once in a blue moon

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 昨夜は、福岡で有名な桜の名所「舞鶴公園」に夜桜を
観に行って来ました。ここは黒田官兵衛ゆかりの
黒田藩の居城だったところです。城壁に向かって
照射されたライトで桜が浮かび上がり、真下のお堀に
映って大変綺麗です。昨夜は風もなく、さざ波も立たずに
殊の外鮮やかに影が映っていました。水に浮かぶ花弁も
まだ無くて、今がちょうど満開。ガラケーで撮ったので
これが精いっぱいだけど、「舞鶴公園 夜桜」で検索
するともっと全容を画像でも見ることが出来るようです。

20160402204522.jpg20160402204445.jpg




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

近頃、僕はちょうど洋画『インター・ステラ―』

というSF映画を見て、何だか良く分からないけど

凄い映画だな~と思って(笑)、ブラックホールや

宇宙の事について、映画をもっとよく理解したいと

相対性理論等を調べていたところだったので、

とても関心を持ってニュースを見ました。

 

ニュースで説明されていたのは、L字型の真空の巨大な

パイプの中をレーザー光線を照射して、2辺方向に等距離

を走るレーザーが、両端の鏡に反射して戻る時間は

一緒であるところを、重力波が海のさざなみのように

時空を揺らすと、パイプ内の時空が伸び縮みして、戻る

時間に微妙な齟齬が出る。それを捉えて重力波の観測と

するもの。

 

さて、僕がチト分からないなと思ったのは、空間を

揺らして及んできた波が、何で遮蔽されているパイプの

中を通るの?と。パイプの中の時空を伸び縮みさせると

いうわけだから。

 

そこで、自分なりに考え至ったのは、真空のパイプの中

にも重力は……あるよね~無重力とは違うんだから。

要は、真空パイプの中であってもコイン落とせば落下は

する。つまりは重力は作用している。と言うことは、

重力波というのは、重力の働いているところの変化のこと

だから、これは遮蔽されたパイプの中であっても影響を

及ぼすんだな~と。

 

相対性理論は、重力の正体を、何故リンゴが地面に落ちたり

惑星が天体の周りを回ったりするのか、その引力(重力)の

正体を、実は時空がゆがんでいるから、と発想するもの。

トランポリンにボーリングの玉(巨大質量の星の比喩)を

落とした時に近くに置いたピンポン玉(惑星の比喩)が

ボーリング玉で窪んだ周囲に引き寄せられるように、引力

(重力)の正体を、トランポリンに生じるゆがみに例えて、

空間のゆがみが、窪んでる方向に惑星やリンゴを引き付ける

力(重力)の理由だと説明するみたいだよね。

 

さて、今回発見された重力波というのは、空気の振動とか

じゃないないんだね。だから真空パイプの中であっても重力

は影響を及ぼす。トランポリンや海面の波の揺れみたいな

例えで説明はされるけれども、あくまでそれは例えであって、

そう言う物質の揺れとかではない、空間のゆがみというもの

は。だから、重力波=重力の発生する場の変化というのは、

ちょっと僕らが経験する物質の揺らぎではない、新しい形態の

揺らぎみたいなんだな、時空の揺らぎというのは。それを観測

に成功して今回キャッチして、知覚認識する方法を手に入れた。

 

ところで、今さら相対性理論に不遜にも物申すわけではない

けど、重力が働くのは時空がゆがむからだ、と説明するけど、

元々物質のゆらぎとかじゃない、僕ら人間の感覚に馴染みのない

重力波。もちろん目に見えるわけでもないから、相対性理論は

科学は仮説として、それを説明するものとして時空のゆがみ、

と発想してみるわけだけど、そして勿論数々の検証によって

後からそれが仮説が正しいことが裏付けられるわけだけど、

今回の重力波もね。そして、ほら、やっぱり時空のゆがみが

波として到達しているんだってね。

 

でも、繰り返しになるけど、元々僕らの感覚に馴染みのない、

目に見えないものだから、本当は重力波は時空がゆがんでるから

生じているのではなくて、何か僕らの感覚を超えた、例えば

第六感のようなテレパシーのような超人間的な波かも知れない

よ?などと、ちゃぶ台返しで僕は恣に想像して見たりするのは、

駄目ですか?(笑)

 

長々今回の記事を、このような空想に持って来たかったのは、

実は『インター・ステラ―』の前に『ソラリス』(スタニフワフ・

レム著)という単行本を今年になって読んで、痛く肝銘を受け

ました。オールタイムンバーワンSF”の帯文に惹かれて読んで

みたんだけどね。

宇宙飛行士や宇宙物理学者が、学究の果てに宇宙の想像を超えた

未知に対して、哲学的神秘的になることもあるだろうな~

というのは、僕らにも想像に難くないけど、それを一般人である

僕らでも、何だか同種の気持ちを疑似体験させられるような、

ちょっと凄い本じゃないかと思います。

 

ただし、宇宙の事はなかなか言葉ではイメージしにくく、

また知識の羅列で読みにくい章もある(392頁だったか

巻末を後で読んだら、改定前の稿ではそのような章はカット

されてたらしいから読み飛ばしても良いかも)。根気がいる

けど、特に小説のラストシーンは巻末の解説とともに34

と読んで自分なりの解釈が出来てくれば、これまた『インター

ステラ―』と同様、何だか凄い本を読んだな~という気持ち

がじわじわと湧いてくる気がします。ありきたりの小説には

飽きた人には、この途方もない本を是非どうぞ。一度は読み

たい本と思いました。

 

 

※今回の記事は僕の理解が間違っている可能性も

大いにありますからその点は割り引いて下さい。


20160114150606.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「地球の誕生から流れた46億年の時間を1年に

縮めて見る。11日午前0時に生まれた地球

に人類が姿を現すのは大みそか1231日の晩

という。米国の科学ジャーナリスト、ジョン・

ウィルフォードの『恐竜の謎』に“地球歴が紹介

されている。ローマ帝国の栄華も午後1159

45秒からの5秒間、除夜の鐘を一つ聞けるか聞け

ないかの時間にすぎない。地球環境の破壊がほんの

12秒間に起きた激変だと知れば、背筋が冷たく

感じる方もあるだろう。」

 これは、先のパリでのCOP21(国連の気候変動

枠組み条約第21回締約国会議)の頃の新聞のコラム

です。ちょっと面白い視点だったので書き出して

見ました。

 それにしても、ローマ帝国の滅亡が午後1159

50秒だとすると、残り10秒ほどで中世・近現代

史が登場するとすると……地球環境の激変を改めて

思うと、この外形的事実を見ただけでも、人間と

言うのはつくづく難しい生き物なんだな~と思って

しまいます。

 ところで、この一年を振り返れば、人は過去を

振り返れば、いつもあっと言う間だったと感じる

ものだけど、例えどんなに長い歳月でも、千年も

過ぎ去ればきのうのごとく……とも言うしね。

ま、それからした今年一年くらい、1月、2月、

3月……と指折り数えて振り返れば、色々な出来事

があった一年はそれなりに長かったかな~とも思え

るはずだけどね。

その、それなりに長かった今年一年が地球の歴史

46億年だとしたら……人類の歴史は、除夜の鐘を

二つ三つ聞く間の時間にすぎないとは。

そう思って、今年の除夜の鐘が聞こえて来た時

には、何だか時の重みが改めて足音を心に響かせて、

通り過ぎそうな気がしています。

今年もご訪問ありがとうございました。

皆様にもどうぞ良いお年をお迎え下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 僻み
 

世界が微笑んでいる――

穏やかな秋晴れの今朝は

世界が産まれ立てのような

無邪気な光をその目に輝かせている

 

それなのに朝からむくれているのは――

当たり前に呼吸している世の中を

素直に受け入れることが出来ないの?

世の中を僻んでいるのかしら

 

世界の笑顔に罪はないさ

だとすれば素直に受け取れぬ側の問題

世界は何も誰かのご機嫌を取って

回らねばならないはずはないのさ

 

世界にしたら堪らないよ

晴れやかに今朝は笑顔で呼吸をしただけで

機嫌が悪くなるようじゃ付き合い切れないよ

息をするにも気を遣うようじゃ窒息しちゃう

 

いつまでもそんな顔をしてたら

誰からも見放されるだろうよ

あるがままの世界を受け止める勁さが欲しい

当たり前を僻めば当たり前じゃない弱い心が映るのさ

 


久しぶりの更新です。今秋は、少し体調を崩してしまっていたけど、

暖かな凌ぎやすい陽気で助かっています。最近は、現在テレビで放送中の

「下町ロケット」ー今日は日曜だからちょうど夜に放送があるーを面白く

観ています。上の詩は、前回のシーンや最近ふと考えることがあったりして、

自戒も込めて、ちょっと書いてみました。人間関係の難しい,よくある光景

だと思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

波と少女

 
波打ち際で波と戯れる真夏の少女

足元を白い波が追い掛けている

寄せては返す水際の〝鬼ごっこ〟

 

今や白い波が笑っているようだ

捕えたと思った足を振り切られた波

またしても少女に逃げられた

 

「待て待て」とほら、波がまた来た

嬌声を上げながら逃げる少女の

足元で…砂に吸い込まれる波の笑い声

 

太陽の愛し子である少女にからかわれ

ぼくの手前で戯れに興じる、

鬼方の役者の背中を、遠望すれば

 

大海原が遥かに渺茫びょうぼう広がり――

人生を経て回帰する風景のように

大きな背中を白い破顔えがおの裡に隠していた

夏の思い出に、一篇作ってみました。
残暑なお厳しいですが。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。