レザーオールソール(靴底の全交換)しました。

{334C3D21-35A1-4512-9AEA-00D629A966DC}

コバ面は日本靴特有の矢筈コバ。

斜めに削り込まれている下段部分には光が当たらず、くびれている上段部分にのみ光が当たる為ソールの厚さが実際よりも薄く見えたり、せっかくつけた爪が削られにくいなど、日本の職人さんらしい細かい配慮が感じられます。

今回は元のコバからゲージを取り、コテを作り再現しました。

{22FB791B-06C3-47C7-AA73-518CFD7BA8E1}

通常機械で削ってしまうコバ面ですが、矢筈コバでは使う事が出来ないので (当店にはヤハズ専用のカッターがない為) 手作業でコバの形を作っていきます。

革用の包丁、ガラス、やすりなどを使い大まかな形を作ります。

{00923278-3D90-4B08-9B65-0FC988CCC1B8}

{E8047094-83F3-4EDB-BB4C-AFC6751ED878}

↓包丁で切り廻した状態です、このあとガラス、ヤスリでくびれを作っていきます。

{2C6A0F32-53F6-4307-8D78-216B4044429B}

{B984560F-18E6-43A5-9B6B-B78482E7536B}

{63536150-839D-41E1-BC3A-8B2BB167C09A}

その後にコテを当て形を整形していきます。

{94E45110-AE46-425D-AD6F-A10687769A6E}

{06CE7193-DD91-44C8-8A3E-45286800A427}

{4FBFD660-2D0F-4C85-9FE6-8BF31184B21D}

{A17A8EFD-635D-45AA-AB1A-38CAA65683E6}

{61A40FD2-2497-400E-BAD7-E50A4CA2F4E5}

{8B762CD4-514E-4FCC-A3F7-7545BDE0F8C1}

一口に矢筈コバと言ってもメーカーさんごとに様々な形があり見ていて面白いです、矢筈の他にも色々な形状のコバ面があるのでこれからも研究していこうと思います。

レザーオールソール ¥14000

ヒドゥンチャネル仕上げ + ¥2000

靴修理店Gatoでは現在オールソールのみ郵送での修理を承っております。まずは下記のご郵送の流れをお読み頂き、お問い合わせフォーム、またはメールからご連絡下さい。 山田

靴修理店Gato(ガト)

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-14-13

メール : repair_gato@yahoo.co.jp

インスタグラムアカウント : repair_gato

フェイスブック 靴修理店Gatoで検索して下さい。

定休日 月曜、木曜 臨時休業有り

ご郵送での修理受け付けの流れはこちらから↓



各メーカーの修理例はテーマ別からご覧下さい。
ホームページはこちらから↓又は 靴修理店 Gato でご検索下さい。


北浦和駅から当店までの経路はこちらから↓





AD

革包丁

テーマ:
靴を修理する際になくてはならない道具、職人がそれぞれ使いやすいような角度や幅、用途に合わせて真っ直ぐだったり斜めだったり丸くしたり。

今回は真っ直ぐに研いでみました。

まだ刃先がほんの僅かに丸くなっているのが気になります。

ただ真っ直ぐ研ぐのも難しい。

修理する靴を綺麗に仕上げるには、正確な下処理が重要なのですが、正確な仕込みをするには道具の仕立てが重要だと思っています。

これからも最終的な靴の仕上がりを想像しながら道具の仕立てをしていこうと思います。

{24CDB888-03F0-42CB-8543-C84EACCB4249}

靴修理店Gatoでは現在オールソールのみ郵送での修理を承っております。まずは下記のご郵送の流れをお読み頂き、お問い合わせフォーム、またはメールからご連絡下さい。 山田

靴修理店Gato(ガト)

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-14-13

メール : repair_gato@yahoo.co.jp

インスタグラムアカウント : repair_gato

フェイスブック 靴修理店Gatoで検索して下さい。

定休日 月曜、木曜 臨時休業有り

ご郵送での修理受け付けの流れはこちらから↓



各メーカーの修理例はテーマ別からご覧下さい。
ホームページはこちらから↓又は 靴修理店 Gato でご検索下さい。


北浦和駅から当店までの経路はこちらから↓


AD

試作 矢筈コバ仕上げ

テーマ:
今日は靴のコバについてです。

コバとは、ウェルトとソールの側面の事を指すのですが、国や職人さんにより色々な形状に加工されています。

今回は矢筈(ヤハズ)コバ仕上げと呼ばれる日本特有のコバ仕上げについてです。

近年の日本靴の人気に伴い新たにメニューに加えようと思い試作中です。

コバ面が、くの字型に張り出している事が特徴でソールの厚さが薄く見えたり、爪と呼ばれる尖った頂点の部分が削られにくいなどのメリットがあります。

{32F6CE0E-4AAA-40E4-B1F5-CB626AAD95DF}

こちらの靴からゲージを取らせて頂いて再現してみました。

今回はコテ作りやコバの設定など色々改善点がありますが次回はもう少し上手く出来るかなと思います。

今後も色々な形状のコバに挑戦してみたいと思います。

{4EE0DFFE-8917-4F84-A5D3-E00A3D269CB1}

矢筈コバ仕上げ、個人的には美しいコバ仕上げだなと思います。

{0A7CF9B2-7658-4D2E-B965-FB82C976076C}

{D8CF5D5C-78D6-4472-BA86-BE97BF7F719F}

手製靴全盛の時代に職人さんが腕を競いあった末に生まれた技術なのか、日本人的な配慮や機能を追求した末にたどり着いた形なのか諸説ありますが、昔の職人さんはなかなか粋な事をするなと思います。

メニューに取り入れている修理屋さんが日本でも数えるくらいしかないので、再現したい方やコバの形状を変えてみたい方はご相談ください。

一見地味なコバ面の加工ですが、靴の印象を大きく変える重要な要素です、同じ修理をするのであれば拘られてみてはいかがでしょうか。

靴修理店Gatoでは現在オールソールのみ郵送での修理を承っております。まずは下記のご郵送の流れをお読み頂き、お問い合わせフォーム、またはメールからご連絡下さい。 山田

靴修理店Gato(ガト)

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-14-13

メール : repair_gato@yahoo.co.jp

インスタグラムアカウント : repair_gato

フェイスブック 靴修理店Gatoで検索して下さい。

定休日 月曜、木曜 臨時休業有り

ご郵送での修理受け付けの流れはこちらから↓



各メーカーの修理例はテーマ別からご覧下さい。
ホームページはこちらから↓又は 靴修理店 Gato でご検索下さい。


北浦和駅から当店までの経路はこちらから↓






AD