ハーバード大学への留学経験を経て早稲田大学で博士号を取得し、日本最高峰の理化学研究所でユニットリーダーを勤める小保方氏によるSTAP細胞の捏造研究疑惑が、世の中の注目を集めた。



記者会見で弁明するブサカワな外見とおっとり甘えた喋り声を併せ持つ彼女の姿は、まるで頭の弱いアイドルの謝罪会見のようだ。捏造疑惑に対して理屈で反論することが無く新たな知見は得られなかったが、「不勉強で...」や「体調が悪くなり...」や「STAP細胞はあります!」などの発言で、モテない男にモテる女代表のような彼女は世間の同情を得られたのは言うまでもない。

早稲田大学にはAO入試で入り、その後も様々な伝に頼って研究室を渡り歩いた彼女は、むさ苦しい理系社会で周りからアイドルに祭り上げられたあまり勉強が得意でないある意味被害者というのが現実かもしれない。

理系大学というのは圧倒的な男女差によって、普通の女が性欲を持て余した男共に異常にモテるというのがよくある光景だ。大学を出れば、自分の希少価値が愕然と下げるのは本人が一番分かっているだろう。まして高学歴となれば、そこらへんの女子大の女と同じ土俵に立たされるのは、心が痛くないはずが無い。理系大学という心地よい環境に浸ってしまった彼女は、研究に対するプライドも無く、普通の女の子がなんとなく大学に行くように、周りに助けられながらなんとなく博士過程まで残ってしまったのではないだろうか。

彼女には、男の研究者にありがちな研究に命を捧げちゃうような熱意ももちろん無く、また女の武器を使って研究社会を支配してしまおうなんていうサイコパス的思考も無かったと思う。あるのはただ単純に、テスト前に過去問を入手したり、ネットや先輩レポートからのコピペレポートを提出したりという、普通の大学生の社会で生き抜くための普通の術の延長では無いだろうか。

彼女も一般的な思考の理系女子で、今回は色々な要因が重なり合って、たまたまスケールが大きくなりすぎてしまっただけの話だ。

ちょっと自己愛が強い彼女を、悲劇のヒロインとして、アイドルから女優に仕立て上げたのは、マスコミと視聴者の皆さんだ。彼女は、なんとなく進んだ研究者じゃなくて、本当にやりたかった女優になれてきっと幸せだろう。







AD
仮にですが、何かしらの突然変異で異性に全く興味の無い男が存在したとしたら、どうなるでしょうか?

異性に興味が無いということは、あの手この手を使って美人とセックスしたいと強い想いで行動することをしないということで、子供を持たずに死んでいくということになります。

ヤリたいという想いから、優しくしてみたり、時にはいじわるしてみたり、もちろんつまらない話にウンウン頷いて聞くことも無いということです。
必死こいて理不尽に耐えながら普通よりは高い給料とステータスを手に入れて、女にそれとなく自慢をしてみて、さらにモテなくなるということも、もちろんありません。

異性に興味がない、つまりセックスをしたがらないということは、そういった遺伝子はその人の死と共に滅びることになります。
言うまでもなく、子供というのは、必然的にセックスしたいという遺伝子を持った親から生まれてくるので、同じようにセックスしたいという感情を持って生きていくことになります。
これの繰り返しが人間社会というものです。

最近では、様々なメディアで、若者に恋人が出来ないとか結婚出来ないとかいうことが、話題になっています。

既にお話ししたように、全く異性に興味が無い人間は存在し得ないので、異性への興味は依然として持っているはずです。
誰でも簡単に、インターネットの向こうの外国にあるサーバにアクセスして、無修正の可愛い女の子で簡単に抜けるようになったというのは大きいですが、要因分析はまたの機会にしましょう。

今回は、男女の出会いの場について考えていきたいと思います。
そこで、子孫を繁栄させたいという本能において、男は精子を出すだけなのでより多くの美人とセックスすることが、女は妊娠と子育てがあるので有能な男に継続的に愛されることが最適であるということを頭に置いておいてください。

まずは、職場や学校などの沢山の時間を費やすコミュニティーについてですが、自分が男であるのか女であるのかによって大きく状況が変わってきます。
付き合う前も付き合っている間も別れた後も、周囲との相対的な関係を意識せざるを得ないという特徴があるからです。

男である場合、本能に従って、りのちゃんにもゆうこちゃんにもまゆちゃんにも、セックスの誘いを遠回しにするとすれば、女の子の間でネタにされて、誰ともセックスできなくなるだけでなく、コミュニティーでの地位も脅かされてしまいかねないのは言うまでもないと思います。
ある女の子に対して言ったことや行ったことは、次の日には全員が知っている事実になっているという覚悟を持った方が良いくらい、女の子の間での噂話で結ばれたコミュニティーは強烈です。

また、セックスしたいのはみんな一緒なので、男社会の原則に従って、本来モテるはずの若い有能なイケメンが、先輩との上下関係によって、モテないような振る舞いをせざる得なくなってしまっているというのもよくある光景です。
この上下関係というのは、生きるか死ぬかまでに影響するといっても過言ではないほどのものだからです。

従って、ほとんどの男にとっては、あまり好ましい出会いの場ではないと言えるでしょう。

逆に言えば、女にとっては、一人の男と安全安心に付き合える可能性が非常に高いので、おすすめかもしれませんね。(その男がイイ男であるかどうかは置いておくとして。)

次に合コンについて触れてみます。

男女ともに確かに下位20パーセントもいないけれども、上位20パーセントもいないという環境の中、微妙な出会いを繰り返しながら、ぐるぐる回っているというのが現状ではないでしょうか。

合コンが成立する流れですが、例えばけいこちゃんとおさむくんが何かしらの知り合いであり、お互いに出会いを求めているけれど、けいこちゃんにとってのおさむくんは、セックスを許すには足らぬ男であり、他の女に紹介して結ばれたとしても悔しくない存在であることが条件になります。

仮におさむくんが付き合いたいような良い男である場合、けいこちゃんはおさむくんと幹事を組んで、他の男との出会いと引き換えに、他の女におさむくんを渡すようなことは絶対にしません。

そして、けいこちゃんが連れてくる女の子ですが、けいこちゃんより明らかに可愛い女の子であることはまず有り得ません。
なぜなら、合コンの幹事という面倒くさい役を引き受けながら、他の女の子がチヤホヤされていて、自分が邪険に扱われるだろう場を積極的につくりに行くことは、考えにくいからです。

男の場合は、とりあえずセックスしたいとのが本望であったり、連れてくるメンツで自分の価値が決まるようなプライドがあるので、一概には言えませんが、近いことが言えると思います。

つまり、合コンというのは、非常に不毛な出会いの繰り返しになってしまうのです。
自分が微妙なので相手も微妙で妥協します、という心広い人同士しか結ばれることはないでしょう。

次は、インターネットでの出会いについてです。

非常に少ないコストで沢山の人と知り合えるというメリットはありますが、実際に会うまでのコスト、会ってから好みのタイプである確率を考えると、あまり効率的なものではないかも知れません。

そもそも人口の半分は異性なので、インターネットでやっているのと同じ要領で、街で普通に好みのタイプに声を掛ければ良いだけですので(笑)

最後に、キャバクラ・ガールズバーでの出会いです。

職場・学校と違いコミュニティーに縛られることも無く同時に複数アタックができ、合コンと違い高いレベルの女の子の相手ができ、インターネットと違いルックスや声の好みから入れます。

ただし、セックスするために一番大事なことは、お客さんにならないことですので、そこには一番気をつけなくてはいけません。

自慢話や過度な下ネタは控えて、ちょっとからかう感じで普通に話を聞くスタンスで良いです。
お店は、連絡先交換のツールですので、間違っても、高い酒をオーダしたり、何回も通うようになったりして、必死な男を成り下がってはいけませんよ。

①男のライバルが強い銀座・六本木・新宿などの本場を避けて、吉祥寺・池袋・川崎などの少し外れの繁華街を選ぶ
②レギュラーの子ではなく、学生や他の仕事をしている兼務の子を狙う
③複数の店にフリー(15分とかで入れ替わる)で入り、一人の子への店での勝負は3回まで

攻略法については、また別の機会に紹介したいと思います。

そりゃあ、学校・職場や合コンやインターネットに頼って、機会を待ってても、セックスも恋人もできませんよ。
人生一度きりなんだから、たくさん良い出会いをして、幸せになりたいものです。
ではでは。

※面白かったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ




AD
どもども、独身大学院生のがううです。

$東大生『がうう』の社会で生き抜くための術

朝から晩まで、いや夢の中でまでセッ○スを追い求める男たちにとって、「愛してるよ」とか「可愛いね」とかいう褒め言葉は、お目当ての女性にとっても自分自身にとってもプラスに働く場合が多いので、現実がそうであるか否かを問わずに、挨拶代わりに発しますよね。こういう言葉をさらっと言えない男は、夜の繁華街に出向いて、年齢不詳の哀愁が漂う中の上くらいの女性と、一回ヤルのに5万円から10万円もの大金を落とさなくてはいけなくなります。

消費と流行の担い手である女性は、マスコミが持つ顧客企業にとって大切なお客様であるので、世の中の情報というのは女性にとって都合の良いトピックが蔓延することになります。しかしながら、光もあれば陰も存在するというのが世の常でして、女性のことを心から愛し求める筆者は、一つの重要なことを言わざるを得ません。筆者が読者とのセッ○スの機会を逃すことになってもです。

『女性バブルは崩壊しました。』

バブルというのは、本来の価値以上に評価されることで、その過大評価を真に受けた判断力を持たない大人たちが流され、さらに価値が上がるという現象のことでして、スパイラルに嵌っていくことを意味します。不動産やITが過大評価されてから堕ちぶれた時のように、その化けの皮が剥がれた後には痛い思いをする人々が続出します。

携帯電話をキャリアから消費者に流すだけの光通信という会社の2000年初期の時価総額が、現在の三菱商事やトヨタやソニーなどの大企業の時価総額を大きく上回ってしまったほどに、バブルの力というのは偉大です。バブルに乗っかって低所得者向けの住宅ローンをあらゆる金融商品と合わせて綺麗に証券化してみても、後には世界的な大恐慌を引き起こしてしまうように、バブルに気づかないというのはとても怖いことなのです。

ところで、実は女性の価値というのは景気と連動します。バブル成長のときは、女性はブランド品を身にまとい、挑発的なファッションを好み、週末は香港やグアムに出掛け、長期のお休みはパリやロサンゼルスなどのセレブの地(笑)に出向くという精神的なバブル状態を体験します。

なぜこのような贅沢が可能かというと、自分の稼ぎが上がったからではなくて、王子様がバックアップしてくれたからです。と言っても、少女漫画に出てくるような美男子ではなくて、好景気で収入が少し上がり、将来の期待値も少し上がった、フツメンのサラリーマンのことですけれどもね。

こういった中の上くらいの男というのは、お金が入ってきてたとしても自分に投資するに値することが無いので、女に金を流し込むようになります。新宿や六本木のキャバクラ嬢を口説くも良し!都内の有名女子大の大学生を口説くも良し!

ブランド物や海外旅行を餌にして、こういった男は若い女性にセッ○スを持ち掛けるようになります。もちろん、「これ買ってあげるから一発ヤラせて!」という風にストレートに懇願するのではなく、分不相応な車や時計で武装をし、プレゼントを片手に、エロトークやボディータッチで軽く攻撃をしつつ、女性から発せられる「あなたには股を開いてもいいかなぁ(ハ-ト)」というサインを欠かさずにチャックし続けます。この判断を誤ると後々大変なことになるのはアホな男でも本能的に理解しているので、動物の神秘の凄さをひしひしと感じている常日頃です。また、こういった男はポートフォリオを組んで、陰で数人の女にアプローチをしているのですが、すべての女性に「私にそんなに夢中なのね(ハート)」と思わせる交渉力も発揮します。

ここでバブルが生じてしまうんですよね。一般的な若い女性は、男が頻繁に寄ってくるようになるので、まるで自分がモテているかのような錯覚をするようになるのです。中の上以上の女性とセッ○スがしたいだけの男の性欲処理に付き合わされているという現実には眼を閉じて。人間というのは調子に乗り出すと恐ろしい生き物でして、年収が1000万円以上でないと嫌だだの、芸能人の〇〇並のイケメンじゃないと嫌だだの、自分を見失うようになってしまうのです。

純粋に恋愛感情を寄せていた彼女相応の大学生の男は相手にされなくなり、セッ○スを求める小金持ちにハートを独占されるようになるのです。つまり、好景気が女性の価値を向上させたのです。

ところが、日本の景気の衰退とともに、女性というだけでチヤホヤされる時代が終焉を迎えようとしています。女の子のご機嫌を取って、セッ○スを懇願するほど、世の中の男は経済的にも精神的にも余裕がなくなってきました。また、『ネットワーク社会』と『グローバル経済』と『技術の進歩』が男の日本の女性への興味を衰退させることになったのです。

各家庭に高速で繋がるインターネットがあることによって、全世界の情報に簡単にアクセスできるようになりました。海外にサーバーを置いたエ○サイトからは、無修正で動画をサクサクと見ることができます。恥ずかしながら、この分野にはあまり精通していないのですが、最近のAV女優というのは本当にレベルが高いです。AKB48のメンバー並の女性でも、企画物にちょびっと出てるとかいうレベルです。蛯原友里や佐々木希や北川景子に負けないくらいのレベルの女性でようやく、一対一でアンアンしてる描写を1時間撮れるとかいうレベルです。大半の男は、AKB48のメンバーレベルにも相手にされないわけですから、男がセッ○スへの興味が失せるのも、頷けます。決して、性欲が無くなったわけではありません。『ネットワーク社会』

また、国境は依然として存在しますが、国籍を問わず交流がなされる時代です。六本木や新宿では、アメリカやヨーロッパの白人男性と日本人女性のカップル(?)をよく見かけますが、海外では日本人男性が一夜の恋を頻繁にするようになってきています。例えば、日本でセッ○スを前提に付き合うとなると、数回セッ○スを行った後の別れの手続きに苦労するわけですが、土地的に離れていれば何も問題はありません。今後、恋愛のグローバル化は進むと考えており、日本では中の上の男でも、アジア圏では上の中に伸し上がることができるので、日本人女性に固執するにはそれなりのリターンが無いと難しいはずです。『グローバル経済』

そして、駅前に行けば安くて美味しい飯屋が並んでいて、コンビニに行けばインスタント食品が並んでいます。洗濯は、全自動洗濯機に近くのクリーニング屋。掃除も、高度な掃除機もあれば数千円で業者に頼むことも可能です。つまり、家事洗濯掃除といったものは少しのお金を払えば可能なので、わざわざ専業主婦を雇う必要はありません。「今」美人の妻をGETできたとしても、10年もすれば不良債権と化すことは、目に見えています。『技術の進歩』

このような経緯から、男は日本人女性をだんだん求めなくなってきており、この傾向は今後もますます加速されることでしょう。

確かに、草食系男子を持ち出して自分を慰めるのも一つの手段ですが、女性の方からガツガツと攻める時代が始まったのだと思っています。男があの手この手で女性を落としてきたように、これからは女性があの手この手で男を落とす時代です。口説かれた男からマシな男を選んでいたのでは、幸せがどんどん遠ざかっていくと危惧しています。筆者が女にガツガツするみたいに、女性読者のみなさんもガツガツして下されば嬉しいなと思っています。

健闘を祈る!ではでは。

『おすすめ書籍』
“本物のお金持ち”と結婚するルール―ホリエモンの恋愛講座“本物のお金持ち”と結婚するルール―ホリエモンの恋愛講座
堀江 貴文

大和出版 2010-09-16
売り上げランキング : 3329

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※面白かった場合は、下のボタンのクリックをお願いします。特に、男性の方は、ツイッターでのRTをお願いします。そのままRTをしたのでは嫌われる可能性が高いので、「こういうの無いでしょ。可哀想な奴だな。」とでもコメントして、自分の株を上げると同時に、がうう株の存在を知らしめて下されば光栄です。

人気ブログランキングへ


AD