北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

最近の各メディアの世論調査では、安倍内閣支持率が30%位らしいですね。

安倍晋三氏が総理に再登板してここ数年間、一過性の低落を除くと50~60%の支持率があった事を考えると、約30%近くの国民が宗旨替えをした訳です。

まあ、元々野党支持で安倍内閣に批判的だった人はどうでもいいんですけれど、支持から一転、不支持に転向した人は一体何を見ているんでしょうかね。

大きく影響しているのが「森友・加計騒動」と「稲田大臣」と「その他もろもろ」なんでしょうが・・・

 

「森友騒動」のバカバカしさは以前、さんざん記事にしましたのでもう書きません。旬のネタじゃないし、第一、あの件の本質は「辻元問題」ですからね。

そして「加計騒動」。

これも以前に少し書きましたが、この件もどこが問題なのか「森友」以上にサッパリ分かりません。問題視する人は「箸が転がってもアベ氏ね」の人か、もしくは「TVの見過ぎ」「項目を整理して体系化する能力が現在疲れている」人ではないでしょうか。

 

前川喜平・前事務次官は「総理の意向で行政が歪められた」とさんざん主張していますが、安倍総理の意向は国家戦略特区による岩盤規制の突破でした。

前川氏の見解に同意する人は、行政が政治主導ではなく、以前の官僚支配に戻った方がいいとでも言うのですかね?梅之助の記憶によると、ちょっと前は国民の多くが政治主導を望んでいた記憶が残っているし、それは現在も変わっていないと推察しますけど。

 

「加計ありきだったのではないか」に関しても、安倍晋三個人としての真情は「友人の10年間続けた努力が実を結べばいい」とは思っていたでしょうけど、その感情で大きく圧力をかけた形跡はありません。

加計学園は10年間、文科省に計画申請をし続けてその度に却下されました。しかし努力期間が長いだけに、当然その計画内容の練度は次第に高くなっていたはずです。

一方、対抗馬と目された京都産業大学の準備期間は1年ほど。内容のレベルが自ずと「加計の方が上」となるのは当たり前の話であって、それは京産大側も京都府知事側も、そして当の前川氏自身も認めているではないですか。

 

7月14日に記者会見した京都産業大学 日テレニュース24より

 

7月24日 衆院予算委員会・閉会中審査 より

 

小野寺議員

「9月9日の時点で、加計学園は(獣医学部新設を)希望されていましたが、京都産業大学も検討されていたのではないでしょうか?」

前川前次官

「京産大に意向があるのは確かにありましたが、具体化したようなものではなかった。具体的な計画として意識していたのは加計学園しかなかった」

 

 

 

 

やはり「加計ありきだった」のではなく、「加計しかなかった」のであって、一番努力し完成度が高かったところが報われた当然の結果なのです。

しかし左系新聞や左系TVメディアはこれらの経緯に客観的な論評を加えず、さらに元文科省官僚で前川氏の先輩でもあった加戸守行・元愛媛県知事による獣医学部開設の努力、及び「官僚による歪められた行政が安倍総理の方針で正された」という見解、地方の獣医師不足の声に対して「報道する責務」を意図的に怠り、「報道しない自由」を散々行使して来たのです。

全ては安倍内閣倒閣の為に。

安倍総理に加計側から政治献金含めカネが流れていたのなら問題ですが、そのような事実もありません。

むしろこの問題を追及して来た民進・玉木雄一郎の方が日本獣医師連盟から政治献金を受けており、身内もバリバリの業界関係者なのです。なぜこちらが問題とならない?

ハレンチ問題と文科省天下り問題で責任を取らされた前川の屈折した恨みと、カネと縁故で獣医師会と繋がる玉木の汚れた思惑、そこに安倍総理の足を引っ張りたくて獣医師会及び文科省と結託した石破茂・前地方創生相の野望がチラホラ・・・

何なんだ、この数か月の加計騒動とは。

 

「稲田大臣」の問題も、確かに都議選での「自衛隊としてお願いしたい」は失言でしたが、日報問題は恐らく違う大臣であってもうまくは対応出来なかったでしょう。

この問題の根本要因は「戦闘と武力衝突は異なる」という訳の分からない詭弁を、一瞬の判断を必要とする現場に押し付けているところにあります(参照→「北や中共の思惑を「忖度」しているかのような野党4党とマスコミ」(2017/03/26))。

勿論、憲法9条のせい。

そしてこの矛盾を本質的に正そうとしているのが安倍総理であるというのに(ただし総理の妥協的な憲法改正案もイマイチだけれどね)、かつては現内閣に対して支持すると答えながら今回不支持に転じた者は、この国を一体どのようにしたいおつもりなのでしょうか?

梅之助は首を傾げるしかありません。

 

「その他もろもろ」については、豊田真由子、今井絵理子各議員・・・ふぅ~。言葉が出ないや。今井議員に関しては出馬の際にエールを送った手前、参ったな。当時交際していた元カレには懸念を持っていたのだけれど、こう来るとは。

 

話は変わります。

28日、また北朝鮮がICBMを今度は深夜に発射しましたね。

何と今回は夜間だった為、北海道・室蘭のNHKカメラに映っていたそうです。

 

7月29日 NHKニュースより

 

 

自国の周辺事態がこのような状況に陥っているのに米国頼みとは情けない限りですが、それでも安全保障を考える限り、国際的には安定的立場にいる安倍総理の他にmuch betterな政治家など日本には存在しないでしょう。

 

最後にもう一度、冒頭に示した30%の宗旨替え組の方々に申し上げます。

中には「安倍一強」から来る政権姿勢に対し、「ちょっとお灸を据える」程度に思っている人もいるかもしれませんが、どうやら国際情勢はそれを許してくれる余裕はなさそうですよ。

どうせ批判するのなら、問題が多そうな「種子法廃止法案」や「外国人労働者受け入れ」という政策論点でやって欲しかった。しかしこういうのはメディアで殆ど取り上げないからなぁ。

 

 

 

その昔、梅之助の世代は親から「TVばかり見ているとバカになる」とよく言われ続けてきました。

その言葉、今度は30%の方々に投げかけてみたいと思います。

 

 

【関連記事】

福田の戯言に付き合っている暇はない(2017/08/06)

こんな政党に政党助成金(税金)は払いたくない!(2017/05/27)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(2)

テーマ:

夏まつりの時期がやって来ていますね。

丁度、隣町の東川町では本日29~30日にかけて羽衣公園(上川郡東川町東町1丁目15)界隈で、「どんとこい祭り」と称した夏祭りが開催されています。

まあ、地方自治体のローカルな夏祭りの一つに過ぎないのですが、今年は一味違います。何と本日夕方からプログラムの一つとして「大黒摩季ライブ」が行われるというのです。

お~。特別ファンではないけれど、歌唱力に定評のあるプロの歌声に触れてみたい気もする。

よし、行ってみるか。

 

東川町は「写真甲子園(全国高等学校写真選手権大会)」というのを毎年開催しています。今回で24回目。最初はどこまで継続して開催されるかなぁ~と思っていたそのイベントも、関係者の努力もあって今年は大会をテーマにした映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が製作されるにまで至りました(公開予定は今年の11月予定)。

大黒摩季さんはその映画主題歌・挿入歌を担当したご縁のようです。

 

 

ライブは16:30~18:30の予定とプログラムにあったので、時間に合わせて16:00過ぎに現地に到着。

当然、会場には数えきれないほどの人が来ていました。何でも1万2000人だったとか。

予定時間が来て、まずは数曲Boooozeという札幌出身の若いバンドが前座を務めます。映画の挿入歌を大黒さんと共に担当したのだそうです。

 

 

その間、小腹を満たすお買い物。白老牛サイコロステーキ1000円ナリ。うん、美味しい。

 

17:10頃、大黒摩季さん登場。

事前のアナウンスで「大黒摩季ライブの写真・動画撮影禁止」とありましたので、愚直に守りますよ。ただしBoooozeは「バンバン撮って、むしろPRして欲しい」という彼ら自身の言葉がありました。

 

 

という訳なので、上の写真は「大黒摩季 公式ツイッター」からのものです。

予定時間の18:30頃までヒット曲や映画の主題歌など全12曲を熱唱されました。

とてもパワフルで良かったですよ。梅之助、実は彼女の歌声を2~3曲聴いたら帰るつもりだったのですが、結局は最後まで居ちゃいましたから。

ラスト近くではBoooozeがもう一度出てきて大黒さんと共に映画挿入歌を歌ったり、最後は映画のプロモーションとして監督や出演女優さんなども登壇していましたね。

 

いやぁ~久しぶりにメジャーなプロの歌声を堪能出来て、思った以上に満足出来ました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月22日、旭川空港で義姉夫婦を見送った後。

20日から始まった上川神社例大祭の後日祭がこの日の午後に行われているので、いったん自宅に戻ってから一人で出かけてみました。

ここ2年ほどの初詣は別の所に行っていたので、上川神社(旭川市神楽岡公園2-1)に訪れるのは何だか久しぶりです。

 

 

神明造の社殿が視界に入ると、右側の舞殿で行われているはずの神楽舞の奉納が行われていません。あれっ、もう終わってしまったのかな・・・

すると、「本日の神楽舞の奉納は雨天の為、拝殿で行われます」とあります。この時はすっかり晴れていましたが、今朝方は雨でしたからね。

これはいい機会です。拝殿の中になど入った事はないので。

先ずは型式通り参拝してから、中に進みます。

 

 

(左)は入って右側のガラスケースの展示物。葵紋の入った冑がありました。(右)は左側ガラスケース。

 

 

舞姫、巫女による「浦安の舞」が行われていました。丁度、写真は舞が終了して退場するところ。

「浦安の舞」とは1940(昭和15)年の「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせて作曲・作舞された神楽舞で、「天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの 海のごとくに波たたぬ世を」という、1933(昭和8)年の昭和天皇御製が歌詞になっています。

 

 

続いて「豊栄(とよさか)の舞」の2人舞バージョン。1人舞バージョンは2014年7月のお祭の時に観た事があります(下【関連記事】参照)。

「豊栄の舞」は1950年に宮内庁楽部で作られ、女性が舞う事を前提としている為、「乙女の舞」とも言われます。手には榊か四季の花を持つそうで、ここではピンク色の花(おそらく桜)でした。

 

 

こちらは「五十鈴の舞」。

この舞は、雅楽の「越天楽今様」の歌詞に上川神社の初代楽長・筒井貴孝氏が振り付けをしたものだそうで、この北海道上川管内を中心に演舞されているローカルな神楽舞です。

 

 

最後に「大黒様の福の種まき」。縁起物の餅や飴がまかれます。

 

 

2014年の時よりも多くゲット出来ました。いい事あるかな?

 

さて、2014年に初めて神楽舞奉納を見た時、舞っているのは上川神社の巫女と旭川明成高校舞姫同好会の生徒さんだ、というアナウンスがありました。ところが今回は明成高校舞姫同好会の紹介がありません(単に聞き逃しただけなのかもしれないが)。

そこで旭川明成高校HP舞姫同好会の項を見てみると、う~ん、残念ながら部員数0の表記が(ただしいつの更新かは不明)。これが現在の状況を反映しているのなら、舞っていたのは神社所属の巫女さんと舞姫同好会OGだったのかもしれません。この手の同好会がある高校は全道で明成高校だけで、それも約30年の伝統があり、現在の上川神社の巫女さんも明成の先輩なのだそうです。

HPにも書いてありましたが、梅之助も心からこの伝統が途絶える事がないよう願っています。

ガンバレ、顧問の石本祐子先生!

 

 

【関連記事】

2015年の初詣~上川神社(2015/01/03)

上川神社祭に行ってみた(2014/07/22)
2014年の初詣~上川神社(2014/01/04)
2013年の初詣~上川神社(2013/01/03)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月22日は義姉夫婦が旭川空港から帰途につく日。

丁度、土曜日で休日だったので空港まで梅之助もお見送りに出かけました。

昼過ぎの便なので早めに空港に到着すると多少時間があります。そこで空港内3Fのレストラン街で昼食を共にする事にしました。

考えてみたら梅之助、旭川空港で食事をしたという記憶は無いんですよね。ここで飛行機を利用する際は大抵午前中か、違っても夕方の便だったし。

それはさておき、当初は蕎麦でもという予定でしたが「旭川に来て旭川ラーメンを食べていない」という事で、入ったのは空港内唯一のラーメン店「旭風らーめん」(上川郡東神楽町東2線16号 旭川空港タ-ミナルビル 3F)に。

 

 

昼時だったせいもあり、出発便を待つお客さんで予想以上に混んでいたものの、何とか運よく4人掛けの窓側テーブルに着座する事が出来ました。滑走路を一望できる絶好の席です。しかしタイミング的に滑走路には一つも飛行機が駐機していませんでした。

田舎の空港だからねぇ。

 

正直に言うと、最初ここでラーメンを食べるのは少し抵抗がありました。

お店には大変申し訳ないのですが、あまり知らないお店だし、もしもここの味がイマイチだったとしたら、これを旭川ラーメンの味、と義姉夫婦にイメージされるのも何だかなぁ~という想いがあったので。。。

 

 

初めての店なので、梅之助は「醤油ラーメン」(800円)を注文。

値段は市内の一般的なお店と比較すると少々強気。ただ空港内の立地という点を考えると、こんなもんでしょう。

出てきたラーメンのスープはちょっと醤油色が強いです。口に含むと、好みからはややしょっぱいかな。それほど気にはならないレベルですが。

麺は美味しい好みの味でした。難を言えば少し柔らかめ。

市内にある有名店と言えど、梅之助の口には合わないお店もある事を考えると、トータル的には美味しく頂きましたよ。

義姉夫婦はのりに「旭風らーめん」と印字してあるのが珍しかったのか、口々にしていました。確かのりへの印字は「青葉」もそうだよね。

 

こうして一週間近く北海道に滞在した義姉夫婦。

こちらこそ色々お世話になりました。また来年も是非いらしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日の夕食も、日中に美瑛の丘や花畑、旭山動物園などを堪能して来た義姉夫婦と一緒の夕食。

特に要望がなければ、旭川ラーメンか北海道が本場であるスープカレーと思っていたのですが、嫁から「海鮮丼が食べたいみたい」というリクエストがメールに。

う~ん、北海道と言えば海産物というイメージだけど、ここ旭川は内陸なので海鮮丼が美味しいとされるお店はあんまり知らないぞぉ。

そこであれこれ考えた末に選んだのは「旭川 お城の鯉寿し」(旭川市忠和6条7丁目1-17)。

ここなら海鮮丼はともかく、海鮮ちらしのようなものはあるでしょう。

 

 

これは帰り際に撮影した外観。

お店の先代の郷里・四国高松城を模したのだそうで、旭川市民なら知らない人はいないお店です。

しかし梅之助、ここにはあまり来た事がありません。25年くらい前に一度来たかなぁ。身内の法事の仕出し料理で配達をお願いした事はありました。

 

 

入口右側がお城の部分の、いわゆる本館に相当するのでしょう。

受付の人に「椅子席がいいですか?小上がり席がいいですか?」と聞かれたので、義姉夫婦に選んでもらい、椅子席を選択。すると左側のエリアを案内されました。

 

 

左側の入口前には和風小物が販売されていました。

左側椅子エリアは「お城のれすとらん 鯉太郎」とネーミングされているようです。

 

 

さすがに海鮮丼というのはなかったので、生ちらしを注文。義姉さん方は上を頼んでいましたが、梅之助は貧乏人根性で並(1500円・税抜)を。

こういうお店だと、ネタの盛り方も違うんですね。運ばれてきた時に「ちょっと量が少ないかな」と思ったものの、食べ終えてみると結構お腹一杯になっていました。

ご馳走様でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。