総務省は7日、大使館や総領事館など在外公館の業務を調査した結果、職員配置などが適正でないとして外務省に見直すよう勧告した。
 勧告によると、1996~2005年度に新設された13公館のうち、5公館で2人以上の職員の欠員が3年以上続く状態が生じていた。このため、合理的な理由がなく欠員が常態化している場合は、速やかに定員を削減するよう求めている。
 また、在外公館の間で職員1人当たりの業務量に格差が生じていると指摘。適正な職員配置となるよう見直す必要があるとした。 

鳩山首相「場当たり発言、一切ない」(時事通信)
東証一時400円超下落 ギリシャ発株安拡大 日銀が2兆円供給(産経新聞)
<CO2濃度>過去最高 国内3地点(毎日新聞)
<医師法違反>偽医者を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手(毎日新聞)
増額分、全額現金は見送り=子ども手当-民主研究会が報告書(時事通信)
AD