こんにちわ。                

 

 

 

 

今日は、前回に続きスタジオRadishの後編をご覧ください。

 

前編はこちらから下差し

スタジオRadish&映画鑑賞リポート・前編

ついでに、スタジオRadish第1回目をご覧になりたい方は

こちらからどうぞ下差し

スタジオRadish・第1回

スタジオRadish第1回・後編

 

 

注意スタジオRadishとは、テレビのトーク番組をパロディ化したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
スタジオRadish
   &映画鑑賞リポートコラボ企画
                          後編
              <テーマ・スターウォーズ・最後のジェダイ>
       司会・堀チン正明
       ゲスト・サイナラサイナラでお馴染みの淀川長R
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さ・・またまた始まりましたスタジオRadishの後半。司会の堀チン正明です。

 

本日も引き続き、ゲストに映画評論家の淀川長Rさんをお迎えして、

 

スターウォーズ・介護のジェダイについて、続きのお話をお伺いしていきたいと思っております。

 

尚、前回にも申し上げましたが、淀川先生は顔出しNGですので、声のみになりますがご了承ください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「堀チンさん

 

前回も、最後の自衛隊とか、最後の境内とか言ってましたけど

 

どうやら、ジェダイはやっと覚えられたようですが、今度は最後のほうが間違ってますよ。

 

どうして、まともなタイトルを言えないんだろうな・・?

 

ジェダイが介護されるんですか? 銀河の守護者が・・

 

 

介護のジェダイじゃなくて

 

最後のジェダイです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それは失礼しました。

 

今度は、しっかり頭に叩き込みましたから大丈夫です。

 

 

 

えっと・・・

 

 

 

迷子のジェダイでしたね?

 

 

 

ということで

その前にです、先生・・・

 

 

うちのスタッフが、なんと、こんなものを作りました。

スターウォーズ(以下SW)の雰囲気を盛り上げるためにね。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

下の音楽をポチっと押してね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  20th

                CENZURYアメリカ

                FUCKSアメリカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            春か彼方の銀歯・・いや、銀河

 

 

        務数に血らばる枠星からなる銀河狂和国は

 

 

 

 その統治気管である元老印の腐拝により本来の膣序を失いつつあった

 

 

 

 
そんな仲、貿駅魔擦を起こしていた通笑連合が

 

 

 

 

  わ!臭え~の惑星ナブーに

 

 

攻激を死掛ける痔件が発性

 

 

 

 

  

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                星STAR雷

               うお座JAWSキラキラうんち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうですか?

 

これは、毎回出てくるSWのオープニングシーンです。

 

雰囲気、出てるじゃないですか、ねえ。

 

 

スタッフも頑張りました。制作費が2500円しかないのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「確かに・・雰囲気は出ていますがね・・・

 

誤字だらけですよ・・堀チンさん。

 

 

たった数行なのに、18箇所も間違ってるってどういうことですか?

 

秩序を膣序とか事件を痔件とか・・

 

 

 

だいたい、最初の20世紀フォックスのマーク

 

 

 

20センズリー・ファックって・・・何ですか?

 

禁止用語じゃないんですか?

 

肝心のメインタイトルも、スター・ジョーズになってるし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スペルが間違ってましたか?

 

そうか・・・私も出来上がりをチェックしたんだけどな・・

 

 

 

ま・・もう流しちゃったからいいでしょ。

 

 

では早速、先生のお話をお聞きする前に、SWシリーズのおさらいの続きを私からご説明していきたいと思います。

 

 

前回は、最初に作られた3作・・エピソード4から6までをご紹介しましたが・・・

 

先生・・・次は処女作・エピソード4の前の時代を描いてるんですよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうです。

 

4~6ではルークとダースベイダーの対決が物語の中心になってましたが、1,2,3はそのダースベイダーがどのようにして誕生したかに焦点が当てられてます。もともと生みの親であるジョージー・ルーカスは、この6部作で完結としたかったようですが、製作権をディズニーが買い取り7,8,9が作られることになったのです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なるほど・・

 

 

 

で、ジョージー・酒カスでしたっけ?

いや・・・ルーカスでしたね。

 

 

 

自ら手掛けたエピソード1/ファントム・メダカが・・

 

 

 

あれ?

ファントム・メジナ・・でしたっけ? それとも、ファントム・ メバル?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファントム・メナスです。

日本語にすると、見えざる驚異といいますか・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「突然ですが、ここで天気予報に行きたいと思います。

 

 

 

 

天気予報士のオッタツ―!

昨日と今日の天気はどんな感じですかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何でここで天気予報なんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「は~い

 

昨日と今日の天気をお知らせいたします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「その天気図・・・高気圧ママとか低気圧パパとか書いてありますが、何ですかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい、これですね堀チンさん・・

 

 

よくご覧になってみてください。

 

日本列島を高気圧ママが全体を覆ってるでしょ。

そこへ、中国大陸のほうから低気圧パパが迫ってるんですよ。

 

「小遣い上げてくれ」って・・・

 

 

 

でも、高気圧ママの勢力が強くて断固として言うことを聞かない。

 

結婚当初はそれでも3万円もらってたんですが、今は5千円です。

5千円ですよ、堀チンさん。

5千円で何が出来ます?

だから、お昼はいつもおにぎり1個です。

 

という事で、日本列島は低気圧と高気圧がせめぎあう北陸地方で一時ドンパチと激しいカミナリが発生しますが、全体的には今日も寒風吹き荒れる晴れとなるでしょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高気圧ママと低気圧パパはその後どうなりますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おそらくですが、堀チンさん。

このまま、せめぎあいをしてると、高気圧ママが風速300メートルの台風に豹変する恐れがありますので

 

私の小遣いは3000円になって、消滅するしかないと思ってます。

 

 

あ・・・私って言っちゃった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうですか。

高気圧が、台風に変わるっていうのは前代未聞ですが・・

 

ありがとうございました。

お体にお気を付けください。

 

 

 

最近、夫婦トラブルが絶えない、天気予報士のオッタツ~でした。

 

 

 

 

 

それでは、また映画の話に戻りましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大丈夫か? この番組・・・

天気予報もメチャクチャだぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「で・・・なんでしたっけ?

 

あ・・・そうそう・・エピソード1が1999年に製作されて次が3年後・・

 

エピソード2/スターウォーズ・クロマグロの攻撃が作られるのです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「堀チンさん。

クロマグロの攻撃ではなく

 

 

クローンの攻撃です。

 

 

何で、さっきからタイトルに魚ばかり出てくるんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうですか・・・資料には・・・そのように・・・

 

 

 

 書いてないですね。 ハハハハ。

 

 

 

 

 

そしてついに・・・

一応、ルーカスとしては最後のエピソード3が製作される訳です。

 

 

それが・・・エピソード3/スターウォーズ・スシの復讐

 

 

悪の親玉であるスシが・・・マグロ寿司か巻きずしか忘れましたが・・・あ、そうだ

前回がクロマグロだからマグロ寿司だ。

 

その、寿司が復讐を企てるというあれですね。

 

寿司が憎悪をこめて復讐に乗り出すのか・・・

 

 

 

 

って、何だそれ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エピソード1と2のタイトルに魚ばかり出て来たと思ったら

 

最後はとうとう、スシになっちゃったよ。

 

 

堀チンさん・・何だそれ?ってね・・

スシがどんなことをやったら復讐出来るんですか?

だいたい、スシが復讐を企てたって、ちっとも怖くないでしょ。

 

 

シスの復讐!です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでシスたか・・

 

 

 

それではここで、最新ニュースを報道デスクから伝えてもらいましょう。

 

 

ニュースキャスターのニラ・レバヴィッチさ~ん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい、報道デスクのミラ・ジョヴォヴィッチです。

 

 

堀チンさん・・ニラレバヴィッチじゃありませんからね。

 

いい加減、名前覚えてください。

 

 

 

この間は、ハムサンドウィッチって言ってましたよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それは失礼。

 

これで完璧に覚えたから、もう大丈夫ですよ。

 

 

ゲロ・ゲロゲロヴィッチさん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はいはい・・・

 

それでは、最初のニュースから・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本日未明、猫の縫いぐるみを着て女性にわいせつな行為をしたとして、埼玉県警助辺署は強制わいせつ容疑で、同県助辺市すけべ町に住む自称・大統領、絵呂井・親次容疑者(52)を逮捕、送検したと発表しました。

男は

[猫に化けてれば、女性に可愛がってもらえると思った]

などと、容疑を認めているということです」

 

 

 

 

では、次のニュースです。

 

 

北島三郎さんの曲で有名な与作

 

その与作容疑者、本名/兵兵法・与作、自称・木材伐採業(79)が、違法薬物使用の疑いで今朝がた、全裸で木に登ってるところを逮捕されました。

逮捕のきっかけは、木に登る時に自分の肛門に枝が引っかかってしまったのか身動きが取れなくなり、大声を発していたのを近所の主婦が発見し110番通報したということです。

 

身柄確保された際、ヘイヘイホ~、チンチンポ~などと訳の分からない卑猥な奇声を上げてたそうで、余罪がないか今後も厳しい取り調べが行われるとのことです。

 

以上、報道デスクからでした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとうございました。

 

ムラ・ムラムラヴィッチさん。

 

 

 

 

あの人見てると、ムラムラしてきますね。

 

 

 

さて・・いよいよSWサーガですが、最新の3部作についてお聞きして参りたいと思います。

 

ボリショイ・サーカス監督は、6部で完結と明言しておりましたが・・エピソード7,8,9をなぜ製作することになったのか?

 

そのことに関しては・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ボリショイ・サーカスではなく、ジョージー・ルーカスですね。

 

元々ルーカスは、9部作で完結にすると言っていたのですが、いろいろあって途中で変更したのです。

 

 

そこでディズニーが権利を買い取り引き継いだわけです。

 

ですので、エピソード7、8、9は新しいSWの始まりという事で、ルーカスのSWから脱却してるのだと思います」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なるほど。

 

だから、今まで主役を務めて来たルークや、張本・フォードが演じたソロ・バンなどがどんどん消えていくのですね」

 

 

 

 

 

 

 

「堀チンさん

 

 

張本フォードって、何で日本人みたいになっちゃってるんですか。

ハリソン・フォードです。

 

 

それに、役名はソロバンじゃなくて、

 

ハン・ソロ

 

 

 

 

私の見解ではおそらく、エピソード9以降も作られるのではないかという気がしています」

 

 

 

 

 

 

 

 

「そこからが、本当の新SWの始まりになる訳ですね。

 

けっこう、エピソード850くらいまで作られたりして・・

 

3年に1度として、2550年か・・・

私、生きてるかな?

 

 

 

 

ということで、新SWへの伏線という位置づけの今3部作の冒頭を飾ったのが

 

 

エピソード7/スターウォーズ・ホースを隠せい

 

です。

 

庭のホースがいつも盗まれるというスリリングな展開でしたね。

 

 

そして、1か月ほど前にロードショーされた最新作

 

 

 

 

エピソード8/スターウォーズ最後のチェンマイ

へと進んでいくのです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「堀チンさん。

 

もうそろそろ、番組も終わると思うのですが

 

1度もタイトルをまともに言ったことありませんよ。

 

 

ホースを隠せいではなくフォースの覚醒

 

 

 

あと、最後のチェンマイってね・・・

 

もう、10回くらい言ってますが

 

最後のジェダイでしょうが」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうですか。

 

では最後に、CM2本をお贈りしてお別れしたいと思います」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CM1本目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音譜帰りた~い、音譜帰りた~い、音譜あったか廃墟が待っている~音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

廃墟リフォームのことなら、わが社にお任せ!

 

 

 

 

 

 

セキスイ廃墟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CM2本目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト~! イッパ~ク~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道沿いに立つ、赤や青に彩られたシャトーのような妖艶溢れる外観ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト~! イッパ~ク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人の距離を更に縮めてくれる癒しの空間ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト~! イッパ~ク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あたし・・今日は帰りたくないの・・・イエローハーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時は、当ホテルで1泊を・・

そして、1発ぶち込んでみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト~! イッパ~ツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も・・

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンハートラブホテル

リポビタンDグリーンハーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精力絶倫の方は・・

 

 

 

 

 

 

 

ファイト~! 三発~グッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、カップルでのお越しをお待ち申し上げております。

 

 

 

お電話は

0120-720-6969

0120のナニはムクムクイエローハート

 

 

または

0120-382-1919

0120の三発いくいくチョキ

 

と、おかけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何だ? この変なCMは・・

ま・・・いつものことか。

 

 

 

ではみなさん、唐突ですが

このへんで。

 

 

司会は、堀尾正明がお贈りしました。

 

あ・・・この変なブログでは、堀チン正明だった・・

 

 

ほな

サイナラ、サイナラ、サイナラ

 

サイフがないならサイナラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サイナラ、サイナラは私のセリフだ。

 

もう、こんな番組2度と出ないぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペタしてね

AD