全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、4月19-25日の週は0.20で、前週から0.06ポイント増えたことが30日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。増加は2週連続。同センターによると、新型インフルエンザウイルスの検出数が減少する一方、A香港型やB型の検出が継続的に報告されているという。

【都道府県別の表の入った記事】

 警報レベルを超えた保健所地域は10週連続でゼロ。注意報レベルのみを超えた保健所地域は、前週に引き続き1か所(佐賀県)だった。定点当たり報告数が「1.0」を超えた都道府県は佐賀(1.92)だけだった。以下は、山梨(0.98)、広島(0.91)、山口(0.73)などだった。


【関連記事】
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
タミフル半減で国内売上高9%減―中外
インフル患者が12週ぶりに増加
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査
インフル、B型など季節性の割合が増加

<雑記帳>調査捕鯨のミンククジラ500キロの初競り 仙台(毎日新聞)
<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
<口蹄疫>東国原・宮崎県知事が農相に支援策を要望(毎日新聞)
毒ギョーザ事件、容疑者特定の経緯など詳細に説明 日中警察会議で中国側(産経新聞)
普天間めぐり日米協議 国務次官補が外務、防衛両局長と会談(産経新聞)
AD