夏にぴったり、厚底サンダル♪レディース厚底サン

テーマ:激安 2010-03-07 11:07:18
夏にぴったり、厚底サンダル♪レディース厚底サンダル 黒

夏にぴったり、厚底サンダル♪レディース厚底サンダル 黒

価格:390円


夏にぴったり、厚底サンダル。



ビーチで、タウンで大活躍!大きめにできているので、気軽にはけます。

サイズS:22.5?23.0cmM:23.5?24.5cmL:24.5?26.0cm<店舗キーワード>年内出荷・年内発送・年内・ねんない・年始・年始出荷・お得 お徳 徳用・福袋・送料無料 送料込み 送料込・お試しセット・業務用・ぎょうむよう・訳あり 訳アリ・わけあり・わけあり・訳あり・リピーター・人気・お試し・緊急・追加・良質・決算・期間限定・贈答用・ギフト・家庭用・激安・楽天最安値・最安値・特価・セール・円・OFF・OFF・オフ・割引・【】・期間限定・早い者勝ち・特売・破格・卸値・卸売り・卸売・卸・おろし・専門店・業者・セット・その他・歳暮・中元・赤字・雑貨・ざっか・ザッカ・靴・くつ・kutu・シューズ・しゅーず・shoes・ビジネス・business・びじねす・サラリーマン・営業マン・営業まん・営業・安い・ビジネスマン・びじねすまん・シンディー・シンディ・しんでぃー・しんでぃ・CINDY・CINDY・直輸入・商社・ライフスタイル・らいふすたいる・メンズ・レディース・男・女・男性・女性・おとこ・おんな・サイズ・季節・大きさ・カジュアル・フォーマル・スタイリッシュ・ビジネスシューズ・suni-ka-・すにーかー・スニーカー・おとな・オトナ・大人・otana<商品サイズ>24・24.5・25・25.5・26・26.5・27・24.0・25.0・26.0・27.0・24・24.5・25・25.5・26・26.5・27・・24.0・25.0・26.0・27.0・S・S・M・M・L・L・エム・えむ・エル・える・えす・エス<商品キーワード>サンダル・さんだる・sandaru・厚底・あつぞこ・atuzoko・つっかけ・ツッカケ・ぱんぷす・パンプス・pannpusu・みゅーる・myu-ru・<商品説明>サンダル (sandal) は、足全体を包まず、紐やバンドなどで足に止める履物の総称である。

古くからある履物の種類で、様々な材質・形式のものがある。

なお、この定義では下駄や草履もサンダルの一種ということになる。

日本においては下駄や草履はサンダルに含めないことが多いが、ゴム製のサンダルを「ゴム草履」と呼ぶことはある。

現代において、サンダルはフォーマルな場で着用されることはまずなく、遊びや日常生活の中で履かれる傾向が強い。

仕事においても、デスクワーク専従者は、革靴で足がムレるのを嫌ってサンダル履きで仕事をすることが多い。

ただし、かしこまった場での対面が重視される窓口の応対係や外交販売員が着用するのはタブーとされる。

ビーチサンダル ヘップサンダル(ミュール) オードリー・ヘップバーンが映画の中で着用していたような、ヒールの高いサンダル。

日本での名称。

近年はミュールと呼ばれることが多い。

ビルケンサンダル ドイツの靴メーカー「ビルケンシュトック」のサンダル同様、2?3本の独立したベルトで足の甲を固定するサンダル。

ベンハーサンダル 足の甲を留める幅の広いベルトに鼻緒が連結されているもの。

ビーチサンダルとは幅の広さで区別する。

日本だけの名称であり、映画「ベンハー」で主演のチャールトン・ヘストンが着用していたことに由来する。

サボサンダル 木靴(サボ/仏語)のように、足の甲からつま先まで覆い、かかと部分だけを露出した状態のサンダル、クロックスもこのジャンル。

カリプソサンダル 造りはビーチサンダルと似ているが、ソール(靴底)に厚みがある。

鼻緒が太く、機能的には雪駄に近い。

ゴムサンダル(フィッティングサンダル) ホームセンターなどで安価で販売されている、一体成型のゴム製サンダル。

トイレで用いられることが多いことから「便所サンダル」などと呼ばれる。

ゴムサンダルのうち、カリプソタイプのものは小笠原諸島で「ぎょさん(ギョサン・漁サン)」と呼ばれ、広く親しまれている。

突っ掛け 日本などで見られる簡易的な履物。

木製の板にゴムやビニールの帯がついており、これを足の甲に引っ掛けて履く。

下駄の変形ともいえるが、日本では屋内では靴を履く習慣がなく、土間に一時的に降りる際や、近所に出かける際に簡易履物として利用される。

こちらも別名「便所サンダル」とも呼ばれ、両津勘吉の履物としても知られている。

ガンディーサンダル 木の板に「つまみ」のような突起があり、これを足の親指と人差し指に挟んで使用する。

足の指をある程度訓練しないと使いにくい。

マハトマ・ガンディーが愛用したと紹介されたことから、この名で知られているインドの伝統的な履物。

しかし現在残るガンディーの写真では、主に皮ひもを使った簡素な「チャッパル」と呼ばれる足の親指を通す輪のついたサンダルが写っているため、この呼び名の出所は不明である。

ただしインドでは皮サンダルも木製のつまみ付きサンダルも、どちらもチャッパルと呼ぶらしい。

起源 [編集]ギリシア人(ミュール)やローマ人(カリガ)、さらに遡れば、古代オリエント文明発祥と考えられる。

なお、似たような履物は温暖な気候をしている地域では、よく見られる。

動物の皮革等を利用していた文明では、現在サンダルと呼ばれる履物は、ごく一般的なものであったと考えられる。

ゆえに、その起源に関しては、どこであると一意に定めることは出来ない。

語源 [編集]西欧語におけるサンダルの語源は、中世後期に遡る。

ギリシア語の "sandalion" から、ラテン語を経て、英語・ドイツ語・フランス語などへ入ったと考えられる。

なお、当時の西洋における木靴との対比から生じたものであると考えられている。

サンダルの語源は古代アジア(古代オリエント)起源だろうと考えられている。

材質 [編集]動物の皮革、天然ゴム、ポリウレタン、プラスチック、人工ゴム等。

関連項目 [編集]健康サンダル おとひめサンダル




PR

[PR]気になるキーワード

AmebaGG NEWS