北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:

士別市立博物館を出て、すぐ近くにある「羊と雲の丘」(士別市西士別町5351)に来てみました。

ここは「羊と雲の丘観光(株)」という士別市の第三セクターが運営している、羊の観光牧場&レストランです。

 

 

まずは丘の中腹にある「世界のめん羊館」。正面から見ると分かりづらいですが、上から見ると円形の形状をしています。

因みに中庭の木造モニュメント付近に立って声を出してみると、共振の関係でしょうか、音声が響いて不思議な聞こえ方をします。

では入館料200円を払って入ってみましょう。

 

 

世界中の色々な種類の羊が飼育されていました。

100円でエサを与える事も出来ます。ただし、種類や生育状況によっては禁止されている羊のゲージもありました。

 

 

可愛らしいですね。羊は大人しい動物なので、子供でも安心して接する事が出来ます。

 

 

これがジンギスカン肉になるのかと思うと、ちょっと心が痛いです。特にラム肉は生後1年未満ですよね。感謝して頂かなければ。

 

 

飼育場を出ると羊の種類による羊毛の違いなどが解説展示されていました。

ここ施設には「体験工房くるるん」という、主に羊毛製品の販売や体験コーナーもあります。

 

さて、「世界のめん羊館」を出て、更に丘を車で登り詰めた所に来ました。

 

 

下の方に先ほど訪れた「めん羊館」が見えます。

 

 

この建物は「羊飼いの家」という、売店&レストラン。士別産サフォークラム肉料理がメインです。

 

 

牧場を見渡す事が出来て、よい風景です。遠くに職員と歩くシープドッグ(牧羊犬)らしき姿がありました。

この「羊と雲の丘」では、5月GW期間中はシープドッグによる羊の追い込みショーや、羊の毛刈りショーも行っていたみたいで、いつか機会があったら見てみたいものです。この日は13日土曜日で予定なし。翌日の日曜日はやるのかな?

特に羊の毛刈りは時期が決まっていて、5月頃に行われるみたいですね。

 

元来、野生の羊は自然に毛が抜け落ちるので毛刈りをする必要がないそうです。しかし現在の羊は品種改良がおこなわれている為に毛が抜け落ちず、毛刈りをしないと暑さが苦手な羊は夏が耐えられないとの事。またモコモコの姿では転んだ時に起き上がれない事もあるのだそうで。

ただ、あまり早く行うと風邪をひいたりもするので、時期の見極めが重要となります。
 

 

逆光で写真が良くないですけど、遠くに放牧されている羊の群れがありました。

いや~、こりゃ本当にハイジの世界だな。

ふと、柵を見ると観光客が出入り出来るようになっていて、100円でエサも置かれています。この時間帯では風も冷たく羊も遠くにいたので止めておきましたが、柵越しではなく直接エサを与えられるとなると、特に親子連れならば楽しめるでしょうね。息子が小さい頃に一度来ておけばよかったよ。

比較的北海道人にとって馴染みのある羊の牧場だった為、あまりこれまで興味を示しませんでしたが、もしこれらの施設が首都圏近隣にあれば結構な人気でしょうなぁ。

 

士別市も1960年代は人口が4万人以上いましたが、昨年の段階で2万人を切るほどになっており、JR北海道も旭川以北の鉄路状況が厳しくなってきた現実に梅之助も複雑な思いです。

初期の作品「羊をめぐる冒険」で士別市とも縁のあった作家・村上春樹氏は、「これまで僕は北海道では、旭川と士別にもっぱら注目していたんですが・・・」と発言しているそうですから、ハルキストの皆さんは一度は士別に行ってみてくださいね。

そういえば梅之助も彼の初期3部作の頃は好きでよく読んでいたなぁ。もっとも、最近は好きでなくなった作家だけど。

 

 

【関連記事】

士別市内をうろうろ ①~つくも水郷公園&士別市立博物館(2017/05/14)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。