お庭とエクステリアの設計・施工 ~グリーンケアのスタッフブログ~

横浜、川崎、東京を中心に、お庭の設計・施工を承るグリーンケアのスタッフブログです。


テーマ:

こんにちは。
ガーデンコンダクター部の平山です。

私が、お納めさせて頂きましたお庭をご紹介させて頂きます。

 

お客様からは、老朽化したウッドデッキを取り払ったので、
新しく庭を有効活用するスペースを作りたい、とのご要望を頂きました。

 

        

【Before】

 

掃き出し窓や、勝手口からお庭に出やすくするために
既存のテラスを利用して、新しく2段のタイルデッキをつくり
そこからつながるようにインターロッキングブロックにて、フラットな空間を設けています。また、砂利帯の向こう側には、芝生で緑を演出させて頂きました。

 

       

【After】

 

既存樹木の移動もプランに入れさせていただきまして、お隣様との目隠し部分や、もともとの花壇の位置を見直したプランにもなりました。このようなリガーデンとなりまして、以前よりもお庭を身近に感じて頂けているようになりました。

 

【After】

 

あたらしい花壇では、四季を感じられる植物を楽しんで頂けたらと思います。

ありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
ガーデンコンダクター部の髙梨です。

先日、お納めさせて頂きましたお庭を紹介させて頂きます。

今回、お客様からオープンな駐車場に門扉を設置したいとのご依頼を頂きました。

 

【Before】

 

ご自宅前の道路は坂となっており、隣のお宅とも間知ブロックにより傾斜がついており、その斜め問題をいかに解消するかがカギとなりました。

まず、道路の傾斜に対応するため、門扉は傾斜地対応+キャスター付きを採用しました。
キャスター無しの門扉もあるのですが、今回は門扉開閉時の安定性も考量して、
キャスター付きの門扉を施工いたしました。

間地ブロックの傾斜による空きスペースは、メッシュフェンスを台形に施工することで、
使い勝手良く、違和感なく収めることができたかと思います。

 

   

【After】

 

お庭、外構でのお悩みを解決できる方法は様々ありますが、その中からお客様一人一人に喜んで頂ける方法を、ご提案できるように励んで参ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、プランナーの佐藤です。

桜が咲き誇り、暖かな日差しを受けたお花達が街を次々に彩る季節になりましたね。
今回は、昨年お納めさせて頂いたリガーデンをご紹介したいと思います。

芝生と砂利敷きをされていたお庭は、地盤が粘土ということや、立地上、前面が斜面地である故、雨天時には雨水が溜まりやすく、また、湿度や通気の状態が良好ではなかった為、
虫(蚊)が発生しやすい状態でした。


リガーデンに際し、お客様からは、土壌排水性の改善や虫の軽減を加味し、
テラスを設けてゆっくりと寛げるようなプランのご要望をいただきました。

 
 

              Before                                                        After

 

先ずは、テラスとブロックの間を40㎝程空けて砂利敷きとし、
更に砂利敷きの下には強制排水ができるように配管をしました。
これにタイルテラスとインターロッキングブロック通路を重ね、
風が吹き抜ける状態にする事で虫の発生を軽減し、
機能的で開放的なお庭のプランを設計させていただきました。

 

※水溜まりが出来ないように、砂利敷きの下には強制排水の配管が入っています(o^^o)

 

お客様とのご相談を重ね、木漏れ陽の注ぐテラスで、四季折々の植物や風を感じ、
寛ぎの時間が流れる空間になりました!(^^)!

これから末永く、寛ぎの時間や風が変わらず流れるお庭の姿に、頬が緩んでしまいます。

お庭のこれからが楽しみです。
ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

施工を担当しております竹森と申します。
宜しくお願い致します。

 

「整理整頓」幼いころから常に言われてきたこの言葉。
苦手です。正直。面倒くさくて。

 

ただ、苦手だからと目を逸らしてはいけない事でもあります。

 

私たちはお客様のお庭を「整えて」います。
※「整える」…本来あるべききちんとした状態にする。乱れをなおす。調整してうまくまとめる。望むような状態にもっていく。

 

であれば、仕事自体も整っているべきなのだと思います。
それは作業の進め方がスムーズであったり、道具が整備されていたり、車へ資材がきちんと積まれていたりといった事かもしれません。

 

物がきれいに並んでいる事だけが「整っている」わけではなく、頭の中や動き方も「整える」事が出来るのだと思っています。

 

なかなかどうして常に意識し続けるのは面倒くさく感じてしまう事ではありますが、むしろその方が効率的であったりきれいな仕事につながっていくものでもあります。

 

腕の良い職人さん達にお会いすると、やっぱり「整っている」んです。
ちょっとした事であっても感心させられる事が多々あります。

 

私も道のりは厳しいですが「整った」仕事が出来る職人を目指していきたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
ガーデンコンダクター部の永瀬です。

 

先日、お納めさせて頂きましたお庭を
紹介させて頂きます。

 

【Before】

 

今まで雑草が生えないよう防草シートで土を覆い、手間がかからないようにしていたお庭が・・・

 

使い勝手が良く、安全で植物が楽しめるガーデンに!!

 

【After】

 

普段から洗濯物を干す時や植物のお手入れの際にお庭に出ていましたが、出入りがしづらく周囲の窓も気になるというご要望でした。

 

 

安全で広いタイルテラスと圧迫感のない白いフェンス

 

 

リビングの窓の前にフラットなタイルテラスを作ることで、安全で使い勝手も良く、明るい空間になりました。フェンスもあるので安心して出れるプライベートな場所になってくれると嬉しいです。

 

タイルテラスから広がる、温もりのあるレンガアプローチ

 

タイルテラスから続くレンガのアプローチは、安全で植物が引き立つラインにして、将来フェンス前のバラや植物が茂った時に、植物に囲われているような空間になってくれると思います。また奥のシマトネリコはプランターに植栽することで、高さもでてお隣の窓を自然に隠してくれています。

 

もともと植物もプランターなどで可愛らしく育てていらっしゃるお客様でしたので、使いやすくなったお庭にかわいい植物が増えて華やかになっていくのがとても楽しみです。

 

大切なお庭に関わらせて頂きましてありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
んにちは。ガーデンコンダクター部の石川です。

今回は、先日お納めさせて頂いたお客様のお庭をご紹介させていただきます。
 
 
 
【Before】
 
 
こちらのお客様のお庭は、陽当たり・風通し、ともに抜群のロケーションで、
 
広々としたデッキが開放的な、気持ちの良い空間でした。
 
 
ただ一方で、お庭の中も道路から丸見えになってしまい、落ち着かないために
 
中々寛げない・・・とのお悩みを抱え、当社にご相談いただきました。
 
 
↓ ↓ ↓
 
 
 
 
【After】
 
 
目隠し対策として、道路側には樹脂製の横張りフェンスをご提案しました。
 
縦格子に比べ、横板を張ったフェンスは目隠し効果が高いと言われています。
 
フェンスのサイズは、プライベート感を保ちつつも周囲への圧迫感が出すぎないよう、
 
お客様に窓の中から必要な高さ・幅をご確認いただき、丁寧に決定していきました。
 
 
 
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 
 
 
【Before】
 
 
 
また、新築時に作られたデッキには大きなステップがついていましたが、
 
ちょうどお庭の動線を塞いでしまい、少し使いにくそう・・・。
 
 
↓ ↓ ↓
 
 
【After】
 
大きすぎたステップは、必要な幅だけを残して
 
小さく作り直すようなご提案をさせていただきました。

使える部材を再利用し、別の場所に新しくステップを設けたことで、
 
お庭の回遊性もよくなりました!
 
お客様からも「使いやすくなった」とのお言葉を頂けて、ほっと一安心です。
 
 
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 
 

『まだ使えるけれど、なんとなく使いにくいな・・・。』
 
といった、漠然としたお悩みの中にも、私たちでお役に立てることがあるかもしれません。
 
 
ささいなことでもお気軽にご相談いただけるよう、
 
お客様の気持ちに寄り添ったご提案を心がけていきたい!
 
 
改めてそう思うことのできた、大切なお庭です。
 
お任せいただき、どうもありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

代表の河越です。

 

近年、ワンちゃんのお庭リフォームのご依頼が多く、

そうであれば、犬を飼ったことがないのにいいご提案ができないと思い、

家族からも欲しいとずっと言われていたこともあり、2年前に犬を飼いました。

 

その犬のご紹介はまた改めてさせていただきますが、

以前より、飼い主様やワンちゃんのお気持ちに

近づけていると思っています。

 

さて、先日、外でワンちゃんを飼われているお庭のリフォームのご依頼をいただきました。

 

完成したお庭はこちら。

存分にワンちゃんが走れるように人工芝を長く敷くご提案をしました。

 

とっても人なつっこいチャーリーちゃんというワンちゃんでした。

外でも飼い主様のそばにいられるように

飼い主様がよくいられるリビング前にウッドデッキを作るご提案をさせていただきました。

 

そして、その効果は??

 

よくデッキの上にいて、部屋の中の飼い主様とアイコンタクトしています!!

 

 

ステップの上り下りも、あえてデッキ材にしないで、すべりにくいコンクリート製のステップにし、段差も無理ないように2段のご提案をさせていただきました。

 

 

人工芝もお気に入りで。。

人工芝で体を擦りつけてゴロゴロしています。

ご覧くださいこの写真!!

 

 

ふふ、計画通り!

 

また会いに行きますね!チャーリーちゃん!!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。
施工部の青木です。普段はメンテナンスを担当しています。
中でも、弊社で施工させていただいたお庭に呼んで頂く時は感慨もひとしおです。

 

植えたときは小さかった苗も、元気にぐんぐん大きくなって、

さらに花が咲いていたりすると、とても嬉しくなってしまいます。

 

造園の会社ですから、会社としてはお庭を造ることがメインの業務ですが、

お庭の成長はそこからがスタートです。植物たちの豊かな表情を

お客様が愛してくださると、その愛情の分だけご心配も多くなることでしょう。
冬を越して、春が来た時に芽が出るだろうか。花が咲くだろうか。

思ったように成長してくれるだろうか…。
完成してからの最初の一年はドキドキのし通しです。

 

弊社ではあえて小さめの苗から植えるのをお勧めしています。
日照条件や、水の乾きやすさなど、お庭には固有のコンディションがあります。
小さなうちからそのお庭の季節の移ろいに併せて成長した植物の方が、

丈夫になるためです。

 

四季が巡り、一年ほど経過しますと、植物たちは急にぐんぐん育つようになります。
いよいよ、メンテナンスのタイミングです。

 

咲き終わったものや、予定外の場所へはみ出しているもの

(別の花壇や、お隣りなど)はカットします。

 

…思ったより育たなかったものも出てきます。
もしくは、いいと思って植えたものの、やっぱり雰囲気に合わない気がする、など。
移植のご相談もさせていただくこともございます。

 

何度も何度もそういったことを繰り返していくと、

本当に『お庭が育っていく』といった感じになります。

 

お客様のお庭を一時お預かりし、理想のお庭に近づけてお渡しできるよう、

私もまだまだ『育って』行かなくてはいけないなぁ、と日々精進しています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ガーデンコンダクター部の坂本です。

今回は先日、お納めさせて頂きましたお庭を
紹介させて頂きます。

【施工前】

お引越しされたお家のお庭で、手つかずの状態でした。雑草がひどくなる前にお庭を整備したいとご要望を頂きました。具体的には、テーブルを出したりできるウッドデッキがあり、お子様が遊べるお庭というテーマがあり、お客様とお打ち合わせを重ねながらプランを作っていきました。



【施工後】

お庭のメインは室内からほぼフラットで出られるウッドデッキとお子様が安全に遊べる人工芝で考えました。ウッドデッキから人工芝スペースへの動線についてもより安全に上り下りできるように一段一段を広く確保し、ベンチ替わりにもなるよう工夫致しました。

また、お家が高台に位置していることもあり、転落防止のためボーダーフェンスも設置しています。ちょっとした目隠しにもなり、既存のフェンスよりもお庭にプライベート感がでます。

緑を取り入れる箇所も打ち合わせを重ねました。
シンボルツリーのシマトネリコは、玄関を入って正面の大きな窓前になる場所とリビングからも見える場所に配置し、もっと成長したときにはウッドデッキに木陰を作ってくれるのではないでしょうか。
樹木の足元も下草を取り入れ、ご自身でも植栽を楽しめるフリーの植栽スペースも作っています。

植物の成長はもちろん、このお庭で遊んだことが思い出の一部になってくれると嬉しいです。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
施工を担当しております竹森と申します。
宜しくお願い致します。

私共のような業界(造園、土木等)は体を動かしつつ、
技術を伴う作業が多くあります。そういった技術やコツは
本等で勉強する事もありますが、現場で実践しながら
先輩方々からご教示頂く事がとても多くあります。
その際よく聞く言葉が「こういうもんだから!」
「そうやっとけば良いんだから!」と言った言葉です。

職人の世界っぽいですね。その世界にいる者として
決して嫌いな世界ではないです。
ただ、少し素直ではない私は「何がどうしたらそうなんですか?」
と疑問を持ってしまう自分がいます。

先輩方々は長年の経験や豊富な知識があり、
感覚を研ぎ澄ませてきた結果、技術を習得してらっしゃいます。
それを具体的に「説明する」というのは非常に難しい事も理解しています。

今現在、自然環境や生活環境は良くも悪くも目まぐるしく変化しています。
その中で今までの技術を現在の状況に照らし合わせ活かしていくためにも
「説明する」能力が大事なのではと感じています。

感覚的な部分も多く、ニュアンスを伝えるというのは非常に難しいです。
いかに相手が理解出来るように伝えるか。
相手によって使う言葉も変えて行く事も必要になります。

私は「説明が出来る」という事はその物事を「理解している」
という事であり、それは「本質を知る」事だと思っています。
本質を知ればそれを応用する事ができ、
より技術を活かしていくことが出来るはずなのです。

これからの時代に流れに対応するためにも
「本質を理解し説明出来る職人」を目指して励んでいきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)