです。







前回記事 で参院選挙といいましたが、



ぶっ飛んで、どうでもいい話に飛びたいと思います。
(げんかや適当魂継承)




実は色んな別れというか、撃沈というか。



人一人、色んな恋の結末があると思いますが、
一人の選挙ジャンキーの、昔の恋の行方を。




ちなみに今、はまじ、けいじ、こむぞーで



「いま、会いにゆきます」


を見ています。






















みお。

みお。

















まあいいや。なぁ、はまじ。





で、今回の話はけっこう遡ります。






















出逢いは中学三年の模試。
























8年前―――。
































胸にズキューんと来た子がいました。


























直球ど真ん中。

一目ぼれとかあんましない子なんですが、
してしまいました。


















高校も同じとこに入れたらいいなぁなんて
思っていたんですが、

































入っちゃってました(´▽`)









もう興奮ですね。




あの頃の気持ちは今でも覚えてます。



高校に入学した新鮮な気持ちと、新しい恋と。


周りに聞くと、結構いい感じだと聞いて、
もはや超特急。
















が、ビビりな僕は、周りから固めようと思ってしまった。



































外見はヤンキー。
眉は書いてたし(細すぎて見えなかった・・)
学ランはセミ短にバギー。
当時、目が合えば、
「何、みとっとや(なにみてんだよ?)」
と言って憚らなかった自分。

実際中学から自分を知ってた同輩は、
声かけられた時、裏に連れて行かれるんじゃ
ないか
と思ったと言ってました。

いやいや高校からキャラチェンジしたんです。























つーか
































































・・・恥ずかしすぎる。


























































話は戻り、
自分が周りを固めている間、
周りと言う柵を飛び越え、
その子は狼に捕まってしまいました。


ガビーン。


忘れもしません、。

放課後の教室の廊下で、二人が仲良く話している姿。

う、嘘だろ!?
と思いながらも、きっと何かの間違いだと思った瞬間。





当時陸上部で、ダッシュで吹っ切ろうと走り、
自己ベスト更新。
失恋の力ってすごい。


















が、その帰り道。

夕焼けに染まる田舎道。


部活帰りの、その子と彼氏。

自転車を引き、寄り添う二つの影。









立ちすくむ、俺。

高校入学時の、初めての恋は散った。

あれから何年たっただろう。

















彼女は言った。


「あの時は、色々タイミング悪かったね。」


今でもいい女だと、俺は思う。





今何をやっているのだろう。

懐かしくても、会えない。
そんなPrecious Memories。








































(追記)
そんなこむぞーくんの昔の写真はこちら(・∀・)
ばーいけいじ。















































ぐれこむ

ぶはは。いるいる!こういう田舎ヤンキー!!

こむぞー、当時15歳。

(何故か菊の花持ってます。爆)





























































ぐれこむ

こむぞー15歳。(中学生)


必勝山○派

こむぞー23歳。(大学生)                      




人って変わるものですね。涙


「選挙」という玉手箱を開けてしまった彼に幸あれ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-11-30 16:11:43

ショパン

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

政治の最前線にいると、



昔好きだった子に、




「約束を守らないのが一番嫌い」

(約束を守らない男・こむぞー)



と言われたのを思い出します。



すべてはパフォーマンス、









”選挙ジャンキー”こむぞーです。









ついにブログを書く日がやってきました。

僕が書けること、















①恋愛について


























・・・・・・・・。































ただの過去の撃沈の歴史なんですけどね(涙)









②僕が選挙ジャンキーになるまでの歴史について


























・・・・・。































やっぱこれだね笑














今回は②についてお話したいと思います。





ではお話のはじまりはじまり。








むかーしむかし、あるところに、村から一身に
期待と希望を背負い、東京に出てきた若き青年が
おったそうな。







父「勉強してくっとばい(頑張って勉強してきなさいよ)」


母「お前は村の誇りたい(お前は村の誇りだ)」


親戚「東京で変か女御に騙されちゃいかんばい(変な女に騙されるなよ)」





















・・・・。















この時一体誰が想像したであろうか。












この青年が、















選挙ジャンキー、ジャンキスト(ジャンキーの最上級形)になるなんて。







ことの始まりは、たかしと飲みの帰り道だった。


当時、げんかやたかしと(この頃からたかしとつるんでる)
テニサーで飲んだっくれてる毎日を送っていた。




大学入学当初の希望を忘れ、夢を忘れ。




たかし「こむぞー、俺ら大学に何しにきたんだ?」


こむぞー「俺は政治と行政を勉強しに」


たかし「俺はボランティア勉強しに」



















・・・・・。















たかし・こむぞー「今の俺らは何なんだ・・・」



夢を忘れ、日々酒飲んで時間を過ごすだけの日々。












これではいかん!!











そう思い、二人テニサーを離脱し、ボランティアサークルと
政治サークルに新天地を求め、旅立った。




そこで、親父に頼んだ。

政治の現場を見たいんやけど、、。






親父「じゃあうちの地元の国会議員の事務所に頼んどくから、
お前明日いってこい。」



















おお!!国会!!!!!!!!














意気揚々と永田町に乗り込んだ。





















・・・・。



















この時誰が想像したであろう。













大学に行くより、永田町に行く方がはるかに多くなる
ということを。










事務所の秘書さんの好意で、何と代議士にまで会わせて
もらった。






や、やべぇ・・・。









か、かっこよすぎる。










秘書さんのテキパキした仕事ぶり。






代議士の振る舞い、心遣い。








俺もここで仕事がしたい。
やってみたい。

地元のため、引いては日本のため。













やべぇーーーー!

























俺、頑張る。











そう思った僕は、サークルで頑張る決意を固めた。


早稲田で三本の指に入るこの政治サークルで頑張れたら、
事務所もきっと認めてくれる。





サークルの同輩のため、先輩のため、後輩のため、自分のため。







言葉遣い、気配り、ただの事務所の使いぱっしりにならぬために。


雨にも負けず、風にも負けず。


事務所から呼ばれた日には、たとえ授業があろうとも、










たとえ彼女(当時)とデートの約束があろうとも



何ふり構わず、行く。
無理難題を言われても、必ず解決する。




そして、2003年衆院選挙。



リアルボランティアで戦った。



勝った。















やべぇ、気持ちいい・・・・。




ジャンキーに一歩足を踏み入れた日である。






それから、
パーティに呼ばれ、何人でもいいから連れて来い!
と言われ、













サークル総動員。














70人近く連れていった。













コムゾー株、花丸急上昇。








こうして、参院選挙に突入していくことになる・・。







つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-11-29 23:54:32

げんかや14号店・リローデッド3

テーマ:ブログ

今日、げんかやの掲示板にこんな書き込みがありました。








(無題)  投稿者: コムゾー  投稿日:11月29日(火)12時57分55秒


昨晩なぜかけいじの夢にうなされた。


飲めよ。
飲めよ。
帰らせるわけねーじゃん、ブハハ。
飲めよ。
飲めよ。
うまいよ。
うまいよ。
帰らせないよ。ブハハ。
飲めよ。
飲めよ。
ムービー撮るよ。
飲めよ。
飲めよ。
暴れんな、はまじ!!



・・・・。



けいじの恐怖、夢にまで登場。




















……。

















…俺は鬼か?




えー。こんばんは、酒の魔王けいじです。

こむぞーがなぜあのような夢を見たのかは僕にはわかりません(・∀・)



さて、こむぞー凱旋記念企画

「こむぞーくん、おかえりなさいの会」

の模様をお伝えしていますが、今日で最後となります。


これまでのあらすじは以下の通りです。(クリックOK!)


「げんかや14号店・リローデッド1」

「げんかや14号店・リローデッド2」





今日は「げんかや14号店・リローデッド2」 の続きです。



午後16時から5時間飲み続けていたが、さすがに酔ってきたので、

けいじの提案で、急きょ温泉行き♪をノリで採択したげんかやメンバー。


ビール片手に温泉を目指して歩き始めた。(このとき夜21時)




たかし:

「さてけいじ。温泉ってどこにあるんだ?(グビグビ)」


けいじ:

「すぐそこだよ、あるいて3分くらいかな(・∀・)」


なり:

「へーそんな近くにあるんや。けいじん家、いーなー(ガブガブ)」




飲みながら歩くげんかやメンバー。





















…5分後。




















たかし:

「けいじ、そろそろ着いてもいいんじゃね?」


けいじ:

「うん、あとちょっとだよ(・∀・)」


シンゴ:

「なんか意外と歩いてるような気がする…」





とりあえず歩き続けるがんかやメンバー。

























さらに5分後…。

























たかし:

「けいじ、まだか?(´Д`)ツカレタヨ…」


けいじ:

「あと5分くらいだよ(・∀・)」


なり:

「…おい、さっきあと3分とか言ってなかったか…?」







なんて歩いていると…

























ついに到着!けいじ宅から歩いて15分


豊島園の温泉「庭の湯」

(ホームページはこちら


むちゃくちゃいい温泉です!!

まだオープンして1年ほどしか経っておらず、館内はきれい。

露天風呂もサウナも全て充実した最高の施設です。


風呂上りにはリラクゼーションルームで音楽を聞きながら寝れるし、

寝ながらテレビを見ることも可能。


以前、兄姉たちとここを訪れて、僕はすっかりトリコになってしまったのでした。

値段は少々かかりますが、そのためか、人が少ない!!

人が少ないのもいい温泉の条件の一つです。

ぜひこのブログを読んでいるみなさんにも行ってもらいたい超オススメスポットです。

一日中いれますよ。(近くに映画館もあるしね)




歩き疲れて最初はブーブー言っていたげんかやメンバーですが


これには大満足!!!!


先に15分かかると言ったら、こいつらは絶対こないと思っていた僕の


優し~い心遣い(・∀・)ウソ



僕らは大いに温泉に入りまくり、飲みすぎた酒を抜くべくサウナで我慢大会をしたのでした…。











































が、しかーし!






















2時間ほど温泉に入って、また僕の家に戻る帰り道…


こむぞーが言う。













こむぞー:

「頭痛ぇ…」
























メンバー一同:



「同じく!」
















なぜか全員頭が痛くなるげんかやメンバー。泣







こむぞー:

「なんかさぁ。酔い覚ましに行ったのに、逆に酒が回った気がしない?」




一同:


「同感。」

















後から分かった事なのですが…





<あるホームページからの抜粋>

『少し飲み過ぎたからサウナでアルコールを飛ばそう』と言う声を良く聞きますが…。

汗でアルコールを流そうという意図は、内蔵機能を活発化させることから正解とも考えられます。しかし、飲酒直後は、危険が伴います。入浴やサウナにおける死因は、
心臓死37.5% 脳血管障害49.6% おぼれ・その他 2.9%

このような死亡原因の中で24%はアルコールが検出されています。
アルコールには血管拡張作用があり、入浴する事によって、さらに血管が拡張する事により、急激に広がった血管に充分な血液を送る事ができなくなります。血圧が下がるために、めまい、脳貧血を起こし、酔いや脱水症状をさらに進ませ、心筋梗塞などの危険な状態を招きかねません。

風呂や、サウナでアルコールを抜くのは逆効果といえます。



























……。



























ドーン(/゚▽゚)/逆効果

見事に自殺行為のげんかやメンバー。

全員ぶっ倒れました。泣

頭悪い。

そっそれでも!!!



まだビールは30缶 残っている!!!!









僕らは突き進みました。


僕らを奮い立たせているのは、もう「のんべえ魂」のプライドのみ。


ここで負けるわけにはいかない。

ここで寝てしまってはビールに負けたことになる!!


の…飲むのだ…!!!!



うおぉぉぉグビグビグビグビ……































……それから8時間後。

















翌朝…午前7時。


























僕らは飲みきった。






ビール完飲!!!


けいじ宅にはビール缶の残骸の山が築かれた。


満足げなげんかやメンバー。







やってやったぜコノヤロウ…!






     俺たちはまだまだ若い…!






   無敵だ、俺達は…!























感慨にふけるげんかやメンバー。


こうして「こむぞーくん、お帰りなさいの会」は終わった。













































あ!











































魔王


飲むの


忘れた_| ̄|○














こうしてこの翌日から、

げんかや会議「魔王はいつ飲もうの会」が開かれるようになった…。




やっぱ進歩なし。泣







6

(げんかや6人がそろった写真はこれが2枚目。激レア)


おしまい(・∀・)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-28 00:17:31

げんかや14号店・リローデッド2 

テーマ:ブログ

僕の家にまた強盗がきました。

今度は、お金払わないと電気止めるぞって脅されました。


…もはや虫の息。けいじです。




さて、昨日の記事 の続きです。




午後16時。

続々とげんかやメンバーがけいじ宅に集結。




迎える私けいじは、すでに酔っ払っていて


ハイテンションで待っておりました(・∀・)ゴメンヨ!




そこに登場。




贅沢にも大量の刺身を買い込んできたたかし。




げんかやのお家芸ビール1ケースを担いでくるはまじ。




最強の焼酎

1本2万円の「魔王」

を抱えてくるシンゴ。




なりも別行動ながらビールを大量に買ってくる。




そして、満を持しての登場…本日の主役




こむぞー!!!!








けいじ宅にこむぞーコールが巻き起こり、彼はガッツポーズで現れた。


















そして

























3
コイツも

ビール箱買いしてきやがった。

ヤツはげんかや魂を忘れてはいなかった!!!!













てなわけで。


ビール24缶入りの箱が2箱…。


それになりが買って来たビールに、


僕の家にあったビールを足して…




















この日飲むビールは

60缶となった。

(あぁ。聖水に囲まれて30リットル)



















生き別れとなった仲間との久々の再会に盛り上がるげんかやメンバー。















こうして、「こむぞーくん、おかえりなさいの会」は乾杯で幕を開けた。



















3ヶ月ぶりに帰って来たこむぞー。


積もる話は山ほどある。


だが、我々から話す労力はあまりかからない。








なぜなら







こむぞーは選挙中でも

ブログをチェックしていたからだ。

なんと便利な世の中。


ブログチェックは、地獄の選挙中、

彼の唯一のささやかな楽しみだったらしい。(涙)


(ブログ更新がない日はため息をついていたらしい。…泣ける)








僕の家に入るなり、こむぞーは聞く。気になったことがあったようだ。




こむぞー:

「けいじ。お前の部屋の前に貼られているあの張り紙はなんだ?」

 

けいじ:

「バカ。あれは見るな」


こむぞー:

「だって、あれ、明らかにお前に書かれてるだろ


けいじ:

「あれは2ヶ月前に、たかしとなりが暴れたからだ


こむぞー:

「ゲラゲラ」


けいじ:

「今日はいいのだ。見なかったことにしてくれ」


この会話を聞いて、シンゴとはまじもニヤニヤしている。

(ある意味こいつらも共犯である)







気になる読者もいると思うので紹介しておこう。











…僕の部屋の前に張られている、


問題の張り紙とはこれのことである。

































4












「共同住宅につき

夜10時以降は

極力静かにお願いします


大家○○

○○商事(株)











言葉は丁寧ですが、大家の1000歩譲った確かな心の叫びです。

大家の抑制されたトーンの語りかけがリアルです。

明らかな、かつストレートな僕に対しての警告です。

大家と不動産会社のダブル署名で警告されております。


2ヶ月前、たかしとなりが僕の家で飲みまくった挙句に


ぶっ壊れた翌日にこの張り紙は現れた。

(次暴れたらレッドカードですか大家さん)













……。
































ドンマイ俺♪

(大家さん、ゴメン)















さて。

大家の警告もあっさり切り捨てたところで、我々はビールを滝のように流し込む。


そして、こむぞーの空白の3ヶ月の話を聞き込むこととなった。











はまじ:

「なぁこむぞーよ。お前、軽度の糖尿病だって言われたの本当か?」

(このときの記事はこちら 。←この記事の翌日に例の張り紙が貼られた。笑)



こむぞー:

「おう。なんか、アルコールのテストとかいうのがあって、医者に連れて行かれた」















…ご紹介しましょう。

そのときの医者とこむぞーの会話は以下の通りである。





医者:

「えー、では軽く問診いたします。気軽に正直に答えてくださいね」





こむぞー:

「はい。わかりました」






医者:

「あなた…結構お酒を飲むようですが、週に何回ほど飲んでますか?」







こむぞー:

「えぇ…























週に7回ほど」
























医者:

「……。」







こむぞー:

「……。」









こむぞーの心の声:(やべぇ俺、少し正直過ぎた…?)

















医者:

「…それは、毎日ってことですか?」









こむぞー:

「そうとも言います」










医者:

「……。」














こむぞー:

「……。」













医者:

「あの…、一日にビールはどのくらい飲みますか?」











こむぞー:

「えぇ。
















10缶ほどに焼酎などをそれなりに」



















医者:

「(゚▽゚)」

















こむぞー:

「……。」














医者:

「あなた、運動はされてますか?」

















こむぞー:

「えぇ…























選挙運動を。」












一同爆笑。

この医者とこむぞーの会話は、伝説となった。


選挙ジャンキーは本物であった。


言わせてもらう。





























こんな問診ありえない。








こんな話から始まり、こむぞーワールドは始まった。


血で血を洗う地獄のような選挙戦の話。


衆院選と地元の選挙を立て続けにこなした彼は、選挙の裏話などを分かりやすく、しかし赤裸々に語った。





ここでは詳しくは書けないが





普通に泣ける。(涙)


選挙とは、恐ろしいものであった…。





選挙でどれだけの人が、必死に動いたのか。


どれだけのカネが流れたのか。


どれだけ闇が深いかなど、この世のものとは思えない世界がそこにはあった。





宴が始まって5時間…。

僕らは大いに飲み、たかしは料理を作り、こむぞーは語った。




会話がひと段落した頃、僕らは焦りだした。


全員一致の意見である。


それは以下の一言に集約される。


























「やべー酔ってきた!」






























…あたりめぇだ。
























5時間飲んでいる。


























だが。

げんかやメンバーが3ヶ月ぶりに全員集合したこの日。



朝まで飲み続けるのは






当然すぎる暗黙の了解である。









たとえこの飲み会が突如決まったとしても、


翌朝にバイトを控えていたとしても、(たかしとシンゴ)


這ってでも来るのがげんかやメンバーである。

(ここは意地でも来る)



このとき、まだ夜の21時。夜は長い。



せっかくいい語らいが出来ているのだ。



正直、全員



まだ酔っ払いたくない。

壊れるには早すぎる






としかもまだビールは1箱禁断の酒「魔王」が残っている。

てことはすでに30缶飲んだことになる




























ここでけいじの提案。
















ここはひとつ、


酔い覚ましに行こうではないか!!



























温泉に♪


















一同:「いいねぇ~~」







即決。


















こうしてメンバーはビールを片手に立ち上がり、温泉に行くべくけいじ宅を出たのであった…。



5

イエーイ!!!!!





げんかや14号店の夜はまだまだ続く…。





次回へ続く!!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-27 10:08:29

げんかや14号店・リローデッド

テーマ:ブログ

戻ってきたぁぁぁ


黄泉の国から戦士たちが帰ってきたぁぁぁ… ブモー!














はい。


と、言うわけで、一昨日は大変衝撃的な一日になりましたので、

ことの発端から順に話していきましょう。










平凡な金曜日の午後2時。


バイトから帰って来た私けいじのもとへ、

たかしから1本の電話がきました。







<そのときの会話>

たかし「けいじ!大変だ!大変だ!


けいじ「なに!?そいつは大変だ!!!

(何が大変なのか聞かないで大騒ぎする人・けいじ)


たかし「大変だから、今からけいじん家で飲める!?

(なぜか飛躍して飲みの話になる人・たかし)


けいじ「うむ。大変ならしかたない!」















…何が大変なんだか全くわかりませんでしたが、




こうして真昼間からげんかやメンバーに非常召集がかけられました。


(なり、シンゴ、はまじにも上記と同じような電話がたかしからかかってきたらしいです)













で、なにが「大変だ!」ったのかというと…


























我が酒飲み集団げんかや14号店の一角




選挙ジャンキー・こむぞーが




選挙を終えて、

ついに東京に帰還!!











必勝山○派
(選挙中のこむぞー氏の画像)


おおー!!!!ついに帰って来るか!!こむぞーよ!!!

お疲れさん!!!
































てなわけで、げんかや14号店では



こむぞーくん、おかえりなさいの会



が緊急採決されました。
















こむぞーが帰って来ることで、げんかや14号店のフルメンバー集結は


なんと3ヶ月ぶりのことである。


(なぜかこむぞーよりも、北海道に住んでいるはずの、SUDDEN☆GO の連中の方がずっと会う回数が多いという事態)












思い返せば、こむぞーが姿を消したのは8月の夏休みのこと。

当時のげんかや14号店メンバーは、北海道からSUDDEN☆GO のよこいとなおやが東京に来て、熱烈歓迎をしていた。

(そのときの模様は「北海道からの来訪者」 シリーズ参照)

まさに、げんかや14号店絶好調の夏である。







そんなときに、こむぞーへ投げかけられた

小泉純一郎内閣総理大臣の一言。


























衆議院を

解散します(^o^)エヘ

(当時の記事はこちら























こうしてこむぞーは僕らの前から風のように消えた。

(消滅の呪文のようだ)































だが、嵐のような衆議院選挙を終えても、こむぞーは僕らの元へは帰って来なかった…。




なぜか?




今度は






























地元の町で選挙勃発。













こむぞーは田舎へ召還された。

(召還の呪文を唱えられました)




そこでもこむぞーはボロボロになるまで戦う。




血で血を洗う死闘の選挙を戦い抜き、















今、戦士・こむぞーは

帰って来るのである。

















楽しみにしていた早稲田祭も共にすることも出来ず、選挙のストレスで酒に走り、医者に


「軽度の糖尿病です」


と申告されたこむぞー。(かける言葉もない)


僕らが富士山に突撃してるとき、こむぞーは衆院選挙を戦っていた。


共に青春の日々を送れなかったこむぞー…。


日本の政治に翻弄され、


彼は青春の1ページから最後のページまで、

選挙のことしか書かれてない半生。
























そんなこむぞーのために













げんかや14号店、久々の全員集合。




「こむぞーよ。今日は最高の日にしてやる」




我々は、互いに言わなくてもそう心の中で誓っていた。

























僕は筆ペンで紙にでっかく書いた。
















「こむぞーくん

おかえりなさい」




それを部屋の壁に貼り付ける。




部屋の掃除をし、グラスも用意。




飲み会の準備は完了した。




飲み会開始予定時刻は午後16時から。




このとき、まだ15時。(たかしは新宿で酒の買出しに奔走)




全員がここに来るまで、まだ1時間ある。




僕は苦悩した…。




非常に苦悩した…。





























……うおぉぉ。



















ま…
























待てねぇ!!

やっぱり







こうして僕はめでたくフライング。


みんなが来る1時間前からビールをガブガブ飲み始めたのだった(・∀・)













さて一方。


たかしである。


たかしはこむぞー帰還の話を聞きつけて、全員に集合をかけた後、

シンゴ・はまじと合流。


そこで、たかしが2人に言う。













「なぁ。あの早稲田祭で稼いだ3万円さぁ…、




























このときのために

稼いだようなもんじゃない??(・∀・)」















シンゴ・はまじ:

「そうだね(・∀・)」(←あっさり)












(3万円については昨日の記事 参照)




たかしは、けいじ・なりにも許可を取るために電話した。




2人の反応も同じである。




なり・けいじ

「いいよー(・∀・)」(←あっさり)















「3万円、どうするの会」4回も開催しても、3万円の使い道の結論が出なかったのにもかかわらず、

















突然ノリで決着がつく我々。

あの4回のげんかや会議は、一体なんだったのか?


















こうして、げんかや14号店が総力を結集して早稲田祭で稼いだお金は



























やっぱり

酒になった。

(避けがたい運命)















そして、たかし・シンゴ・はまじの3人は


















禁断の、究極の酒を求めて新宿を走り回った。

























そして、酒屋3軒目…ついにそれが見つかる。



































究極の酒・購入。


































お祝い事ですからね。
2

「げんかや14号店」のし紙つきの酒。(わざわざそこまでやる)






そして、この中身というのが…

































































これだ!!!




























おぉぉぉ…

1


キング・オブ・焼酎


その名も

「魔王」。


1本2万円














ついに禁断の酒を手に入れたげんかや14号店。





こうして午後16時――。





げんかやメンバー6人がけいじ宅に集結したのであった。





次回へ続く。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-25 11:04:03

3万円、どうするの会  

テーマ:ブログ

えー。


昨日はみなさん、期待通りの反応ありがとうございました。


なんかね、ギャグとはいえ、みなさんを騙すことは申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、


やってみたくて

しょーがなかったんですよ

(・∀・)ゴメンナサイ


でもね。


みなさんの「終わらなくてよかった」って言葉に素直に感動してしまったけいじです。


みなさん、ありがとうございます。ありがとうございます(感涙)













さぁさぁ、げんかや14号店、第2章の始まりです。




まぁ、第2章に入ったからといって、



















何も変わらないんですけどね。

(いつも通りグダグダ)

















さて、早稲田祭も終わって第2章に入ったということなので、


「このブログのタイトルも変えねばならんな」


とはまじからの提案がありました。






そうですね。いつまでも


~早稲田の中心で、

   トムヤムうどんを作る~


にしておくわけにいきません。
















…で、一応、今、緊急措置としてタイトルを変更しておきました。
















その名も














~早稲田の中心で、

   トムヤムおでんを作った



過去形にしただけです。すんません(´▽`)














タイトルは、おいおいげんかや会議で決定したいと思います。













さてさて、我々げんかや14号店。


今日は、最近何をしていたかという話でもしましょうか。






















えー最近の我々。



げんかや会議を連日開き


















「早稲田祭で稼いだお金、どうするの会」



を開き、大いに飲みまくってました。










早稲田祭を手伝ってくれた女の子たちには、早稲田祭終了後の打ち上げでおごってあげることでお返ししたのですが、その後、僕たちの手元にはまだ3万円の利益が残りました。







…この3万円をいったい何に使うのか?







これが今、僕らの酒のネタになってるんですね。



この議題をネタにすでに4回ほど飲み会を開催しており、結論は一向に出ておりません。



はい、要は「3万円」でお酒を飲む口実を手に入れたわけです(・∀・)ヒャッホーウ







それでもですね、いろんな意見は出てたんですよ。



問題の「3万円」をどうするのか…。



メンバーそれぞれの意見を紹介いたしましょう。






①けいじの案



「3万円で、げんかやオリジナルグッズ『とっくり』と『お猪口』を焼き物で作るってのはどうだ?」














メンバー一同の感想:


「おー。なかなかいいねぇ~」(ゴクゴク) ←飲んでます





























②はまじの案


「3万円で、げんかやオリジナル日本酒を造るってのもあるぞ」














メンバー一同の感想:


「おお~。それもいいねぇ~」(グビグビ)




























③シンゴの案


「3万円で手作り和紙を作って、日本縦断の旅でお世話になった家族の人たちに年賀状を送るのもいいんじゃない?」






















メンバー一同:


「おお~。それも素晴らしいねぇ~」(ガブガブ)←かなり酔ってます





















④たかしの案
























「あのさぁ。今、すげーカタイ競馬があるんだけどさぁ…(・∀・)ニヤニヤ」
















秒殺却下。






















⑤なりの案






































「3万円、俺に、くれ!





































袋叩きの上却下。

































と、まぁメンバーそれぞれの持ち意見で激論を交わした末に、




























酔っ払ってどーでもよくなってしまうんですね(´▽`)ハハハ

(4回やって進歩無し)

















結局は、いっそのことこのまま3万円を使わずに、








「一生げんかやメンバーでお酒を飲む口実にしちゃえ(・∀・)」








というたかしの意見が有力視されてます。笑














げんかや会議「3万円、どうするの会」は、まだまだ続く…。




以上、げんかやメンバーの、いつも通りのくだらない日々の近況報告でした(・∀・)








注:これからもおそらく進歩がみられません。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-24 11:28:06

今までありがとうございました。 

テーマ:早稲田祭

さっき、強盗がきました。

お金払わないとガス止めますって言われました。泣


ここ4日間、25円しかなかったけいじです、こんにちは。




無事、早稲田祭が終了し、早稲田祭の模様をブログにアップすることもできました。




そう、このブログの大役もいよいよ終わりです。




僕らが作ったブログの目的は、




「我々の早稲田祭の成功までの奇跡を記録すること」でした。




このブログを始めた頃、




僕とはまじは互いに誓っていたことがありました。




早稲田祭が終了したら




潔く、このブログは閉鎖すること。







































「始まりがあれば、終わりがある」




これは、真理です。




人は、みないつか死ぬ。




死を意識するからこそ、生きている今を大事にできるように、




このブログも、必ず終わりがあることを意識することによって、




完全燃焼をすることができました。




ブログを読んでくれているみなさんには突然ですが、これは前々から決まっていたことなのです。



そして、その日が、今日来てしまったわけです。



















このブログを運営するに当たって、たくさんの出来事を記録することが出来ました。




毎日の飲みも、六本木でのパーティーも、富士山突撃も、日本縦断も、大掃除厄払いも、早稲田祭も…




記録してみると、僕らの日々は、想像以上に騒々しく、慌しく、適当で、輝いている日々でした。




これは、ブログをやっていないと、気づかなかったことでした。




ここで、多くの人々と出会うことができました。




ブログをやることで、様々な人々とつながることができました。




ここを読んでいるあなたのことです。




応援されて、笑ってもらえて、僕らは幸せでした。




ここで出会ったみなさん、ありがとうございました。




心の底から、ありがとうございました。




ここがなくなっても、僕らはきっと、卒業するまで騒々しい日々を送っていると思います。




僕らは、潔く、最後を迎えようと思います。




早稲田祭をやって、本当によかった。




今日の記事で、このブログは終わりです。




みなさん、本当にありがとうございました!!!




最後に、




もう一度げんかや14号店メンバーの紹介をして




このブログを閉じたいと思います。






なり

アホの神・なり















必勝山○派

選挙ジャンキー・こむぞー


















しんご

特攻隊長・シンゴHG
























釣っちゃった

げんかやのゼウス・たかし























はまじのカギ

酒の神・バッカス・けいじ



























ぶち壊れ

不幸の男神・はまじ



























以上、6名。







長い間、ご愛読ありがとうございました!!




げんかや14号店一同。



また会う日まで!!!






















さようなら。

















-THE END-






































































なんて


















やっぱり

イサギヨイわけもなく(・∀・)









ブハハ






















忘れてくれるな!!!!!


















俺たちは適当な奴らだ!













そう。


















あっさりブログ続行です。

(節操皆無)








先日のはまじとの会話。




けいじ:「はまじーブログどうする?最初決めたとおり、ビシッと男らしく消えるか」


はまじ:「うむ。早稲田祭も終わったことだしな」


けいじ:「ブログ責任者はお前だから、お前が決めていいよ」


はまじ:「ブハハ…









続行に決まってるだろ!」

(0.2秒)










げんかやメンバーの結論。



















消すのもったいねー

(・∀・)

全会一致。

か…軽い!!











初心の決意をいとも簡単に覆す我々。











意思弱すぎ。ブハハ



てなわけで!





げんかや14号店ブログ、





ここから第2章の始まりです!!












これからもよろしくぅー!フゥ~



レイザーラモンHGフォ~

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-11-23 23:59:29

栄光への奇跡(完結編)

テーマ:早稲田祭

早稲田祭終了――。


お久しぶりです、けいじです。


あれからもう、2週間以上経つんですね。時間の流れは速いものです。


このブログの目的は、


早稲田祭で成功するまでの奇跡を記録することでした。


それは、ブログの一番初めの記事に、一番最初に書いたことです。


げんかや14号店の早稲田祭…


笑いあり、涙ありの感動巨編になるはずが


笑いっぱなしで終わっちまいましたよ。


では、早稲田祭成功までの奇跡、ダイジェスト版をどうぞ。


~げんかや14号店の早稲田祭までの歴史~


(フラッシュバック機能付き。クリックすると、当時の記事に飛べます)




<2005年5月16日>

早稲田祭出店計画浮上→5秒で決定!!(適当)

学校帰りにげんかやメンバーが居酒屋でおおい飲みまくる中、はまじが酔っ払った勢いで早稲田祭出店計画を提案。秒殺で採択される。

俺たちは思い出に飢えていた

ちなみに、このときの飲み代は33390円。

レシートの長さはなんと45cmを記録。

このレシートは「げんかや重要文化財」として今もけいじ宅に厳重に保管されている。

フラッシュバック



<2005年5月30日>

商品決定!!その名は「カレーおでん」

様々な案が出された結果、おでんの販売を決定。

斬新な商品を追求すべく、日本代表「おでん」とインド代表「カレー」の夢のコラボレーションを実現させることに。一同、大いに盛り上がる。



<2005年6月17日>

衝撃事実発覚!!女の子のメンバーがいない!!

当たり前なのですが、たかしに指摘されて初めて気づいた。

「女の子がいねぇ…」。

僕らみたいなうさんくさい酒飲み男集団がモノを売っても、まず誰も買わねぇ…。

売り子をしてくれる女の子を捜さなければならないという壁にぶつかった。

そこで、六本木でパーティーを開催して女の子を勧誘するという作戦を企画。

1ヶ月後に会場を予約して我々は準備に取り掛かった…。



<2005年6月20日>

商品変更!!「とりあえずおでん」

冷静に考えたら「カレーおでん」…かなりマズそうなこと発覚。(泣)

商品開発は振り出しに戻る。一同、意気消沈。



<2005年6月23日>

緊急事態発生!!早稲田祭参加希望企画書提出が翌日まで!?

商品企画とかやっておきながら、参加希望の資料を作るの忘れてた!!

(初歩的ミス…てか根本的すぎるミス)

慌てて資料作成。早稲田の先生の捺印が必要だったためけいじがゼミの教授(あんま仲良くない)を脅して捺印強奪。めでたく申請完了。

フラッシュバック



<2005年6月24日>

当ブログ「げんかや14号店」誕生!!

早稲田祭で大もうけするためには商品開発だけではだめだ!

プロモーションに目をむけ今流行のブログに目をつける。

当時はまだおでんを売るつもりだったので、実はこのブログのサブタイトルも始めは「早稲田の中心でおでんを作る」だった。

フラッシュバック



<2005年6月30日>

ブログ閉鎖の危機!!(出店権争奪抽選会前日)

早稲田祭の出店枠115団体に対し560団体の応募が殺到!

抽選による出店権争いが決定された。

その抽選会を前日に一同、ビビる。倍率は5倍。

もし外れたら…。ブログは7日目にして早くも閉鎖だったのである。(涙)

フラッシュバック



<2005年7月1日>

出店権争奪抽選会で出店権獲得!!当選率20%の難関を切り抜ける!!

5人に4人が外れくじを引く中、げんかや最強のくじ運を持つするけいじが気合で当選くじを引き当てる。「おっしゃぁぁ!!!」

こうしてブログ閉鎖の危機は運のみで回避された。

ちなみにけいじは「厄払いのお守り」「亡き父の写真」を握り締めて抽選会場に向かう必死さだった。(笑)

フラッシュバック



<2005年7月9日>

また商品変更!!「トムヤムラーメン」!!

初期商品「カレーうどん」が実はマズかったという衝撃事実を乗り越えて、たかしが次に考案したのが「トムヤムラーメン」!!タイ代表「トムヤムスープ」と中国代表「ラーメン」の素敵な出会いである。

こうしてブログのサブタイトルも「早稲田の中心でトムヤムラーメンを作る」に変更となった。

実は大学近くのラーメン屋「ティーヌン」のパクリであることはもう周知の事実である。

フラッシュバック



<2005年7月17日>

六本木パーティー開催!!

1ヶ月前から準備していたパーティーをついに実行!我々は売り子をしてくれる女の子の勧誘に奔走した。

ここで4名の女の子を勧誘に成功!!しかも女の子がさらに友達の輪を広げ…しまいには女の子が8名という大所帯となった。「女の子、イモずる作戦」がまさに大成功!!(失礼)

ついでにトムヤムラーメンをこのパーティーで試験的に作り、ゲストたちにふるまう。実際、おいしかった!!パーティーは多くの収穫を得て、大成功を収めた。

フラッシュバック (『げんかや的六本木パーティー奮闘記』シリーズ)



<2005年7月21日>

またまた商品変更!!「トムヤムうどん」!!

ここまでくればバレてしまうが、仕方ない。俺たちは本当に適当な奴らだ!!(笑)

3度の商品変更を経て、ついに今の商品に行き着くのである。

商品変更の理由は、ラーメンではコストがかかるから。それに、売るターゲットを女の子にするなら、うどんの方がヘルシーだから。しかもおいしい!!

トムヤムスープはダイエット効果もあるからとってもいいんですよ!!みなさんどうぞ食べに来てくださいね!!ガンガン食ってください!!(笑)

まぁ、本当の理由は本家トムヤムラーメン屋「ティーヌン」に怒られたくなかったからなんですけどね。だから「トムヤムうどん」。(笑)



<2005年8月3日・7日>

北海道から早稲田祭参加者出現!!

我々「げんかや14号店」と熱烈友好同盟を結ぶ北海道の「SUDDEN☆GO」 (よこいとなおや)が、早稲田祭当日に、早稲田祭のためだけに北海道からわざわざ東京へ来てくれることとなった。

こんな熱い奴ら見たことがない!ありがとう!!

フラッシュバック(『北海道からの来訪者』シリーズ⑦と⑬)



<2005年9月6日>

またまた抽選会!!!出店場所争奪抽選会!!!

早稲田祭の出店場所も抽選によって決まるのであった。

出店場所によって売り上げが大きく左右されるため、これにも気合が入るげんかや14号店。

抽選会に投入されるのはやはり最強のくじ運男・けいじ。

そして見事ベストポジション獲得!!!

ちなみに今から言っておきますと、出店場所は7号館と10号館の間の道路です!!来るときはお間違いなく!!

早稲田祭直前には、ここに地図をアップしたいと思います!!!

フラッシュバック



<2005年9月7日>

当ブログ「げんかや14号店」がアメブロ日記部門で1000位以内突入。

ありがとうございます!!ありがとうございます!!!

読者が増えて喜びのあまり我々は飲み会を開催してしまうほど。要は飲む口実。ははは

フラッシュバック



<2005年10月14日>

店作り開始!まずは看板作りからだ!!

見事に失敗に終わる。ふ…不覚。(泣)

フラッシュバック



<2005年10月16日>

げんかやメンバー、売り子の女の子と顔合わせ!!

一緒にトムヤムうどんを売ってくれる女の子を呼んで飲み会を開催しました。

来れなかった子もいるのですが、みんなかわいくて優しくて本当にいい子ばかりでした。

ちなみに、中には売り込みのプロの女の子・調理師免許を持った女の子もいて、かなり最強の女性陣を取り揃えておりました。

飲み会が終了してげんかやメンバーだけでカラオケへ行ったのですが、全員ぶっ壊れました。その後、げんかや14号店は罪滅ぼしにシャカイコーケン(・∀・)をすることとなる。

フラッシュバック



<2005年10月21日>

トムヤムうどん、材料探し!

早稲田祭を2週間後に控えたこのとき、まだ我々は問題を抱えていた。

トムヤムうどんのコスト削減問題である。問題の大元は、トムヤムスープの素となるトムヤムペーストが高いということである。このままでは1杯200円近いコストがかかってしまう…。

シンゴとたかしが、ネットで見つけたトムヤムペーストを売る怪しげな会社とメールでコンタクトを取るも、返信がなく非常に疑わしい。

てなわけで、我々は旅立った。安いトムヤムペーストを求めて…。

…と思ったら、旅を始めて3分でアッサリ発見。

はまじの家の近くのスーパーで普通に売ってた。笑 

しかも安い!こうして我々はコスト問題を克服し、お祝いにはまじ宅で飲みまくったのであった(・∀・)



<2005年10月29日>

チームTシャツ「男前豆腐店Tシャツ」到着!

徐々に近づいてくる早稲田祭だが、我々は何故かそのことに気づかずマイペース。

このころはドリームバトンをやって盛り上がってました。

フラッシュバック



<2005年11月2日>

祝!ブログ10000ヒット!&早稲田祭3日前!焦る!!

早稲田祭3日前にしてブログの更新をサボり、あんまり宣伝してなかったことに気づく。

なんと脅威の4連続投稿を決行。笑 アホである。

そして10000ヒットを記念し、早稲田祭成功を願って、「はまじ宅大掃除厄払い」企画が立ち上がる。

フラッシュバック

<2005年11月3日>

はまじ宅大掃除厄払い決行!!

早稲田祭当日、降水確率50%を引き下げるために我々が取った早稲田祭前最後のイベント。

死力を尽くしたムシキング御殿での壮絶なる戦い…。

こうして、げんかや14号店は降水確率を下げることに成功。

まさに神の領域に達した瞬間。

フラッシュバック(『10000ヒット記念!大掃除厄払い』シリーズ)



<2005年11月4日>

早稲田祭前日!!
いよいよクライマックスへ…。

実はこのとき、まだ看板が出来てない異常事態
フラッシュバック



<2005年11月5日>

ついに船出!!早稲田祭第1日目!!

このときのブログ…。早稲田祭の話しないで打ち上げのことしか書いてねぇ。爆笑

しかも3次会突入。
フラッシュバック


<2005年11月6日>

早稲田祭第2日目!!ついにクライマックス!!                              
祝!!大成功!!

フラッシュバック



<2005年11月4~6日>

早稲田祭2005総集編!!~栄光の時、来る~

早稲田祭前日準備・当日の遅刻の嵐…。

ブログ読者・マサキさんKさん&Kさんのお友達のご来店の感動…。

完売達成の瞬間…。

早稲田祭終了と共に降りだした歓喜の雨…そして嵐へ。

一週間に渡る人間の限界に挑戦した打ち上げ…。

みんなありがとう!!!

フラッシュバック(『早稲田祭2005』シリーズ)




                             



こうして、我々げんかや14号店の早稲田祭は終わった。


応援してくれたみなさん


本当にありがとうございました!!



―完―




<げんかや14号店メンバー早稲田祭組織図>


団体責任者    :けいじ

商品開発責任者 :たかし

早稲田祭責任者 :シンゴ

広報ブログ責任者:はまじ

環境委員      :なり

環境委員      :こむぞー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-22 14:00:00

長編シリーズ置き場

テーマ:長編シリーズ置き場

このページは、これまで我々「げんかや14号店」がやらかしてきたお祭り騒ぎの「長編シリーズ置き場」です。別名「壮大なる恥置き場」とも言う。


よかったら読んでくださいね。(クリックで飛べます)




<2005年11月>

『げんかや14号店リローッデッド』シリーズ

「げんかや14号店リローッデッド1」

「げんかや14号店リローッデッド2」

「げんかや14号店リローッデッド3」




<2005年11月>

『早稲田祭2005』シリーズ

「早稲田祭2005」…(嵐の前の予告編)

「早稲田祭2005」…(騒然の前日準備編)

「早稲田祭2005」…(怒涛の1日目編)

「早稲田祭2005」…(驚愕の1日目打ち上げ編)

「早稲田祭2005」…(狂爛の2日目編

「早稲田祭2005」…(栄光への軌跡・完結編)



<2005年11月>

『10000ヒット記念!大掃除厄払い』シリーズ

「10000ヒット記念!大掃除厄払い」…(予告編)

「10000ヒット記念!大掃除厄払い」…(前編)

「10000ヒット記念!大掃除厄払い」…(中篇)

「10000ヒット記念!大掃除厄払い」…(後編)

「10000ヒット記念!大掃除厄払い」…(番外編)




<2005年9月>

『日本縦断の旅・北日本編』シリーズ

「日本縦断の旅・北日本編」…(予告編)

「日本縦断の旅・北日本編」…(出発編)

「日本縦断の旅・北日本編」…(札幌編①)

「日本縦断の旅・北日本編」…(札幌編②)

「日本縦断の旅・北日本編」…(札幌編③)

「日本縦断の旅・北日本編」…(函館編①)

「日本縦断の旅・北日本編」…(函館編②)

「日本縦断の旅・北日本編」…(函館編③)

「日本縦断の旅・北日本編」…(函館編④)

「日本縦断の旅・北日本編」…(青森編①)

「日本縦断の旅・北日本編」…(青森編②)

「日本縦断の旅・北日本編」…(青森編③)




<2005年9月>

『富士山登山記』シリーズ
「ノリだけで生きてます」     (富士山登山を思いつく)

「自分的には用意周到」     (富士山登山の準備)

「本当にいいのかなぁ?」     (富士山・出発直前)

「無事帰ってまいりました」    (富士山・帰宅直後)

「めざせ頂上!!その前に。」 (富士山登山記・挫折)

「めざせ頂上!!(前編)」    (富士山登山記・前編)

「めざせ頂上!!(後編)」    (富士山登山記・後編)

「魔運天富士!!」         (富士山登山記・完結編)




<2005年8月>

『北海道からの来訪者』シリーズ(夏休み特別連載企画)

「北海道からの来訪者…(序章)」

「北海道からの来訪者…(第1章)」       7月30日(東京1日目)

「北海道からの来訪者…(第2章・前編)」   7月31日(東京2日目)

「北海道からの来訪者…(第2章・後編)」   7月31日(東京2日目)

「北海道からの来訪者…(第3章)」        8月1日(東京3日目)
「北海道からの来訪者…(第4章)」       8月2日(東京4日目)

「北海道からの来訪者…(第5章)」       8月3日(東京5日目)

「北海道からの来訪者…(第6章)」       8月4日(東京6日目)

「北海道からの来訪者…(第7章)」       8月5日(東京7日目)

「北海道からの来訪者…(第7章・つけたし)」 8月6日(東京8日目)

「姉からの説教メール」               (第7章の後日談①)

「兄からも説教メールが着ました」         (第7章の後日談②)

「北海道からの来訪者…(最終章)」       8月7日(東京9日目)




<2005年7月>

『げんかや的六本木パーティー奮戦記』シリーズ

「げんかや的六本木パーティー奮闘記(前編)」

「げんかや的六本木パーティー奮闘記(後編)」

「げんかや的六本木パーティー奮闘記(番外編)」

「反省文」




<2005年7月>

『追悼・破壊王』シリーズ

「ありがとう破壊王…」

「破壊王・橋本真也 追悼飲み……決行。」

「破壊王・橋本真也追悼飲み (続編)~俺の布団洗ってくれ~」

「祭りのあと」




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-21 17:55:17

早稲田祭2005(狂爛の二日目編)

テーマ:早稲田祭

祭りの最後は華々しい―――。




11月6日、朝。




この日は朝から嬉しいことが起きた。




我々はついに成し遂げたのである。
早稲田祭最終日にして、やっと華々しくも念願を達成した。
この喜び、なんと表現すればいいのだろうか。




何があったのかって…?






ならば答えよう。






そう。








全員定刻に集合したのである。寝坊せずに。
(集合時間は8時。三度目の正直)



我々は大学4年生(俺は5年だが)。

仮にも来年社会人になる身である(こむぞーは留年するけど)。
にもかかわらず、今まで遅刻を繰り返してきた社会不適合者集団・げんかや一派。





しかし最終日にして念願の「8時だよ!全員集合!!」作戦の達成である。



終わり良ければ全て良し。なんと幸先良いスタートではないか。




集合が早ければ準備も早い。






早速仕込みを始め、打ち合わせを済まし、今日手伝ってくれる女の子たちと合流。
昨日のせいこさんかりさん狂子に加え、この日はあやのさんのぐちさんユキ、そうまさんが参加してくれた。

デスクトップ_ブログ4_CIMG3466



単なる酒飲み集団だった「げんかや14号店」に華やかさが加わり、もはやそこらのサークルには負けない規模に成長。
(本当にありがとう!)




午前10時。

開店時間になった。




2日続けて天候は良好。降水確率50%だったことを考えると奇跡的な結果である。
全てがうまく運んでいた。

この調子でいけば、きっと今日も完売できるだろう。


















しかーし!!!


















やっぱり全然客が来ねぇ

(´д`)




日曜日であるにもかかわらず、昨日同様にキャンパス内の人影は疎ら。



「いかん!これは早く挽回せねば!」



ということで、ビラ配りによる客引きを強化するべく、せいこさんが持ってきてくれたズラで











デスクトップ_ブログ4_CIMG3444
はまじが志茂田景樹みたいになったり、
(ケータイで見てる方、画像見れなくてすいません)










デスクトップ_ブログ4_CIMG3450
なりがゲイバーの売れないホステスみたいな格好をしてビラを配り始めたところ―――









見事に空振り続き。
(20打数1安打ぐらい)








気持ちいいぐらいに誰も受け取ってくれない。




それならばということで、










デスクトップ_ブログ4_CIMG3447
(フォー)


ユキがHGに変身してみたところ―――







イチローばりにヒット連発。
(打率.350ぐらい)


どんどんビラを刷いていくゆき(だってかわいいもん)。

はまじ&なりとは雲泥の差である。





この日、俺は学んだ。









ビラ配りには可愛らしさが必要なのだ、と。
(俺たちにゃ間違いなく不向き)



兎にも角にも、徐々に増えていく客足。





そして迎えた午後12時半。
昨日同様、キャンパスが人で埋まり(むしろ昨日以上の数)、








なんとトムヤムうどん屋に行列ができるという異常事態。






売れに売れるトムヤムうどん。


忙殺される我々。


しかしこの忙しさには、何ともいえない気持ちよさがあった。恍惚感と言ってもいいだろう。







あぁ…景色が…景色が違ってみえる…(´∀`)





まさに一同が絶頂に達しようとしていたその時、それをさらに上回る快感が我々に訪れる。








なんと!









待望の!!















初のブログ読者がご来店!!!
(いらっしゃいまし)







この奇特な御仁、けいじと誕生日が2日違い(しかも同い年)という不思議な縁のあるマサキさんという方でして。


誰も気づかないような時事ネタを面白く綴ったブログ「都会気触れ」 (←クリック)の筆者であり、なんとバンドマンでもあります。


記事の最後に必ずオチをつけるその姿勢は、我々も見習わなければならないところであります。





そのマサキさんが来てくれたのだから、小躍りしまくる一同。





話したいこともいっぱいある。
正直、早稲田祭なんて放り出して杯を酌み交わしたいところであった…















が、











屋台の前に見えるは、行列の人だかり。
応対に忙殺される我々(嬉しい悲鳴ではあるけど)。



結局あんまり話せずじまいであった…。泣



申し訳ない気持ちでいっぱいでいたところ、マサキさんから一つ頼みがあるとの要請が。

はいもちろんですとも。何なりと仰ってくださいませ。





マサキ氏「HG姿のシンゴ君と記念撮影したいんですよ」





げんかや一同「お安い御用ですぜーー!」




早速その場でHGに着替え(注:キャンパスは人でごった返しています)、マサキ氏と記念撮影するシンゴ。


それにしてもマサキさん、こんなんで本当に満足していただけたのでしょうか?





さて、マサキ氏が店を跡にした後も、客の入りが収まる気配はない。
むしろ昨日よりも凄い勢いである。






商運とは、期を逸せぬことこそ肝要なり―――。




この期に乗じてさらに客を呼ぼうということで、シンゴがこの寒空の下で、








デスクトップ_ブログ4_CIMG3432

再びハードゲイに変身。
(気温10度ぐらい)





「オォッケーイ。ハードなうどんはいかがですかー?」





老若男女を問わず、自分の前を通りすぎる人に絡みまくるシンゴ。

相手がギャルであろうが、お年寄りであろうが関係なしである。


昨日同様にその場を席巻し、シンゴワールドに16万人を引きずりこむ


実は、今年の早稲田祭ではHGのコスプレをしている人は多くみられた。

しかし我々が擁するシンゴHG、他のHGとは気合の入れようが違うのだ。





なんてったって、








カミソリでも剃れない程剛毛なスネ毛を全て剃り、

(結構痛いらしい)


本家HG同様のアゴヒゲの伸ばし方をし、

(あのM字の形ね)


さらには本家HGの動きのクセなどを完全マスターしているのである。

(腰の振り方なんぞ相方のレイザーラモンRG以上)






そんなシンゴHGが、そんじょそこらのHGに負けるわけがない。
(馬鹿もここまでくれば褒めてあげたい)





瞬時に周囲の視線を集め、HGは見事客引きに成功した。




もはや大人気の様相を呈してきたトムヤムうどん屋。
何とも嬉しい忙殺ぶりである。









と、その時!















本日二人目のブログ読者ご来店!






なんと、以前はまじ宅の米箱から発生した大量の虫画像提供をメールにて希望してくれたKさんのご来店である。

しかもお友達も連れて!



このお二人、今日は早稲田駅付近で販売されている早稲田地ビールを購入し、それを飲んでから来てくれたとのこと。


そのノリノリぶりに脱帽である。






というわけで記念撮影。

美女・けいこさん

(左からはまじ、Kさん、お友達、シンゴHG)




やっぱり忙しくてお話できなかったけれど、二人とも本当にありがとうございました!




さて、Kさんたちが退出したあとも客足は収まらない。



気温が下がり、今にも雨が降りそうな曇天の空模様であることが逆に追い風になり、売れに売れるトムヤムうどん。
(たかし談:トムヤムうどんみたいな汁物系は寒いときの方が売れやすいのです)



販売終了時刻は午後4時半である。




しかしトムヤムうどん屋、その時刻を待たずして、





































午後4時の時点で完売!!!
(ありがとうございます!ありがとうございます!!)









デスクトップ_ブログ4_CIMG3497
(最後のお客様、ラスト一杯を食すの図)






見事二日連続での完売を果たし、それはもう狂喜乱舞、欣喜雀躍の一同。




その時!





はまじ宅大掃除の成果もあって降水確率50%だったのにこの二日間降らなかった雨が、待ちかねたかのように降り始める。







ポツン、ポツン…
(雨の降り始める音)










一同「おぉ…雨が降ってきた…」








パラッ、パラパラッ…
(雨が本降りになってきた音)










一同「もう我慢することはない。雨よ、好きなだけ降るがいい…」












ザーーー……
(雨、ついに本降りの音)











一同「……」














ゴーーーー……
(気が狂ったかのように大降りになる雨)



























……







































降りすぎ(ToT)







アホみたいな降雨量である。
ドブネズミにたいにズブ濡れになりながら祭りの後片付けをする我々であった。
(これが大変だった…)




そして午後8時半。片付け後を終わらせて銭湯に赴き、




ついに、












打ち上げ開始!!



デスクトップ_ブログ4_CIMG3509
(見事に全員満面の笑みの図)





デスクトップ_ブログ4_CIMG3510

(はまじ、直後なおやに目を隠されるの図)








飲みに飲み、あっという間に一次会が終わり、当然の如く2次会のカラオケに向かう一同(二日連続のカラオケです)。




2次会でも存分に盛り上がろうと思っていたのだ…










が、










疲労の蓄積のため、殆どのメンバーが寝てしまうというまさかの結果。泣
(不完全燃焼)






さすがの我々も、ここ数日間の疲れには勝てなかった。



見事に不完全燃焼である。
この無念、晴らさでおくべきか。












で、決定。




















翌日以降も打ち上げ続行

(・∀・)





そして我々はこの後一週間、飲みまくり続けるのであった…。




というわけで、半年にも及ぶ長期間続いたこの早稲田祭シリーズ、


これにて














完。
(ご愛読ありがとうございました)







~編集後記~


早稲田祭二日間の売り上げのことなんですが、計算した結果、191,125円(ぐらい)になりました。
惜しくも20万には届きませんでした。残念。



しかし僕らにとって実は売り上げなんて二の次で、準備や興行を通して大学生活の財産となるような「思い出」を作ることが、この早稲田祭の目的でした。


そしてその目的は、六本木パーティーの開催、早稲田祭完売の感動、そしてブログ読者の皆様との出逢いで、十分すぎるぐらいに達成することができたと思っています。




この半年間、「げんかや14号店」の6人に関わってくれた人たち、ひとりひとりに言わせてください。








本当にありがとうございました。





               ―――げんかや14号店一同







さて、次は何をしよっかなー♪

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。