ゴルフ:新々ハンマー打法:フェースターンは悪! 笑。とおまけ(猫, etc.)

能動的なフェースターンを抑えた「新々ハンマー打法」(勝手に命名。笑)を開発しました!!
是非2014年1月19日(0001)から読んでください。
新々ハンマー打法の詳細は WEBサイトをご覧ください。
http://new2hammer.b.la9.jp/


テーマ:

知人から、「グリーンオーバーしたときの逆目のアプローチもウェッジでパターの様に打つんですか?」と聞かれました。


グリーンオーバーしたときのラフで、ボールが沈んではいないけど、踏み固められた様な逆目のラフにあるときは要注意です。


グリーンオーバーすると打ち上げになることが多く、ふわりと上げたいんだけど、上記のようなラフにあるときに上げようとして、ボールの手前にエッジを入れようとすると、かなりの確率で、ガチガチに固まった逆目のラフにエッジが突き刺さり、「チョロ」ってなっちゃいます。
(T_T)


もちろん、パターライクアプローチは他のどんな打ち方より「ザックリ」はしにくいですが、この状況で「上げよう」とすること自身がかなり危険だと思います。


したがって、この状況で僕が取る最初の選択肢は「カッツンアプローチ」です。


・PWぐらいのウェッジ

・パターライクと同じ握り方。
( シャフトを垂直に立て、短く握る )

・ボールは右足の右側に置く

・テイクバックは小さく

・ヘッドを上から入れ、ボールの赤道より上側をトゥでカッツ~ンとわざと「トップ」させて打つ。

・距離感は、当てる強さの感覚のみで出す。( 振り幅は常に小さく )


ヘッドをボールより下に入れようとしていないのでザックリすることはまずありません。トップさせてるので、トップしてグリーンオーバーもないです。


もしパターが使えるなら、パターが一番安全ですが、ラフだと、そもそもソールできないケースや、テイクバックで草が引っかかるケースが多いのでパターは使いにくいです。


そういうケースでも、このカッツンアプローチであれば、「ザックリ」を気にせずに打つことが出来ます。

距離感は正直かなりだしにくいです。


やり始めたときは、強さの加減がわからなくてグリーンオーバーしたりしていましたが、しつこく繰り返してたら、最近は結構寄るようになってきました。

(^^;;


砲台グリーンとかでかなりの打ち上げでも、ライが悪ければ「カッツン」やります。

斜面に一度あたって駆け上がるような強さで。


唯一の問題点は「バンカー越え」です。
(>_<)


そのときはパターライクで、絶対にエッジが手前に入らないように注意しながら、バンカーを確実に越えられる強さで打つようにします。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

佐々木元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。