バックナンバー大好きです

テーマ:
高値の花子さんって曲が最高に最高なんで聞いてみてください。

歌詞が最高なんですけど



君から見た僕はきっとただの友達の友達

たかが知人Bに向けられた笑顔があれならもう恐ろしい人だ

君を惚れさせる黒魔術は知らないし

海に誘う勇気も車もない

でも見たい隣で目覚めておはようと笑う君を

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ

生まれた星の元が違くたって偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものになるわけないか

君の恋人になる人はモデルみたいな人なんだろう

そいつはきっと君よりも年上で焼けた肌が良く似合う洋楽好きな人だ

キスをするときも君は背伸びしている

頭を撫でられ君が笑います

だめだ何一つ勝ってないいや待てよそいつ誰だ

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ

君が他の誰を気になっていたって偶然とアブラカダブラの力で僕のものに

この胸の焦りに身をまかせ君のとこへ走ったとして実は僕の方が

悪い意味でなんと魔法的なもので舞い上がってましたって怖すぎるオチばかり浮かんできて


真夏の空の下で震えながら君のことを考えます

好きなアイスの味はきっと

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ

生まれた星の元が違くたって偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものになるわけないか



いやあ、いいですねー。

じゃあ解説します


君から見た僕はきっとただの友達の友達
(多分これガチに知り合い程度なんですよね、なんなら花子さんは認識してないです)

たかが知人Bに向けられた笑顔があれならもう恐ろしい人だ
(多分笑顔とか向けられてないんですよね、勘違いですね、認識されてないんで)

君を惚れさせる黒魔術は知らないし
(いきなりの黒魔術です、話しかける、とか、どうしたら仲良くなれるか考える、とかじゃなく)

海に誘う勇気も車もない
(勇気があろうが車があろうが海には誘わないですね、誘わない理由づけにすぎないです)

でも見たい隣で目覚めておはようと笑う君を
(いきなりセックスしてます)

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか
(自発的に会いに行ってないですから、あくまで偶然、来てくんないかな、みたいな事ですね)

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ
(魔物来ました、黒魔術に続いての魔物)

生まれた星の元が違くたって
(物語の主人公気取りです、話を大きくしてますね)
偶然と夏の魔法とやらの力で
(自力ではなく、というのがポイントです)
僕のものになるわけないか
(うまくいかなかった場合に傷つかないように、なるわけないか、という言葉を使ってます)

君の恋人になる人はモデルみたいな人なんだろう
(かっこいい人、モテる人のボキャブラリーが貧困です)

そいつはきっと君よりも年上で焼けた肌が良く似合う洋楽好きな人だ
(自分に無い要素ですね、逆に言えばこれさえあればなんとかなる、これがないから俺はモテないという妄想ですね)

キスをするときも君は背伸びしている
(妄想ですね)

頭を撫でられ君が笑います
(妄想ですね)

だめだ何一つ勝ってない
(当たり前です、貧困な想像力とはいえ自分の理想ですから)
いや待てよそいつ誰だ
(妄想してる事に気付きましたね、というか最初から気付いてます)

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ

君が他の誰を気になっていたって偶然とアブラカダブラな力で僕のものに
(再度、自分の努力とは関係ない事で、自分の物にしたい、という願望です)

この胸の焦りに身をまかせ君のとこへ走ったとして
(やっと自分で行動しようと思いました)
実は僕の方が

悪い意味で夏の魔法的なもので舞い上がってましたって怖すぎるオチばかり浮かんできて
(舞い上がってたからなんなんでしょうか、花子さんは夏の魔法やら夏の魔物の力で来ないかな、と言っていたにもかかわらずです)


真夏の空の下で震えながら君のことを考えます

好きなアイスの味はきっと
(考えたところでアイスの好み程度です)

会いたいんだ今すぐその門から飛び出してくれないか

夏の魔物に連れ去られ僕の元へ

生まれた星の元が違くたって偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものになるわけないか


いやあ素晴らしい。

何がいいかって『僕』が性欲を恋愛感情と勘違い、というかごっちゃにしているところなんですよね。
だから『偶然』来て欲しいんです。
というか『僕』はこの恋愛感情がただの性欲だったらどうしよう、と怯えています。
自分の性欲にうまく折り合いがつけられないんでしょう。
というかそれが分けられる、と勘違いしているんですねきっと。

だから花子さんが『そう』であればいいな、と考えているわけです。
セックスできればよし、その後が続けばなおよし。
出来なければ、まあ仕方ない、『恋』じゃないんだから上手くいかなくてもいいじゃないか、むしろ上手くいかない方が良いじゃないかと。
心の防御機能をふんだんに使っているわけです。

誰でもあるんじゃないでしょうか、こういう気持ちは?
失敗する事に怯えて、なんか勝手に上手く行ってくれないかな、ハハ、みたいな?

途中の、『花子さん』にお似合いの『モデルみたいな男』の描写も最高です。
彼女は自分とは違うタイプの人が好きだから、自分に振り向かないのは当たり前だ、だから告白とかしない『方が』いいんだ、という、『努力しない言い訳』を作る感じが最高にいいですね。

彼女の好きなアイスを考えるとこもまた良いです。
妄想はやっぱ具体的なんですよね。
きっとアイスの味だけじゃなく、どこで食べるか、どんな風に選ぶか、とか全部細かく決まってますね。


それにしても暑いよねー

うん、めっちゃあつい

あ、アイス食いたい!めっちゃアイス食いたいわ!

いいじゃん

ちょっとどっかコンビニないかな

探してみよ

え?どんなん好きなの?

アイス?

うん

なんかー、そんな甘くないやつ?

へー、じゃあチョコチップ何たらかんたらとかはあんまり

いや好きだよ?

なんだよ(笑)

強いていうなら?がっつり甘いよりかは?爽やか系?みたいな感じ?

あー、じゃあ、かき氷みたいな方が

いや、アイスがいいね

なんだよ(笑)あ、じゃなんか、爽、みたいなやつ?

何?ソウって

いや、あるじゃんバニラみたいなやつにすげえ細かい氷入ってて、クリーム系なんだけど爽やか、みたいな?

え?無いよそんなの

なんでだよ、あるよ、商品名だよ、爽だよ

知らない、きっと無いよ

いやあるよCMバリバリやってるわ




みたいなセリフまでバッチリ決まってますわ。

いや、だからめっちゃ好きです、バックナンバー。

次回はUVERworldの『一億分の一の小説』をお送りします
(しません)



AD