• 23 Mar
    • ハンドファースト2

      ハンドファーストにするとフェイスが開いてしまいます。そこで、ある人にあの写真の構えのハンドファーストの打ち方を教えたら、「こんなにハンドファーストの構えは、フェイスを被せて打つのか?」「あんなにフェイスを被せてアドレスするなんて初めて見まして、びっくりしました。」その方は目線から見たヘッドとして実際アドレスした感じでその時に眼で見える画として、ヘッドの下部分のリーディングエッジが左を向いて上部分のトッププレートがターゲットに対して並行って感じのフェイスの向きになります・・。あの写真は右を向いてましたよね?リーディングエッジをターゲットだとフェイスが開いて、捉まりが悪いのです。自分でアレンジするべき手法とでも言うべきなのか????人それぞれの部分な感じもしますけど、とても重要な事です。ただ、この方法を全て鵜呑みにしますとよくありません。人により、グリップにより、ヘッドの形状によって変化するからです。僕のは、ややグースネックです。初中級用の大きなヘッドで、グースの重心距離が長いクラブは捉まりが悪いのです。大きなフェイスはフェイスが開きやすい特性があり、閉じにくい。始めからグースがたくさん付いているといいですがね〜〜ハンドファーストは左へ飛びそうで構えにくい?そうですよね?自分で自分の感覚、出球を調整して下さい。自分でフェイスを被せるなんて知らないからリーディングエッジをターゲットに合わせるしか思ってもみてないでしょうし。ハンドファーストは、オープンアドレスにしてフェード、トップが打ちやすいように低い球を打つ技術です。ティーショットを林の中に入れ、低いトップ球で脱出する技術です。どんなクラブを使用しているか、自分の技量、レベル、使ってるクラブが全く違うのに、僕と同じことをしないで下さいね〜〜。

      NEW!

      36
      4
      テーマ:
  • 22 Mar
    • ちょっとしたコツ

      昨日は、ブログで技術解説を頼まれたので自撮り写真入りで線を入れて解説してみました。 そんな時に、なんでこうなるんだろうなと思った事を書きます。 日本人は、引く力が強いので、グリップも肘も体に引きつけたがる。すなわち、引っ張込が強く、アウトサイドイン傾向が強くなっています。ノコギリも、研ぎも必ず引っ張込みます。 日本人の強いスポーツは、柔道、レスリング、重量挙げ、野球など引っ張込みを基礎にしているスポーツばかりですね。これ実はハンドファーストの手の形なんです。 (欧米人はノコギリを押して切るので、インサイドアウト傾向が強くなっていますからハンドファーストとはあまり言いません。もしかすると、理解できないかもしれません。) フットボール、ラクビー、サッカーなど押すスポーツは苦手です。 松山選手や、横峰選手など、引っ張込み打法のフェードヒッターの強い選手はいますが、 プッシュ打法のドローヒッターの強い選手は余りいませんねえ。 だから日本人はボールを体の近くに置きたがります。 それが行き過ぎて、結果的に、クラブを振るスペースを体の前面に作れていないということです。 そして引っ張込み、その動きをし易いダウンブロー伝説があるので、縦振りで引っ張り振りたがるというそれを助長しやすいスイングを好んでいるし、それが唯一絶対だと思い込んでいる節があります。   昨日のパンジーさんには、腕を体から少し話してスイングしましょうとお教えしました。 これは意識しないと、スライサーには出来難い動きです。 ですから効果が出やすいんですけどね。。 体力の無い人が、腕を肘を体にくってけて、体のターンに任せて引っ張込み振るのは簡単です。 しかし腕から手まで全体をくっつけすぎて、通過できないほどの懐の無さでスイングを壊している方が結構いるのに驚きました。肘と手を体に近い状態でターンして、二の腕は回りますか?二の腕が必ず肘のの太さより太いのです。そうすると、二の腕が邪魔をして、左サイドの体が開いて引っ張込むトルクパワーを逃がしてしまうのです。 スイングの簡単さでいえば、力を逃がせば空回るんで、簡単に速くは振れるけど、パワーはたまりません(籠りません)。車の空ぶかし状態です。 空ぶかしの状態で、急激にクラッチを繋いだら(インパクトを迎えたら)どうなりますか? クラッチを繋いだ状態で初めから最後までスイングしたいのです。 という事は、手も肘も二の腕の太さ以上に距離をとらないと、パワーの源泉である腕の重さ(数キロ*2本)+クラブそのものの重さ(300~450g)がつかえてないのです。スイング軸は、体(エンジン)にあり、これを起点にするのは間違いありません。 しかし、回転スピードとトルクを作るのは、(クラブ重量+腕全体重量)*回転速度なんです。 陸上の室伏選手が重量の重い鉄球と、腕力隆々の腕の重さで飛ばしているのと、スケートの真央ちゃんが回転で回っているのでは、室伏選手の方がボールは飛びますよね? これが重ければ重いほど回転トルクのパワー(力の込め具合)は上がります。 これが全てのボール競技の飛ばしやスピード、重さの秘訣です。 別の例で話をします。 男子の自転車に乗った子は、5段変速とか10段変速とか乗ったことがあるはずです。 前後のギヤ比で、一番重いのは1段で、軽いのは10段だとします。 そうすると3段くらいが力もこもるし、スピードも上がるんです。 ドライバーは8段速くらい、ウエッジは3段速くらいです。 ウエッジを10段では回さないでしょ? 例えば車だといきなり10段だとエンストしませんか? 走り始めは1段(車の一速=ローギヤ)から始めませんか? そういう物理的な考え方、そんなに難しい話じゃないと思うんですが。。 文系の僕にもわかる簡単な日常の道具の使い方です。

      42
      テーマ:
  • 20 Mar
    • ハンドファーストの罠

      この写真が「ハンドファースト」と解りますか? 臍の前に両手を置き、ボールを真ん中にセットした場合、シャフトが「少し右に傾いている」のが分かりますか?手をボールの上にセットしていれば、既にハンドファーストなんです。この例はスクエアグリップロングサムですが、左手がフックグリップの構えでも、インパクトでもボール周辺の画像は同じになります。   次の写真が、「ハンドファーストと勘違いしている」右左手がオーバーに前に出たスイングです。 この写真は右肩が下がり、左肩が開いて外を向いています。 世でいう「振り遅れのスイング」です。  間違った解釈をした「ハンドファーストのつもりのレイトヒットマガイ」ですね。 両手が体の中心から左側にずれています。 過剰なハンドファースト自体が振り遅れに近いですけども。。。 体中心線に対してシャフトとフェースの向きが極端に右を向いているのが判りますか? こうなると、インパクト後もフェイスは絶対に左を向きません。 振り遅れてますからね。。クラブが手を追い越さないからです。 トウで当たれば、フェイスが負けて開いてプッシュアウト ヒールで打てば、ネック打ちシャンク か フェース開いたままのスライスです。 アプローチイップスの人は、ほぼこの形です。        左足軸の人がハンドファーストになると、この写真になりますから、フェースが右側に開いてスライスになります。写真のようにボールに対して若干フェイスが右を向いて、このままアウトから左にインに抜いたらフェースの開いたスライス、真っ直ぐからインサイドアウト系に抜けたら若干のプッシュアウト+スライスです。         右足軸の方(ボールの位置が中心からやや右)がハンドファーストは極端にできます。 この形のまま少し押し左にターンしますので。。 正しい「レイトハンド」はこの形です。体の正面でボールを捉え、遅れらせた(レイト)ハンド(右手の平)で押す動きがでます。インパクト後は、フェースはアーク分だけ左を向きます。 (この形を左足軸の人が左足の前でやると、上記の写真のような少し開いた事による無意識の修正で、色々なエラーがでます。)     ここからはパンジーさんに私信です・・ 昨日の記事の具体的説明です。 シャンクとダフリ、スライスの矯正です。 足の位置、手の位置、ヘッドの位置関係です。 手は、顎より外側にある(手の位置とボールをなるべく遠く)のがわかりますか? ボールを遠くにセットできると、フトコロに余裕ができて、腕が通過するスペースができます。 (逆にボールに近い人は、前面のスペースがないので、カラダの左サイドを開いて、結果フェイスが開いてスライスになります。) 両手を伸ばしてインパクトを作ります。その場合、シャンクはしませんし、最下点でボールを捕らえますので、in to inのストロークになります。ボールに届かないトップはあっても、届き過ぎるダフリやスライスはありません。   そしてインパクトしてからでも、顎の位置を動かさないで左腰辺りまで我慢ストロークすると、フェイスは左を向き、正しいスイングになります。   インパクト前後で顎が動くのは、顔が上がり、カラダも肩も開いて、スライスになります。 上から2番目の、手が左にズレたスイングになってしまいます。

      48
      4
      1
      テーマ:
  • 18 Mar
  • 16 Mar
  • 15 Mar
  • 05 Mar
  • 26 Feb
  • 24 Feb
  • 23 Feb
  • 03 Feb
  • 02 Feb
  • 01 Feb
    • マイスイング測定 横振りなB1

      二年前にHc6になった頃のスイングです。 フックを打ってました。自分の想定していたスイングと、HS 及び 飛距離でしたドライバーは44~45で215~230yのキャリー➕ラン15ヤード合わせて230から245ヤードくらいです。女子プロくらいのスイングです。 ドライバーはHS45 230y 2度右をフェースが向いてます。スイングはインサイドアウト、アッパーブローです。少しループしてますが、横振り(アンダー気味)してるんでこんなもんでしょう。 調子が悪くなると切り返し後に下から入りループして、打振り気味チーピンが出ます。 (赤色の切替えし後が、テークバックのオレンジ線の下アンダー側に来ます。) シャフトがシャフト軌道に乗って回転しています。 赤がテークバック、黄色がダウンからフォローでこれはシャフト軌道を描いています。 横振りフラット気味ですが、一応シャフト軌道面はオンプレーンスイングをしてます。テークバックとフォローがほぼ同じ弧を描いてるので、満足な結果です。 手の位置は、右耳の真後ろ辺りで、ヘッドは左耳の上辺り。軌道そのものはVゾーンに収まり、ややフラットなスイングです。 ボールの位置は正体、人から言わせると右においてるそうです。 B1の僕には丁度いいんですが。 フォローで少しフェイスがターンして左気味です。 インパクトゾーン。 少しフェースが開き気味(2度open)ですが、インtoインになってます。 3D解析のできる動的簡易三次元測定器です(笑) 軽くて簡単に持ち運べるので、土曜の昼過ぎからならいつでも、声かけてください。ビラか、平尾の近くの練習場に持ち込みます。東海の練習場(本球が打てます)でもいいですけど。 ここに詳しく出ています。動画もあります。 QPプロのブログ記事 (この人が開発者) ゲーリーさんの記事 (九州のお友達有名ブロガー)

      53
      10
      1
      テーマ:
  • 27 Jan
  • 23 Jan
  • 18 Jan
  • 17 Jan
  • 14 Jan

プロフィール

道具屋

性別:
男性
血液型:
B型
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
高校・大学は、硬式テニス部。 「止まってるボールが打てないはずないでしょ」と 足腰の衰えにと...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
17215 位
総合月間
30947 位
ゴルフ
98 位
アメリカ
68 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。