テーマ:
むかし一時、漢詩にハマりました。
その頃に作った作品を紹介させていただきます。

中国安徽省にある黄山という山の風景に、李白の「山中問答」を乗せています。
写真は2007年に撮ったものです。


問余何意棲碧山、笑而不答心自閑、桃花流水杳然去、別有天地非人間。

(ゆる太郎意訳)
おたくさん、何でまたこないな山奥で暮らしてはるんですか?
(相手は)笑って答えない。山奥におったら心が自然と落ち着いてるんですわ。
花が咲いて、水が流れて、はるかかなたに流れ去っていく。
この山奥には俗世を離れた別世界があるんですわ。

黄山は半日で登れる山なのですが勾配がけっこうきつく、登山後数日間は足がパンパンに張っていた記憶が、、、
登山途中に仲良くなったおじさんと、ふもとの街を一緒に散策してご飯を食べさせてもらい、鉄道の切符を買ってもらったり、疲れ果てて、列車の待ち時間に駅前の宿屋をかりて一緒にぐーぐー昼寝したのを思い出しました。

2007年。貧乏一人旅の心暖まる思い出です。
おじさんの親切心で、言葉の壁を越えた暖かい交流ができました。
あのときのおじさん、どうもありがとうございました。

http://keepgoing777.com/?p=57
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
青海省西寧市(シーニン)
チベット高原入り口にあたる大都市。標高は2,250m
街中には回教徒が多くイスラム教色が強いが、町を離れればチベット情緒が楽しめる
その場所の一つ タール寺

タール寺  タール寺の八仏塔

 塔のひとつ・ひとつに意味があって
 ガイドが説明してたけど、忘れた (/ω\)
 チベット寺院全てに共通していえる事は
 建物内部は撮影禁止
 それで、写真はあまりありませんけど
    許してねっ 苦笑

大経堂   
大経堂外

チベット仏教最大の宗派であるゲルク派の始祖ツォンカパの生地に建てられた寺院
ツォンカパの母親が14世紀に1基を建てたのが始まりで、後に拡張
ダライラマ14世、パンチェンラマ10世をはじめ、多くの大活仏がここで学んだ
かつては4,000人ほどの僧侶がいたが、今では500人くらいだそうだ

約6つほどのお堂を見学
ここで有名なのは酥油花院(ソユカイン)でみられるバター彫刻    もちろんカメラ不可
チベットの物語をモチーフにして毎年作り上げられ、奉納される
細かい作業で芸術品といえる

ここで貰える入場券の半券は絵葉書になっていて、60分の切手が貼ってある
国内ならあと分20貼れば使える、日本に出す場合には不足分4元貼る必要がある

tomboさんが、今年チベット添乗に行くらしいのでTC情報も小まめに
書いて置きますね ういんく

http://iget777.com/?p=30 ← 別窓が開きます




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
近所のスパに行って韓国垢すりをしてもらい
   女ぷりを上げてきた添てんでございますが・・・
   どうも無駄に終わったみたいでしゅ。(´д`lll)


青海チベット鉄道 別名 天空列車(H社の登録商標名です)

夏場はゴルムドから乗車するケースが多いけど(車中泊はなし)
冬場は西寧から乗車する事が多いんです(車中泊)

カナダのど根性カエルさんが、西寧~ゴルムド間レポを楽しみにしておられましたが、
冬場は外の景色が凍っていて、見るものが無い。
という理由と道路状況が冬場で危ないとの理由から、
各旅行会社で冬場はその間の観光がありません。
夏場行く機会があったら レポ 致しますね。 今回はごめんなさい m(u_u)m


で、今回は
西寧発 20 : 28 に乗り込みます
銀河鉄道999 の様に夜 電車 高山を走ります 

軟臥(なんが)硬臥(こうが)硬座(こうざ)と3タイプに分かれています
通常ツアーで使うのは硬臥 ・・・ 1コンパートメントに6ベットです
ちなみに 軟臥は       ・・・ 1コンパートメントに4ベットです が 
                     数が少なくてツアーでは確保できません
硬座は通常の列車の席。 席が向い合わせになっていてベットはありません

私達は硬臥を1コンパートメントを4人で利用します
もちろんAGTは6人分の料金を払っていますが、4人で利用する訳です
三段ベットになっていますが、一番上のベットはとても窮屈でカニ状態でしか動けません

ここで、問題発生 んー
男性の数も女性の数も4で割り切れるわけではございません
どうしても1つのコンパートメントだけ、男女混在になってしまいます
みなさん平等にと くじ で決めたのですが・・・
1組だけお友達同士の参加者がいらしたんですが、その方に当たってしまいました汗

  ブーブー!むかっブー  ブーブー!むかっブーイング 


お一人参加の中に心優しい方がおられて、交換して頂きなんとか
この場を切り抜けることができました

   彼女がお釈迦様・マリアさまのように見えました


このような状況が発生した場合には、ツアー参加の皆様ご協力をお願いしますねっドキドキ


この日は大晦日12月31日の年の暮れをチベット鉄道で過ごした訳ですがっ!!
10時半に消灯ドクロ
皆様でカウントダウンで盛り上がることも出来ず、お休みしましたとさ 昼寝



TC情報
*西寧の駅にはエスカレーターはありません
 20段程の階段ですが、自分でスーツケースを持って登って頂きます。
 駅に入るときには、空港の様にセキュリティー検査があります。
 水は持っていっても構いません。
*スーツケースはベッドの下に置くことができます。 但し、大きな物は入りません。
 お泊りの場合、スーツケースを連結の部分に置いて置くことが出来ず、
 各コンパートメントの上(三段ベットの処に空間がある)に置くように言われます。
 なるべく小さなスーツケースにしておくと便利です。
 また、車中ではスーツケースを広げられないので必要物は手荷物で用意するよう
 お客さんに前もって案内しておくと良いです。
*硬臥は10時半に消灯です。
 トイレに行くのに暗いので懐中電灯が枕元にあったほうが便利です。
 車中は異常に暑く乾燥している為、ペットボトルの水も枕元に用意した方が良いです。
 トイレにはトイレットペーパーの用意がありませんので、持参下さい。
 泊まる場合は、洗顔用のタオルが必要です。歯ブラシ・洗顔セットも。

http://iget777.com/?p=43 ← 応援クリック宜しくです
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。