北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

恩を仇で返す。
韓国の悪しき実態が現れたようなニュースです。

これは安倍総理の靖国参拝の2~3日前の出来事。
「韓国、日本に強い遺憾の意 「政治的に利用」 銃弾無償供与で」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131225/kor13122521000002-n1.htm 
(↑ニュース全文はこちら)


一部引用しますと、

2013年12月25日 産経ニュース

 

南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊から韓国軍への銃弾1万発の無償提供が韓国側の要請によるものだと日本政府が公表したことに対し、韓国政府が日本政府に外交ルートを通じて「政治的に利用している」と強い遺憾の意を伝えたことが分かった。韓国紙の朝鮮日報が25日、報じた。

 記事では、韓国政府高官が「国連南スーダン派遣団(UNMISS)を通じ、迂(う)回(かい)して支援を受けたにも関わらず、日本側は軍事的な役割の拡大につなげようとしている」と不快感を示したとした。さらに、この遺憾表明を日本側への「警告」だと主張した。

あいた口がふさがらないとはこの事です。

どこに支援を受けた立場が、お礼を一言も言わず非難するとは、人間の理解を越えています。
最初、PKOで日本が韓国に銃弾支援をする、というニュースの第一報を聞いた時、「日韓には現在政治的に色々な隔たりがあるが、現在起きている問題には協力していければいいし、これで韓国も少しは日本を評価してくれれば・・・」と思ったのですが、その後のこのニュースに触れるに及んで、日本人のいや人間の常識がこの国には通用しない事を痛感しました。

「警告」?
何様のつもり?
100年以上前、日韓併合前に福沢諭吉が朝鮮近代化の為に支援を行なった事があるのですが、あまりの民族性の酷さに失望しそれを断念、「脱亜論」に転じた気持ちが良く分かります。当時の資料などを表面的に見ると、昔はその頃から保守系思想の持ち主だった梅之助も「日本もずいぶん朝鮮に対して酷い見方をするなぁ」と思ったものですが、この認識は誤りでした。
過去の先人は極めて客観的に「かの国」を見ていたのです。

こういう韓国の無茶苦茶な論理の上で「竹島」「従軍慰安婦」「靖国」がある事を、日本人ははっきりと知らなければなりません。
日本は絶対にこれらの問題に対し譲るべきではないし、首脳会談が行われない状態がもっと長く続いてもいいと思います。韓国が中国ともっと接近してもいいと思いますよ、いずれ中国の怖さを知るに及んで震え上がるでしょうけれど。
「歴史カード」を捨てさせる事が韓国に対する日本の最大の課題です。
韓国も「歴史カード」を捨ててこそ、民度の向上と成熟した民主国家への第一歩となるはずです。

もっと関係が冷え込んでもいい。
その方があとあと良い結果に繋がると思いますね。

 


2014年1月5日 追記
丁度、2014年1月4日の「産経抄」に今回の記事と同じような見解の文章が載っていたので、全文引用しておきます。


2014年1月4日  産経抄

ご近所づきあいは難しいもので、家の境界線はもとより、ゴミの出し方といったささいなことでも諍(いさか)いのもとになる。それでも自分や親しい人が、隣人に助けてもらったら、たとえ嫌いでも礼の一つも言うのが最低限のマナーだろう。命にかかわる事態ならなおさらである。

 

 ▼正月早々、中国大陸から気球に乗って尖閣上陸を目指した酔狂なご仁がいた。もちろん失敗して海に落っこちた。「侵略者」を助ける義理はないが、心優しい海上保安官たちはすぐに現場へ駆けつけ、救助したばかりか「人道的見地」から中国船に引き渡してあげた。

 ▼常識ある社会人なら菓子折りを持って頭を下げにくるものだが、北京にはそういう風習がないらしい。中国外務省の報道官は「この中国人は気球愛好家だ」とわけのわからぬことを言うだけで、謝辞のかけらもなかった。

 ▼そっくりな光景を昨年末、ソウルでも見た。南スーダンで活動している自衛隊は、極度の銃弾不足に陥った韓国軍からの緊急要請を受け、法律ぎりぎりの線で弾を送った。するとどうだろう。韓国の高官と称する人々は「弾は足りていた」とウソと非難の大合唱を浴びせてきた。

 ▼礼節という言葉をすっかり忘れた国々がお隣なのは、日本にとって不幸極まりない。かの福沢諭吉が、脱亜論を唱えたのも今となってはよくわかる。しかも今年は甲午(きのえうま)に当たる。

 ▼120年前の朝鮮半島では李王朝の苛政に農民が反旗を翻した「東学党の乱」が起きた。これを機に出兵した日清両国はほどなく衝突、日清戦争が勃発したのが甲午の年だった。干支を2回りして今また日中関係と半島がきな臭くなっている。歴史は繰り返すとは信じたくないが、万が一の備えだけはしっかりしておきたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

梅之助さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。