北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

いつも慧眼あるブログ記事を書かれているフレシュールさんが、興味深い記事を掲載されていたのでリブログさせて頂きます。


 

吉田清治の御子息に関しては、以前に弊ブログでもジャーナリスト大高未貴氏によるインタビュー内容を記事にしたので、よかったら【関連記事】もご参照ください。

御子息の名誉のために書いておきますが、彼は若い頃に日本国の為に公安への情報提供者として働いた事もあり、父親とはまるっきり立場の違う人です。

おい、朝日新聞(及び左系諸紙)、彼を見習ってお前らもやるべき事をやれ!

 

さて、そんな中、9日の韓国大統領選挙で予想通り親北の文在寅氏が当選、大統領に就任しました。

そして11日の安倍総理との電話会談で、慰安婦問題に関する日韓合意について「韓国国民の大多数が、感情的に合意を受け入れていないのが現実だ」と、予想された通りの反応を示してきました。

 

11日、安倍総理と電話会談をする韓国新大統領 (AFP=時事)

 

しかし2015年12月の日韓合意当時の韓国世論は半々(もしくは四分六分)だったような記憶が梅之助にはあります。結局、現在の韓国世論がほとんど反対しているのは「朴槿恵が結んだ合意だから」という、その後の政変事情による理由が大きい訳です。

元々が半々(もしくは四分六分)の評価のものならば、行政TOPが責任を持って国民を説得しろ!

日本の安倍総理は世論的には不人気だった「安保法制」を、「日本には絶対必要」という信念のもとに支持率が落ちるのを承知しながら制定しました。日本国民の中には、そこに確固たるリーダー像を感じる人も多いようです。

この双方のリーダーの差は大きいですよ。

(※ここでは日本側の日韓合意における是非については書きません)

 

まあ、でも韓国側のこういった反応の方が、かの国の非常識さを世界中に知らしめる事が出来るので、かえっていいのかもしれません。どのみち日韓合意がどうであろうと、新大統領は日本及び自由主義陣営にとっては全く利のない人物ですから(それは韓国民にとっても。しかしそれは自業自得)。

 

これは昔から思っていた事ですが、韓国という国を一人の男性に例えたならば。

 

・約束を平気で破る(日韓合意etc)

・中身が大した事ないのにプライドだけ高い(小中華思想)

・金をたかる(日本からの膨大な経済支援)

・経歴詐欺(捏造歴史教育・ウリナラファンタジー)

・窃盗前科(日本から盗んだ仏像の返還を国家司法機関が拒否)

・目的の為には手段を選ばない(袖の下文化)

・恩を仇で返す(枚挙に暇がなく、「礼儀知らず、やりたい放題の韓国」(2013/12/27)などを参照下さい)

 

まだまだありますが、これくらいにしときます。

冷静に個人の関係で捉えると、まともな神経の女性ならばこんな男性、絶縁しか選択肢はないよね。

国家として隣に嫌でも存在する以上、断交しろとまでは言わんけどさ・・・

 

 

【関連記事】

「慰安婦狩り捏造・吉田清治」のご子息の苦悩(2017/01/16)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。