劇団普通

劇団普通のブログです。

劇団普通 活動情報

3月【石黒 客演】シンクロ少女#17「未亡人の一年」
4月【本公演】劇団普通第4回「変身」
5月【石黒 客演】平原演劇祭 演劇前夜音読会&うどん会 「や喪めぐらし」
6月【石黒 客演】遠吠えの、復讐/狼煙 『ドラマティック』『生きてる。』
9月【本公演】劇団普通第5回「帰郷」
11月【石黒 客演】劇団肋骨蜜柑同好会meetsCLASSICS No.2「安吾二篇 ~散る日本/白痴~」

全日程終了いたしました。
ご来場の皆さま、関係者の皆さま、応援していただいた皆さま、誠にありがとうございました。


次回の活動は、


12月 【澤原剛生 客演】くによし組「サバンナモンキーの憂鬱」

12月 【石黒麻衣 客演】YOSHIRO銀河冒険団


2018年1月 【企画公演】劇団普通企画公演「換身」(仮)


を予定しております。どうかご期待くださいませ。

詳細は劇団HP、twitter、blog等でお知らせいたします。


---------------------------
【お知らせ】

澤原剛生が劇団員になりました。(2017/10)



今後とも劇団普通をどうぞよろしくお願いいたします。



イベントのお誘い、脚本提供、演出、客演等のご依頼、お待ちしております。

ご連絡は下記劇団メールまで。

gekidanfutsuアットマークgmail.com

テーマ:

1月、劇団普通企画公演「換身」がございます。

 

劇団普通旗上げ公演、そして第3回公演で上演しました「姉妹」とまるで対をなすかのような、男性二名による二人芝居です。より目指すものに向けて進化した作品をお目にかけたいと思っております。どうかご期待ください。

 

チケットの予約受付開始は12月1日(金)です。

 

ご予約はこちらから。

https://goo.gl/gsteyz

 

宣伝美術はいつも劇団普通のチラシを作ってくださる漫画家の関根美有さん(@everest819 )。人物の造形が細部まで素晴らしく、また少し暗くおかしみのある表現はいつも劇団普通の世界観を的確にあらわしてくださいます。

このチラシは12月中旬より折込みなどを通じて配布されます。お見かけになりましたら是非お手に取っていただけましたら幸いです。

 

********************


劇団普通企画公演

「換身」


***


わたしが欠けた


いれかわっているのか、
いれかわっていないのか、
なにがいれかわっているのか


なにもおこっていないかもしれない、なにかおこっているのかもしれない。
そこで起きている出来事を徹底的に追求する、男性ふたりによる会話劇。


***


【作演出】
石黒麻衣


【出演】
用松亮
澤原剛生(劇団普通)


【会場】
SCOOL

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀 3-33-6
三京ユニオンビル 5F
http://scool.jp


【日程】
2018年1月18日(木)~19日(金)
18日(木)15:00/19:30
19日(金)15:00/19:30
受付開始・開場は開演の30分前


【チケット】
日時指定・自由席
予約 2300円 当日 2500円

●平日昼割引 -200円
※18日(木)/19日(金)15時の回適用

●半券割引 -100円
※劇団普通の過去公演のチケット半券を受付にてご提示ください。予約・当日料金より100円引きいたします。

●割引併用可

チケット予約フォーム(予約管理システムシバイエンジン) https://goo.gl/gsteyz

チケット予約開始日 2017年12月1日(金)


【お問合せ】
HP http://gekidan-futsu.com
MAIL gekidanfutsu@gmail.com


【スタッフ】
宣伝美術 関根美有
照明 ふくしまけんた

********************

何卒よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

石黒麻衣の出演情報です。
何卒よろしくお願いいたします。

 

***

 

YOSHIRO銀河冒険団
「スーパーフェニックス ~死と再生と過ぎ去りし時を求めて~」

 

【日時】

2017年12月28日(木)
15時/17時30分/20時 開演

 

【会場】

中野スタジオあくとれ

 

【チケット】

全席自由:1800円
ご予約・問合せ:fukui44675@yahoo.co.jp

 

【スタッフ】
作・演出:福井喜朗
照明:久保田つばさ
音響:平井隆史
当日制作:松本悠(青春事情)

 

【出演】

福井喜朗

小野紀亮

三瓶大介

伊達香苗


おがわじゅんや(MCR)

上田房子(MCR)

江見昭嘉(MCR)

堀靖明

澤唯(サマカト)

関村俊介(あひるなんちゃら)

篠本美帆(あひるなんちゃら)

後藤飛鳥(五反田団)

近藤美月

石黒麻衣(劇団普通)

本井博之

友松栄

高嶋彩香

山本裕子

 

***

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お陰様で定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。ご応募ありがとうございました。

※お申し込みいただいた方で、まだ劇団普通からのメールが届いていない方は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

*******************************

 

 

劇団普通は2018年以降の活動に向けてワークショップオーディションを開催いたします。
2018年以降に予定しております公演への出演者の募集に加え、ワークショップのみのご参加も可能です。


【日時】
2017年12月13日(水) 19:30~21:30


【場所】
杉並区または世田谷区内
※参加者に後日ご連絡いたします。


【参加費】
500円(会場費、テキスト代含む)


【応募要項】
参加希望の方は、件名を「ワークショップ参加希望」とし、本文にお名前、ご所属(所属先がある場合のみ)、年齢、性別、メールアドレス、電話番号(携帯)を劇団メールアドレス(gekidanfutsu@gmail.com)までお送りください。



【締切日】
2017年12月10日(日)
※期日前に定員に達した場合も、応募終了いたします。ご了承ください。


ワークショップはテキスト中心となります。
実際に短い場面を作りながら劇団普通の雰囲気を感じ取っていただければと思います。
皆様のご応募をお待ちしております。

※お申込みのご連絡をいただきました方には、2日以内に返信させていただいております。もし劇団普通からのメールが届いていない方がいらっしゃいましたら、大変恐れ入りますがGmailからのメールを受け取れる設定にしていただいた上で、再度ご連絡ください。


劇団普通とは
石黒麻衣(脚本/演出/役者)主宰の劇団。2012年より活動しています。
今まで作品へいただいたご感想では、前衛的と言われたり、能のよう、新しいタイプの不条理劇のようと言われています。
とても静かな会話劇やひとり芝居もやります。


活動履歴
2013年11月 第1回公演「宇宙がこわい!!」東中野RAFTにて上演。
2015年1月 普通のラジオ(劇団普通×日本のラジオ合同企画)「わたしが消えた」新宿眼科画廊スペース地下にて上演。
2015年8月 第2回公演「悪霊」東中野RAFTにて上演。
2016年5月 企画公演「クノセカイ」(脚本 屋代秀樹(日本のラジオ)、演出 石黒麻衣)御徒町ギャラリースペースしあんにて上演。
2016年7月 劇団普通/劇団どろんこプロレス合同公演 普通のプロレス「あの娘の町には行かない」千歳船橋APOCシアターにて上演。
2016年9月 第3回公演「姉妹」東中野RAFTにて上演。
2017年4月 第4回公演「変身」新宿眼科画廊スペース地下にて上演。
2017年9月 第5回公演「帰郷」池袋スタジオ空洞にて上演。


【お問合せ】
http://gekidan-futsu.com
gekidanfutsu@gmail.com

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

劇団員澤原剛生の出演情報です。

何卒よろしくお願いいたします。

 

予約フォーム(澤原剛生扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/sabannna?m=0ggjhhb

 

 

***

くによし組

「サバンナモンキーの憂鬱」


作・演出 國吉咲貴


【あらすじ】
青い睾丸を持つサバンナモンキーの青介は、飼い主の実験により人間の姿になってしまった。20代の青年の姿になった青介は、飼い主の働く動物園の従業員として生活することになる。

動物たちや従業員たちと関わっていく内に、青介は初めての恋をする。

それによって、青い睾丸という青介の特徴はコンプレックスに変わり・・
 

【出演】
赤猫座ちこ
市川賢太郎
牛尾茉由(演劇集団 円)
梅田優作(重惑[omowaku])
大内瞳
音多衣子(くによし組)
小畑はづき
澤原剛生
永井一信(くによし組)
三宅もめん
山田健太郎(やまだのむら)


【スタッフ】
舞台監督 新直人(salty rock)
音響 富田詩生
照明 田村亮太
受付 飯塚なな子((劇)ヤリナゲ)


【日時】
2017年12月6日(水)~10日(日)
6日(水)9:00
7日(木)★14:00/19:00
8日(金)★14:00/19:00
9日(土)12:30/17:30
10日(日)12:30/16:30


【劇場】
花まる学習会王子小劇場


【チケット】

一般前売 2800円  当日 3300円

★平日昼割 2500円 当日 3000円

高校生以下 1000円(学生証要提示)

早期割引 2300円※数量限定(10月中にご予約いただいた方)

ベチャロンドン割 2300円(10月公演「ベチャロンドン」のチケットの半券をご提示ください)

リピーター割 1800円(チケットの半券をご提示ください)


【協力】
演劇集団 円、円企画、重惑[omowaku]、グッドラックカンパニー、salty rock、やまだのむら、(劇)ヤリナゲ


【予約開始】
10月9日(月)AM10:00

***

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全日程終了いたしました。

皆様、誠にありがとうございました。

***

 

11月、石黒が劇団肋骨蜜柑同好会さんに出演します。

昨年10月の「愛の技巧」に引き続き、肋骨蜜柑同好会さんへは2度目の出演です。9月の劇団普通本公演「帰郷」でも、「愛の技巧」で知り合った方々が関わってくださり、こうしてご縁が続くことを大変有難く思います。

 

肋骨蜜柑同好会さんの”meetsCLASSICS”は第一回の「恋の手本」を拝見し、大変感銘を受けたので、こうして第二回に出演できることを光栄に思います。それも、私の出演させていただく「白痴」はずっと以前に読んでからとても好きな小説で、また「散る日本」も初演を拝見して、再演を心待ちにしていた作品ということもあり、今回の2作品ともに私自身とても楽しみにしております。

 

劇団肋骨蜜柑同好会meetsCLASSICS No.2

「安吾二篇 ~散る日本/白痴~」

 

石黒は「白痴」に出演いたします。

 

ご予約はこちらから。

予約フォーム(石黒扱い)
https://goo.gl/6yhK45

 

事前精算の2作品セットもございます。かなりお得です。

予約フォーム(~見る二本/楽ちん~〔事前精算〕2作品セット)
https://goo.gl/A3VGam

 

 

 

***

劇団肋骨蜜柑同好会meetsCLASSICS No.2

「安吾二篇 ~散る日本/白痴~」


【原作】
坂口安吾『散る日本』『白痴』


【脚本・演出・構成】
フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)


***

『「僕はね、ともかく、もうちょっと、残りますよ」』

ズドズトズドは爆撃の音。パンパンパンは機銃の音。
1947年6月6日。名人木村義雄は追い詰められていた。
十年不敗とまで呼ばれた、あの大名人木村義雄がである。
相手は塚田正夫八段。三対二。この勝負が明暗を分けるだろう。

劇団肋骨蜜柑同好会と古典の予測不可能な逢瀬、
その第二弾は無頼の文士坂口安吾。
2015年の板橋ビューネで上演され、
一部で絶賛を受けた怪作将棋観戦記『散る日本』に、
安吾の思想が色濃く表れた戦争文学の傑作『白痴』を添えてお送りします。

名人が散るとき、日本が散る。
戦争を知らない私たちの目に映る血の記憶。

***


【出演】

<散る日本>
室田渓人
小林勇太 (劇団ORIGINAL COLOR)
フジタタイセイ (劇団肋骨蜜柑同好会)

<白痴>
笹瀬川 咲 (劇団肋骨蜜柑同好会)
石黒麻衣 (劇団普通)
兎洞大
小島望
るんげ (肉汁サイドストーリー)


【日時】
2017年11月10日(金)~13日(月)
11月10日(金)  15:00◎(白) / 20:00◎(散)
11月11日(土)  12:00(白) / 15:00(散) / 18:00(白)
11月12日(日)  12:00(散) / 15:00(白) / 18:00(散)
11月13日(月)  15:00(散) / 20:00(白)

(◎ … 初日料金対象ステージ)
※ 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※ 上演時間は後日掲載いたします。
※ 未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。詳細は劇団までお問い合わせください。


【会場】
新宿眼科画廊 スペース地下 
東京都新宿区新宿5-18-11 (JR新宿駅東口より徒歩12分/地下鉄東新宿駅より徒歩6分/地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分)


【チケット】
予約〔当日精算〕2,500円
当日購入    2,500円

◎初日料金   2,300円 (11/10(金)、予約・当日とも)
学生〔当日精算〕1,500円 (要学生証、予約のみ)
中高生〔当日精算〕500円 (要学生証、予約のみ)
★~見る二本/楽ちん~〔事前精算〕2作品セット 3,800円

※ 当日精算時、クレジットカードもご利用いただけます!詳細はこちら。(https://rokkotsumikan.com/info/creditcard/

----------------------------
★~見る二本/楽ちん~ <みるにほん/らくちん> 【2作品セット 3,800円】
本公演の2作品を同時にお安くご購入いただけるセット券です! 購入方法はPassMarketによる事前精算のみとなります(購入方法の詳細はこちらよりご確認ください)。あらかじめ精算済みのため、当日は購入画面を受付でご提示いただくだけ。面倒な当日の受付でのお金のやりとりはありません。楽ちん! さらに当セット券をご購入の方に限り、当日の座席の座布団が2倍の枚数になります。お尻も楽ちん!
※    尚、初回来場時に2作品分のチケットをお渡ししますので、2作品目の来場の際は忘れずにチケットをお持ちください。 

●半券割<はんけんわり> (予約/当日/学生のみ、初日料金と併用可)
本公演の観劇済みチケット半券を当日精算の際に受付にてご提示いただければ、その場で【500円割引】いたします!お一人様1ステージにつき1枚のみご利用いただけます。 

◆ 缶バッチキャッシュバック
劇団肋骨蜜柑同好会のロゴ入りオリジナル缶バッチ(各公演の際にアンケート協力でプレゼントまたは1個200円で販売)を入場時受付にてご提示いただければ、その場で100円キャッシュバックいたします!お一人様1ステージにつき1回のみご利用いただけます。
----------------------------

■□■2作品観劇プレゼントキャンペーン■□■■□ 
「散る日本」「白痴」両作品をご観劇いただいた方に限り、本公演限定のおまけ小冊子(演出ノート)をプレゼントいたします! ここでしか読めない、作品づくりの過程や生の様子が見える(?)貴重な資料です。 ご希望の方は、2作品目のご観劇後、受付にて「散る日本」「白痴」両作品のチケット半券をご提示ください。
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■ 


【チケット販売・予約方法】

<「~見る二本/楽ちん~」をお求めの方>
以下のURLより、必要事項を入力の上ご購入ください。
購入方法の詳細はこちらをご確認ください。
https://rokkotsumikan.com/info/stage-info/reserve_ticket/

[PassMarket]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01d6wcz55e7i.html
※ PC、スマートフォン、携帯対応
※ 購入後、メールにてチケット画面が届きます。当日受付にて画面をご提示ください。


<「予約」「学生」「中高生」ご利用の方>
以下のURLよりご予約フォームに進み、必要事項を入力の上お申し込みください。
料金は当日受付にて精算となります。

[劇団肋骨蜜柑同好会・公式予約フォーム]
https://rokkotsumikan.com/reserve/form.php?id=mC2


※ チケットの発売・受付開始は、2017/10/10(火)0:00予定です。


【スタッフ】
舞台美術:海月里ほとり(劇団肋骨蜜柑同好会)
照明効果:少年(劇団肋骨蜜柑同好会)
音響効果:桜義一(劇団肋骨蜜柑同好会)
小道具:海月里ほとり(劇団肋骨蜜柑同好会)
宣伝美術:sacco
演出助手:笹瀬川 咲(劇団肋骨蜜柑同好会)
制作:しむじゃっく
プロデューサー:山田拓貴(劇団肋骨蜜柑同好会)
監査:とむ(劇団肋骨蜜柑同好会)
企画製作:肋骨組


【協力】
ウォーターブルー
劇団ORIGINAL COLOR
劇団普通
遠吠え
肉汁サイドストーリー
しむじゃっく


【お問い合わせ】
infoあっとrokkotsumikan.com / 050-7122-4785(しむじゃっく)

***

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

劇団普通第5回「帰郷」公演に先立ちまして、出演者の小寺悠介さん(青年団)に文章を寄せていただきました。

***

小寺さんは、昨年2016年秋に他団体の公演で共演させていただいてからのご縁で、今回、劇団普通の公演に初めてご出演いただく運びとなりました。山本恵太郎さん(ゲンパビ)もその時の同じ公演で3人揃って共演しています。

 



その公演で小寺さんとは夫婦役でしたが、初めてお会いしたときから「これは凄い役者さんだ」ということをひしひしと感じて、内心とても緊張していたことを覚えています。その後、一度も劇団普通の公演をご覧になったことがないにも関わらず、恐る恐るのオファーを快諾してくださった時は信じられないような気持ちでした。さらにその少し後、私が他団体で作演出しました作品をご覧いただく機会があり「詩的」「台詞そのものが詩」とご感想をいただくことができました。

***

文章をお寄せいただいたのは、8月の半ばを過ぎた頃、私が戯曲の展開に大変頭を悩ませていた時期で、文中にあります「稽古の時点で、説明されてもさっぱりわからない。」という一文に大変驚きまして、すぐにお聞きしたところ「本当はわかっている」とのことで、ひとまずほっと胸を撫で下ろしました。

ですが「わからない」という小寺さんの言葉の何割かは本当で、それは恐らく実際の稽古が始まり、劇団普通独自の脚本や演出の「文脈」というべきものと、演者がこれまで自身の中に培ってきたものとを擦り合わせたり、受容したりする過渡期に当たっていたのではないか、と思っています。

これは過去の公演の時も、出演者の方々は同じような思いをされていたのではないかと思います。そのため、劇団普通の作風を理解していただくことに稽古の大半をかけている、と言っても過言ではありません。その代わり役者さんが何か、これというものを掴んでくださって、劇団普通の空気感を纏ったままいつまででもアドリブでシーンを続けることが出来る状態になった、と思えた時の喜びは言葉で言い尽くせません。

こうして小寺さんはじめ、役者さん方が「わからない」と思いながらも、劇団普通に興味を持ってくださり、理解しようとしてくださり、作品に尽くそうとしてくださることを大変有難く、光栄に思います。

 



***

今作は、少なくとも自分の中で、私自身でも思っていた以上に脚本演出ともに何か新しいことをしようとしています。そのため、これまでとは勝手が異なり、大変苦しんできました。出演者の方にも大きな負荷をかけてしまっていると思います。ですが、何かがどんどん形になってきました。


わたしの手を引くものがいる

ただそこにある
わたしは瞬きをした
それは、ただしいのかわからないのだけれど
ただそろそろとわたしの手を引くものがいる


というのが「帰郷」のコピーですが、正に今の私のことなのかもしれません。


***


以下、お寄せいただいた文章です。


----------------

「人の会話はランダムである」

電車で他人の会話を聞いているといつもそう思う。
僕からみた他人同士は共通言語で理解しあっているわけだが、
僕自身は彼らと理解しあう術はない。

とっても当たり前なことで、みんな分かっている。

でも、これ、戯曲にするとなると話が別。
実に丁寧に、分かるように、詳細に説明してくる。
何故か?
作者が不安だから。

自分の書いてることが理解できないんじゃないか?
面白さが伝わらないんじゃないか?
どういうシーンか描けていないんじゃないか?

これ、お客さんにとても失礼な思考である。
僕は38歳だが、僕のお客さんなんてみんないい大人。
毎日、職場で上から怒られ、下から突き上げられ、外部と交渉をしている。
人間の機微に、これでもかこれでもかとさいなまれている。
そんなことも知らずに、
サラリーマンを蔑んでいる所謂「演劇人」に僕は沢山出会ってきた。

-----

今作は正直、分かりやすいものではない。
でも、お客様はバカではない。

石黒麻衣の作品は実に会話が良くわからない。
情報をもったいぶって、出してこない。
だから何のこっちゃよくわからない。
稽古の時点で、説明されてもさっぱりわからない。

でも、それって現実世界でよくあること。
だって見ず知らずの他人の会話なんて聞いてて分からない。

僕たちはそれを所謂「演劇」というものでやってみる。
演劇はコミュニケーションの芸術でもある。
一見不可解なやりとりの中に、当事者達しか分かり得ない事実を盛り込んで、
したり顔で進んで行く。

どうせ我ら小劇場だ。
やってみたいことをやれる。
それが我ら小劇場の強み。

何処までエッジを効かせられるか。
腕の見せ所。
尖った作品に仕上げます。

お楽しみに

小寺

----------------


*****************************************
劇団普通第5回

「帰郷」
作演出 石黒麻衣
2017年9月8日(金)~12日(火)
@スタジオ空洞
出演 梢栄(劇26.25団)/しまおみほ/岡慎一郎/小寺悠介(青年団)/山本恵太郎(ゲンパビ)/石黒麻衣

詳細 https://ameblo.jp/gekidan-futsu/entry-12287508815.html
ご予約 https://goo.gl/6nkXbx

*****************************************

 

早いもので、いよいよ今週末となりました。
皆様のご予約・ご来場を心よりお待ちしております。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全日程終了いたしました。

皆様誠にありがとうございました。

*******************************

 

9月、劇団普通の第5回目となる本公演がございます。

 

今回は劇団普通本公演としては約2年ぶりの完全オリジナル新作長編となります。

第2回「悪霊」以来となる劇団普通のオリジナル長編にどうかご期待下さい。

 

チケットの予約受付開始は7月1日(土)です。

 

ご予約はこちらから。

https://goo.gl/6nkXbx

 

宣伝美術は、いつも劇団普通の宣伝美術をしてくださる漫画家の関根美有さん(http://everest-library.net/)。関根さんのデザインは全体から受ける印象のみならず、色合い、イラストの細部にいたるまで劇団普通の作品の空気感がよく伝わってくる素敵なデザインです。特に人物造形が素晴らしく、表情など見れば見るほど味わい深さがあります。このチラシは7月中旬より折込みなどを通じて配布されますので、是非お手に取ってじっくりとご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

********************


劇団普通第5回

「帰郷」


***

わたしの手を引くものがいる



ただそこにある
わたしは瞬きをした
それは、ただしいのかわからないのだけれど
ただそろそろとわたしの手を引くものがいる


劇団普通、約2年振りの完全オリジナル新作。

***


【作演出】
石黒麻衣


【出演】
梢栄(劇26.25団)

しまおみほ

岡慎一郎
小寺悠介(青年団)
山本恵太郎(ゲンパビ)

石黒麻衣


【会場】
スタジオ空洞


【日程】
2017年9月8日(金)~12日(火)
8日(金)20:00
9日(土)14:00/18:00
10日(日)11:00/15:00
11日(月)15:00/20:00
12日(火)18:00
受付開始・開場は開演の30分前


【チケット】
日時指定・自由席
予約 2500円 当日 2700円

●初日割引 -300円

※8日(金)20時の回適用


●平日昼割引 -300円

※11日(月)15時の回適用

チケット予約フォーム(予約管理システムシバイエンジン) https://goo.gl/6nkXbx

チケット予約開始 2017年7月1日(土)


【お問合せ】
HP http://gekidan-futsu.com
MAIL gekidanfutsu@gmail.com

【スタッフ】
宣伝美術 関根美有

********************

 

何卒よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全日程無事に終了いたしました。

皆様誠にありがとうございました。

***********

 

 

6月、石黒が遠吠えさんに客演します。

 

主宰の木村みちるさんは、昨年、合同公演普通のプロレス「あの娘の町には行かない」でご出演いただき、この度ご縁あってまたご一緒出来ることを大変嬉しく思います。

 

今回の遠吠えは2本立て。

 

石黒は「ドラマティック」に出演いたします。

 

ご予約はこちらから https://goo.gl/gg5uP8 (石黒扱い)

 

*********************

 

遠吠えの、復讐/狼煙
『ドラマティック』『生きてる。』

 

作・演出 木村みちる(遠吠え)

 

日程 2017年6月23日(金)〜26(月)

 

会場 SABTERENIAN

 

遠吠えの、復讐
『ドラマティック』
出演者
石黒麻衣(劇団普通)
荒木秀智(あたらしい数字)
依田玲奈
梢栄(劇26.25団)
榊原美鳳(ハダカハレンチ)

 

遠吠えの、狼煙
『生きてる。』
出演者
小島望
橋本美優
(以上、遠吠えインターンシップメンバー)
佑木つぐみ(火遊び)
ふくしまけんた(劇団もんしろ)
田中健介(しあわせ学級崩壊/演劇集団宇宙の喜び)

 

チケット発売日
2017年4月23日(日・大安)

 

タイムテーブル
23日(金) ☆16時(狼) / 20時(復)
24日(土) 13時(復) / 16時(復) / 20時(狼)
25日(日) 13時(狼) / 16時(狼) / 20時(復)
26日(月) 13時(復) / 16時(狼)

 

チケット料金
前売・当日 2200円
二本通し券 4000円
高校生以下 500円(要証明)
☆……ゲネ割 1500円

 

『ドラマティック』
このお話は、
たとえば誰かのためにつくったご飯がおいしかったり、
二年くらい前に友達が話していたことの意味が突然理解できたり、
近所の立派な梅の木が切られてしまったり、
お気に入りの靴下がかたっぽどっかいっちゃったり、それを見つけたり、
そんなすべてに捧げる演劇です。

 

『生きてる。』
何度だって戻りたい。
あのときのわたし、あのころのせかい。
毎日外に出ることが楽しみだった、朝が来ることが待ちきれなかった。
何度だって戻りたい。
戻りたいはかなわない。
だから何度も考える。
あのときのわたし、あのころのせかい。

 

*********************

 

何卒よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全日程終了いたしました。

皆様誠にありがとうございました。

*******************

 

5月、客演させていただくことになりました。

しっとりとした静かな小説を読みます。

 

や喪めぐらし

 

**********

 

平原演劇祭

 

演劇前夜音読会&うどん会

「や喪めぐらし」

 

日程 2017年5月7日(日)12時~17時

 

会場 目黒区駒場住区センター

 

出演 大倉マヤ(三条会)、石黒麻衣(劇団普通)、最中、青木祥子

 

チケット 当日券のみ 1000円+投げ銭

 

**********

 

 

何卒よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全日程終了いたしました。

皆様誠にありがとうございました。

********************************************

 

 

4月、劇団普通の第4回目となる本公演がございます。

 
今回は海外文学の傑作のひとつ、フランツ・カフカ「変身」を戯曲化し上演いたします。
劇団普通の「変身」にどうかご期待ください。
 
チケットの予約受付開始は2月11日(土)です。
 
ご予約はこちらから。
 
何卒よろしくお願いいたします。
 
宣伝美術は、普通のラジオ「わたしが消えた」、企画公演「クノセカイ」、第3回「姉妹」に引き続き、漫画家の関根美有さん(http://everest-library.com/)です。カフカの「変身」も読んでくださり、劇団普通の世界観を共有するような、おかしみのあり、どこか恐い、でも不思議とあたたかみのある素敵なチラシを作ってくださいました。
 
 
 
********************


劇団普通第4回

「変身」


***

なにもおこっていないかもしれない、なにかおこっているのかもしれない


ある朝「虫」に変貌を遂げたグレーゴル・ザムザと彼を取り巻く家族の心理的変化と、それが家庭生活に影響を及ぼしていく様を、冷徹な視線で描いたカフカの「変身」。
不条理にみえて、不条理でない、あたらしい不条理劇を創造する劇団普通が海外文学の傑作に挑む新作長編。


***


【原作】
フランツ・カフカ


【作演出】
石黒麻衣(劇団普通)


【出演】
田中のり子(シンクロ少女)
藤田早織

三瓶大介
ふくしまけんた(劇団もんしろ)
横手慎太郎(シンクロ少女)

石黒麻衣


【会場】
新宿眼科画廊スペース地下


【日程】
2017年4月7日(金)~11日(火)
7日(金)19:30
8日(土)15:00/19:30
9日(日)13:30/18:00
10日(月)15:00/19:30
11日(火)15:00
受付開始・開場は開演の30分前


【チケット】
日時指定・自由席
予約 2500円 当日 2700円

●平日昼割 -300円
※10日(月)、11日(火)15時の回適用

●原作本割引 -100円
※フランツ・カフカの「変身」書籍を受付にてご提示ください。予約・当日料金から100円引きいたします。

●割引併用可


チケット予約フォーム(予約管理システムシバイエンジン) https://goo.gl/RzzDe2

チケット予約開始 2017年2月11日(土)


【お問合せ】
HP http://gekidan-futsu.com
MAIL gekidanfutsu@gmail.com

【スタッフ】
宣伝美術 関根美有

********************
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。