歴史未来塾

歴史は繰り返します。その歴史パターンを読み解けば、未来を予測できます。


テーマ:

『一冊でわかる 朝鮮の歴史』(監修:井野誠一、KKベストセラーズ)より



641年に即位した百済の第31代王ウィジャ(義慈)王は、父のム(武)王の意思を引き継ぎ、高句麗と同盟を結んで新羅の領土を次々と奪い取っていきました。


しかし大胆で決断力があったはずのウィジャ王は、勝利を重ねるうちに次第に傲慢になり酒に溺れるようになります。


ウィジャ王の堕落とともに百済は急速に衰退していきます。


660年、新羅と唐の連合軍が百済に襲いかかります。


新羅の大将キム・ユシン率いる5万の軍が百済に攻撃をかけました。


660年にウィジャ王が降伏し、百済は滅びました。


百済の首都、扶余は焼き尽くされて廃墟となり、ウィジャ王はじめ1万人以上の百済人が捕虜として唐に連行されました。


百済の滅亡。


私の母の旧姓が百済なので、なんか百済には愛着があります。


百済の滅亡、なんか悲しい。






いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード