東京電力の福島第1原子力発電所3号機(福島県大熊町)で使用済み核燃料を再利用するプルサーマル計画について、福島県の佐藤雄平知事は16日、定例県議会で「条件が満たされれば、実施を受け入れる」と述べた。

 県は、2002年に発覚した東電のトラブル隠しを受け、同意していた計画受け入れを白紙撤回していた。

 佐藤知事は、▽国の新耐震指針に基づく耐震安全性▽3号機に10年以上前に搬入されたウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の健全性▽3号機の高経年化対策――を県が確認することを条件に挙げた。大熊町など地元4町は09年1月、計画受け入れに同意し、県も同年7月から受け入れ是非の議論を再開していた。

 国内プルサーマル計画をめぐってはこれまで、7道県が受け入れを表明。このうち佐賀県では、九州電力玄海原発が営業運転を始めている。

伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)
<義足>風呂敷応用、安価に 島根の装具メーカーが開発(毎日新聞)
世代問わず記憶に残る役者=「一生もん」幾つも育てる-藤田まことさん死去(時事通信)
<普天間移設>シュワブ陸上案に防衛相意欲 福島氏ら反対(毎日新聞)
AD