楽しく独学で資格取得!

会社員が資格マニアを目指して、趣味として独学で楽しく資格取得に取り組むブログです。

NEW !
テーマ:

先日久しぶりに資格試験を受験してみて、やっぱり好きな勉強したり試験受けたりするのは楽しいなーと思い、その勢いでついついCBTで受けられる試験を受けてきました! 受験してきたのは統計検定の3級でございますv( ゚∀゚ )vイエーイ
 
■統計検定とは
統計検定は、一般財団法人統計質保証推進協会が実施している、統計に関する知識や活用力を評価する試験です。1級から4級までの5段階の区分(準1級がある)に分かれており、レベルとしては大学卒業レベル(1級)~中学生レベル(4級)となっています。なお、通常の会場試験は年に2回開催されますが、2級と3級についてはオデッセイコミュニケーションズとの提携により、CBTでの受験も可能になっています。

 

今回は3級をCBTにて受検してきました。3級は、高校の数Iで勉強する「データ分析」相当の知識と運用能力を測る試験となっています。

 

参考:

統計検定とは(統計検定ウェブサイト)

 

 

■受験レポート

前日朝に受験することを決め、元々買ってあった過去問を2年分解いてから会場に向かいました。高校時代は数学の確率分野が好きだったのでもともと統計には関心があり、統計検定は早く受けたいなーと思っていたので今回ようやく受験することができてよかったです。

 

上述した通り、オデッセイとの提携によりCBT試験を実現していることから、受験に際してはOdessey IDが必要となります。これは案外気づかない人も多いのでは。というか自分はそれに気付かず、会場で新規登録しましたw 3級の試験時間は60分で、電卓の持ち込みが可能となっています。筆記具については、会場でペンとシートを貸してもらえました。

 

秘密保持義務があるので具体的な内容についてはコメントできませんが、普通の対策をしていれば大きくは問題ない内容でサクサクと解答し、45分程度で終了しました。あとで確認しようと思っていた問題も何問かあったのですが、面倒になって結局再確認をせず終了してしまいましたw

 

CBTなのですぐに結果がわかります。さて結果はどうだったかというと……

 

 

よかったー無事合格してましたヽ(゜▽゜)ノ

 

 

■テキスト・学習時間・取得費用など
【使用テキスト】

 

 

※過去問は2012年-2014年版を利用

 

【学習期間・時間】
 学習期間:1日(およそ3時間程度)

 学習時間概要: 

  ・過去問演習(2014年11月及び6月回) 計3時間
  ・テキストも買ってあったものの、結局一度も開きませんでした(買っていたのを忘れていましたw)

【取得費用(概算)】
 受験料 6,000円
 書籍代 4,320円
 交通費 1,000円
  合計 11,320円
 

【管理人スペック】

・文系大卒、事務職

・高校時代は確率はそこそこ得意分野

■総評

高校数学の確率分野が理解できていた方であれば、3級は比較的簡単に取得できるのではないかと。でも箱ひげ図とか全然習った記憶がないので(忘れてるだけ?)、一応復習の意味で一度くらいは過去問を解いておいてもいいのではないかと思います。満点狙いで行ったのですが87点と微妙な点だったので、おそらくまだ理解が不十分なんだろうと思います。

 

統計の勉強はやっていて面白いので、引き続き2級も受験しようと思いまーす(´∀`)

 

blogランキングに参加しています。
にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ 

 


テーマ:

2016年後半から最近まで資格試験の勉強はほとんどしていなかったので、2016年度のまとめをしていませんでした。 なので今更ではありますが、簡単に2016年の資格試験受験結果のまとめをしておこうと思います。

 

■2016年受験した試験一覧&試験結果 
(〇:合格、×:不合格、―:申し込んだが受験せず)

01 2016年01月 〇 金融業務能力検定(事業承継・M&Aエキスパート)
02 2016年01月 ● TOEIC(790点)
03 2016年03月 ― TOEIC
04 2016年03月 〇 QC検定3級
05 2016年03月 × QC検定2級
06 2016年04月 ― 証券アナリスト1次試験
07 2016年05月 〇 測量士補
08 2016年05月 〇 情報検定(J検)情報活用試験1級
09 2016年07月 〇 保育士
10 2016年07月 〇 リテールマーケティング(販売士)検定2級
11 2016年09月 ― 証券アナリスト1次試験
12 2016年11月 × 工事担任者AI・DD総合種(一部科目合格)

■2016年総合戦績  
12戦6勝2敗3逃亡1点数のみ(取得資格:6種6個)

 

2016年でよかったことは、保育士試験に合格できたことですね。3回目の試験でようやく実技試験にこぎつけ、絵と素話という普段受けている試験とは全くことなる種類の試験に一回で合格できたのはよかったです。

 

 一方、証券アナリストなんかは試験を受けるためにせっかく高い通信教育代を支払ったにもかかわらずあまり勉強せずしかも試験も受けていないという体たらく。決して安くないお金だったので、もう少し受験前に考えるべきだったかなと反省しました。 

 

2017年はほぼ資格の勉強ができなかったので、2018年はまた徐々に趣味の勉強に取り組んで行けるよう時間を上手く使っていきたいと思います。

 

  blogランキングに参加しています。 

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ にほんブログ村


テーマ:

ご無沙汰しております。だいぶ間が空いてしまいましたが、またぼちぼち資格勉強開始しまーす。久々の試験は基本情報技術者です(´▽ `)ノ
 
■基本情報技術者とは
基本情報技術者は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行っている「情報処理技術者試験」の一区分です。情報処理技術者試験とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。

 

基本情報技術者は、情報処理技術者試験の中では基礎的・入門的資格として位置づけられていることから、毎年10万人を超える受験者のいる人気資格の一つとなっています。合格率は、概ね25%前後で推移しているようです。

 

参考:情報処理技術者試験 試験区分一覧(IPAウェブサイト)

 

試験は午前・午後で試験がわかれており、それぞれ6割以上で合格です。科目合格はありませんので、1回の試験で午前・午後とも6割以上の得点をする必要があります。なお、午前試験についてはIPA認定講座修了による免除が使えるようですが、後述するように午前試験は過去問を繰り返せば大体何とかなってしまうので、認定講座利用者はそれほど多くないのでは(余計にお金もかかってしまうし)と思います。

 

■受験レポート

当日朝は笑っちゃうくらいの嵐。風はゴウゴウと音を立てながら吹いており、しかも雨も降っているという。正直なところ玄関を出た瞬間にもう帰りたくなりました(笑)が、せっかく勉強したので傘を吹き飛ばされながらも駅に向かいました。

 

 

電車は普通に動いており、無事試験会場である千葉商科大学に到着。2年前に工事担任者受けたときにも来た会場ですね。なお、会場に着く頃には雨は止んでました。でも、駅までの道のりでリュックとチノパンがお亡くなりになっていたのでめっちゃ寒いw

 

 

この会場全体でどれくらいの人数が受験していたのかは一覧がなくわかりませんでした。自分の会場は70人程度入れる会場でしたが、見た感じ3割くらいの席が空いていた印象。もともとの受験辞退者に加え、悪天候で来れなかった人たちも結構いたかもしれません。

 

午前試験は1問目からわからずちょっと焦りましたが、まあ6割取れれば合格なのでサクサクと進めていいくことに。前半に考えさせられる問が多くちょっと時間がかかりましたが、最後の問題が終わった時点で試験開始から90分程度。マークミスがないかどうかをチェックしたりして、試験開始から100分弱、11時10分ごろに途中退出しました。

 

退出後にさっと食事を済ませ、その後は午後試験に向けて表計算のテキストを読み込み。その頃には時折晴れ間も見えるなど天候もそれなりに回復しており、外で風にあたりながらスムースに復習が進みました。

 

午後試験は必須問題の問1(セキュリティ)、問8(アルゴリズム)に加え、問2~7から4問選択、問9~問13(言語問題)から1問選択する必要があります。言語問題については最初から表計算と決めて対策をしており、4問選択はテクノロジ系でない問6と問7は選ぶとして、後2問は当日見てから決めようと思っていました。試験開始後に問題を見てみると、問2(ハードウェア)はかなり簡単そうな印象だったので選ぶこととし、残り1問は読み込みに時間がかからなそうな問3(データベース)にすることに決定。問1→問6→問7→問2→問3→問13→問8という順番で解きました。午後試験は午前に比べて時間的な余裕がなく、最後のアルゴリズムを解き終わった時点で残り時間は15分程度だったので、途中退出はせずマークミスなどのチェックをし時間いっぱいまで使いました。

 

全体的な感触としては、通しでやった平成29年秋の過去問よりは解けた印象だったので、何とかなるんじゃないかと期待しつつ会場を後にしました。

 

 

久しぶりの試験で頭を使い疲れたため、会場最寄駅近くでさっそくビールも飲んでしまいましたw

おいしかったでーす(・ω<)テヘペロ

 

■自己採点結果

 

 

最速と思われる大原の解答速報で午前試験は15時半には自己採点できていたのですが、午後試験については結局IPAの解答例待ちでした。当日に公式の解答をアップしてくれるとか親切な試験だなと思います。さて、IPAの解答例をみながら採点した結果は……

 

午前試験:65/80(81.3%)

午後試験:問1:4/5、問2:5/5、問3:3/4、問6:6/5、問7:8/8、問8:5/5、問13:3/6

       合計:33/39(84.6%)(配点を考慮すると82.6%)

 

合格ラインは午前・午後とも60%なので無事合格見込みです∩( ・ω・)∩バンジャーイ 

 

参考:平成30年春期解答例(IPAウェブサイト)

 

■テキスト・学習時間・取得費用など
【使用テキスト】

 

 

 

 

【学習期間・時間】
 学習期間:およそ1ヶ月(およそ20時間程度)

 学習時間概要: 

  ・テキスト精読:5時間

  ・過去問演習(午前):5時間(3回分)

  ・過去問演習(午後):5時間(1回分+表計算のみ3回分)

  ・表計算対策:5時間

【取得費用(概算)】
 受験料 5,700円
 書籍代 4,902円
 交通費 1,000円
  合計 11,602円
 

【管理人スペック】

・文系大卒、事務職

・過去基本情報2度落ち(学生の頃、10年以上前)

・初級シスアド、Iパス保有

・日商簿記2級、など

■総評

最初は応用情報の方を受けるか迷ってましたが、過去問をみてさすがにコレはある程度時間かけないと無理そうだと思い、何とかなりそうな基本情報を受験することにしましたが無事取得見込みとなり何より。対策に時間をかけた表計算であまり点が取れていないのは残念ではありますがw なお、基本情報は学生の頃2度受験し2度とも落ちているので、ようやく仕留められたか……と、感慨もひとしおです。

 

情報処理技術者試験は頭の体操のように普段あまり使わない頭を使わせられる試験で嫌いじゃないので(得意ではないけど)、今後も引き続き受けていく予定。次は応用情報か情報セキュマネか迷ってますが、セキュリティにそれほど興味があるわけではないので過去に申し込んだことのある応用情報に再トライしたいと考えてます。また、せっかく表計算勉強したので、覚えているうちにVBAエキスパートとかMOSとかに上手く展開していければいいなと。

 

blogランキングに参加しています。
にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ 


テーマ:

ご無沙汰しております。いろいろあって9月くらいから全く趣味の勉強に取り組めてませんでしたが、ようやく一段落したのでまた勉強開始します(´▽ `)ノ 一発目は工事担任者です!
 
■工事担任者とは
工事担任者は、電気通信回線に端末設備、又は自営電気通信設備の接続工事を行い、又は監督するための国家資格です。

 

電気通信事業法第71条に、「利用者は、端末設備又は自営電気通信設備を接続するときは、工事担任者資格者証の交付を受けている者(以下「工事担任者」という。)に、当該工事担任者資格者証の種類に応じ、これに係る工事を行わせ、又は実地に監督させなければならない。ただし、総務省令で定める場合は、この限りでない。」と定められていることから、業務独占資格にあたります。

 

資格区分は、アナログで三種類(一種~三種)、デジタルで三種類(一種~三種類)、アナログ・デジタル総合種の7種類があります。数字が若いほうが上位の資格で、総合種はアナログ・デジタルの端末設備等を接続するための工事全てを行うことができる最上位の資格です。

 

この資格を取得するための方法は、①国家試験に合格する、②養成課程を修了する、の2つがあります。今回受験したのは①の試験ですが、昨年は3万人超の受験者がいた模様。合格率は種別によって大きく差がありますが、今回私が受験した総合種については、ここ最近はだいたい15%~20%くらいで推移しているようです。

 

総合種の試験は基礎、技術、法規の3科目あり、科目合格もあります。科目合格の有効期間は3年間です。従い、最初から科目合格を狙って受験する層も一定程度存在するのではないかと思います(今回は勉強が間に合わず自分も科目合格狙いでした)。

 

 参考:工事担任者試験 公式ウェブサイト(日本データ通信協会)

 

■受験レポート

申込から試験まで十分な時間があったはずが、いろいろあり全く勉強できず、結局勉強を開始したのが試験の5日前という体たらく。このタイミングから全科目やるのは絶対無理!と思い、基礎科目の科目合格に狙いを絞って勉強しました。基礎科目のうち、電気回路、電子回路、論理回路などの計算問題については高校で学んだ知識を思い出しながら解いたらそれなりに解けたので、この辺を得点源にすることに。勉強時間はトータル7時間くらいでしょうか。十分な完成度とは言えないまでもそこそこ戦えるレベルにはなったかなというのが試験当日の朝でした(^ ^;)

 

 

試験会場は千葉商科大学。JR市川駅からバスで10分くらいのところにあります。同日に入学試験もやっていて、受験生っぽい高校生らもちらほら見かけました。とはいえ高校生も工事担任者受けているかもしれず、見分けはつきませんが。

 

 

工事担任者の会場案内よりもむしろ横の看板の「本気の面接」の方が気になるなあなどと思いつつ会場へ。いくつかの教室に分かれており、私の受験する教室では160人ほどが受験するようでした。けっこう多い。試験15分前から試験案内が始まり、9時半から試験が始まりました。

 

上述の通り、計算問題は得点源にしようと思っていたものの、解くのに時間がかかるので電気回路の問題は飛ばして先に電子回路や論理回路の問題を解きました。時間はかかってしまったものの、答えは出せたので多分大丈夫だろうと思い次の伝送理論に進んだところ、付け焼刃ゆえにどの問題にも自信を持って答えが出せず。伝送理論は最悪0点(20点失点)もありうるなと思いつつ最後の伝送技術に臨んだところ、逆にこちらは全問すらすらと解けたので、前半の出来を踏まえるとこれなら合格ライン超えられるかも・・・と期待しつつ、上乗せを狙い残していた電気回路を解きました。無事解き終えたところで時計を見ると、試験から60分くらい経過してました。

 

残りの2科目はまったく対策していないため、問題文を読んでもほとんどわからず適当に塗り絵w それが終わったところで途中退室しました。

 

 

基礎科目はまあなんとかなったかなーという感じですがはたして。30日に公式解答がアップされるようなので、楽しみに待ちたいと思います。

 

■受験メモ

学習時間:7時間

費用(現時点の概算)

 受験料:8,700円

 テキスト:3,000円

 交通費:1,000円

 合計:12,700円

 

使用テキスト:

 

 

(以下2016年12月1日追記)

11月30日に公式解答がアップされたのでさっそくチェック。

 参考:平成28年度第2回工事担任者 試験問題・解答(日本データ通信協会)

 

基礎科目は81点で何とか科目合格見込み。やったー∩( ・ω・)∩バンジャーイ 

 

なお、塗り絵した残りの2科目については当初発表まで待とうかと思ってましたが、公式解答をみると採点したくなってしまい結局採点しました。技術・法規ともに32点でしたw 無念。

奇跡は起こらないから、奇跡って言うんですね。わかります。

 

残りの科目は科目合格の有効期間(3年間)のうちに合格できるようがんばりまーす(´ー`)y-~~

 

blogランキングに参加しています。
にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ 


テーマ:
7月9日に受検し先月末に合格発表があったリテールマーケティング検定(販売士)2級の合格証が届きましたー(´▽ `)ノ

参考:リテールマーケティング検定(販売士)2級 受けてみた
参考:リテールマーケティング検定(販売士)2級 合格発表


販売士2級_合格証書


日本商工会議所と全国商工会連合会という2つの団体の代表者のお名前が入っています。ちなみに日本商工会議所と全国商工会連合会の違いはよくわかっていませんが……


販売士2級_採点結果


採点結果も一緒に入っていたんですが、自己採点より10点くらいよい結果でした。

なお、販売士は5年毎の更新制となっています。更新は講習受講、通信教育受講または更新級よりも上級の級の取得が必要なので、タイミングを見つつ5年の間に1級に合格することで更新に代えられるといいなあと考えてます。難易度が上がるのと受験日が平日だということがちょっとネックではありますが……(´Д`;)


blogランキングに参加しています。
にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。