テーマ:

リサ・フィッシャー。

スペルは、漁師ではなく、FISCHER。


LISAさん & MICKさん


89年の「Steel Wheels」ツアーからバックコーラスとしてストーンズ一座に参加。

当時は、北米、日本ツアーではシンディ・ミゼールとの二枚看板で、テレビ放送された2月26日公演の「ギミー・シェルター」はシンディが担当。


ポカリスウェットのテレビCMに流用された「Rock And A Hard Place」のPV内のリサは、「女たち」を具現化したかのようなセクシーさだった。

けれど、東京公演後の欧州「Urban Jungle」ツアーには、シンディとリサは参加していない。


ストーンズの70年代前半のツアーでは、ミック単独ボーカルの「ギミー・シェルター」も、ミック・テイラーの最強ギターがグイグイかっこいいのですが、リサたちの参加でいっそうパワフルになった。


95年の東京ドーム公演をおさめた「東洋の約束」というタイトルのブートレッグ盤の「モンキーマン」も最高に凄まじい。


97年のブリバビ・ツアーDVDでは、年齢によるものなのか、リサもけっこう苦しそうに見えたけど、ライブアルバム「Live Licks」やDVD「Four Flicks」にも収録されている03年1月のマジソンスクエアガーデンでは、素晴らしいウネリ節を披露。


ちなみに、昨年のライブ8でマドンナのバックコーラス を担当していたのは、やはりリサ・フィッシャーだった。


今晩の東京ドームでも、ミックと観客を肉感的にも圧倒しているはず。


So Intense


僕はこの一枚をカセットで買っていますが、そろそろCDで買おうと思っています。


★ローリングストーンズ伝説の目撃者たち★

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード