にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-25 00:01:26

ニワトコ

テーマ:Ishii植物図鑑

17425ishii-1
               写真1

17425ishii-3
               写真2

17.425ishii-2

               写真3


          スイカズラ科 ニワトコ Sambucus recemosa


          低地、丘陵地、低い山に普通に見られる落葉低木。本州ー九州、朝鮮半島


         南部に分布。高さ2-6m。葉は対生し、奇数羽状複葉。花期は3-5月。枝先


         に円錐花序をつける。花冠は直径3-5mmで深く5列し、裂片は強く反り返る。


         この木は平安時代の辞書「和名類聚抄」に接骨木、ミヤツコギとしてでている。


        接骨木とは、この木の小枝を粉にしたもので骨折した患部に湿布したことによる


         という。ミヤツコギがニワトコになまったという。


         写真1 2012.4.25 写真2 2013.4.11 写真3 2014.5.31


          いずれも 埼玉県飯能市で オリンパスE620 デジタルズイコーマクロ50mm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-18 00:01:26

スミレ

テーマ:Ishii植物図鑑

17418ishii-2
                  写真1

17418ishii-1
               写真2

17418ishii-3

        写真3


  スミレ科 スミレ Viola mandshurica


   低地、丘陵地に生える多年草。北海道ー九州、朝鮮半島、中国、南千島、シベリア東部に分布。


 地上茎を持たず、花茎は高さ10cmくらい。花期は4-5月。


   和名について:スミレの仲間は通常○○スミレという名前であるが、この種はスミレである。従って


   この名前はこの種をさすのかスミレ類の総称なのかまぎらわしい。それでこの種のことを学名の種


   小名によってマンジュリカと呼ぶ人もいる。それではこの種が日本でもっともよく見かけるスミレなの


   かというと、そうではなく、一番よく見かけるのはタチツボスミレである。低地から低い山まで広く分布


   する。一番よく分布するということではなく、昔の人がこの種にスミレ類を代表すべき気品を認めてい


   たからこの名前になったのだろう。確かに、濃い花の色、直立した花径、斜上した細長い葉で八頭身


   美人のような姿にその理由がわかる気がする。ちなみに、日本画や工芸品に描かれるスミレはこの


   種である。


   写真1 2004.4.18 埼玉県さいたま市浦和区 見沼用水 オリンパスOM4 ズイコーマクロ

                                            90mm フジクロームベルビア


   写真2 閉鎖花でできた実。割れて種子が露出している。スミレ類の植物(スミレ科スミレ属の植物)


        は春の通常の花ののちも閉鎖花をつけるものが多いが(すべてのスミレ類が閉鎖花をつけ


        るかどうかは書いてある本をまだ見ていない。)、スミレも春の花のあと秋になるまで閉鎖花


         をつけ続ける。従ってスミレは、他の株と遺伝子を交換した種子と閉鎖花で自家受粉をした


         自分のクローンを作る種子との二通りの繁殖をする。


         2011.9.24 福島県耶麻郡西会津町奥川


    写真3 スミレの群生。小生の通うさくらそう公園に行く途中の県道沿いには多くの小さい工場があ


         る。ある工場の敷地にスミレが群生していたので、門の外から手持ちで撮影。写真は大群


         落の一部である。


         2015.4.18 埼玉県さいたま市桜区田島


    写真2,3 オリンパスE620 デジタルズイコーマクロ50mm


    撮影後記:写真1の選択にはかなり迷った。花の色は紫色といってももう少し赤みが強いからであ


           る。しかし、花つきのよさ、葉や全体の形のよさから写真1を選んだ。写真3はデジカメ


           で撮ったが、やはり赤みが足りない。補遺で赤みのある写真を紹介する。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-11 00:01:26

ヒキノカサ

テーマ:Ishii植物図鑑


17411ishii-1

        写真1

17411ishii-2

               写真2

17411ishii-3

               写真3


         キンポウゲ科 ヒキノカサ Ranunculus extorris


         湿地に生える多年草。本州(関東以西)-九州、中国(本土、台湾)、済州島


        に分布。高さ10cmくらい。花期は4-5月。花弁は同属の他の植物同様光沢


        がある。和名はヒキガエルのかさ(傘か笠かわからない)の意。


        学名について:ranunculus ラテン語 rana(ラーナ カエルの意)から 小さい


        カエルの意。extorris ラテン語形容詞 追放された、居所のない等の意。この


        植物の何の特徴からそういうのか不明。とにかく、学名にも和名にもカエルが


        関係しているのが面白い。 


         写真1 2009.4.13 


         写真2 2010.4.11 この植物の葉は特徴があるので写そうとしたが、植


         物保護の柵越しで、なかなかうまくいかない。何枚も写したなかで一番ましな


         写真である。根生葉(写真の下の中央に一枚写っている。)は丸く、浅い切込


         みがいくつかある。茎につく葉は細長く深い切れ込みがある。


          写真3 2014.4.19 実。こんぺいとうのような集合果となる。


          いずれも 埼玉県さいたま市 さくらそう公園で オリンパスE620 デジタル

                                           ズイコーマクロ50mm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-04 00:01:26

ジロボウエンゴサク

テーマ:Ishii植物図鑑


 
              
1744ishii-1
               写真1

1744ishii-2
               写真2

1744ishii-3
               写真3

1744ishii-4

               写真4

 

         ケシ科 ジロボウエンゴサク Corydalis decumbens


         湿地や丘陵地の裾の湿ったところに生える多年草。本州(関東以西)-九州、


        中国(本土、台湾)に分布。高さ10-20cm。葉は2,3回3出複葉。花期は4-


        5月。苞葉は卵形。花の色は赤紫から青紫まで幅がある。和名については、昔

       
        三重県の伊勢地方の子供たちが、スミレを太郎坊、この植物を次郎坊と呼んで


        花どうしを引っ掛けて引いて、どちらが切れずに残るかという遊びをしたからだと


        いう。エンゴサク(延胡索)は同属の中国の草を原料とした漢方薬の名前である。


         写真1 2014.4.5 埼玉県さいたま市 さくらそう公園


         写真2 2014.4.6 埼玉県日高市


         写真3 2011.4.16 埼玉県飯能市


         写真4 実 2016.4.16 埼玉県日高市

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-28 00:01:26

ハシリドコロ

テーマ:Ishii植物図鑑

17328ishii-1
            写真1

17328ishii-2
            写真2

17328ishii-3

            写真3


         ナス科 ハシリドコロ Scopolia japonica


         山の沢沿いに生える多年草。本州ー九州、朝鮮半島に分布。高さ30-60cm。


        葉は長さ6-18cm。花期は4-5月。地上部が枯れるのが6月と遅いが、春植物


        である。大きく柔らかい葉はおいしそうに見えるが、植物全体が有毒である。中毒


        すると命にも関わるという。葉を食べた人の話を何かで読んだことがある。キャンプ


        をしていて、この植物の葉がおいしそうだったので、おしたしにして食べたところ訳が


        わからなくなり、気がついたら元の場所からとんでもなく離れた沢で倒れていたとい


        う。和名は、地下茎がトコロ(オニドコロ)に似ていて、中毒すると狂ってあたりかま


        わず走りまわることによる。地下茎(一番毒が強いという*)からは目の治療で瞳孔


        を開く目薬の原料となるロートエキスが採られる。


         *ある植物図鑑にこの植物の地下茎が有毒であると書いてあった。全体が有毒


           なのに不適切な書き方だと思っていたが、これは牧野植物図鑑に原因がある


           ようである。この図鑑の当該箇所には「根茎ヲ食ヘバ狂奔ス」と書かれている。


           地下茎が有毒だそうだから他の部分は大丈夫だと思う人は滅多にいないと思う


           がやはり不適切な書き方だと思う。地下茎の猛毒がよく知られているトリカブトの


           場合でも葉による中毒が跡をたたないという。芽生えの時期、山菜にされるニリ


           ンソウ(既掲載)とよく似ているためという。


          写真1 花 花の色はもっと濃く、黒ずんでいる株もある。


               2013.3.23 東京都 高尾山


          写真2 2016.4.16 東京都 御岳山


          写真3 実 実は熟しても緑色のままである。宿存する萼筒の中に埋没している。


               実の露出している部分が蓋のようになっていて、それがとれて種子が散布


               される。


               2015.5.23 東京都 御岳山 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-21 00:01:26

ツルニチニチソウ

テーマ:Ishii植物図鑑

17321ishii-1
               写真1

17321ishii-2
               写真2

17321ishii-3

     写真3


  キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ Vinca major


   民家に近い場所に生える常緑のつる草。南ヨーロッパ、北アフリカ原産。明治時代に園芸植物と


  して持ち込まれたものが逸出、北海道から沖縄まで分布。茎は地を這い広がり、しばしば大群落を


  つくる。葉は対生し光沢があり、長さ3-5cm。花期は3-5月。花は直径4cmくらい。既掲載の同


  じ科のテイカカズラと同様に花冠裂片が少しねじれて扇風機の羽根状になる。見沼用水沿いの大学


  病院と民家の間の小さな雑木林の林縁に群生していた。


   写真1,2 2016.3.16 写真3 2016.4.14


   いずれも 埼玉県さいたま市大宮区で オリンパスE620 デジタルズイコー50mm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-14 00:01:26

コアジサイ(補遺)

テーマ:Ishii植物図鑑

16119ishii


           ユキノシタ科 コアジサイ Hydrangea hirta (2009.6.16掲載)


           実の写真を追加する。


           2014.7.2 埼玉県日高市で オリンパスE620 デジタルズイコーマクロ50mm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-07 00:01:26

センニンソウ(補遺その2)

テーマ:Ishii植物図鑑

15128ishii


          キンポウゲ科 センニンソウ Clematis terniflora(2009.9.6掲載)


          センニンソウの芽生え センニンソウの芽生えはこのように普通の草と同じ


         ように立ち上がる。これが蔓草になるようには見えない。


          2015.3.23 埼玉県さいたま市 さくらそう公園 オリンパスE620 デジタル

                                              ズイコーマクロ50mm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-28 00:01:26

ムラサキシキブ(補遺その2)

テーマ:Ishii植物図鑑

17228ishii


       クマツヅラ科 ムラサキシキブ Calicarpa japonica 2013.11.5掲載


       既掲載の写真2がいまいちだったので、撮り直した。同じ場所の同じ木である。


       2015.10.29 福島県耶麻郡西会津町奥川で オリンパスE620 デジタルズイコー

                                                     マクロ50mm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-21 00:01:26

メハジキ(補遺)

テーマ:Ishii植物図鑑

17221ishii-2
             写真1

17221ishii

             写真2


          シソ科 メハジキ Leonurus japonicus 2014.9.9掲載


          写真1 背の高いメハジキ 写真のように高さ2mを超えるものもある。


          写真2 メハジキの実 枯れた萼筒の底に4分果があるはずだが、そこまで


          写っていない。


           写真1 2010.9.9 写真2 2014.10.10とmpに埼玉県さいたま市 


                さくらそう公園でオリンパスE620 デジタルズイコーマクロ50mm           

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。