ゴルフ:新々ハンマー打法:フェースターンは悪! 笑。とおまけ(猫, etc.)

能動的なフェースターンを抑えた「新々ハンマー打法」(勝手に命名。笑)を開発しました!!
是非2014年1月19日(0001)から読んでください。
新々ハンマー打法の詳細は WEBサイトをご覧ください。
http://new2hammer.b.la9.jp/


テーマ:

以前に書いた通り、ノールックパットはロングパットとショートパットに威力を発揮します。


但し、1.5m ~ 3m ぐらいの距離のパットが最も難しいです。「入れる」ためには、方向性と距離感の両方を同時に達成しないとだめですが、ノールックは方向性の精度を「少し」犠牲にしているので、距離が合っても微妙に左右に外れることが多いです。

なので3パットはしにくいけど、1パットでガンガン入れる打ち方ではないです。


特にフェースをボールに合わせた後、頭をカップ方向に向ける際に「おそらく」微妙にフェースの向きが狂ってしまう可能性が有ります。( 見てないので、なんとも言えませんが。笑。 )


なので、ノールックを(精度良く)やるためにには、それなりに練習が必要で、最も重視するのは方向性です。


ボールを見ないで打っても方向性がきちんと出るような打ち方を自分で試行錯誤して、編み出す必要があります。


僕は、5年ぐらいノールックをやり続けていますが、現時点では、下記の打ち方がベストです。


・パターはピンタイプ // タップ式になるので、大きいヘッド(カブトムシみたいなやつ)は合いません。

・グリップはテンフィンガー( 両手の10本で握ります。)

・重心は左足:右足 = 7:3 程度

・上腕とシャフトは一直線( ややヒールアップに構える )。 // 但しこれは現在の僕のパターと打ち方の組み合わせの結果なので普遍的ではないかも。

・ボールの中心ではなく、1/3 前方側を効き目(右目)で真上から見る。

・テイクバックは小さく //大きくテイクバックするとフェースの向きが変わりやすいので。

・ショートパットの場合は、できるだけ手をこねずにヘッドをスムースに動かす。

・止めたいところを凝視して、感性にゆだねて打つべし!!笑。


重心を左足に多くするとひっかけがちに(左に)、右に多くすると押し出しがちに(右に)ずれる様です。あたりまえっちゃ、あたりまえかもしれませんが、、。


このパターの練習をずっとしてきてて、パットに一番近いショットはドライバーのティーショットではないかと感じることが有ります。

ほんのちょっとのパラメータ(重心など)の変化が結果を大きく左右しますので、、。
(^0^)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

佐々木元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。