大阪のトラウマケア・インナーチャイルドセラピー・トランスパーソナルセラピーは心彩

大阪の心彩は、トラウマに関する心理療法・トランスパーソナルセラピーボディ・ボディサイコセラピー・インナーチャイルドセラピーを行っています。ゲシュタルトなどの心理療法・セラピーにかかわって20年以上です。


テーマ:

アレクサンダー・テクニークのトレーニング時、歯を食いしばる話になった時の体験をお話しようと思います。


ここ最近、私自身奥歯を噛んでるなぁ・・ということには気づいていました。
そして、噛んでいる理由は、oinuを見送った悲しみなので、ある程度は仕方がない・・と思っていました。
噛んでいるのに気づくと、顎を開けて緩めるということを心がけていました。


アレクサンダー・テクニークトレーニング中、ある方が奥歯を噛むという話をされ、
「奥歯を噛むいうことはどういうことでしょう」
「どこがどうなって奥歯を噛むということが起こるんでしょう」

と先生がおっしゃいました。
その言葉を聞き、そういえば心と身体の関係は常に考えるけど、筋肉がどう動いて噛む状態になるのか・・この角度では考えたことなかったなぁ・・ということに気づきました。

下顎を持ちあげる筋肉は、咬筋と側頭筋とのこと。
なるほど・・咬筋と側頭筋の緊張が下顎を持ちあげているのか・・と理解し、その二カ所の筋肉を意識したら、ナント驚いたことに、顎が緩み出しました。
特に側頭筋を意識したときの顎の緩み方は、凄い!
かろうじて唇が触れているくらいまで緩みました。
意図的に緩めているのとは、大違い!


では、側頭筋を緊張さすのは、どういう時だろう・・・と観察していると、
考え事をしているとき
目を使いしっかり見ているときでした。

長岡天神の安藤先生に「目を使いすぎ! PCやスマホは最低限にしてください。緑を見てください」といわれたばかりでした・・


そういえば、トレーニング中に首をかしげていると先生から
「賀戸さん首。そんなに気を使わなくていいよ」と・・・


繋がった! 


目で回りを観察して、いち早く立ち位置を確認し、配慮していました。
昔から比べると、かなりましにはなりましたが、まだまだ身についている・・・

それも不自然な姿勢をも苦痛と思わず我慢して・・


身体は語る


別角度から自分自身を見つめる。
とても大切なトレーニングになっています。
どの理論も一理ある大切なものです。
学びは面白い。
自分の身体を使った実験は、もひとつ面白い。
色々な体験を積み、アウトプットしていこうと思います。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
心彩  からのお知らせ

・体験してみたい方へ
ボディサイコセラピー体験ワークショップ
インナーチャイルド体験ヒーリング → 5/27

・自分自身をしっかり見つめたい方へ

ブレスワーク → 秋の予定

リバーシング → 秋の予定

心と身体を感じ今を生きる
 (家族関係やコラージュなどのグループワーク)
個人セッション

・お問い合わせ→info☆kokoaya.com  ☆を@に変えてください

AD
いいね!した人

大阪の心理療法ルーム心彩セラピストがっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。