18日午後8時半ごろ、大分県中津市大新田の沖約3.7キロの海上で、同県漁協中津支店所属の漁船「あゆみ丸」(0.8トン)が転覆しているのを、捜索していた別の船が見つけた。乗っていた同市小祝、角静子さん(57)と次男秀幸さん(32)の行方が分からなくなっており、第7管区海上保安本部が巡視艇やヘリコプターなどで捜索している。
 大分海上保安部によると、角さん母子は同日午前8時ごろ、漁のため小祝港を出港。予定の時間に戻らなかったため、長男が別の船で捜索していた。 

【関連ニュース】
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い
壱岐島沖で漁船転覆=乗組員2人死亡
不明漁船の捜索を継続=10人乗り、長崎・五島列島沖で-7管
10人乗り漁船が不明=無人の救命いかだ発見

壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
最主力のアルツが9%の伸長-科研製薬(医療介護CBニュース)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
終盤国会は剣が峰 小沢氏再聴取、野党が集中砲火 延長なら参院選先送り(産経新聞)
トラックと後続車にはねられ、54歳女性死亡(読売新聞)
AD