三原玄也の付録

三原玄也の付録になります。ゆったりまったり書いてます。


~ 出 演 情 報 ~


















劇場で皆様とお会いできるのを楽しみにしてます
















テーマ:
とびだすピスケ1毎日寒い日が続いてますねサッ
風邪やインフルエンザが猛威を奮っているので、手洗いはまめにやるといいみたいですよ♪

ども、三原玄也です。


先日ようやく観劇出来ました!

ミュージカル「手紙」


研修所の三期生の皆が挑んでいた時に観劇させて頂いた時以来。


あれから随分時がたち、改めて観てこの作品の持つ懐の深さを実感しました。


兄弟、家族、罪と罰、許し、償い、繋がり…


いきなりですけど、僕にも兄がいます。

この作品に出てくる兄、剛志のように弟思いではなかったし、また弟も、直貴の様に優秀ではなかったですけど(笑)


子供の頃は本当によく殴られ、泣かされました。

兄がコンポを買いたいからと、新聞配達をする時に、何故か毎日連れて行かされ(笑)

遅刻をすると、起こせなかった責任と殴られ、体調が悪いから今日は休むから代わりにお前が行けと言われ…



配れないよ、兄ちゃん(泣)



兄のお古の自転車を一万円で買わされ、

挙句の果てに、その自転車を盗まれて帰ってくるという…


ああ!幾らでも出てくる出てくる!
兄の鬼の所業!(笑)


顔に平手の腫れを抱えたまま学校に行った事も一度や二度ではなく、

プリンバーというアイスを買って来いと言われ、買いに行って売り切れていたので、その二番目に好きなアイスを買って行き、売り切れていた事を伝えると、

いきなり殴られ、

何で売り切れてんだよ!と。



知りません(泣)




けど、そんな兄ちゃんでも、僕がいじめられると、相手を見つけ出し、弟をいじめる奴は許さないと、必ず立ちはだかって守ってくれる、かっこいいヒーローでもありました。


…すぐにそのヒーローは一番のいじめっ子にもなったりするんですが(笑)


子供時代は本当に兄ちゃんが大嫌いだったなー。



けど、今では男気のある兄ちゃんが大好きです。何故そうなったかは、また別の機会にと思いますが(笑)


ただ、この作品に出てくるようにもしも、犯罪を犯してしまった家族を持つ事になったらと、当事者になったらと、考えざるを得ませんでした。


もし兄が、もし僕が…もし愛する人がと。


許せるだろうか、どうしたら償えるのか、許しなんてあるのか、繋がりを保てるだろうか…差別はなくならない…じゃあその中で、どう生きて行くのか…

素晴らしい音楽と歌声が、突きつけてくる問い。


繋がりは、見方を変えれば呪縛となる。


繋がりを大切にしてきて、けれど繋がりに苦しみ続ける直貴の姿に、自分を重ね、剛志の姿に兄を重ね、被害者にも加害者にも、偏見を持つ人々、差別する人々、全てに自分を重ねて見る事の出来る深さと怖さがありました。


そして、音楽と歌の持つ力の何と素晴らしい事かと。

ストレートプレイではもたらす事が出来ない何かを、音楽や歌は届けられる、表現できると、疑いようもなく感じさせてくれました。

ミュージカルが大好きだという事を、改めてくっきりはっきり明確にしてくれる豊かな音楽と歌声がそこにはありました。

兄と弟のお互いを思い合う気持ち、すれ違う想い。
愛する人、大切な友人、指針を与えてくれる恩師との歌が、自分の人生をふり返らせてくれる。


思えば、ミュージカルを観てこんな事を考えた事は、なかったような気がします。

贅沢な生演奏に、素晴らしい歌声とパフォーマンスを見せる俳優陣。


素晴らしかったなー…
観れて良かった。



あと、
兄ちゃんに電話したくなりました(笑)


こないだ電話したので、何か用か?と言われるだけでしょうけど(笑)


答えも正解もないと思いますが、その時あなたはどうする?と、突きつけられるような力強さを持った、他にはないミュージカル作品。


2月5日まで、新国立劇場小劇場で上演中です。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
皆様、新年明けましておめでとうございます。

謹んで新年のお慶び、申し上げますm(_ _)m


旧年中は大変お世話になりました。
舞台をご観劇頂いた皆様、稽古で沢山の気付きや発見、課題を与えて頂いた先生方、共演者の皆様、プライベートで笑い笑かし、言葉を声を交わしあった友人達。

本当にありがとうございます。


沢山の出来事を経て、新たな年を迎える事が出来ました。酉年カナヘイピスケ、羽ばたける一年に、そして、制約の中でも大空を駆ける酉となれるよう、今年も山盛りの愉しみを以て精進して参ります。

宜しくお願い申し上げますm(_ _)m


昨年を振り返り、本当に沢山の事がありました。
大切なもの失い、傷つき苦しむ日々もありました。
自分の力が足りず、悔しい思いをした事も一度や二度どころじゃありません。


本当に悔しい思いをし、何度も何度も傷つき倒れました無気力ピスケ


そして、雑草の如く立ち上がって挑んでいきました(笑)とびだすうさぎ2












今もその悲しみや苦しみ、悔しさは癒えたとは言えませんが、しかしそれらは、必要なのだから自身に起こるのだと、前向きにとらえ、人として、また俳優としても一枚柄を上げられるように、これからも生きて行こうと思っています。


とは言え、苦しい悲しい事だけでもないのが人生ですね♪


年末は楽し忙し過ぎて喉枯れました(笑)


何とか大掃除もお正月準備も無事に済ませる事が出来てましたので、所謂元旦らしいお正月を迎える事が出来ました。感謝です。


今年も技術的な事も含めて、沢山の課題や目標と向かい合う日々が続く一年となりますが、こうして生きて行ける事に感謝しつつ、しっかり前を向いて歩いて行きますので、本年も改めて、宜しくお願い申し上げますm(_ _)m


今年は大きく周囲も変わって、目に見える変化も大きく起こりそうな一年となりそうです。
その時はここで色々とご報告出来ればと思っております。


天気も良くて素敵な三が日ですね♪
皆様も良きお正月を、そして学びと挑戦と発見に満ちた、素晴らしい2017年となりますように♪


今年の年末には、お互いに笑って失敗話でもしながらも、成長した姿でお会いしましょう!


2017 三原 玄也









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日10日、無事に「子午線の祀り」の千穐樂を迎える事が出来ました。
ありがとうございます♪

久しぶりの方々、友人が観に来てくれて、難しいという感想を頂きつつも(笑)楽しんでくれていて嬉しかったです。

自身も侍大将が一人、越中次郎兵衛盛嗣という役を演らせて頂き、楽しんで激を飛ばす事が出来ました(笑)

リーディングですから無理ですけど、薙刀で立ち回りやりたかったです(笑)


ただ、皆驚いてましたね(笑)
余り詳しくない方々や、何となく、源平物らしいという解釈だけで観に来てくれた友人達は、「子午線の祀り」というタイトルから、まさか源平の戦いがメインで、ああいう作風なのだったのかと(笑)


来年の本公演前に観ておいて良かったー!勉強しとく!と言われました(笑)
本舞台に乗った時にどうなるのか楽しみと言われましたが、それは僕もそう感じました。

しかし…たった二回のリーディングなのに、気付いたらどっと疲れてました(;^_^A


思えば「ガラスの仮面」の千穐樂を終えてからオフがなかったので…背中がガチガチになってしまってました。いてて…

銭湯にでも行って、プカプカしてこよーと思います(笑)


写真撮り忘れてしまったので…






壇ノ浦ではないけど、海の写真を(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は夏が戻ってきたかのような暑さでしたね。

夏という季節は好きなのですが、どうにも暑さに弱いので、夏と僕、無理して付き合ってるカップルの様な関係性です。


好きなんだけど、一緒にいると疲れる…むしろ長く一緒にいられない…みたいな(笑)


それに、10月までこうも暑い日が続くと、秋の感覚が毎年薄らいでいく気がしています。

秋生まれなのに…悲しい
しかし秋刀魚は美味しい…嬉しい


さて、そんな中、先月26日に「ガラスの仮面」の千穐樂を無事に迎えさせて頂きましたが、翌日から稽古、そして今週末に本番を迎えます!(笑)


世田谷パブリックシアター主催

戯曲リーディング「子午線の祀り」を読む

【日時】
10月9日(日)18時~
10月10日(月)13時~

【会場】シアタートラム

【作】 木下順二
【演出】 野村萬斎
【音楽】 武満 徹
【出演】
野村萬斎 若村麻由美
佐々木梅治 観世葉子 月崎晴夫 星智也 時田光洋

岩崎正寛 内田流果 浦野真介 駒井健介 西原康彰 神保​良介 武田桂 遠山悠介 三原玄也 森永友基(50音順)

【チケット】3000円


直近のお知らせで大変恐縮なのですが(;^_^A

日本の演劇史に燦然と輝く不朽の名作、稀代の超大作に参加させて頂きます!なかなか上演される機会の少ない、これだけの大作に参加させて頂ける事、恐悦至極!俳優冥利に尽きます!


正直…随分前に戯曲を読んだ時には、これだけの大作…出会う事は出来たが、関わる事は一生出来ないのかもしれない…と思っていた作品でした。


…名作と呼ばれるほとんどの作品がそうなのかもしれないと思ってましたが(笑)


リーディングバージョンの為、ショートバージョンにはなっていますが、この作品の持つ音楽性、壮大さ、二律背反の非情さ…一筋縄ではいかない巨大な作品の面白さの一端を味わって頂けると思います!


ステージ数も少ない為、難しいかもしれませんが、もしかしたらお席をご用意出来るかもしれません。


ご興味ある方はご連絡頂ければと思います!



『子午線の祀り』
(しごせんのまつり)は、

木下順二作の戯曲。

『平家物語』を題材とする。1978年に『文藝』誌上に発表され、翌1979年に宇野重吉の総合演出で初演。

読売文学賞、朝日賞受賞作品。『夕鶴』と並ぶ木下の代表作。

独誦から俳優全員による
合誦までを自在に組み合わせた「群読」という独特の朗読形式を導入した。

平知盛を主人公に
源義経を対照させ、

一ノ谷の戦いで源氏に敗れた
平家が壇ノ浦の戦いで
壊滅するまでの
壮麗な物語である。


世田谷パブリックシアター







おらがむばる!


まずわ…


金星二つ!






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご報告が遅くなりましたが、26日に無事に「ガラスの仮面」東京公演、千穐樂の幕を降ろす事が出来ました。

キャスト、スタッフの方々に、また、御来場頂いた沢山のお客様に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました!


大阪公演と合わせて、延べ三万人以上のお客様にご観劇頂いたとの事で、この「ガラスの仮面」という作品が如何に沢山の方々に愛されているかという事を、日々の舞台の上でも感じていました。


素晴らしい作品に参加出来て、本当に感謝申し上げます。


ただ、


唯一、心残りがあるとすれば、


月影先生の日めくりカレンダーを何故買わなかったのかという事…


あぁ…



そして、有り難い事に、千穐樂の次の日から、既に稽古に入っております。


今度は、全く毛色の違う作品になります(笑)


近々お知らせさせて頂きますね。






こんなに素敵なお花も頂きました♪







日本酒「紅天女」!






特性お弁当♪


とまぁ、「ガラスの仮面」な日々でした♪


改めて、お客様、関係者様へ感謝申し上げます!


ありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。