幼児教育から小学校受験対応・相模原の幼児教室 

ジニアス Infant class

相模原の幼児教室 ジニアス Infant class

ブログをご覧くださり、ありがとうございます。


昨日(7月11日)からきびしい暑さとなりましたね。

体調が崩れそうですが、皆様の体調がいかがでしょうか?


今回のテーマは「<小学校受験>「お話作り」のコツをつかみましょう!!」です。

小学校受験の必須テーマです。

受験までにしっかり対策をしておきましょう。


◆「お話作り」の出題の意図は?

 出題の意図は「コミュニケーション能力を見る」ことです。

 最近の子どもたちは、情報媒体と触れる機会が増えましたが、人と接する機会が減り、コミュニケーションが苦手であることが指摘されています。

 相手の感情がわからないどころか、自分の中にある感情にも気づかず、感情の整理が難しい子どもたちも増えています。

 お話を作るためには、自分や相手の気持ちを考えられるコミュニケーション能力が求められます。今後、「お話作り」のようなコミュニケーション能力を見るテストは増えていくことでしょう。


◆「お話作り」の対策は?

(1)指示に従って、お話を作れるようにする。

 受験では、①「ウサギ、ネコ、りんご」の3つの言葉を使って、お話を作る問題、②2枚の絵が出され、最初の絵(例:笑顔)から2枚目の絵(例:泣き顔)につながるようにお話を作る問題、などが出題されます。

 ①では、2つだけ使い、ネコを使わずに話を作ると大きな減点となります。

 ②では、なぜ違う絵があるのかに驚かず、どうしてそうなったのかをイメージして話を作らなければいけません。

 正確に指示を理解することが大切です。

(2)感情を込めて、言葉で話すようにする。

 淡々と話すのではなく、登場人物に感情を込めて、声を出して言えるようにしておきましょう。コミュニケーションは、言葉のイントネーションも大切です。

(3)ポジティブな話を作れるようにする。

 悲しい話ではなく、明るい話を作れるようにしましょう。悲しい話を作ると、日常生活での様子が心配になります。


◆小学受験統一模試加盟校

神奈川・相模原の幼児教室 ジニアス Infant class

 無料体験レッスン実施中

ホームページ:http://www.genius-infant-class.jp/
《住所》:相模原市緑区橋本5-1-7

JR横浜線・相模線、京王相模原線「橋本駅北口」から徒歩5分


 にほんブログ村    にほんブログ村 小学校・幼稚園受験 ブログランキングへ

AD