はじめまして、GCPカードマスターのみやっしです♪
GCPはお子様~大人まで簡単かつ深いカードバトルを楽しめます。

 

ここで紹介するのはGCPカードバトルの公式ルールとなります。
基本的なルールは公式ルールと零式ルールの現在は二種類ありますが、今回は大会も予定されているので、公式ルールのみのご紹介とします。

これより下記事をプリントアウトすると、大会中も参考に出来るかと思います。

-----------------------------------------------------------

GCPカードバトルは↑のバトルシートというシートの上でバトルします。
なれてくるとシートもなしでバトル可能ですが、基本的には使用します。

バトルシートは炎と氷の色分けをされていますが、どちらを選んでも同じです。

では、シートの説明からします。

①デッキ置き場:(カード20枚をロゴが上になるように伏せて置く)
②キャラカード置き場:(バトルが可能なキャラクターカードを伏せて置く)
③マジックカード置き場:(マジックマークの付いたカードを伏せて置く)

④バトルフィールド:(ここで勝敗を決めます)

⑤天国:(バトルで負けたカードや使ったマジックカードを置きます)

後は、手札というシートにはないカードの置き場があります。

※バトルフィールドはイベントや大会で配布されており、高品質のフィールドは限定でカード付きで販売されていることもあります。

 

続いてバトルルールを説明します。このルールが公式ルールとなりますので、重要です。

①公式ルールで使えるカード枚数は20枚。カードの種類はどんな組み合わせでもOK。

 

②20枚のデッキでバトル参加可能です。お互いのカードを伏せたまま枚数を確認しましょう。

 

③相手のデッキをシャッフルします、この時もカードの内容がわからないように伏せたままシャッフルします、落したり、見えてしまった場合は、再度シャッフルしなおしてください。

 

④相手にデッキを返します、そのまま受取ったデッキを、デッキ置き場に置きます。

⑤デッキを置いたらここから6枚取ります。(基本的にカードの内容は相手に見えないように)

⑥取った6枚の中から3枚のキャラクターカードを(必ず)キャラカード置き場にふせて置きます。残ったカードを手札とします。

⑦基本的に直接バトル出来るのは手札ではなく、キャラ置き場にあるカードのみです。

さらに残った手札からマジックカードを置いた場合は、手札が3枚になるようにさらにデッキから取ります。必ずキャラ置き場3枚、手札3枚にしておきます。

 

⑧これでバトルスタートとなります、キャラ置き場から好きなカードを取ります。

⑨これがバトルに使うカードとなります。じゃんけんのマークでどの位置を使うか考えます。
(カードの種類によってじゃんけんの種類の数は違います。)
じゃんけんを決めたらバトルフィールドの赤い矢印の部分に決めたじゃんけんを合せて、「じゃんけんぽん!」で相手と同時にカードを置きます。

 

⑩これでバトルの勝敗が決まります。が、あいこだった場合そのカードをまた手に取り、じゃんけんを選び直して「あいこでしょ!」で同時に置きます。

※この時あいこが3回続くとお互いに負けとなり天国に置きます。
バトルで負けた場合は必ず(マジックが発動しない場合)天国へ置いて下さい。

 

⑪これでバトルが1回終わります、がマジックカードをマジックカード置き場にセットしてある場合は、ここでマジックが発動します。(マジックの波動はカードによって異なります。)

⑫マジックカードが発動した場合、マジックをよみあげて相手にしっかりと伝えて下さい。

マジックカードも一度使ったら必ず天国においてください。

 

⑬バトルが1回おわった時点で、キャラ置き場に手札から減った枚数を置きます。
さらに手札が3枚になるようにカードを取ります。

 

⑭この繰り返しでバトルを続け、最後にデッキ&キャラ置き場&手札にカードが1枚もなくなった方が負けとなります。

 

これで公式戦が1戦おわりとなります。最後にお互いありがとうございました!とあいさつしましょう♪終わった後はもう一戦していいし、トレードをしても良いですね。

※大会の場合はスタッフの指示に従って下さい。

 

そしてこのGCPカードバトルの醍醐味として、一番弱いカードでも一番強いカードを倒すことが可能という事です。

攻撃力も防御力も体力もない、じゃんけんのみのカードのため、こんな大逆転も出来るんです。
マジックカードや特殊カードを上手く使って、バトルに勝利しましょう!!

※カード種類は別の記事にてアップしておきます。

 

 

AD