こんにちは。

日本ジェモセラピー協会事務局です。
 
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
本日はフランスのエルビオリス研究所を設立した植物療法士ジェラルド・ドゥセルについてお伝えいたします。
 
{9E4DD442-C19B-411D-99B8-D2A000A359B8}
 
3月のフランス研修でジェラルド・ドゥセル氏と初対面
 
予定になかったジェラルド氏との対面に大感激でした^_^

ニコニコして私達の話を聞いてくださったジェラルド氏。
 

ジェモセラピーの歴史とエルビオリス社

 

ジェモの製品が増える中で、良質な製品を求める声が高まりHERBIOLYSが設立されました。

 

1950年代

ポル・ヘンリー医師(ホメオパス)の植物の芽の研究を始める

1960~70年代

仏のホメオパスたちの臨床調査を通して1つの療法として確立
ポル・ヘンリー医師の南仏:ボワラン研究所にて「ジェモセラピー」を商品化

1980年代ボワラン研究所研究員ジェラルド・ドュセル(フランス植物療法士)によってACANTHIS研究所が(Herbiolys製品の研究所)設立される。
 
2004年良質で念入りに作られた製品を求める声が次第に高まり
HERBIOLYSブランド設立

 

 

 

ジェラルド・ドゥセル氏

 

 

{17BDCAF4-F820-4146-80DD-6504CDD6906D}

ジェラルド・ドゥゼル氏は現在はエルビオリス研究所におり、植物学的な研究の責任者であり収穫や採取のクオリティーを管理していて収穫を行う人たちの指導を行っています。

 

フランスで大変熱心に研究している方です。

 

そして、育成センターや市役所、建設会社といった一般的な公共団体とも働いています。

 

例えば、彼は建設会社に対して、「いまから建設作業を行ってもいいですよ」というゴーサインを出すことができます。

建設作業によって保護されている植物に悪影響を与えないということを管理しているからです。

 

 ジェラルド氏はフランスの国内では最も有名な植物学者の一人です。

 

農業学校でも講義を行っています。
60歳以上になっていてもうすぐ定年を迎えます。

 

彼の知識をたくさんの人に継承してくれました。

彼が育成した大変優秀な生徒さんがエルビオリス研究所の近くに住んでいます。

 

 

 

 

image

ジェモセラピーの歴史については、ジェモセラピスト講座の第一回目で詳しく学んでいきます。

 


 
■ご案内■

つぼみ受講生募集中

ジェモセラピスト講座

 

つぼみ7月1日、7月28日、8月17日開催
ジェモレメディの試飲&講座体験

ジェモセラピー体験会

 

つぼみジェモセラピーセッションご提供中

植物療法サロン リンド
HP

公式ブログ

 

 <お問合せ>

一般社団法人
GAJ日本ジェモセラピー協会事務局
03-6885-2050
(10:00~18:00 平日)

M子メールお問合せフォーム

パソコンHP

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD