10で神童15で天才20過ぎればただの人

幼少期に将来を期待されて育った田舎育ちの男性が、不登校・自殺未遂を経て暗い人生に突入した日々を綴る日記...だったのが、鬱から立ち直り社会経験を経て旅人に転身し、現在はホテル会社の代表取締役となり多忙な日々を描く奮闘記になりました。

今後の予定



旅の足を止めて月16日から岡山市にて宿泊業を始めました。

旅人としてもてなされる側だったのが、今度はもてなす側になりました。
岡山駅付近で宿泊場所をお探しの方ご連絡ください。



連絡先:080-6430-4128(ブログ見ました〇〇です、と言ってください。)


メール:net_koukai2009@yahoo.co.jp



http://ameblo.jp/gavial2011/entry-12204913044.html
↑私が運営中の岡山ゲストハウスMOKO。


http://ameblo.jp/gavial2011/entry-12102581569.html
↑宿泊場所として提供中の私の住まい、民泊おれんち。


http://ameblo.jp/gavial2011/entry-12178451666.html

↑スタッフ募集しています。興味がある方ご連絡ください。



テーマ:

相変わらずクソ忙しいゲイビアルですこんばんは。


確定申告もう間に合わないんじゃね?ってレベルです。
例の眼精疲労も重症化してパソコン作業がロクにできません。

しかしそれでも、このブログに書かなければいけない事態が発生しました。

 

 

 

 

 

【ピックアップ検索ワード】


‘リザクレーション癒香’

 

なんだろうこれ?
医学用語かな?
これで私のブログのどの記事が検索対象になったんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kenじーハウスが閉鎖の危機に陥っています。


Kenじーハウス
↑kenじーハウスについてはこちら。


2015年11月末に始まり、外国人からの訪問者を中心に、岡山を楽しんでいただくための宿泊場所として提供しておりました。
普段はkenじーさんが住んでいて、ゲストが来る時だけ提供するという形です。

提供開始から1年が経過し、多くのゲストから好評いただいておりましたが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月に、同じ建物に引っ越して来たお隣さんが、迷惑行為を繰り返しておりました。


Kenじーハウスの困った隣人
↑かつてこの記事に書きました。


ゲストにお願いいただきたい事があります
↑こんな事もありました。


不法侵入の際は、Kenじーさん本人が居ない時に発生しました。
たまたま部屋に旅人しか居なかった時だったんです。
なので現場を押さえられなかったんですよね。

 

過去記事でかずみさんが教えてくれた、警察に通報するパターンも考えましたが、現実的にはそうした事案が発生した現場に居て行わなければいけないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今年に入ってから...そんなハットゥリ・ポンスケさんの状態がわかりやすく悪化しました。

まず、画像をご覧いただくとわかりますが...


部屋内の障子が表に放り出されてるんですよ。


これ、自分で何かしてぶっ壊して、修理もできないから仕方なく表に出して放置してるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


玄関拡大。

 

玄関の窓ガラスが壊れています。
片付け能力がないので、物が常に重さで圧力をかけている状態が続き、何かの拍子に壊れたのかと思われます。


ハットゥリ・ポンスケさんにまともな生活能力が無いのは明白です。
そこでKenじーさんは、大家さんに相談しました。


が。


大家さんが言っても、「自分でなんとかしますから!」「マンション買って引っ越しますよ!そうすればいいんでしょう!」と逆ギレし、玄関を閉めて室内に引き籠られたそうです。
大家さんも涙目...。

いやいやいや、自分で何とかできないからこうなってるんでしょう。
マンション買うお金なんかあるわけないんですよ。


そこで、岡山市の高齢者福祉課に電話してみました。


「それは弁護士に相談すべきですね。法テラスで無料相談してますんで。」


だそうです。
要は、自分たちは何もしないって事です。
なんですかね、高齢者福祉課って...。


最後に、ハットゥリ・ポンスケさんを紹介した不動産会社にも連絡しました。

 


担当:「ああ、ハットゥリさんですね。あの方、しょっちゅううちに来てまして...で、退去するよう勧めてはいるんですが、やっぱり退去されてないんですね...。」

 

 

...(;´Д`)あぁ...。

 

 

というのが、今の状況です。
 

この状況では、Kenじーさんは住む事すらままならないわけですから、3月いっぱいで自分が退去しようかと真剣に考えております。
もう、いつ、わけのわからない火を出されて、巻き添えで焼死させられるかわかったもんじゃないってぐらいのレベルです。


これ、どうしようもないんでしょうか?
現状は本人のためにもならないですし、周囲に迷惑まき散らしてるだけなんで、どうにかしたいんですけど。

 

 

 

【今日の歌】

 

 

大迷惑     ユニコーン

 

法律や行政って、一般人や弱者のために存在するわけじゃないんですよね。


 

http://okayamamoko.wp.xdomain.jp/

↑kenじーさんは、岡山ゲストハウスMOKOのスタッフでもあります。

とりあえず岡山でご宿泊をお考えの方は、こちらのHPをご覧ください。

 

 

 

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログ仲間のみんな、やってみたよ!
 
 
▼私を構成する成分は・・・
 
 
\あなたはなにでできている!?/
 
 
ハイ!
 
だいたい当たってます!
 
正直、領収書とか経費の処理に「もうこれ飽きた」って思ってます。
ついでに言うと予約管理にも飽きました。
さらに言うなら人生に...あ、これは20年前からだから関係ないですね。
 
明らかに違うのは、「熱しやすく冷めやすい気まぐれタイプ」ってところで、「熱しにくく冷めっぱなしの無気力タイプ」が正しいです。
 
というわけで...領収書の処理に戻ります。
誰か助けてくださいマジで(´・ω・`)
 
 
 
 
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
そんなことにも気付かんぐらいブログから離れとったん正直辛いわブログ書きたいわ誰か私の目と視神経と脳と体と心を治してクレメンス
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
やる事が無いのではなくてやれる事が無いのだゲイビアルですこんばんは。


この冬は寝込む期間が長くありました。
そういう時は、昔のことを思い出しやすいです。
しかし、最近は脳が弱っているせいか、思い出しても次の瞬間には何を思い出したか忘れています。
歳のせいなのかご病気なのかはわかりませんが...。





【ピックアップ検索ワード】


‘岡山 ホテルMOKO’

この検索でこのブログのページに来てくれる人のために、情報を最新化して整えようと思っています。
頑張ります。
頑張れない状態だから今まで更新できなかったんですけどね。


‘漫画 心の傷’

これについてどの方向へコメントすればいいのかわかりませんが、個人的に思っていることを1つ。
漫画の主人公は、心の傷を負いながらも行動します。
そうでなくては話にならないからです。
しかし実際、心の傷を負った人間というのは、健常な状態よりも著しく行動が制限され、阻害され、本人と周囲の人間は当然とし、それを見る人(目の当たりにする人)すらも楽しくない状態にします。
つまらないもの、気持ち悪いもの、不快なものを見た、という事実になります。
それは実際の切り傷とかを見るのと同じようなものでしょう。

















 


「岡山ホテルMOKO」こと、「岡山ゲストハウスMOKO」について重要なお知らせがあります。

2016年7月から、ゲイビアル(Yuuki)とKenじーさんの2名体制で頑張って来ましたが、2017年6月30日を一つの区切りとし、運営者の交代を考えています。
その理由は、2016年11月から本格化したゲイビアルの体調不良が回復せず、11月中旬から寝込みがちになり、年が明けた2月時点でも本来の仕事量がこなせない状態が続いているからです。

ヘルパーくららが居てくれた9月下旬~年末まではそれでもなんとかなっていましたが、その後任の募集記事すら満足に書けない有様では、とても来季を乗り切れないと判断しました。
建物の貸主にも迷惑をかけるし、Kenじーさんにも過度の負担を強いるし、何よりお客様に申し訳ないのです。


















 


【岡山ゲストハウスMOKOの経営状態について】

物件の貸主との契約があり、それをこのような公開の場に書いて良いかどうかは判断が難しいところです。
今回は、公開する事によって周囲に不利益をもたらす可能性が高いと判断しましたので、それについては応募者のみにお伝えするという形にさせていただきます。

オープンした7月当初はもちろん赤字。
Yuukiの個人資金をMOKOの支払いに充てるという状況になっていました。

しかし、そこからわずか半年で、そうした個人で立て替えたぶんを回収し、自分たちが初期投資した金額も回収できました。
その段階でダウンしてしまったがために数字を伸ばすことができず、現在は赤字にもならなければ利益も自分たちに還元できていない状況です。

我々の代わりに運営者になる方(方々)には、そのノウハウをしっかりお伝えいたします。
また、我々が用意した備品も、一部を除いてそのままお使いいただけるようにしますので、自分たちが「これ追加しよう」などとお金をかけなければ、初期投資0で自分のゲストハウス(ホテル)が持てる、という事になります。

なお、ゲストハウスと呼称しておりますが、旅館営業法上ではホテルとして認可が通っております。
簡易宿泊所よりもランクが高い許可です。
これについても、特別に申請しなおす必要はなく、名義変更のみの手続き料(微額)で済みます。

この条件で自分のゲストハウスを持てるという事は通常ありえない話です。
同じように、ハウスオーナー兼管理人が体調不良を理由に運営交代を希望している、「ひとつぶの麦」というゲストハウスが北海道にありましたが、その交代については「買ってくれ」というものでした。
本来は最低300万円程度の準備金が必要で、それを使いながらどのように利益を出すかしっかりプランニングしなければなりません。
そういった部分を一切省いて自分のゲストハウスを持てるというのは、この業界で頑張りたい人にとってはものすごいチャンスであることを理解していただきたいです。

















 


【応募資格について】

2017年4月1日までに岡山に来る事ができる人です。
私個人的には履歴書は必要ないと考えていますが、物件の貸主に対して紹介する必要があるため、履歴書は持参いただきたく思います。
電子履歴書ではなく紙のものでお願いします。

仕事上、あった方が良いスキルは、当然ながら日本語能力と、「ある程度の英語力」です。
それに加えて韓国語や中国語が話せる人は、この業界で大きく有利です。
さらに、自家用車を持ち込みできる人なら、生活面でも便利ですし、収入をより増やす事が出来るでしょう。
もっと言うなら、夫婦での応募ならば最適です。

運営者交代ではなく、フリーアコモデーションしてみたいという方からの応募については、今後も受け付けます。
その場合は履歴書は必要ありません。
身分証と顔写真を添付の上、プロフィールと志望動機を書いてメッセージを送ってください。

また、歩合制で管理人やりたいです、という応募も受け付けます。
応募方法は、上記のフリーアコモデーションと同様です。

時給でバイトさせてください、という方は100%お断りいたします。
ハッキリ言うと、その考えが頭にある時点でもうズレているのです。

















 


【今後について】

応募者が見付かり、運営能力に問題がないと判断すれば、物件の貸主との契約更新の際に同席し、その手続きをいたします。
その前に顔合わせは済ませておきます。

フリーアコモデーションスタッフと管理人に応募があり、「Yuukiさんが居てこそのMOKOです」という状態にしかならないのであれば、継続も考えますが、現時点では90%無いと見込んでいます。
フリーアコモデーションスタッフは、短時間労働かつ自由時間も多くできるので、他のゲストハウスと同様に気楽にやれると思います。
管理人については収入が安定しない(現状は月間0~40万円)ですから、「本気でこの業界でやりたいけれど運営のトップになるのは嫌だ」という人でなければ向かないと思います。

誰からも何のリアクションも無く、現状のままYuukiとKenじーさんの2名体制で4月を終えた場合、7月以降の予約をキャンセル&他施設へ移動し、閉館手続きに入ります。

Yuuki個人については、岡山ゲストハウスMOKOを離れても民泊おれんちを続けていく予定です。
が、体調については相変わらず良くなく、完全回復の見込みもないため、予定は未定と言わざるをえません。
原因は過労による慢性疲労が最も疑われます。
病院に行っても異常は出ず、精神の方も異常がないとの診断結果でした。
という事はつまり、健康だから仕事しなさいって社会的にみなされるわけで...この状態というのは実は20年以上も波がありながら続いているのでどうしようもないです。


当事者としては気持ちの良い決断ではありませんが、気に入ってくれたゲストが居て、今より良い形で続けられるのであればそれが最善と考えました。
ゲストハウスが大好きで、自分がやってみたいけどお金が無い、という人の背中を押す事ができるのも、1つの社会貢献になるかな、と思いました。
この記事を読んだ方に、私の気持ちが正しく伝わる事を願います。





【今日の歌】
 
 
決断     幹和之・コロムビア男声合唱団

昭和何年だよwwwっていうような歌ですね。
ゲイビアルはこの歌をリアルタイムで聞いて...ないです。
そんな歳ではありません。


【連絡先】
 
086-897-2389(岡山ゲストハウスMOKO)
080-6430-4128(Yuuki)※上記電話番号に繋がらない場合
 
okayamaguesthousemoko@gmail.com(メールアドレス)
 
 
 
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書いてて楽しい成分が頭に出るようになったら本格復帰だゲイビアルですこんばんは。


夏ごろからブログをほとんど書けなくなり、11月半ばには本格的にダウン。
12月はほぼ丸一ヶ月ロクに動けず寝込む日々でした。

脳の疲れ感知機能をオフにして、無理に仕事を続けている社会人の方は、日本に少なくないと思います。
私も前職時代にそれを強制された1人でして、疲れ感知・対処機能が壊れたまま、今の仕事をしていました。
その結果がこれです。

周囲の勧めもあって病院に行きましたが、血液検査の結果異常なし、心療内科でも病気じゃないと言われました。
デパス(エチゾラム)を処方してもらい、とりあえず動けるようになりまして、現在は回復に向けた活動を色々やっているところです。
散歩したりとか野菜中心に食べたい物しっかり食べるとか目の体操とか整体とか風呂にゆっくり入ったりとか...そんな感じね!

途中で止まっているシェラザードの攻略記事の続きも書きたいですし、新しく記事にしたいゲームもたくさんあります。
リハビリ頑張りますので応援よろしくお願いします。





【ピックアップ検索ワード】


‘あわてーんぼう’

サンタクロースとかいう赤い悪魔が世間に蔓延っていたその日、私は布団から起き上がる事ができず寝込んでおりました。
あわてないあわてない...あわてられないッ!!


‘ロマサガ3 改造 種類’

「ああ」系と「ぼくの」の2種類は現在も入手可能かと思います。
ああ系を私は気に入っておりましたが、バグだらけのまま更新が終わったようです。
現在は「ぼくの」の方しかまともに生き残っていません。


















 


しばらく更新が滞っている間、岡山ゲストハウスMOKOに動きがありました。

ヘルパーくららが昨年を以て卒業し、地元に帰って自分のゲストハウスを開業する準備に入る事になりました。
彼はゲストからの評判も良く、私が怒る事が1度も無い優秀な人材でした。
彼が自分のゲストハウスをオープンする日を私は待ち遠しく思っています。


現在、第二期ヘルパー募集中です。
詳しくは過去ページを更新する予定です。
興味がある方、コメントでも何でもいいので問い合わせください。



















 


そして岡山ゲストハウスMOKOに新アイテム登場。

ワンダーコア!!

実家で親父が三日坊主プレイをぶちかましたという理由で、なんと入団から3日で戦力外通告されていました。
それをこの度、岡山ゲストハウスMOKOが拾ったというワケです。

現在、スタッフのKenじーさんが愛用中(笑)。


これ、実際自分も試してみましたが、少ない時間と回数で腹筋に効果的に負荷がかかるというのは本当で、オッサンなのに翌日即効果が表れて筋肉痛になりました。
なので、普段運動し慣れていない方は、逆にやり過ぎに注意すべきと思います。


それなりのお値段するものなので、有料での使用にしようと考えています。
が、2月にご宿泊のお客様には、無料で利用OKといたします。
普段はコモンルームに置いておきますので、ご自由にお使いください。
なお、部屋に持って行きたいという要望には、状況次第なのでその時にお伺いください。
















 


さらに!

岡山ゲストハウスMOKO、2月のキャンペーンといたしまして、岡山ゲストハウスMOKOオリジナル、「モコの妖精シール」を、無料で提供いたします。
旅の思い出に、スーツケースに貼り付けてみませんか?

これ、世界でここだけにしか存在していない大変貴重なシールです。
モコの妖精をデザインしたNAOが世界的に有名になったり、シールを作ったM氏が世界的に有名になったり、超天才神童のゲイビアルが世界的に有名になる前に体調が悪いよどうしよう...はうぁ...つ、つまりですね、レアなので後々に価値が上がる可能性が微粒子レベルで存在すると思います!
もちろん非売品です。

















 


最後に私事ですが、昨年秋に知り合った台湾人女性とお付き合いしておりました。

そして別れました。

やっぱり努力しても愛せないものは愛せないし、変わらないものは変わらないですね(´・ω・`)






【今日の歌】
 
 
前前前世      RADWIMPS 

私の場合、結婚するぐらい愛せる相手は、前前前世ぐらいから探し始めないと間に合わなかったんだろうね(´・ω・`)


http://okayamamoko.wp.xdomain.jp/
↑岡山ゲストハウスMOKOのHPはこちら。
 
 

 
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日こそ病院に行くぞと決意だけはしているゲイビアルですこんばんは。


一気に3回ぶんアップしているのは、なるべく早くこの情報を世間にお届けしたいという思いからです。
何かの役に立つかと言えば大したことないんでしょうけど...。

 

 

 

 

 

【ピックアップ検索ワード】


‘岡山市 民泊’

 

近所のリアルホラー話を体験できる、我が民泊おれんちに泊まりに来れば良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回記事の続きを書きます。


前編
↑まだ読んでない方はこちらからどうぞ。

 

中編
↑中編はこちら。

 

この事件のニュース
↑ニュース記事はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1夜明けた今日、火災現場に行ってみました。

 

部屋の前に献花されていた事から、どうやら火元の部屋はここで、この部屋の主は亡くなったようです。

 

そういえば、前編で書いた救急車、到着まではけたたましくサイレンを鳴らしていたのに、到着後に救助・搬送する際のサイレンを鳴らしませんでした。
つまりは...そういう事なんですね。


この建物、画像右側の方が、焼けた痕跡が多く見られますね。
風向きがあっち側だったという事でしょうか。
私が部屋から見た火も、こちらに向かって来る様子でしたから...どうやらその感覚は正しかったようですね。
つまり、消防隊の消火活動が遅れていたら、私の部屋も焼けて...死者の名前欄に私の本名が記される事態になっていたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近付いてみました。

 

やはり、この部屋が最も損害が大きいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その部屋。

 

玄関から先は焼け焦げて...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアパートの隣の民家。

 

実はここは、アパートの所有者の家です。
この家と焼けたアパートは、現在立ち退きを迫られており、大屋は既に退去済みだったそうです。

 

ニュースにもある通り、その大家さんの妻が1人で住んでいたそうです。
その情報は、火災になる前から私の耳に入っていました。

 

アパートには主に、生活保護受給者が住んでいたそうです。
立ち退きの理由などは私はよく知らないのでなんとも言えないですけれど、大家さんの妻が1人で残っているという事は、その妻はどうしてもここを出て行きたくなかったんでしょうね。
 

私が聞いている時点では、アパートには他に1~2名がまだ残っているという話でした。
ニュース報道を見るに、その方々も退去済みだったようです。


 

以下、近所の人からの情報を掲載します。

噂話や推測の領域をまだ出ていないですし、死者の出た事件ですので、見たくない人はここまでで読むのはやめてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が聞いた話によると...


このアパートと大家の家は、取り壊しが決まっていたそうです。
大家は退去済みで、その妻が1人で残っていました。
状況から考えるに、妻は退去と取り壊しに反対だったと思われます。

そして火災のあった日、その妻は、強制退去を命じられていたそうです。
翌日までに退去しなければいけないと言われていたんだとか。

 


で。

 


火元は、アパートの部屋の仏間が最も有力だそうです。
仏間という事は、事故だとしても誰かが蝋燭を立てるなど火を点けなければ火事にはならないですよね。


このアパートと大家の家が中で繋がっているかどうかは私にはわかりませんが、大家の家は外壁よりも内部の方が焼けていました。

これらの事から...亡くなった妻は、自分で火を点けた...つまり放火による焼身自殺ではないかと言われています。

 

いろんな意見や見方があると思います。

私自身は、下手したら巻き込まれて死んでいたかもしれない身ですが、「そういう事もあるよな」ぐらいにしか思っていません。
 

どんな死に方をするかしか考えられない時、あなたはどうしますか?
私も散々どのように自殺するかを考えた人間ですから...。

とりあえず私は、今まで通り世界中の旅人を部屋に迎えながら、まだ生きていこうと考えています。

 

 

 

 

 

【今日の歌】

 


JAM     THE YELLOW MONKEY

 

何を思えばいいんだろう?
そういえば紅白で復活したらしいですね。

 

 

私が住んでいる部屋と民泊おれんちについてはこちら

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

過眠症の疑いがあるゲイビアルですこんばんは。


今日も寝込んでしまい、病院に行けませんでした。
火災の後だけに、危機感で動けると思ったのですが...。

 

 

 

 

 

【ピックアップ検索ワード】


‘ソーシャルゲーム つまらない’

 

艦隊これくしょんとか、ああいうのを楽しめる人と私には、感性に大きな違いがあるんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回記事の続きを書きます。


前編
↑まだ読んでない方はこちらからどうぞ。

 

 

すげー良い所だったフリーゲームは、1からやり直す事に決め、即座にPCをシャットダウン。
貴重品をまとめる作業に入る。

 

ゲイビアルは旅人気質で必要な物は全て身の回りに置いてるタイプ。
こういう荷物をまとめる作業は5分でできる。
5分でできないのは、鬱だったり具合がかなり悪い場合だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


部屋から出て、玄関から撮影したのが上の画像。

 

スマートフォンのカメラのレンズが損傷しているせいか、左側がちゃんと写らない。
光って眩しく見える部分が炎です。
オートフラッシュが作動したのが悪かったのかな...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋から出て、階段を下りる際の画像がこれ。

 

消防隊員が、新たなホースの準備作業をしている。
こちら側に火が迫っているため、新たな放水ポイントを見付ける必要があったようだ。

 

いったん荷物を運び出した後、まだ時間に余裕がありそうだったので、食料とか「今持って行った方が良いだろうなと思われるもの」も運び出した。
 

その際、消防隊員に声をかけられ...

 

 

 

消防隊員:「両隣の部屋の状況はわかりますか?」

 

ゲイビア:「わかりません。起こした方がいいですか?」


消防隊員:「火がそこまで来てるので、そうして避難していただくのが良いと思います。」

 

 

というわけで、両隣の部屋のドアのチャイムを鳴らし、激しくノックする。

奥の部屋はキッチン窓が開いており、部屋の中の様子が見えた。
どうやら今日は帰宅していないようだ。

 

手前の部屋は中国人労働者が住んでいる。
ノックすると30秒後、寝ぼけた顔でパンツ一丁の住人が出てきた。
火事だと伝えると、状況を察したようで、何も言わず部屋の中に戻って行った。

 

準備が済むまでしばらく待って、一緒に建物の外へ出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kenじー別邸へゲストや隣人と共に避難。

消防隊の活動を見守る。


私の部屋から岡山駅に向かう道には、「KEEPOUT」の黄色いテープによって通行制限されていた。
大通りから入る道にはパトカーが居り、道を塞いでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前2時半、消防隊の動きに変化が見られた。
 

ホースの水を抜いている。
どうやら鎮火したらしい。

もうもうと上がっていた煙も見えなくなった。


消防隊員は、現場で鎮火宣言したりはしない。
黙々と撤収作業をしている。

 

もう部屋に戻っても良さそうだ、と判断し、隊員に「お疲れ様でした」と声をかけつつ、部屋に戻る。
 

部屋のある建物から、火災現場の方を撮影してみたのが上の画像。

見事に鎮火している。
 

この記事の最初の画像では、この屋根の辺りから火が上がっていた。
屋根は火災の痕跡が残っているけれど、原形を留めている。
何かが焦げた後の臭いが周囲に充満していた。

 

 

 

 

 

【今日の歌】

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26972945
fire sign     BUMP OF CHICKEN

 

幽かでも見えなくても...。
揺れなくなった火は現実を映していました。

 

 

私が住んでいる部屋と民泊おれんちについてはこちら

 

 


 

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

現場のゲイビアルですこんばんは。


この冬、岡山の住まいの近所で、何かと色々あります。

 


向かいの部屋で何かが
↑例えばこれ。

 


そして昨夜、というか今朝というか、今度は火災がありました。

 

 

【ピックアップ検索ワード】


‘不動産 巨乳 岡山’

 

不動産と巨乳の関連性はどこから来たのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月13日、午前1時30分ごろ。

 

 

日頃の体調不良もあって、日中寝込んでいた私は、「今日も病院に行けなかった」と後悔しながら、PCにてフリーゲームをしていました。
本業の予約関連の作業はとりあえずは一段落しており、明日こそ病院に行くためにそろそろ寝ようかと考えていたところでした。


折りしもゲームはその章のクライマックス。
根性のノーセーブで真剣勝負しており、あと15分もプレイすれば章クリアで中断セーブができるところでした。

 

 

ところが、この時間から外が騒がしくなりました。
救急車のサイレン音が鳴り響き、パトカーが拡声器で何か言っている。

 

 

なんだ?事故でもあったのか?
 

 

それとも以前のように、老人が死にそうで救急車出動か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1時35分。

 

サイレン音が、家のすぐ前を通過したところで止まった。

 


あれ?クソ近所じゃね?

 


そこからドタバタと階段を駆け上がる音。
さっき聞こえた救急車のサイレン音は、近所に到着したと思われる直後から完全に消えていた。
 

外から、何かを運び出したような気配を感じた。

あー、誰か死んじまったのかなー。

 

私が住んでいる部屋のあるエリアは、交通の要衝である岡山駅にクソ近く超便利である。
その一方で、結構カオスな区画である。

 


事故物件とかあるわけよ
↑例えばこんな具合。

 


身寄りなんか無さそうな生活保護受給者が住んでいる安アパートがあって、そういう人達は近所付き合いもロクに無さそうだ。
英会話学校の指導員である、外国籍の方々が住むマンションも目の前にある。
かと思えば、私の部屋の真裏のマンションはオートロック付きで高そうな雰囲気で、割と生活に困ってなさそうな方々が出入りしている...そんでもって真裏なのにこっち側と関わろうとしない。

 

とにかく何が起きても不思議じゃない。
救急車やパトカーのサイレン音には慣れ過ぎていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時40分。

 

フリーゲームの方は、その章クリア目前だ。
章の中でやるべき事はやった。
序盤屈指の難易度で、今まで4回ほどミスをして序章からやり直している。
ノーセーブという縛りは初見殺しをふんだんに含む、高難易度SRPGにおいて結構な枷である。

 


この時間帯になると、上の方にリンクで出した、溶けてた老人が居るアパートの階段を駆け上がる音が聞こえるようになった。
また誰か溶けたのだろうか?

 

 

そしてKenじーさんから電話

 

 

kenじーさ:「あ、起きとる?今、騒々しいやん?」


ゲイビアル:「そやね。なんか事件かね?」


kenじーさ:「その部屋のすぐ裏のアパートが火事らしいよ。避難指示とかされてない?」


ゲイビアル:「え?マジ?ぜんぜん何も言われてないけど、ちょっと様子見てまた電話するわ。」

 

 

そこで、キッチンの窓から外を見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像はイメージです


これはアカンこれはアカンでぇ!!

 

 

実際、窓から明々と火が見えました。
火元と思われるアパートとは区画が同じで、道路を隔てておらず、建物伝いに延焼した場合、私の部屋も被害を食らい、当然私は死亡遊戯ですおめでとう。

 


Kenじーさんに電話

 

 

ゲイビアル:「部屋から火が見えるわ。本当に斜め裏のアパートだわ。あれやな、立ち退きが決まってどうのこうのしとる例のアパートやな。今からそっちに避難するわ。」


Kenじーさ:「マジか。わかった。」

 

 

本日のゲストに「Fire!」と伝えて起こした。

 

1時44分の事だった。

 

 

 

【今日の歌】

 

To Feel The Fire     Stevie Wonder

 

心に燃える火は欲しいですけど、火災は避けますよね。

 

 

私の住んでいる部屋と民泊・ゲストハウスについてはこちら

 


 

コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほとんどブログ更新できなくなってしまいました。

 

もともとは個人的な日記および、趣味のゲーム攻略記事を書きたくて登録したこのアメーバブログ、最近はそれさえままならないのが現実です。

今までも時々体調不良に陥って、長期間更新できない時期がありました。

今回も同様に、PC作業がおぼつかない状態に陥っています。

 

寒くなり始めた11月あたりから、何かおかしいと感じつつも、できる限り仕事をしていたのですが、11月中旬からハッキリと体調が悪化。

かなり久し振りに鬱症状が出ました。

 

その後、少し持ち直したものの、寒さが本格化した11月末から、1日丸々寝込むようになり始め、12月は殆どの時間を寝込んでしまいました。

クリスマスは風邪をひいて完全にダウン。

遺書作るべきかな、と考える程に、生命力が下がりました。

 

それから2週間して風邪だけは治ったので、そのタイミングで実家に帰りました。

パーキンソン病の症状が悪化した祖父を見舞い、実家に4日間滞在。

楽させてもらえたおかげで、表面上は動けるようにまでなりました。

しかし中身はキツいまま...。

鳥取から岡山に戻ったのが昨日で、今日はまた丸一日寝込んでしまいました。

 

根本的に何が悪くてどこをどうすれば良くなるかがわかりません。

せっかく生きてるんで、もう少し人生というクソゲーを楽しもうと考えているのですが、今のままではどうにも...。

 

明日、とりあえず内科に診察を受けに行ってみようと思います。

岡山駅エリアで、信頼できそうな個人病院を探しているところです。

 

 

 

 

コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。