ゴルフ:新々ハンマー打法:フェースターンは悪! 笑。とおまけ(猫, etc.)

能動的なフェースターンを抑えた「新々ハンマー打法」(勝手に命名。笑)を開発しました!!
是非2014年1月19日(0001)から読んでください。
新々ハンマー打法の詳細は WEBサイトをご覧ください。
http://new2hammer.b.la9.jp/


テーマ:

今までの一番大きな誤解は、


・インパクト時にフェースがターゲット方向を向いていさえすれば出球の方向はヘッドの軌道が決めるので、
スクエアに振れればストレートでターゲットに、
インサイドアウトなら、アウトに出てフックで戻ってくる
アウトサイドインなら、インに出てスライスで戻ってくる


と思ってたことです。


なぜ、そう思うようになったかと言うと、本だったか、WEBだったか忘れましたが、正面に障害物がある場合のインテンショナルフック( or スライス )の打ち方を読んだときに、


・障害物を避けて、打ち出したい方向にアドレスする。( フックの場合は大きく右向きになる)
・そのアドレス状態でフェースをターゲット方向に向ける。
・後は、そのアドレスの通りに普通に振れば、右に出て戻ってくる。


と書いてあったからです。


ところが、これを真に受けてラウンドで何回かやったところ、いつも障害物方向に出ちゃって、木に当たってました。「下手だからしょうがない。」と思ってましたが、今思えば、上記のインテンショナルフック ( or スライス )の打ち方は正しくなかったんです。( と思う。 )


出球はフェースの向いてる方向に出るんで、そりゃ、障害物方向に出るわ!( その向こうにあるターゲットに向けてるんだから。 )
(>_<)


なので、正しいインテンショナルフックの打ち方は下記の通り(のはず)です。


・打ち出したい方向のやや左向きにフェースを合わせる。( 15% 分は軌道が持って行ってくれるんで、その分は、少し左向きが正解。)

・そのフェースのスクエアな軌道から、さらにインサイドアウトになるように、スタンス等を決める。

・後は、フェースは打ち出したい方向を向けて、そのフェースに対するスクエアな軌道ではなくて、もっとインに引きアウトにヘッドを出していくようにインパクトさせればOKです。



いいですか皆さん!


・出球の方向は、インパクト時のフェースの向きが、8割~9割決める。
・そのフェースに対して、インサイドアウトの軌道でインパクトするとフック、アウトサイドインの軌道でインパクトすると、スライスです。



順番に気をつけてください。


・軌道が出球の方向を決める。
・その軌道に対して、クローズならフック、オープンならスライス。


ではありません!!


フェースと軌道がスクエアの場合はどちらでも結果は同じです。軌道方向( = フェースの方向 )にストレートになります。

しかし、スクエアにインパクトしていないときは、出球の方向が上の2つのケースで異なるので、自分の打ちたい方向に打ちたい球(ストレート以外の曲がる球)を打つためには異なるフェース角度、軌道が要求されます。



間違えると、僕みたいに、数年間棒に振りますよ。
(T_T)



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

佐々木元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。