ゴルフ:新々ハンマー打法:フェースターンは悪! 笑。とおまけ(猫, etc.)

能動的なフェースターンを抑えた「新々ハンマー打法」(勝手に命名。笑)を開発しました!!
是非2014年1月19日(0001)から読んでください。
新々ハンマー打法の詳細は WEBサイトをご覧ください。
http://new2hammer.b.la9.jp/


テーマ:

「動的パラメータを減らす」というポリシーとはあまり関係ありませんが、僕はパットを打つときボールを見ません。いわゆるノールックパットです。4、5年やってます。

日本のプロでは以前、飯島茜プロがやってたはずです。(最近はもうやってないかも)。


メリットは、「距離感が合う」、「ショートパットをショートしない」です。


以前は、3パット連発で苦しんでました。その頃は、歩測して、10歩だからこれぐらいの振り幅で、、と打ってましたが、なかなか距離感が合わず、3パットが多かったです。


また、50cm のショートパットをショートしてました。これは痛いです。

(T_T) (T_T) (T_T)


例のごとく、Web でいろいろ調べていたら、


・距離感が合わなければ、カップを見て打つ練習をしろ。


というのが、結構あちこちに書いてありました。ただし普通は、「それで練習しろ」で「実際のラウンドでボール見ないでパットしろ」とは書いていません。


でも、ある Web Site で「マイケル・ジョーダン(あのバスケットの)は、ゴルフも上手く、パットはカップを見て打つ。」 彼曰く 「バスケットのフリースローで、ボールを見てフリースローする奴はいない。」と書いてました。


また別の Site で「パターで、ボールを見て打つと、ヒットする直前に脳みそが手にブレーキをかける。これがショートパットをショートする原因」と書いてました。


それ以来、歩測は一切やめ、ボールを「止めたいところ」を凝視して、「ボールは見ないで」つまりノールックパットをしています。


ノールックパット導入以前の1ラウンドの平均パット数は、38~40 ぐらいでダメダメでした。

(>_<)


ノールックパット導入後、4年以上たちましたが、現在の平均パット数は、35 を切ってます。( 2013年度平均で34.8) 平均で4打縮んでることになりますから大きいです!

\(^o^)/


次回からノールックパットのコツ(やり方、注意点、等)を説明します。

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

佐々木元さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。