演劇祭終了

こんにちは。にわにーです。

今朝会場の片付けも終了し、つつがなく今年度の演劇祭を終えることが出来ました。お忙しい中御来場いただきました皆様、また、会場提供や機材保管に御協力いただいた団体各位には、失礼ながらこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

今年で4回目となった演劇祭公演ですが、例年新歓活動が一段落した後迎える6月の舞台で、新入生の御披露目公演の色が強いです。

3年前、劇団ダダンに入部して早々、自分自身が新入生として第一回演劇祭の舞台に立って以来毎年、新入生のダダン初舞台を見るのは演劇祭でした。

よく「練習で出来ないことは本番でも出来ない」なんて言われますが、新入生はすごいですね。毎年演劇祭の本番になると、リハーサルまで出来なかった声の使い方、体の使い方、これまでの練習は何だったのかというくらいの成長を見せてくれた例が数多く残っています。

いざお客さんの前に立つとなれば何か覚悟が決まるのか、あるいは緊張から変なスイッチが入るのか。やはりお客様に観ていただいての演劇だと感じる瞬間の一つです。

 

さて、次回定期公演は9月下旬、本公演を予定しております。こちらは会場変わりまして阿佐ヶ谷アルシェでの公演となります。

既に我らが脚本家たちは本公演に向けた脚本を書き進めていますが、果たして今年はどの脚本が選ばれるのか。

何が上演されるかは続報をお楽しみに。皆様の御来場をお待ちしております。

AD

演劇祭前日

初めまして、2年生のチロルと申します。今回の演劇祭の事務的進行役を務めております、よろしくお願いします。別に演出とかをしてる立場ではないです、念のため。

さて、いよいよ明日に迫った演劇祭ですが、なんというかここまで怒涛の日々でした。練習を開始したのが3週間前…いや中々練習が上手く進みませんでしたね。特に1年生には入団初っ端からバタバタさせてしまい申し訳なかったです。まぁ、これを乗り越えられればこれより忙しい公演はもう無いよ!多分!って気持ちで頑張っていただきました←
そんな1年生達、成長が著しいです。最初の読み合わせを聞いた時は少したどたどしい面もあったのですが、昨日のゲネでは堂々と舞台に立っていました。明日の本番はきっと大暴れしてくれることでしょう、とても楽しみです(バイオレンスではないですよ)
上級生も個性溢れる演目を上演します。いや、今回本当にどの脚本も個性が強いです。悪魔が出たり神様が出たり人外が出たり…これ以上言うとネタバレになりそうなので、ぜひ公演にいらしてどんな話だったか確かめてください!

テーマを設けて脚本を執筆する機会を作ったり、フライヤーのデザインコンペを開いたり、実は色々挑戦してました今回のダダン演劇祭。みんなが課題と時間に追われながらも創り上げた舞台をぜひ観に来てください。大集会室でお待ちしています!



---------------------------------
劇団ダダン2017年度「演劇祭」
17:30開場 18:00開演
入場無料
途中入退場可

AD

演劇祭演目

今年度演劇祭の演目を発表します。

 

1. 「統合された冗談」

作=駒井健彌

出演=駒井健彌、杉原楽也、丹羽勇介

 

2. 「人は見かけによらない」

作=吉田谷美稀

出演=清水美里、辻本雄大、平田結希子

 

3. 「夢に沈む朝焼け」

作=加洲千依

出演=☆岡莉穂、加洲千依、四條咲季

 

4. 「許されたければワンと鳴け」

作=露希千夜

出演=宮本夕梨華、山岸栞理、吉田谷美稀

 

5. 「アトムより」

作=小林賢太郎(ラーメンズ)

出演=石灰志帆、四條咲季

 

6. 「恋はサンマと吉野家と」

作=駒井健彌

出演=☆石神日南子、☆鈴木夏生

 

(☆印は新入生)

 

以上6作品となります。お楽しみに。

---------------------

○公演情報

劇団ダダン2017年度演劇祭

2017年6月13日(火) 17:30開場 18:00開演

東京外国語大学 大学会館大集会室にて

入場無料・予約不要・全席自由

AD

演劇祭稽古開始

こんにちは、さくさんと申します。ダダンブログ初参戦の二回生です。よろしくお願いします。

 

さて、昨日19日の金曜日から演劇祭の稽古が本格的に始まりました。

演劇祭ではいろいろな短編がオムニバス形式で上演されますが、中でも、新入生が初舞台を踏む通称「登竜門」は大切な演目です。

今年入団した新入生たちは、ガッツがすごいです!昨日の稽古でも、先輩団員たちにアドバイスを自分から求めに行く姿が印象的でした。しかも「もっと辛口でお願いします。」とまで言われてしまいました。1年前の自分にこんな積極性があったかしら?と首をひねりつつ、その熱心さが頼もしくもあります。

それに、アドバイスをすぐ吸収して進化していくので、2回目の通しは1回目より、その次はもっと格段に良くなるんです。今はまだ本読みの段階なんですが、完成形をみるのが待ち遠しいです。と同時に、こちらも負けてられないぞ!って気分になります。

 

 

新入生が加入し、新しい風が吹き始めた劇団ダダンのこれからを温かく見守っていただけると嬉しいです。

次回公演、ダダン演劇祭をお楽しみに!

詳細は公演が近づいたら改めてお知らせいたします。

多磨駅1と2/3番線

テーマ:

こんにちは。にわにーです。

今年は3人の新入生が入部してくれました。部長は上善、副部長は四暗刻です。

 

あだ名にも由来がありますよね。上善は新潟合宿でポル先輩が差し入れてくれた上善如水から名前を頂きましたが、彼は酒が飲めません。四暗刻は初めての麻雀で四暗刻を和了ったので四暗刻と命名されました。ツモ力高すぎると思います。私はまだ入部もしていなかった外新歓の日、らっぱ先輩に名乗った2秒後くらいにフィーリングで名付けられました。今年の新入生にはどんなあだ名をつけようかな。

 

今年度も劇団ダダンをよろしくお願いします。