本日の『漫画ゴラク』公式ブログです。

漫画ゴラクの毎日をゆるゆるのブログにしました。ゆるい中に、実は強烈なメッセージがあったりなかったりです。愚痴も多いです。あと、とても公式ブログとは思えないような、爆弾をたまに落とす場合があります。


テーマ:
漫画ゴラクの作品は
映像化することが多い。

それほど大きなバジェットではないが、シリーズとなり、長く続く作品もある。

今年も何本か、映像化になる作品はあるようだ。

しかし、だからと言って、映像化したからコミックスが売れるわけでもなく、それが酷い出来だったら、

作品に傷が付くだけだ。

ある作品の映像化の話があった。
photo:01


映像化は不可能な内容。

いや、技術的には無理ではないが、
制作費を聞いたら、120%無理。

だから、映像化はしたくなかったが、
助監督が知り合いということもあり

プロデューサーの押しに負けて

映像化の許可を出した。

条件として、シナリオの第一稿は、
あくまで作品のコミックスである!
と、契約書に入れる。

しかし、製作者たちはそれを拒んだ。

なぜに?

と思ったら、

実はもうほとんど撮影が終わっていると!

なんですと!

タイトルを変えてくれ!
許可はしない!

などなど、と抵抗したが、
いままでの付き合いもあり、外から内から、マイルドにしようとする輩も出てくる始末。

せめて作品を見せろ!

と言っても見せてくれない。
プロデューサー曰く

「ある意味面白いです」と。

ある意味って、どんな意味?

そんなこんなでDVDになってしまった。漫画家さんに払われた原作使用料だって、少なすぎて申し訳ない。

まあ、黒い力も動いたのだろうが、あまりにもあんまりだ。

だから、別冊漫画ゴラクでは

基本、映像化に関しては
ある程度のハードルを設けている。

・誠実に映像化しなくてはならない。
・脚本は必ず編集部がチェック。
・制作費のチェック。
・まず漫画家の意向を尊重すること。

当たり前のことだ。

上記がダメなら、原作使用料のケタを上げる。

金銭で片付けるのはやりたくないが、作品を守るためのハードルとしては使える。

よって、

別冊漫画ゴラクには

ここ二年、映像化の話はない!

それでいいと思います?

ps/『甘い鞭』は、弊社は製作に加わっておりません。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。