ゴルフ:新々ハンマー打法:フェースターンは悪! 笑。とおまけ(猫, etc.)

能動的なフェースターンを抑えた「新々ハンマー打法」(勝手に命名。笑)を開発しました!!
是非2014年1月19日(0001)から読んでください。
新々ハンマー打法の詳細は WEBサイトをご覧ください。
http://new2hammer.b.la9.jp/


テーマ:

出球の方向を決める要因がフェースの向き85%、軌道の方向 15% であるとすると、今まで僕が考えてやってきたことが、全くの間違いであったことになります。



今までは


1.出球の方向は軌道の方向が決める。
2.フックかスライスかは、その軌道の方向に対してフェースがクローズかオープンかで決まる。


と信じてました。まあ、2 は正しいですが、問題は1の誤解です。


最近というか、ここ何年間かの僕のアイアンショットの傾向は、


・ターゲット方向にほぼ真っ直ぐ出る。
・そこからフックして、大きく左に外れる。


でした。


なので、ずっと、「軌道は正しいけど、フェースがかぶってる」と思い込んでました。


で、最近はじめたツルハシ打法も、そもそも真っ直ぐでて左にフックしていくんで、「出球をもっと右に出したい」と思って体全体を最初から右に向けたことから始まっています。


このツルハシ打法は、ショートアイアンはかなり効果がありました。しかし、ミドルアイアンからロングアイアンでは、ただでさえインサイドアウトがきついのにさらにインサイドに引いてしまうようになって、よりフックがきつくなっていたわけです。


最近は「フック」は許容していて、「右に出すため」に軌道をどんどんインサイドアウト側に変えていたことになります。


インパクト時のフェースは、「ターゲット方向を向かせる」ように打ってました。なぜなら、


・軌道はインサイドアウトで、フェースがインパクト時にターゲット方向を向いていれば、軌道方向に出た球がフックしてちょうどいいところに戻ってくる。


と信じてましたから。


しか~~し。これが間違いだったのです。


出球は「ほぼ」フェースの方向に出ますから、「インサイドアウトがきつい分」どんどんフックしてるんです。
(T_T)


たまたまフェースが若干開いて当たったときに右に出てフックで戻ってきますが、

「フェースをターゲット方向に向けながらインパクトしよう」としているので、そのとおりに打てたときは、ターゲット方向に出て、フックで大きく左に外れる球しか打てません。
(>_<)



この数年間はなんやったんやろ、、、。
_| ̄|○



--- 続く ---


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

佐々木元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。