岐阜県関ケ原町の浅井健太郎町長が私的に発行している新聞に名前を掲載され、プライバシーを侵害されたとして、同町の無職、北島治さん(71)ら6人が浅井町長を相手取り、計180万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、岐阜地裁大垣支部であった。堤雄二裁判官は「プライバシー権に対する配慮を怠った」として、6人のうち4人の訴えを認め、浅井町長に102万円の支払いを命じた。

 判決によると、浅井町長は08年11月2日付で発行した私的な新聞「健路」第52号に、町を相手取った別の訴訟の原告8人の名前を掲載。新聞は、町内約3000戸の大半の世帯に、一般の新聞に折り込む形で配布された。原告側は「原告団長以外は原告であることを公表していなかった」として、職務に関して知り得た個人情報を公表したことは町の個人情報保護条例違反に当たると主張していた。認められなかった2人は町議と元町議で、公人と判断された。【鈴木敬子】

国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)
首相、地下鉄サリンから15年「しっかりした態勢作らねば」(産経新聞)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕-広島県警(時事通信)
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
<座礁船>岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾(毎日新聞)
AD