お庭とエクステリアの設計・施工 ~グリーンケアのスタッフブログ~

横浜、川崎、東京を中心に、お庭の設計・施工を承るグリーンケアのスタッフブログです。


テーマ:

 

こんにちは。
施工部の青木です。普段はメンテナンスを担当しています。
中でも、弊社で施工させていただいたお庭に呼んで頂く時は感慨もひとしおです。

 

植えたときは小さかった苗も、元気にぐんぐん大きくなって、

さらに花が咲いていたりすると、とても嬉しくなってしまいます。

 

造園の会社ですから、会社としてはお庭を造ることがメインの業務ですが、

お庭の成長はそこからがスタートです。植物たちの豊かな表情を

お客様が愛してくださると、その愛情の分だけご心配も多くなることでしょう。
冬を越して、春が来た時に芽が出るだろうか。花が咲くだろうか。

思ったように成長してくれるだろうか…。
完成してからの最初の一年はドキドキのし通しです。

 

弊社ではあえて小さめの苗から植えるのをお勧めしています。
日照条件や、水の乾きやすさなど、お庭には固有のコンディションがあります。
小さなうちからそのお庭の季節の移ろいに併せて成長した植物の方が、

丈夫になるためです。

 

四季が巡り、一年ほど経過しますと、植物たちは急にぐんぐん育つようになります。
いよいよ、メンテナンスのタイミングです。

 

咲き終わったものや、予定外の場所へはみ出しているもの

(別の花壇や、お隣りなど)はカットします。

 

…思ったより育たなかったものも出てきます。
もしくは、いいと思って植えたものの、やっぱり雰囲気に合わない気がする、など。
移植のご相談もさせていただくこともございます。

 

何度も何度もそういったことを繰り返していくと、

本当に『お庭が育っていく』といった感じになります。

 

お客様のお庭を一時お預かりし、理想のお庭に近づけてお渡しできるよう、

私もまだまだ『育って』行かなくてはいけないなぁ、と日々精進しています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ガーデンコンダクター部の坂本です。

今回は先日、お納めさせて頂きましたお庭を
紹介させて頂きます。

【施工前】

お引越しされたお家のお庭で、手つかずの状態でした。雑草がひどくなる前にお庭を整備したいとご要望を頂きました。具体的には、テーブルを出したりできるウッドデッキがあり、お子様が遊べるお庭というテーマがあり、お客様とお打ち合わせを重ねながらプランを作っていきました。



【施工後】

お庭のメインは室内からほぼフラットで出られるウッドデッキとお子様が安全に遊べる人工芝で考えました。ウッドデッキから人工芝スペースへの動線についてもより安全に上り下りできるように一段一段を広く確保し、ベンチ替わりにもなるよう工夫致しました。

また、お家が高台に位置していることもあり、転落防止のためボーダーフェンスも設置しています。ちょっとした目隠しにもなり、既存のフェンスよりもお庭にプライベート感がでます。

緑を取り入れる箇所も打ち合わせを重ねました。
シンボルツリーのシマトネリコは、玄関を入って正面の大きな窓前になる場所とリビングからも見える場所に配置し、もっと成長したときにはウッドデッキに木陰を作ってくれるのではないでしょうか。
樹木の足元も下草を取り入れ、ご自身でも植栽を楽しめるフリーの植栽スペースも作っています。

植物の成長はもちろん、このお庭で遊んだことが思い出の一部になってくれると嬉しいです。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
施工を担当しております竹森と申します。
宜しくお願い致します。

私共のような業界(造園、土木等)は体を動かしつつ、
技術を伴う作業が多くあります。そういった技術やコツは
本等で勉強する事もありますが、現場で実践しながら
先輩方々からご教示頂く事がとても多くあります。
その際よく聞く言葉が「こういうもんだから!」
「そうやっとけば良いんだから!」と言った言葉です。

職人の世界っぽいですね。その世界にいる者として
決して嫌いな世界ではないです。
ただ、少し素直ではない私は「何がどうしたらそうなんですか?」
と疑問を持ってしまう自分がいます。

先輩方々は長年の経験や豊富な知識があり、
感覚を研ぎ澄ませてきた結果、技術を習得してらっしゃいます。
それを具体的に「説明する」というのは非常に難しい事も理解しています。

今現在、自然環境や生活環境は良くも悪くも目まぐるしく変化しています。
その中で今までの技術を現在の状況に照らし合わせ活かしていくためにも
「説明する」能力が大事なのではと感じています。

感覚的な部分も多く、ニュアンスを伝えるというのは非常に難しいです。
いかに相手が理解出来るように伝えるか。
相手によって使う言葉も変えて行く事も必要になります。

私は「説明が出来る」という事はその物事を「理解している」
という事であり、それは「本質を知る」事だと思っています。
本質を知ればそれを応用する事ができ、
より技術を活かしていくことが出来るはずなのです。

これからの時代に流れに対応するためにも
「本質を理解し説明出来る職人」を目指して励んでいきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
施工を担当しております竹森と申します。
宜しくお願い致します。

突然ではありますが、私は工具が大好きです。
手に持って使う小さな物から、電動工具、果ては重機まで。
種類や機能を調べたり、比較したり、お手頃な金額のものは
とりあえず買って試す等、工具に関してはややマニアックな部分があります。

そういった工具を調べたり使ったりする中で感じる事は、
それぞれに能力を最大限に発揮する場所があるという事です。
言い方を替えれば適材適所と言う事でしょうか。


ふと考えました。
植物も同じではないかと。
その植物が最もその植物らしくいられる環境があるのではと。

植物たちも各々特性があります。
原産地や生育された状況等によって明るい場所が好きであったり、
太陽をたくさん浴びたかったり、しっとりとひそやかに過ごしたかったり。
ただ、お客様のお庭ではどうしても様々な制約が発生してしまいます。

その中で植物たちの特性を見極め、ポテンシャルと相談しながら
より良いバランスを目指してお庭を作る事。

一見、ハードとソフトと別けられがちな部分ですが、
本質的な捉え方はとても近いのではないのかと感じています。
ハードもソフトも全てがそろってこそのお庭です。

これからも全てにおいてバランスのとれたお庭を目指して臨んでいきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ガーデンコンダクター部の坂本です。

今回は先日、お納めさせて頂きましたお庭を
紹介させて頂きます。

【施工前】
ウッドデッキが老朽化してきたことと、お庭の活用の仕方が変わってきたことのことで、
既存のウッドデッキを撤去してお庭を整備したいとご要望頂きました。
お客様とのお打合せを重ねる中で、今回のお庭はワンちゃんが遊べるようなお庭にしたいと方針が決まりました。







【施工後】
室内からの出入りは安全に降りられるように、段差を低めの階段にし、メインとなる場所はワンちゃんにも優しい芝生とさせて頂きました。お手入れのことも考慮致しまして形状を半円状に面積を絞り、レンガの見切りをしっかりと設置させて頂きました。
目線の緩和、脱走防止でフェンスを設置し、排水のため設けた砂利帯も丸型の形状のものを選択させて頂いています。







玄関のアプローチで階段上がってきて、最初に目に入るお庭なので既存の樹も残しつつ、季節感も感じられるよう新しい植栽となっています。

事例No.456
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。 メンテナンスを担当しています、青木です。

春先に芽吹きました新緑の赤ちゃんのような柔らかい緑が、
しっかりとした厚さの濃い緑色になってきました。
樹も一回り大きくなってきた頃合いです。

季節が落ち着いてきまして、メンテナンスのお仕事も
だんだんと多くいただくようになってきています。

植えた時には小さかった樹も、いつの間にか
手が付けられないほど大きくなってしまう事もしばしばです。


先日お伺いさせて頂いたS様邸をご紹介させていただきます。
常緑樹であるカナメモチの生垣が、道路側へはみ出して
しまっているのが一番のお悩みポイントでした。



常緑樹の剪定の時期はいくつかあります。
活動量の高い時期に切ると、切り口をすぐに塞いでくれますし、
次の新芽もすぐに作ってくれますので、
ダメージを少なく乗り越えられるのです。

今回は春先の芽吹きのちょうど良い頃合いでしたので、大きく切っても
すぐ新芽が出て、フワフワとした生垣になってくれると思います。



太い枝はのこぎりでズバッと切りましたので、
次に吹くのは柔らかく細い新芽です。
こうしておけば今後お家の方がお手入れされる時の負担も
少なくなることと思います。

「また太い枝が出てきて、お困りになりましたらお呼び下さい」
とお話し、新しい夏の到来に思いを馳せつつ戻りました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
施工を担当しております竹森と申します。
宜しくお願い致します。

前回のブログでは「違和感に敏感になる」と言うお話をさせて頂きました。
それは私が施行中に現場で感じる違和感についてでした。

では、お客様がお庭に対して感じる違和感とはどういったものなのでしょうか。
それは「お悩み」「問題点」につながる鍵だと思っています。

お客様のご要望をかなえる為に24時間、365日お庭の様子をチェックさせて
頂く事が出来れば理想的なプランをご案内出来るのだとは思いますが。。。
実際のところ難しいです。

そこで私たちはお客様に様々なお話をさせて頂き、見て、感じ、
問題点へとたどり着きながら解決策を模索し、お庭を造り上げていきます。

その際、問題点やお悩みの解決策へ導いてくれる鍵が「違和感」です。
お客様が違和感を感じられるという事はそこに必ず原因があります。
それは私共が見落としてしまっている小さなポイントかもしれません。
私共も全力でお庭と向き合っていますが、
お客様のお庭においてはお客さまこそが私共よりも「プロ」です。
そこにある違和感は必ず解決すべき問題点である可能性が高いのです。
ですから、なにか違和感を感じる事があれば小さな事でも結構です。
何なりとお申し付け下さい。

たとえ小さな違和感だったとしても、それを解決するべく、
知識を広め、技術を高めるため日々お庭と向き合ってまいりいます。

お客様にとって違和感のないお庭を目指して。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ガーデンコンダクター部の永瀬です。

先日、お庭を作らせて頂いたお客様を紹介させて頂きます。




【施工前】

お庭には高木が多く、落ち葉などで近隣の方にもご迷惑がかかるので
いくつか木を撤去して欲しいとご要望を頂きました。


また、お庭の中は大きな石で作った花壇とマサドのペイビングになっていたので
洋風のお庭に変えたいとご要望を頂きました。




【施工後】

かなり高木が多かったので、一部のどうしても邪魔になってしまう木は伐採させて頂きました。
ただお庭の雰囲気や日陰、目隠しなどを考慮し剪定することで残せる木は残させて頂きました。



石を明るいレンガに変え洋風の花壇を作り、水はけの良くないマサドを砂利に変更することで、ジメジメする事の無い明るく過ごしやすい空間になりました。



植物が活発に動き出すこれからの時季、お庭が素敵に変わって行くのが楽しみです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ガーデンコンダクター部の坂本です。
今回、私がブログを担当させて頂きます。

私がお庭をプランニングする際のお話を少ししてみたいと思います。

私は植物を取り入れたお庭にしたいとご相談を頂いたとき、
一部構造物にR(曲線)を用いた案を一案として考えるようにしております。

もちろん大前提として、お施主様のご要望、お困りの点、
お庭の用途、土地の環境、ライフスタイルなどの状況で
変わってくる部分で必ずではないのですが・・・

理由は様々ですが、R(曲線)の特徴と致しまして
アプローチに用いれば目線を変化させることができたり、
パティオに用いれば室内からの見え方に延長がでたり、
何よりR(曲線)はナチュラルな形なので、生き物である植物と雰囲気、
バランスがマッチします。

安全面は確実にクリアした上ではありますが、
お庭づくりをご検討の際には、曲線を取り入れることも
チョイスの一つに入れても楽しいです!

お庭づくりのご計画でお悩みのことがございましたら、
ぜひ、ご相談いただければと思っております。

写真は、先日、自然な雰囲気で、植物を取り入れつつ、
お子様も遊べるようなお庭にしたいとご要望を頂き、プランニング中の図面です。
まさにR(曲線)を取り入れながら
もし実際に自分がこのお庭で過ごすなら・・・
もしお客様がこのお庭でくつろぐなら・・・などなど
想像を膨らませながら、お庭と向き合っている今日この頃でございます。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、施工部の髙梨です。
お庭の施工、メンテナンスを担当させて頂いております。

今回はお庭で良く見かけるオリーブについてご紹介させて頂きたいと思います。

常緑であるオリーブは、風にたなびく軽やかな枝葉で見る人の目を楽しませ、彩りが少なくなりがちな冬のお庭にあって、葉の表裏で分かれる濃淡のコントラストや不規則に伸びる樹形が際立ち、一年を通して十分に活躍してくれる頼もしい植物です。

そんなオリーブといえば太陽の日差しが燦々と降り注ぐ地中海地方で育つイメージ通り、日光の大好きな植物です。湿気は嫌うので、乾燥気味の水はけの良い土壌を好みます。
4,5年育てるとオリーブの実が付きますが、自家結実性が低く、異品種交配によって結実しやすいため、実をつけたい場合は、違う品種を2本隣接させて植えるのがベストです。

先日、先輩社員と行ったメンテナンス先のお庭に3m程のオリーブがあり、剪定させて頂いたのですが、不規則に伸びる枝のお蔭で、剪定の基本通りに切ると樹形を乱してしまう恐れが、、
樹形全体のバランスを保ちつつ、不要な枝を剪定する技術の難しさを痛感しました。
これからもお客様の笑顔の為に、素敵なお庭作りに励んで参ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)