丸山佳織

テーマ:
さて、2016年もあとわずか。

今年を振り返ってみようと思う。




まぁ基本的に飯食って野球見てバスケして旅行してばっかの1年なのは例年変わりないんだけど。


今年の初めは正月から最低だったな。

おたふく風邪に人生初めてなって40度の高熱が出て、ずっと寝たきりだった。

自分の顔がどうかなったんでないかというような顔になった。

何を食べても美味くないし、というかポカリとゼリーくらいしか喉を通らない。

あれは辛かった。

楽しみにしていた当別大会も出れなかったし。

しかも、身近な人に移したし…




3月には念願だった神戸への旅行に。

神戸牛は安く食べようと思うと、あまり美味しくない物しか出てこないということ、それから3月末は神戸といえども相当寒いから厚着しないとダメだという事を学んだ。

あと、神戸の街中は夜景以外はそんなに見所が無く、次に行くときは有馬温泉に一泊した方が良さそうという事も学んだ。

逆にその後行った京都は素晴らしかった。

1日半では堪能できないほど歴史のある街並みで、景色に食に人も素晴らしかった。

何より改修後の金閣寺と、サクラテラスというホテルが最高だったな。

帰り際に任天堂の本社ビルを見れたのも衝撃的だった。







夏場はすすきのリーグ、札幌大会、石狩大会とバスケ漬けだった。

チームとしては毎年、少しづつ上に上がっているとは思うんだが、何度か言ってるが俺自身がピークを過ぎてきたのではと思われた1年だった。

2016年の最後に宣言させてくれ。

こんな宣言、本当にどーでもよくて、興味を持たなくてけっこうな話しだが、明日から始まる365日間の中で自分が今より自分のプレーに納得ができない1年になったら2017年の最後、ちょうど今頃に俺はバスケをやめます。

計算すると今のチームの前身のチームに入って来年でちょうど10年という節目の年になる。

俺が23歳の時だから2007年の5月か6月くらいから今までずっとやってきた。

年々、自分の成長に喜びを感じてきてばかりだったが、劣化を感じるくらいならやめたい。

前も言ったが、その23歳くらいに出た試合で全く歯がたたなかった相手や、見ててすげえと思ったプレイヤーを最近見たら劣化してるのに続けている人もいる。

それはそれで否定はしないし、やり続けたらいいと思う。

でも、俺はそれが我慢ならない。

しかし、自分を磨いてまだ成長できて自分がチームを勝たせれるなら続けるかもしれない。

俺は年始に必ず新しいサポーターと新しいバッシュとソックスを買う。

今年で最後になるか、来年も買うのか。

俺はできない宣言は絶対しないから。

ただし、バスケに手を抜くわけじゃあなく来年は今年よりもっともっといろんなことにチャレンジしてやり切った結果、ダメならやめる。

そういう意味だ。




10月には日ハムが日本シリーズ優勝した。

斎藤佑樹君も今年から背番号が18から1に代わるようだ。

本人が希望したようだが俺はショックだ。

あんなに18番の似合うプレイヤーはいなかった。

彼が背負うまでは岩本勉とかいう華のないエースナンバーだった。

そのナンバーに希望を持たせたのが斎藤佑樹だったのに。

しかし、代わりに1を背負わす球団の意図はわかる。

陽岱鋼の後釜に真っ先にあがるのは岡大海だろうが、1を背負うにはまだまだ実力不足だ。

新庄、森本、陽岱鋼など日本ハムの1番は華があり人気のあるプレイヤーしか背負ってない。

そこで白羽の矢が立ったのが斎藤佑樹なんだろう。

確かに適任だとは思う。

今はまだ実感わかないが、来シーズンそれを着て10勝する姿を見て納得するだろう。

そして1番をグッズ化した時に売るためには斎藤佑樹のような知名度もないとダメだ。

まぁとにかく来年は斎藤佑樹にとって飛躍の年になるだろう。

今年は巨人をクビになりその後、単身メジャーでやっていた村田透が日ハム入りする。

彼がどんなピッチャーなのかはあまり知らないが、期待してみようと思う。

コンサドーレもJ1で戦うために着々と戦力を整えてる。

1年でいつもJ2に帰って来るのだが、今回はそれはやめてほしい。

なんか今回は大丈夫な気がするんだよな。

今までみたいに外国人ストライカーに頼るんではなく、生え抜きや長くいる日本人選手を育てて、みんなで1点を守りきるサッカーをしている。

そういうチームなら、なんとか残留圏内に残ってくれると願っているよ。




今年は自分の食べてこなかった物を開拓する事で新しい味にたどり着いたりもした。

それが麻婆豆腐であったり麻婆丼だ。

辛い物が苦手な俺はけっこう避けていた食べ物だったのだが、最近は自ら注文したりもする。

そして発見したすごい店がこれだ。




美園「唐韻」麻婆定食
{D056E43E-22A5-403B-86D6-139BBE5D63CC}



以前に別海町の温泉の麻婆丼が凄すぎると紹介したと思うが、そこ並みに美味い麻婆豆腐を美園で発見した。

36号線と環状通が垂直にぶつかったとこにあるエネオスの裏にある。

おそらく中国人がやっているお店だな。

本場の中華料理の麻婆豆腐はすごく辛くて汗だくになって食べて美味くて無我夢中になる。

そんな表現が1番合うだろう。






なんかね、自分が去年の反動で今年はとことん年末年始を楽しもうとしているのがわかる。

23〜24日は旭川に行ってきた。

昼に食ったのはこれ。

旭川「ひまわり」モルメンみそ
{2CDB1E50-5891-4CF6-BA05-AF57E7315CA8}




旭川が塩ホルモン発祥の地だというのはあんまり知られてないようだが、そのホルモンをラーメンに入れてモルメンという名前にして昔からやってる店がひまわりだ。

このホルモンを噛みしめると臭みがありそうで全然無く、美味い肉汁が溢れでる。

ラーメンの常識からは外れてるが決して合わなくない。

それがモルメンだ。





夜は当然だがこれ。

旭川「大黒屋」生ラム、ショルダーステーキ
{414D71E7-E223-407B-868B-B8ABEE399C3C}






今回は奮発してラムロールと厚切りラックも注文した。

{285D6F24-A4F1-4F53-B5C7-C532EB1CFA03}



これはそこまででもないかなぁ…

脂がのってて最初の1枚は美味いんだけど、だんだん飽きてくるのよね…

やっぱ大黒屋の生ラムの安定感は素晴らしいよ。

しかし、北海道の雪はどうなってるんだ?

24日の朝10時くらいに帰ろうかと思って駅に向かったら改札にものすごい量の観光客が立往生していて、どんどん列車が運休だ。

結局、俺が帰れたのは14時半の列車だった。

時間潰しがキツかった…

なんか尻窄みな連休だった。



30日は宅飲みの忘年会だ。

いろいろ作ってもらって。


{1E2F5EEF-4575-4490-91B6-B9DFCDEA52A0}



白身たっぷりオムライス

やはり誰が作ってもケチャップはハートになるんだなぁ〜



{4F9DDA28-D64C-462C-BFCD-CA6438805352}




そして、俺のマイブームのワインから、ちょっと豪華に特選ナイアガラの白だ!

すごくブドウの味がはっきり濃厚で、素晴らしいワインだ。

一度は飲んでもらいたい。

本当に素晴らしいワインだ。




{55073271-6400-44EC-A521-FEB03B0E714D}








今日は地味に大晦日を過ごしてます。



{8DC37DDB-E1E7-4F9A-A243-58A246C7CF87}


シンプルな年越しそば。


{FF217326-7CF5-41E9-9F9C-E8B310198633}













まとめると、年齢による変化が著しい1年だった。

ビールからワイン、ケーキから麻婆豆腐のようにちょっと極端ではあるが味覚の変化。

そしてバスケのプレースタイルの変化。

そして、自分の生活にも大きな変化があった。

来年はどんな変化をするんだろう。



今年も見ていただいてありがとうございました。

新年明けてしばらくしたら、また2012年の記事を一斉に消そうと思ってます。

今見たら、すげえ今より恥ずかしい事書いてんの。

それでは来年もよろしくお願いいたします!



AD

Q

テーマ:
今回はグルメ一本で。











「らーめんほっぺ屋」和風醤油らーめん
{13ABBEDA-B129-4240-B456-ACA743CE00FB}




何か今流行りの優しいスープの醤油らーめんだ。

けっこう前に食べたから味をそこまで覚えてないんだけど、醤油をあんまり食べない俺でも美味いなと思った記憶がある。

またすぐにでも行きたいかと言われればそうでもないが。



同じく、ほっぺ屋の味噌らーめん。
{DB9FBB3C-FCCC-4C90-8D20-1514E35E7E2A}




これはね、銀波露と全く同じ味だから特に真新しさは無いかな。

マズくは無いけど、探せば見つかるニンニク強めの味。


サービスのそぼろ飯。
{4938FF0C-DDDE-4306-89F7-C84D5A34294B}



ラーメンだけじゃあちょっと物足りないから、こういうサービスは嬉しいね。



「おとん食堂 栗沢本店」名代五目やきそば
{133769B9-B634-4FD6-A857-4FFB394E7E85}





これね、醤油ベースの美味いあんかけやきそばなんだけど、何より栗沢でこのレベルの物を出す店を発見できたのが大きいんだ。

栗沢の体育館でよく試合あってちょうど昼時に終わったりすると、付近にコンビニしか無くて切ないんだけど、3分くらい岩見沢側に車を走らせると左手にレトロな建物が見えてくる。

そこが、おとん食堂だ。

名物はやはり裏顎の皮全部持ってかれるあんかけやきそばと醤油ラーメン、あとね給食って名前のメニューがある。

数食限定らしい。

メニューもレトロにこだわってるようだ。

このおぼんが給食っぽいでしょ?


おとん食堂の肉ごはん。
{037505B8-BB2B-48B5-9260-62F91A9BA23E}





バスケの後ってね、すぐには大丈夫なんだけど30分くらいするとモーレツに腹減るのよ。

あんかけやきそばと、このくらいの飯ならペロッと食べれちゃう。






喜茂別町「きのこ王国」ルスツ豚カツカレー
{C537D750-E06A-4E26-85F3-05E2579B1412}




ここはね、カレー自体もルスツ豚自体も美味いんだが、カツを揚げてる油がダメだ。

ここは名前の通り、きのこ推しだからきのこの天ぷらなんてのもあって食べたくはなるんだが、必ず胃もたれを起こす。

その同じ油でカツカレーの肉も揚げてると思われる。

だからモタれました。

ボリュームは良いんだけど、覚悟して食べないとならん。





「麺や六根」ねかし味噌ラーメン
{AD12C132-C9E8-4504-9FFF-3A6EA6D2AF7B}



きくらげをふんだんに使ってるラーメンで、札幌によくある味付けのラーメンだ。

まぁ可もなく不可もない安定した味だ。

宮の沢駅の真上にあって人気のあるラーメン屋だね。





「TREASURE」サクッと揚げレッグ
{1C0F548E-A5B9-4E91-A8F6-D5A6A4310C60}





ここはね、人気店のガラクの姉妹店でけっこう並んでる人気店だ。

観光客も多いと思われる。

味の方は俺の好きな、いかにもスープカレーって感じの味だ。

野菜を多めに入れてるのも好感がもてる。

たまーに食べたくなる味だと思われる。

ガラクの系列は俺好みが多い。







「らーめん影虎」背脂味噌らーめん
{09CC746B-C424-420E-936C-C8AEF8EE89B0}





ここはね、俺の好きな信玄という、味噌の味では殿堂入りを果たした店の姉妹店、というか同じ会社らしい。

信玄と影虎。

影虎は長尾景虎の事で、当然上杉謙信を指す。

そして、その会社は(有)戦国というらしい。

どんだけ大名が好きな社長なんだ。

味はバッチリよ。

背脂味噌と普通の味噌あるんだけど、背脂好きだから入れてみた。

ただね、普通にしとけばよかったって後から思う。

ちょっと最後の方、クドイんだよな。

背脂無い方が、味噌のスープの味がわかりやすいかも。

信玄とは似てるとこもあり、全然違うとこもあり。

これはこれで評価できる。

近々、行きたい店だ。






「一風堂」味噌赤丸
{2A6DD104-1BAE-49E6-B319-183F16884ADC}





きたーーーー!!

この味噌とんこつは季節限定で昔出してた物の復刻!

一風堂ってね、普通のとんこつラーメンはそうでもないのよ。

博多行って本場を食べるとなおさらだ。

しかしね、この味噌だけは食べる価値ありのラーメンだ。

かなり甘めのスープに通常のキャベツやネギが入ってて、もやしや高菜のトッピングをしても美味い。

2月末までしかやってないので期間中にもう一度行きたいな。

一風堂は関東にもたくさんあるから剛も行ってこい。

今や海外にもたくさんあるんだぜ。







「鬼はそと福はうち」
極厚角煮・えび天・温玉入りカレーうどん
{3106FAF4-4A28-43D5-A77B-2A7421F875E3}






ここはね、今回あげるたくさんの店の中で一番感動した店だ。

ここは昼が鬼はそとでランチのカレーうどんの店。

夜は福はうちで、しゃぶしゃぶの店になるらしい。

札幌の景色を一望できる窓があり、夜なら夜景が綺麗なんだという。

最近、カレーうどんにハマってて、いろんなうどん屋で食べてみるんだけど、このカレーうどんはすごすぎる!

味もボリュームも値段もいい!

まず、カレー自体がすごく美味い。

ご飯にかけても良いくらい深みのあるカレーがうどんによく絡むように多少水っぽく作ってある。

そして、具を1つ1つ取っても最高の出来だ。

値段は安くても1500円はくだらない。

でもそれでも行ってよかったと思える味だよ。

ちょっとオシャレに夫婦やカップルでランチをしに行くのにちょうど良い。

場所も藻岩山ロープウェイ付近にあって素敵だよ。

車ないと行きづらいかも。


名物・鬼はそと三種
{71234FCF-9DEF-440A-8440-5DA15CF696E1}



初めて行く人はこれを食べた方がいい。

店のカレースープをほぼ堪能できるメニュー。





「士別inn翠月 レストランコスモス」
ラムとろ丼
{8B60D5CE-708D-4940-8C2F-485549DC7185}





士別の翠月というホテル内にある、レストランで食べるご当地グルメ、サフォークのラムとろ丼だ。

この時期は士別産じゃなくて、オーストラリア産だからニセモノっちゃあニセモノなんだが、気分はね。

最初の一噛みは肉汁溢れる美味しさが広がり、噛み続けると次第に飽きてくる。

飲み込むタイミングがイカ並みにわかりにくいかもね。

ここはね、他に味噌野菜ラーメンとカツカレーも美味しかった。

1番良いのは夏の時期に行って士別産のサフォーク丼を食べることだな。

士別は合宿の町らしくて、学生や実業団がたくさん泊まりに来るそうだ。

このホテルにもスキーの実業団が来てた。

何より、ホテルにトレーニングジムがあるのに驚き。

俺も毎日、鍛える事ができたんだ。

大浴場もあって、部屋もそこそこキレイだから良いホテルだと思う。




多寄「手打ちそば淳真」ピリ辛肉つけそば
{7E0CD2FF-C139-41EE-812A-3F92C106D3D2}





士別や名寄に行ったなら必ず寄りたいのがここだ。

俺も人伝てに聞いて行ったんだが、これも美味い。

11時オープンですでに何組か待ってる客がいた。

深いスープだよ。

山椒やゴマでしっかりと風味付けをして、自家製麺の蕎麦をつけて豚肉を絡めて食べる。

小さい俵おにぎりをつけてくれるのも嬉しい。

多寄というのはちょうど士別と名寄の中間にある。

札幌から朝イチで向かうなら、そこらでちょうど昼の時間でしょ?

それならここだ。




「らーめん行者」濃厚とんこつ味噌
{7FE72C21-4FF4-4C0B-868E-F81ED48E60AA}







最後はスープカレーの、ゴップの穴ぐらという変わった名前の店を紹介するつもりだったが、行ったら、たった今スープが無くなったと言われ、予定がくるった俺らは近所の店を探して辿り着いたのがここ。

この場所には元々、銭形屋というV6が味噌の名店として紹介していた店があったはずだが、無くなっていた。

まぁ、純連丸出しのあのラーメンで、少し劣る味だったからな。

行者はね、予定外の店にしてはなかなか食わせる店だった。

俺は濃厚とんこつ味噌にしたが、ちょっとしょっぱい。

連れが食べていた普通の味噌、これがなかなかだ。

キャベツを多めに入れてるとこが、とんこつラーメンっぽくもあり、スープは札幌っぽいマイルド味噌。

残念なのは麺の量が少ないこと。

大盛りにした方が良いかもね。

俺は濃い味噌から卒業した方がいいかもな。

これからの人生はあっさりで。





予定外の店が当たると嬉しいよね〜

ゴップの穴ぐらも近々、リベンジに行くよ。













※俺が今、紹介してる店は2ヶ月くらいかけて行ったメニューをまとめてるだけなんで、短期間でこれだけ食ってるわけじゃありません。

1、2週間でこれだけ食べたら身体が爆発する。

俺は今年の健康診断でも異常なしでした。

P

テーマ:
{FC77319D-BC32-4488-97F4-791142081066}





これが今年の最終成績だ。

比較するために昨年のも載せるが、個人としては全体的に成績が下がってる。






{3833426E-278B-44C1-AF3B-28BF08337963}






フリースローが少し上がったくらいで、得点とリバウンドという俺のストロングポイントが下がっている理由は年齢なのか練習不足なのか。

もし去年が俺のピークだとしたら、もうそろそろ決断しなくてはならないかもな。





チームを組んだ時は5人しかいなかったんだ。

前のチームからスライドしたメンバーがたまにしか来ない中、途中から加入したメンバーもたまにしか来ない。

練習はチームだけじゃ足りないから、ゲストを呼んで合同でやっている。

本当は人数が揃うならチームだけで練習したいんだよな俺。

家庭や仕事があるのはわかるんだが、それは俺だって同じだ。

社会人のバスケチームに加入すると決めたらそれなりに覚悟を決めて献身的に練習してほしい。

そして、本格復帰を1番期待している代表は練習に来れる来れる今日行くと言っててこのありさまだ。









{571F1ADA-6C0D-4EFB-A3A0-B00BE8A9D68D}






やりたい気持ちはあるように言ってたが。

果たして無いのだろうか。

初期メンバーが自分しかいない状態って簡単にはわからねーだろうな。

なんか単身赴任に出たサラリーマンとか、そんな感じ?

結局ね、自分が楽しみたいから関わってんだよ。

周りを楽しませて、バスケをやらしてあげたいから関わってるわけじゃないんだよ。

そんな慈善事業みたいな事やってる時間は俺には無い。









ただし、忘年会は集まる…






{B2637B8B-C7CB-4B37-B1D7-04150AFDE6BD}






しかも2チーム分以上の人数で。

うちは全員揃えば3チームできる。

普段の練習では1チームできればいい方。












一応、やっとくか。








{805F0B16-E06F-412A-B7BD-714A1C2472CA}





もうね、1年に1回、忘年会の時だけ会う関係だよ。

もはや。

若干、痩せたかな?

この人、本当に飲み会ではもうエースなんてもんじゃない。

もう、本当に面白くて太刀打ちできない。

俺も、終始笑いっぱなしになる。

みんな爆笑してるしょ?







{57D009D6-40DF-4941-9C36-1B0D64236E0D}







今年のビンゴ大会は最高だった。

そのうち、動画で載せようと思ってるが永久保存版だ。

代表の司会と厳選された景品が最高だ。

うちのビンゴ大会の景品の商品券は、半分は本物の商品券、もう半分は焼き海苔が入ってる。

焼き海苔を当ててしまった人はかわいそうだから残念賞の商品をあげる。

それが今回、俺が一番苦労して考えたところだ。

そして、残念賞として全員に韓国海苔をプレゼントしてる。

ビンゴ代として500円取ってるからね。

その韓国海苔を使って代表が名刺交換のようにメンバーのとこを回り始めるというボケがまた最高でね。









{849B8C3E-C1C7-48F3-A068-8B6116971309}








もう、おだっちゃっておだっちゃって。








{66CEBF56-5876-41DF-A552-CA0307AFBE21}








代表は最近、ウイスキーのストレートにハマってるようだ。








{02DDA3D1-0517-4C42-9AFB-D41AE1DA6DA0}







バスケしてないと顔芸のキレも心なしか無い気がしない?







{F256D389-42BC-4013-A27C-D4260975F883}






これはよくわらんが。





{5856A3B4-FF2A-4E0F-9A86-4A33CE3520C6}














一次会は盛り上がるが、二次会はグダグダってのもお決まりだ。








{7BB9C586-A42E-490E-8418-344AB7F297DD}



俺の膝で気持ち良さそうに眠る代表。














{C6A3C1C1-852A-4095-B886-D68662EFFFD7}







!!











{1F7E4B4D-6635-4CEA-830E-74A286BB5B00}



でた。




ちょいと狙いすぎなんだよな。










まぁとにかく俺が今バスケしてるのは、この人のおかげでもあり、この人の負担を減らそうと雑用やってたら、いつの間にか全部やってたって感じだ。

こう見えてもプレー中は真面目だし、口数少なくて声も小さいけど意外と熱い。

俺が本気で怒られた事もあるんだ。

だから頑張ったんだ。

期待に応えるために。

でももう十分だろ。

本人は俺の膝でスヤスヤ。







{D3797BCF-51C6-44AA-8AD7-C9D8B64480F2}




また俺を怒れるくらい頑張れないもんかね?

何もせず、歳だけくってくよ。


















O

テーマ:
{915A7E7F-502B-4A72-9CAC-ECA98EAB5475}



コンサドーレ札幌がJ2優勝して来年からJ1に上がる。

日ハムに次いで北海道民には嬉しいニュースなんだろうけど、俺にとっては最後のあの金沢戦は本当にガッカリだった。

もしかすると選手は悪くないのかもしれないが、後半30分過ぎからの河合を中心にした自陣でのパス回しは残念極まりない。

最後まで攻めて守って必死な姿を見たかった。

そして、ボールを奪いに行かない金沢にもガッカリだ。

これは合法的な八百長だと思う。

これは他のスタジアムでやってた清水、松本山雅、北九州の途中経過を知った2つのチームの考えが合致したパターンだ。

札幌は負けさえしなければ1位通過。

金沢も負けなければ、J3に落ちる確率が下がる。

だからパス回しに走るコンサドーレのボールを奪おうとしない。

これにはサポーターも怒りのブーイングを浴びせていた。

解説の吉原宏太も苦笑いだったぜ。

今年のコンサドーレは攻めて1点取って守りきる試合が多かった。

他にも難しい試合を落とさず、頑張ってきたのを見ていたから尚更残念だったぜ。

まぁとりあえずJ1に残る事だけを目標に来年は頑張ってほしいね。

















小樽というのは札幌の隣街ではあるが、なかなかじっくりは滞在しないもんだ。

ましてや宿泊などする事がない。

宿泊するくらいなら札幌に帰れるからだ。

今回は小樽を半日かけて観光してきた。

ものすごく久しぶりになると屋に言って来た。

友人数人と行ったため、各自好きなものを注文して、半身揚げだけシェアするという形にした。

俺が頼んだのはから揚げ定食だ。







{4C1A2F0A-5D23-4E49-B12E-49B8874748AD}




熱い!美味い!間違いない!
(スーパーフリーの逮捕された奴のセリフっぽく)


いろんなとこでザンギやから揚げを売りにしてる店があるが、なんだかんだ言って、ここのから揚げが1番かもしれない。

口の中の上顎の皮全部持ってかれる気分だったが、これは食べる価値有りだわ!




その後は、これまた以前行った事のある小樽市が運営する小樽運河博物館へ。

ここは小樽の歴史について学ぶ事ができる。





{8CE4D3F2-AF4B-49A3-834C-3C6ABAA234EE}





元々、小樽はニシン漁で栄えた街だったんだ。





{C2654B00-4293-4F90-8CCF-8B210541BF63}




ニシン漁で金持ちになった漁師が当時はとても高価だったカメラを北海道で初めて買ったなんて話しは前にも聞いた事がある。





{D4238F34-EC29-479F-8DFC-F4B9E413136C}





この表がね、また面白いんだ。





{1C62BE4E-C2C0-402F-A63A-AB9BBF2F5D34}





これはね、日本の歴史的情勢を年ごとに表示していて、その同じ年に小樽で何が起きてたかがわかるんだ。


{469CD3DE-B420-45AD-AA5E-CA35238CE4AB}



小樽にも空襲があったんだな。









ヒグマの冬眠。

最近は熊も食べ物を求めて民家の付近に降りてくるケースが多くてね。



 


{F6A708AD-E750-4BA3-B394-E0E88CD585C0}




他にも北海道ならではの鳥を見れたり、先住民の生活がどんなものだったかがわかるジオラマなどもある。

小樽で行くとこが無いんならちょっと立ち寄るのもいいかもよ。






この博物館は運河沿いにあるため、観光客も付近にたくさんいるわけで、休憩のためにルタオのイートインコーナーに寄った。

外はすごい人の量だ。







{412436BB-346A-4F7F-8D82-2478D907A4B1}



他にフロマージュもあるから楽しめるよ。









その後は俺が楽しみにしていた小樽ワインの見学だ。


最近、もっぱらワインが好きでね。

この前も池田でワイン城見学をしてきたばかりなんだけど、今度は小樽だ。


まずはその歴史がわかるパネルから。





{5FFE7A00-EDDA-4EE8-A20D-14BB09BA8011}




この嶌村さんの親父がぶどう畑を営んでたことが始まりなんだなぁ





すごい貴重なワインも発見した。





{5C2D3E4D-3F0F-4502-A587-D369AAC40546}




現地にはたくさんパネルがあって、ビデオ上映がされている。

小樽ワインを作るのに要した時間と苦労がわかる。

ウィスキーの竹鶴政孝にしてもそうだけど、酒づくりに対しての熱意と苦労はすごい。








{F24C6186-1880-41AC-A536-230D6F8DAD15}

{85C158AA-D06E-4AF6-B23C-87059630E36D}






地下に行くとワイン詰の工場も見れるんだ。

これを見ると、工程の最初から最後の方までほとんど機械で製造するというのがわかる。




{9B545CF3-0F95-4C94-9954-0A57BB2D4B63}





池田では車だったから試飲できなかったが、小樽は人の車だったから試飲しちゃう。

大ヒット商品の小樽特選ナイアガラ白をふんだんに試飲させてくれる。

17時で営業終了だからお早めに。



この小樽ワインの側に毛無峠の展望台があるから最後は小樽の夜景を見ておひらき。









{703E1427-CBCA-4138-90AF-108888F14000}




充実した日帰り観光だったよ。




N

テーマ:
十勝の更別村という所でね、毎年、どんぐりカップというバスケの大会があってね。

そこに毎年出てる、しいたけというチームのメンバーとして出させてもらった。

更別村は帯広から少し南に行った所にある。

十勝で唯一、港を持つ町、広尾町に向かう無料道路を使えば帯広から30分程度で着く。

大会は日曜日の午前中からだから前日から向かって観光をしてみた。

まずはメンバー全員で池田のワイン城に行き、城内を見学して、「清見の丘」という城内限定のやや甘口の白ワインを購入。

ビール好きだが、最近はウィスキーやワインに凝ってて、甘めのナイアガラの小樽ワインが俺には合うようだ。

まだ封切ってないから飲むのが楽しみだ。

写真の方は裏日記で。

ワイン城の後は以前からとても気になっていた、白樺というジンギスカン屋で昼食を取る。





{71C54090-1FEE-4BE5-BADC-E5703890E3A7}





場所で言うと幸福駅と更別村の中間辺りだから何か損した気分。

次の日、また更別村行くからね。

待ちに待ったジンギスカン。

普通とラムジンギスカンの2種類を頼んだ。





{CF895A06-E0AB-45DA-9505-0B0504BBD06C}

{BBADDBE9-5A76-4977-BD1C-F526CA1EEA38}




うん、これは美味い。

俺の中でジンギスカンといえば旭川の大黒屋とか札幌のだるま、あとは厚真や長沼ジンギスカンが好きだが、この白樺もかなり上位に食い込んでくる味だ。

タレが美味いんだろうな〜

本当にご飯がすすむ味だ。

すぐにでもまた行きたい候補だ。

2名で行っても3000円くらいあればお腹いっぱいになれる。

今回は写真が多いから裏日記と併用で載せるけど、非常にベタだが、幸福駅と愛国駅のセットも見てきた。

その駅のルーツはカップル向けではあるんだが、単純に蒸気機関車に立つことができたり、普通列車の運転席に座れたりするのも、電車好きな俺向きな場所だと思う。

高倉健の鉄道員とか大好きなんだ俺。








{CC5F2F44-CADD-4A5E-BE99-14458E560BD4}




足短っ。








今年の北海道は異常気象で、雪が降るのが非常に早かった。

夏から秋を通り越して冬になった気分だ。

しかし、この日は晴天に恵まれて良かった。

紅葉の1番見頃な時期に雪降ってんだから、気象といいアメリカ大統領選挙といい、世界はおかしくなってるんじゃないか。

池田のワイン城にはメンバーと行ったが、そこからは個人行動で宿舎も別々。

俺は以前から気になっていた帯広の「北海道ホテル」に泊まった。

そこの紅葉が実に見事でね。





{75CD6490-03EC-482C-9030-38B1C433AC5D}






部屋の内部を撮るのを忘れたんだが、良いホテルだった。

清潔感があって、設備も充実していて、温泉もある。

立地条件も良い。

駅や繁華街まで歩いても10分程度だ。

晩に実家付近の幼なじみと居酒屋で飲む予定があったから、それまでホテルを満喫する事にした。

ホテルの隣にある「トテッポ工房」で季節限定のショコラタルトみたいなのを1個だけ購入してコーヒーと共に召し上がる。





{C9265F6E-B8D0-42A0-A474-C5F2B8F340F7}








さらには前から気になっていたが、行くことのできなかった念願の「あさひや」のチョコモンブランも買っていたので召し上がる。

{FECD112A-3309-4FA0-8583-0A2196CBE857}




うん、流石に胃もたれを起こしたけど、両方共スイーツ王国ならではの出来だ。

日本シリーズがあったから、それまで温泉に入ってのんびりしていた。

広島の野村から西川が長打を打ってるのを見て、もしかしたら今日で決まるかもなとは思ったが本当に勝つとはな。


21時ごろに居酒屋に向かった。


連れてってもらったのは「たけとんぼ」というこれまた帯広じゃ有名だが、なかなか行く機会の無かった居酒屋だ。

ここはホテルのボーイさんにも魚が美味しいですよと言われていたから刺身を注文した。





{6CE367EC-A5C0-4019-9073-F57972EF0B84}




このイカゴロ…

本当、最高!

今まで食べたイカゴロで1番かも。

函館のを凌ぐ味だ。

この薄切りにしてるのもニクい演出でね。

酒がすすむよ。



美味しく味わいながら周りの客の話しを聞いてるといよいよ日本シリーズが大詰めを迎えるようで、日ハム攻撃中に満塁になってるという声が聞こえた。

すぐさま携帯のワンセグをつけたら、つけた瞬間にレアードが満塁ホームラン。

ここで、勝負ありだ。

なんならその前にバースという日ハムのピッチャーもタイムリーを打っていたらしい。

完全に中継ぎと監督の経験値の差かな。

バース、谷本のように調子を落としても尻上がりになってく中継ぎがいるチームは強いはずだ。

来年はエースも戻ってきてピッチャーマウンドの1塁側から見事なボールを放るだろう。



{FE329DF9-6E52-456F-9C5E-5B4EF885AC9A}













しかし、俺はこの球団の中堅への扱い方にウンザリしている。

独自の査定かなんか知らんが、陽岱鋼への扱いは今までの貢献度を何も考慮していない冷たいやり方だ。

陽岱鋼はこんな球団に恩を感じる事なくオリックスでも楽天でものびのびと野球をやってほしい。

誰でも仕事をしていたら評価されて、それに見合う報酬を欲しいはずだ。

陽岱鋼はルーキー時代にソフトバンクに行きたかったのに日ハムに指名されて、踏ん張ってスターに登りつめた苦労人だ。

よく華があるとか、カリスマ性があるとかスター性があるとか言う人がいるが、陽岱鋼はそういうものを持ち合わせた数少ないプレイヤーだ。

今までにそういうものを持って日ハムにいたのは、新庄、ダルビッシュ、斎藤佑樹くらいだろう。

他球団だと広島の菊地とか、横浜の山崎康晃あたりにはそういう素質あるかな。

日ハムだと西川にはその素質があると思う。

逆にプレイヤーとして凄くても華がないのもいるわけよ。

オリックスの平野とかロッテの角中には無いわけよ。

この違いわかるかな?

アジアンフェスタだのなんだのやって、陽がいる事で海外から札幌ドームに来るファンだって多かったはずだ。

陽岱鋼は台湾ではNo. 1の人気あるスポーツ選手だ。

陽岱鋼のプレー、特に守備は華があり堅実で今年はゴールデングラブ賞も取った。

球団への貢献度は人気、実力申し分ない。

そんなプレイヤーが来年戦力外ってふざけすぎだ。

岡?近藤?谷口?杉谷?大田?

まだまだ陽岱鋼の域には及ばない。

若手が育ったらクビにするって酷すぎるだろ。

というか、今の若手だって中堅になったら切られるぞ?

吉川だって生え抜きだけど年俸に見合ってないからトレードだ。

金の面で何も球団に言わない飯山とか中田とかは優遇するんだなぁ〜

交渉なんて言葉は皆無な球団なんだという事がハッキリとわかった。

糸井の時から思ってたが、陽への扱い方でさらに嫌いになったわ。







まぁ広島にすんなり優勝されるのを阻止した事は素直に喜べるかな。




そんなこんなで、たけとんぼで美味しい酒と料理を楽しみ、ホテルに戻る。

あとはゆっくり寝るだけ。

次の日、また温泉に入り、朝食をとってから更別村に向かう。

開会式に参加すると、幕別町チーム、大樹広尾合同チーム、更別チームとなぜか札幌からシイタケがいるという変な組み合わせ。






結果?









{316E7473-1A16-426B-96F1-233FF0452A2D}





まぁこんなとこだ。

2試合やって単純に優勝して賞品にポテトチップスをドッサリ貰い、俺が合計51点取って得点王賞を貰った。

それだけの話しだ。

得点王賞はエアジョーダンのリストバンド。

俺は似合わないから似合うチームメイトにあげちゃったけどね。

十勝のこの大会には俺が震えるようなインサイドプレイヤーはいなかったなぁ。

ただし、どのチームにも1人くらいはすごいのがいたね。

やっぱチームスポーツだから1人だけ凄くてもダメなんだよな。

詳しい写真はな裏日記の方で。






打ち上げというか、みんな昼飯も食わずにぶっ通しでバスケしてたから腹減って遅めの昼食を人気店の「有楽町」でとる。

ここはホルモンとジンギスカンの店。

2日続けて、ジンギスカンだ…

でも、行きたかったんだ、ここも。

車ないと行けない場所にあるし。


{419201FB-D600-481B-ABCB-2C61EAB410A5}





由仁町に東京ホルモンって店があるんだが、有楽町も東京っぽい名前じゃん?

何かホルモン屋はそういう共通点があるのかな?





これがジンギスカン。





{FF67913D-3A42-4216-B617-AB817FD214CF}



{901B2A1E-5B8F-4DC9-92B9-D27CD7B4B5FD}



この肉も美味い。




まぁ白樺の方が美味い気がするけど、僅差だな。

そして白樺には無いホルモン鍋だ。




{2C1150D5-6C76-423E-8EB9-4AD44CE63F63}



焼くというより煮るに近い。

うどん入れたら、湯気でわけわからん。



{3E7BFB45-B324-4BAA-AC13-9DC5770574E2}







他にも写真がたくさんあるんだけど、制限があるので裏日記に載せます。

そっちは人間が写ってるのが多いかな。

美味しい物食べてのんびりと過ごせて、バスケも優勝する。

充実した週末だった。