1128ケージフォース、結果!

テーマ:
ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました!

 * * *

■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年11月28日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区

□公式記録
■メインイベント ウェルター級(-77.1kg) 5分3R
×佐藤洋一郎(修斗環太平洋ミドル級王者 / グレイシー・バッハ東京)
○高木健太(REDIPS)
1R42秒 TKO(ドクターストップ)

■第8試合 フライ級(-56.7kg) 5分3R
○江泉卓哉(総合格闘技道場武門會)
×タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)
2R36秒 TKO(レフリーストップ)

■第7試合 バンタム級(-61.2kg) 5分3R
○赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)
×直撃我聞(PUREBRED大宮)
判定3-0

■第6試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
×岡田孔明(PUREBRED大宮)
○市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)
2R2分49秒 KO

■第5試合 ライト級(-70.3kg) 3分3R
○安藤晃司(和術慧舟會東京本部)
×佐久間博彰(フリー)
1R26秒 TKO(レフリーストップ)

■第4試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
○スチュワート・フルトン(フリー)
×松本光正(フリー)
1R35秒 TKO(レフリーストップ)

■第3試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
×金内裕哉(グレイシーバッハ東京)
○三上アスカ(フリー)
判定0-3

■第2試合 バンタム級(-61.2kg) 3分3R
○魚井守(総合格闘技ゴンズジム)
×杉島大輔(和術慧舟會東京本部)
1R38秒 KO

■第1試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
×佐々木郁矢(T-Pleasure)
○稲葉聡(秋本道場 Revo龍tion)
判定0-2
AD
■第6試合~メインイベントの選手からのコメント

◆メインイベント 佐藤洋一郎選手のコメント
<前回の試合について?>
ハードな試合でした。

<金網、八角形、肘有ルールについて>
初めてなので楽しみです。

<目指す場所は?>
UFC

<今回の試合について?>
初めてのケージなので興奮しています。

<相手選手について?>
タフで破壊力もあっていい選手だと思います。

<ファンへ一言!>
激しい試合を見せるので期待していて下さい。

◆メインイベント 高木健太選手のコメント
<前回の試合について?>
完敗でした。世界とのフィジカルの差を痛感しました。

<金網、八角形、肘有ルールについて>
金網の方がやりやすいです。リングの戦いは肘が使えなくて刺激が足りない!

<目指す場所は?>
まずは日本国内を制圧し、それから世界と戦う為にアメリカに行く!

<今回の試合について?>
金網総合格闘技の恐ろしさを伝えたい!

<相手選手について?>
アマチュアで一度戦う予定だったのになくなって、
もう彼とは戦う事が無いと思ってた。
彼はボクシングが凄く上手いが、
ただ、この試合は断じてボクシングではない!!

<ファンへ一言!>
総合の恐さを伝える試合になる。
そして、噛み合うんでどちらかが必ず倒れる試合になるので是非会場に
足を運んで下さい。判定なんてくそ喰らえ!


◆第8試合 江泉卓哉選手のコメント
<金網、八角形、肘有ルールについて>
以前から面白そうだと思っていました。
今回選んで頂いてとても光栄です。
リングは華やかな魅せる闘技場。
ケージは漢同士サシの決闘場というイメージです。
初めてのルールですが特に意識はしてません。
ルールが変わろうがステージが変わろうが、全力にて相手を倒すのみです。

<目指す場所は?>
常に負けない強さが欲しいです。

<今回の試合について?>
名前も顔もとても印象的です。
修斗上がりでしっかりと基礎がある故、手強いと思います。

<相手選手について?>
いつもいつも御声援ありがとう御座います!本当に嬉しいです。
混沌としたこんな世の中だからこそ、逆に格闘技に興味を持って下さい。

<ファンへ一言!>
交流戦なので殴り込みです!頑張ります!

◆第8試合 タイガー石井選手のコメント
<前回の試合について?>
楽勝のような感じに見えたかもしれませんが、ローキック一発で効いてしまい
フルラウンド蹴られたらヤバかったです、肘のプレッシャーも凄まじかったです。

<金網、八角形、肘有ルールについて>
自分は格闘技を17年やり、キックボクシング、デモリッション、
シュートボクシングと様々なリングにあがりましたが、
今の日本の格闘技の中で一番過激なルールだと思います。

<目指す場所は?>
是非来年フライ級トーナメントやって下さい、
絶対面白いですよ! それだけが今の目標です!

<今回の試合について?>
夢の対決・パンクラス対抗戦です。
江泉選手いい選手だし絶対今大会ベストバウトになりますよ~(>_<)

<相手選手について?>
戦極にも出たパンクラスのトップ選手!

<ファンへ一言!>
ケージフォース代表にしていただきありがとうございます!
期待には必ず答えます!!


◆第7試合 赤井太志朗選手のコメント
<金網、八角形、肘有ルールについて>
世界のスタンダードなルールになっているし、レベルも 高くなっていると思います。
対応出来ないといけないと思います。

<目指す場所は?>
パンクラスのバンタム級のチャンピオン!

<相手選手について?>
修斗の選手ですしとても強いと思ってます。

<ファンへ一言!>
激しい試合になってしまうと思いますけど、決着をつ けたいと思ってます。
応援宜しくお願いします!

◆第7試合 直撃我聞選手のコメント
<金網、八角形、肘有ルールについて>
二年前に金網でのCAGEFORCEの試合を経験したので、雰囲気はわかります。
自分の好きな感じです。肘は試合決まってから練習してます。
打撃の幅が広がり楽しみです。

<目指す場所は?>
まず、戦う場所を与えてもらえた事に感謝します。
一戦一戦を勝ち抜いて世界で通用する選手になります。

<相手選手について?>
赤井選手はパンクラスでトップ選手。
経験も沢山ある選手だと思います。自分との試合を受けてもらい感謝します。

<ファンへ一言!>
気持ちの入ったfightします。直撃スタイルを楽しみにしてて下さい。
スゴく楽しみです。他団体のトップ選手と闘う事が、自身のモチベーションです。


◆第6試合 岡田孔明選手のコメント
<金網、八角形、肘有ルールについて>
修斗を始めた頃から、金網には憧れていました。
ケージフォース(金網)に挑戦できて最高に幸せです。
肘ありルールについては、寝技でも肘が使えるとあって、
怖さも感じますが逆に楽しみです。

<目指す場所は?>
小さな目標を確実にクリアしていく事。
それが今、目指している場所(目標)です。

<相手選手について?>
ケージフォース初戦で物凄く強い選手と試合ができて光栄です。
今、自分のできる事すべてを出して試合をしたいと思います。

<ファンへ一言!>
いつも応援ありがとうございます。
ぜひケージフォース観戦しにきてください!
金網での岡田孔明は一味違う所を見てください!

◆第6試合 市川ランデルマン選手のコメント
<前回の試合について?>
なにもしないうちに勝ちました。神様ありがとう!

<金網、八角形、肘有ルールについて>
金網、八角形は向いてると思います。肘有ルールはどっちでもいいです。
あっカットは怖いです。

<目指す場所は?>
チャンピオン! そして霊長類ヒト科最強!

<今回の試合について?>
おもしろい試合をします! KO期待してください!

<相手選手について?>
実績あるベテラン選手なので、試合を受けてもらって感謝してます。謹んで踏み台にさせていただきます。

<ファンへ一言!>
ダメでしょ。KOじゃなきゃ!
AD
下記の通り、1128ケージフォースの全試合順が決定いたしました。
当日券は16時30分より発売いたします!

■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年11月28日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■チケット情報:
全国チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594-740)
後楽園ホール 03-5800-9999
SRS¥10,500 / RS¥8,500 / S¥6,500 / A¥5,500
※当日券は16:30発売開始となります。

□対戦カード・試合順
■メインイベント ウェルター級(-77.1kg) 5分3R
佐藤洋一郎(修斗環太平洋ミドル級王者 / グレイシー・バッハ東京)
vs. 高木健太(REDIPS)

■第8試合 フライ級(-56.7kg) 5分3R
江泉卓哉(総合格闘技道場武門會)vs. タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)

■第7試合 バンタム級(-61.2kg) 5分3R
赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)vs. 直撃我聞(PUREBRED大宮)

■第6試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
岡田孔明(PUREBRED大宮)vs. 市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)

■第5試合 ライト級(-70.3kg) 3分3R
安藤晃司(和術慧舟會東京本部)vs. 佐久間博彰(フリー)

■第4試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
スチュワート・フルトン(フリー)vs. 松本光正(フリー)

■第3試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
金内裕哉(グレイシーバッハ東京)vs. 三上アスカ(フリー)

■第2試合 バンタム級(-61.2kg) 3分3R
魚井守(総合格闘技ゴンズジム)vs. 杉島大輔(和術慧舟會東京本部)

■第1試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
佐々木郁矢(T-Pleasure)vs. 稲葉聡(秋本道場 Revo龍tion)
AD
下記の通り、11月28日(日)ケージフォースの追加カードが決定しましたので、お知らせします。ご支援・ご声援のほど、よろしくお願いします!

■バンタム級(-61.2kg) 5分3R
赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)vs. 直撃我聞(PUREBRED大宮)

パンクラスから赤井太志朗、参戦だ。9月にタイトル挑戦を惜しくも落としたものの、期間をおかずケージフォースに初参戦、復帰戦となる。対するは、直撃我聞。あの土屋大喜に土を漬けたレコードが光る生粋の修斗ファイターだ。リングスでデビュー、デモリッション、DEEP、パンクラスと多くのプロモーションで激戦を続け生き残った赤井と、ケージフォースとDEEPへの参戦経験はあるものの、修斗で純粋培養された感のある直撃我聞、パンクラスとケージフォースの対抗戦という意味も持つものの、本来GCMの大会が持っていたパンクラス系と修斗系の激突の場という原点に立ち戻った一戦!


■ライト級(-70.3kg) 3分3R
安藤晃司(和術慧舟會東京本部)vs. 佐久間博彰(フリー)

あの永田克彦と僅差の判定で敗れるも、長岡弘樹に快勝し、慧舟會この階級、最大ホープとなりつつある安藤晃司。今回の相手は佐久間博彰。ここのところ、勝利にこそ恵まれていないが修斗とケージフォースで積み上げたキャリア、その活きのいいファイトぶりは侮れない。安藤はさらに上を目指して勝ち方の問われる一戦であるといえるし、失う物のない佐久間としては、ここでの勝利は一気に上位戦線へのパスポートとなる。


■フライ級(-56.7kg) 3分3R
金内裕哉(グレイシー・バッハ東京)vs. 三上アスカ(フリー)

ケージフォースで着実にキャリアを積み上げつつある金内裕哉に対するのは、アウトサイダーで活躍、ここがプロデビューとなる三上アスカ。アウトサイダー時代からはファイトネームを改めての参戦となる(当時のリングネームは渋谷莉孔)。競技としては異端の場からのプロデビューゆえに既にメディアの注目がある三上に対し、修斗とケージフォースという保守本流で育ったプロとしての意地と矜持を見せることが出来るのか金内。


■フェザー級(-65.7kg) 3分3R
佐々木郁矢(T-Pleasure)vs. 稲葉聡(秋本道場 Revo龍tion)

ケージフォース・修斗でキャリアを積み上げる佐々木郁矢と、ZST・DEEPからここ数千は修斗で実績を残す稲葉聡。キャリアは比較的似ているが、これが修斗の場ではなくケージフォースでの行われることが新鮮な一戦。お互い上を目指す為にもここは落とせない。


■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年11月28日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■チケット情報:
全国チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594-740)
後楽園ホール 03-5800-9999
SRS¥10,000 / RS¥8,000 / S¥6,000 / A¥5,000
※当日券は¥500増しとなります。

□既発表対戦カード
■ウェルター級(-77.1kg) 5分3R
佐藤洋一郎(修斗環太平洋ミドル級王者 / グレイシー・バッハ東京)
vs. 高木健太(REDIPS)

■フライ級(-56.7kg) 5分3R
江泉卓哉(総合格闘技道場武門會)vs. タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)

■フェザー級(-65.7kg) 3分3R
岡田孔明(PUREBRED大宮)vs. 市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)

■バンタム級(-61.2kg) 3分3R
魚井守(総合格闘技ゴンズジム)vs. 杉島大輔(和術慧舟會東京本部)

■ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
スチュワート・フルトン(フリー)vs. 松本光正(フリー)


■お問い合わせ:
(株)GCMコミュニケーション
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-3 伏見ビル4F
TEL:03-3556-6201 / FAX:03-3556-6202
下記の通り、11月28日(日)ケージフォースの追加カードが決定しましたので、お知らせします!

■フライ級(-56.7kg) 5分3R
江泉卓哉(総合格闘技道場武門會)vs. タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)

パンクラスとの対抗戦第2弾は、フライ級でマニア垂涎の一戦だ。江泉卓哉はパンクラス一筋で実績を積み、先日のSRCのトーナメント挑戦こそ結果は出なかったものの、パンクラスではタイトル挑戦経験も持つ。対するタイガー石井は修斗のみで育ったイメージが強いが、実は2004年の時点でデモリッションに出場、ここ2戦は、ケージフォース7・9月と2大会連続で秒殺勝利。いよいよケージフォースを背負って3大会連続参戦となる。元々のGCM興行の特徴でもあった、パンクラス系と修斗系の邂逅の場という流れにも位置付けられる、対抗戦の第2弾は、互いの意地と未来が交錯する一戦!


■フェザー級(-65.7kg) 3分3R
岡田孔明(PUREBRED大宮)vs. 市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)

2002年の修斗プロデビューよりコンスタントに試合を積み上げてきたベテラン・岡田孔明が、ケージフォース初参戦。迎え撃つのは、試合の派手さだけなら、既にケージフォースのエース級の市川ランデルマン。デモリッション、ケージフォースとGCM興行で純粋培養されたホープであるゆえ、修斗一筋の古豪・岡田と対することで、対外的な実力を初めて査定されるとも言える。一方の岡田もホープを捻じ伏せ、再び頂点を目指したいところ。この新鮮な組み合わせが、金網の中で如何なる化学反応を生むのか?


■バンタム級(-61.2kg) 3分3R
魚井守(総合格闘技ゴンズジム)vs. 杉島大輔(和術慧舟會東京本部)

昨年より関西で定期開催されているデモリッション・ウエストで行われた、ケージフォース出場者選抜トーナメントで優勝したのが、この魚井守。今年6月に出場権を獲得するも「肘を練習する時間が欲しい」と7月・9月大会をスルーし、ここに照準を合わせての参戦だ。対する杉島大輔は、ケージフォースはまだ1戦1敗だが、その1戦が、アウトサイダー上がりの小林聖人と、激しい乱打戦を展開し印象を残した。惜しくも敗れたものの、今回は関西からの刺客を迎えて、ケージフォース保守本流、慧舟會東京本部の意地にかけても負けられない。


■ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
スチュワート・フルトン(フリー)vs. 松本光正(フリー)

ケージフォースの前身、2005年のD.O.G.から実に5年ぶりに、スチュワート・フルトンが参戦。プロデビューは2003年のデモリッションであることを考えると、既に大ベテランと言ってよい。対する松本光正は、先日の9月大会に初参戦、わずか1分強で打撃による衝撃的なTKO勝利を収めての連続参戦だ。重量級らしい激しいド突き合い必至の一戦!


■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年11月28日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■チケット情報:
全国チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594-740)
後楽園ホール 03-5800-9999
SRS¥10,000 / RS¥8,000 / S¥6,000 / A¥5,000
※当日券は¥500増しとなります。

□既発表対戦カード
■ウェルター級(-77.1kg) 5分3R
佐藤洋一郎(修斗環太平洋ミドル級王者 / グレイシー・バッハ東京)
vs. 高木健太(REDIPS)


■お問い合わせ:
(株)GCMコミュニケーション
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-3 伏見ビル4F
TEL:03-3556-6201 / FAX:03-3556-6202
修斗環太平洋王者・佐藤洋一郎、ケージフォース初参戦! 迎え撃つは高木健太!

パンクラスとの対抗戦が開始したケージフォースであるが、今回の11月大会では、この流れの外から、激しいカードが決定した。現・修斗環太平洋ミドル級チャンピオン・佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ東京)がケージフォース初参戦である。

佐藤はボクシングをバックボーンに持ち、その強烈な打撃でアマ修斗からプロ昇格、2009年修斗ミドル級新人王。2010年3月には環太平洋のチャンピオンとなり、既に1回防衛。まさにこの階級、最高のホープである。

迎え撃つは、高木健太(REDIPS)。ケージフォース推薦選手として、先日のSRCのトーナメントに参戦、ビッグマウスで注目を集めたもののYasubei榎本に惨敗を喫し、ここが出直しの一戦となる。レスリング出身ながら、打撃を武器に、プロデビュー直後には、キックの舞台であの鈴木悟にKO勝ちするという戦績も持つ。

この2人、アマ修斗から総合格闘技の経歴をスタートしているという共通点を持つものの、修斗一筋でそのキャリアを築き上げてきた佐藤と、ケージフォースでプロデビュー、DEEP・修斗、そしてSRCと、様々なケージ・リングで実績を挙げてきた高木、対照的なキャリアを持つ。2007年のアマ修斗全国のトーナメント準決勝で対戦する予定も、高木がルール規定違反で失格、直接対決は実現していないという奇縁も持つ。

共に打撃を武器にスタンドで押しまくるタイプ、加えて、強気の発言をすることも共通点。試合までの舌戦にも目が離せない。ホープ同士の激しい削り合いの一戦に刮目せよ!

■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年11月28日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■チケット情報:下記にて10月下旬から発売開始!
全国チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594-740)
後楽園ホール 03-5800-9999
SRS¥10,000 / RS¥8,000 / S¥6,000 / A¥5,000
※当日券は¥500増しとなります。

□発表対戦カード
■ウェルター級(-77.1kg) 5分3R
佐藤洋一郎(修斗環太平洋ミドル級王者 / グレイシー・バッハ東京)
vs. 高木健太(REDIPS)

■お問い合わせ:
(株)GCMコミュニケーション
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-3 伏見ビル4F
TEL:03-3556-6201 / FAX:03-3556-6202

9/26ケージフォース、公式記録

テーマ:
■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年9月26日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区

■メインイベント ミドル級(-83.9kg) 5分3R
×近藤 有己(パンクラスism) 83.6kg
○藤井 陸平(和術慧舟會RJW) 83.6kg
判定0-3
レフリー:芹沢、ジャッジ:松宮・大藪・磯野

■第10試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
○タイガー石井(パラエストラ吉祥寺) 56.6kg
×ナロンチャイ・ドラゴンテールジム(ドラゴンテールジム) 56.6kg
1R2分10秒 腕ひしぎ十字固め
レフリー:千葉、ジャッジ:松宮・大藪・磯野

■第9試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
○市川ランデルマン(FREEDOM@OZ) 65.7kg
×長屋 英一(和術慧舟會GODS) 64.0kg
1R49秒 TKO(ドクターストップ)
レフリー:芹沢、ジャッジ:松宮・大藪・磯野

■第8試合 グラップリングルール 68kg契約
○徹 肌イ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術) 67.2kg
×村元 宏基(X-ONE GYM戸塚/ノヴァウニオン・ジャパン) 67.5kg
1R51秒 アームロック
レフリー:芹沢、ジャッジ:磯野

■第7試合ライト級(-70.3kg) 3分3R
○橋本 朝人(和術慧舟會RJW/HTW) 69.8kg
×堀本 裕介(THUG LIFE) 70.3kg
判定3-0
レフリー:芹沢、ジャッジ:千葉・松宮・磯野

■第6試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
○辰巳 豪人(フリー) 92.0kg
×鹿嶋 浩勝(総合格闘技闇愚羅東京) 91.0kg
1R2分22秒 TKO(レフリーストップ)
レフリー:千葉、ジャッジ:芹沢・松宮・磯野

■第5試合 ライト級(-70.3kg) 3分3R
×近藤 定男(BLUE DOG GYM) 69.9kg
○宮崎 直人(パラエストラ千葉) 69.9kg
判定0-3
レフリー:芹沢、ジャッジ:千葉・大藪・磯野

■第4試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
○咲田 ケイジ(パラエストラ千葉) 65.7kg
×井関 遼(GRABAKAジム) 65.1kg
判定3-0
レフリー:千葉、ジャッジ:芹沢・大藪・磯野

■第3試合 ウェルター級(-77.1kg) 3分3R
×岡野 祐城(マッハ道場) 76.9kg
○永木 健二(レッスルウィン) 77.0kg
1R54秒 TKO(レフリーストップ)
レフリー:芹沢、ジャッジ:千葉・松宮・磯野

■第2試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
○板谷 一樹(GRABAKAジム) 56.6kg
×竹沢 ひろあき(和術慧舟會RJW G2) 55.7kg
判定3-0
レフリー:千葉、ジャッジ:芹沢・大藪・磯野

■第1試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
○松本 光正(フリー) 89.0kg
×土屋 茂樹(和術慧舟會福岡若杉道場) 91.4kg
1R1分15秒 TKO(レフリーストップ)
レフリー:芹沢、ジャッジ:松宮・大藪・磯野
徹肌イ郎が、グラップリングで緊急参戦!

徹肌イ郎のグラップリングマッチを含め4試合の追加カードが決定、
全試合確定となり、試合順も下記の通り決定いたしました。

なお、既発表カードのうち、プレリミナリーファイトとして発表していました、
北郷祐介と奥西章平の一戦は、奥西選手の怪我により中止となりました。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。


□追加発表カード
■グラップリングルール 68kg契約
徹 肌イ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
vs.村元 宏基(X-ONE GYM戸塚/ノヴァウニオン・ジャパン)

■ライト級(-70.3kg) 3分3R
近藤 定男(BLUE DOG GYM)vs.宮崎 直人(パラエストラ千葉)

■フェザー級(-65.7kg) 3分3R
咲田 ケイジ(パラエストラ千葉)vs.井関 遼(GRABAKAジム)

■フライ級(-56.7kg) 3分3R
板谷 一樹選手(GRABAKAジム)vs.竹沢 ひろあき(和術慧舟會RJW G2)


□全試合順
■メインイベント ミドル級(-83.9kg) 5分3R
近藤 有己(パンクラスism)vs.藤井 陸平(和術慧舟會RJW)

■第10試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)vs.ナロンチャイ・ドラゴンテールジム(ドラゴンテールジム)

■第9試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)vs.長屋 英一(和術慧舟會GODS)

■第8試合 グラップリングルール 68kg契約
徹 肌イ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
vs.村元 宏基(X-ONE GYM戸塚/ノヴァウニオン・ジャパン)

■第7試合ライト級(-70.3kg) 3分3R
橋本 朝人(和術慧舟會RJW/HTW)vs.堀本 裕介(THUG LIFE)

■第6試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
辰巳 豪人(フリー)vs.鹿嶋 浩勝(総合格闘技闇愚羅東京)

■第5試合 ライト級(-70.3kg) 3分3R
近藤 定男(BLUE DOG GYM)vs.宮崎 直人(パラエストラ千葉)

■第4試合 フェザー級(-65.7kg) 3分3R
咲田 ケイジ(パラエストラ千葉)vs.井関 遼(GRABAKAジム)

■第4試合 ウェルター級(-77.1kg) 3分3R
岡野 祐城(マッハ道場)vs.永木 健二(レッスルウィン)

■第2試合 フライ級(-56.7kg) 3分3R
板谷 一樹選手(GRABAKAジム)vs.竹沢 ひろあき(和術慧舟會RJW G2)

■第1試合 ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
松本 光正(フリー)vs.土屋 茂樹(和術慧舟會福岡若杉道場)


■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年9月26日(日) 開場17:00 開始17:30 
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■当日券は16:00より当日券売り場にて発売いたします。
SRS¥10,500 / RS¥8,500 / S¥6,500 / A¥5,500
※当日券は前売りの¥500増しとなっております。
既にアマチュア大会のブランドとして定着している「パンクラス・ゲート2(ゲートゲート)」に、GCMが全面協力。全国各地に広がる慧舟會の地方支部をフル活用し、新ブランドとして全国展開を図る。トップクラスの交流・頂点の削り合いと同時に、底辺の拡大も同時進行、まさに国内の総合格闘技の未来に向けた、相互協力となる。

■大会内容:
現在のパンクラス・ゲート2を基本とし、プロを目指すファイター育成を狙うアマチュア総合ルールの大会。
■日時:年内開始、定期的に月1回以上の開催を目指す。
■会場:現在のゲート2開催に加え、和術慧舟會の全国支部を活用し、各地で開催する。
$GCM CAGEFORCE Official Information-100903a

近藤有己、ケージフォース参戦である。その実績は今更語る必要はないが、現パンクラス・ミドル級王者であり(各階級で都合4度戴冠)、まさにパンクラスの大黒柱として、その実績は80戦を超え、過去にはUFC、PRIDE、コロシアム2000、初期DEEP、BODOG、SENGOKUと、まさに日本の総合格闘技、パンクラスの歴史と共に歩んできた日本の総合格闘技を代表するファイター。

対する藤井陸平は、2006年10月、奇しくもパンクラスにおける瓜田幸造戦でデビュー。翌2007年の「ネオブラッド・トーナメント」を優勝。以降、ケージフォースで2勝1敗、昨年「M-1 Cahllenge」で初の国際戦も経験し、先月27日の「DEEP 49」では、飛鷺輝とのホープ対決を1Rパウンドアウトで快勝し、現在4連勝。岡見2世とも目される、まさに慧舟會の新世代を代表するファイターとして、この一戦にスクランブル出場となる。

先日、発表されたパンクラス10月大会における、北岡悟と弘中邦佳の一戦が、トップクラス同士の潰し合いとするならば、この一戦はレジェンドとホープの妥協なき実力査定マッチ。今後も続く、パンクラスとGCMの交流マッチの意図するところは、この2戦のマッチメイクが、すべてを雄弁に物語っているといえる。

レジェンド・近藤有己の不動心が、ホープ・藤井陸平の野望を打ち砕くのか、はたまた、若い力が伝説を凌駕し破壊するのか?

■大会名称:CAGE FORCE
■日時:2010年9月26日(日) 開場17:00 開始17:30
■会場:ディフア有明/東京都江東区
■チケット情報:下記にて発売中!
全国チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594-740) / 後楽園ホール 03-5800-9999
SRS¥10,000 / RS¥8,000 / S¥6,000 / A¥5,000 ※当日券は¥500増しとなります。

□対戦カード
■メインイベント ミドル級(-83.9kg) 5分3R
近藤 有己(パンクラスism) vs. 藤井 陸平(和術慧舟會RJW)

■フェザー級(-65.7kg) 3分3R
市川ランデルマン(FREEDOM@OZ) vs. 長屋 英一(和術慧舟會GODS)

■フライ級(-56.7kg) 3分3R
タイガー石井(パラエストラ吉祥寺) vs. ナロンチャイ・ドラゴンテールジム(ドラゴンテールジム)

■ウェルター級(-77.1kg) 3分3R
岡野 祐城(マッハ道場) vs. 永木 健二(レッスルウィン)
■ライト級(-70.3kg) 3分3R
橋本 朝人(和術慧舟會RJW/HTW) vs. 堀本 裕介(THUG LIFE)

■ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
松本 光正(フリー) vs. 土屋 茂樹(和術慧舟會福岡若杉道場)

■ライトヘビー級(-93.0kg) 3分3R
辰巳 豪人(フリー) vs. 鹿嶋 浩勝(総合格闘技闇愚羅東京)

■プレリミナリーファイト バンタム級(-61.2kg) 3分3R
北郷 祐介(和術慧舟會タイガープレイス) vs. 奥西 章平(総合格闘技闇愚羅)

※随時加カード発表予定!
※出場選手は予定であり、怪我等により変更になる可能性があります。ご了承ください。