鳩山由紀夫首相は16日午前の閣僚懇談会で、直前に閣議決定された「生物多様性国家戦略」に、新潟県佐渡市でトキがテンに襲われて死んだ問題への対応を加えるよう指示した。午後に急きょ持ち回り閣議で首相の指示通りに改定されたが、閣議決定直後の改定指示は極めて異例だ。

 同戦略は生態系保護の目標などを定めており、指示を受け「今後二度とおきないよう、施設の充実に努める」などの記述が追加された。【山田夢留】

【関連ニュース】
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
鳩山首相:「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」
鳩山内閣:支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
鳩山首相:小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」

千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ(時事通信)
偽装ラブホ 容疑で書類送検(産経新聞)
新潟副知事に国交省の大野氏(時事通信)
<発砲>暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
割引郵便制度悪用 守田被告2審も有罪、大阪高裁(産経新聞)
AD