2009-05-18 23:50:00

開港150周年なのに・・・フロントの醜態に閉口。

テーマ:スポーツな話

 プロ野球横浜の佐々木邦昭球団社長は18日、横浜市内の球団事務所で記者会見を開き、大矢明彦監督(61)が成績不振を理由にシーズン途中で休養し、19日に始まるセ・パ交流試合から、田代富雄2軍監督(54)が監督代行を務めると発表した。ある球団幹部は大矢監督が戻る可能性について「それはない」と明言していることなどから、実質的な辞任とみられる。

 大矢監督は2007年に就任し、その年セ・リーグ4位。昨年は48勝94敗2分けと記録的な大敗で最下位に終わった。契約最終年の今季は、チームの若返りを断行したものの、開幕から6連敗する最悪のスタート。以後は一進一退の成績だったが、交流戦を控えたここにきて打線がふるわず4連敗。37試合を終えて13勝24敗と負け越しは「11」に膨らんだ。

※産経新聞5月18日15時27分配信分より一部引用


日本生命セ・パ交流戦開幕前日に飛び込んだ、意図の見えない(事実上の)解任劇。

昨季オフ、なぜ監督の首を切らなかったのか、

TBSから派遣してきた雇われフロントの頭の中が曇りガラスで見えないわ。

補強も消極的で、サポートしたいのか、大矢明彦の株を下げたいのか、わけわからんわ。


TBSから派遣された雇われフロントは、辞める気はまったくないし、

こちらも、フロントが同じ境遇でお家騒動真っ只中の千葉ロッテマリーンズと、

東京湾繋がりでチームを合併し、ロッテ・ベイスターズにしようか、模索していたり・・・


いっそのこと、方向性の見えないフロントに抗議するため、

横浜ベイスターズの選手全員は

造反すべきだと思う。


本気でチームを優勝させたいのか、テレビ局の球団経営自体がギャグなのか、

フロントに脅しをかけた方がいいと思うね。

故意に無気力プレーをすることで、フロントが激怒するだろうが、

小島よしおよろしく


そんなの関係ねぇ!


で押しきれ!

横浜ベイスターズのファン全員も、曇りガラスのフロントに怒りをあらわにしているだろう。

選手の故意の無気力プレー運動に理解を示すには時間がかからないだろうね。


最も可哀そうなのは”ハマの番長”三浦大輔。

昨年オフ、フリーエージェントを宣言し、阪神が獲得に乗り出したが、結果、横浜に残留。

何で阪神入りしなかったのか、後悔しているだろうね。

今回の監督(事実上の)解任劇で、フロントが変だと感じるのなら、

自身のブログで行動を起こしなよ!

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。