合掌

俺の生存記 


テーマ:

アメーバの占い?で遊んでみた。

 

▼ゲッターズ飯田が占うあなたのタイプと2017年の運勢

2017年の運勢をもっと詳しく占う

 

 

 

 

 

 

富士山​ 私の2017年の書き初め 富士山



\ 2017年 /
書き初めメーカー

鳥 新年の書き初めをしよう 鳥

 

 

 

▼わたしの2017年の恋愛運は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

何事もほどほどに頑張りまーす(笑)

 

南無妙法蓮華経

合掌

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
華風月の記事に続いて。
和楽器バンドの新曲『オキノタユウ』を紹介したいと思う。

先日18日に日テレ系朝の情報番組「スッキリ!」に。
和楽器バンドが生出演し新曲『オキノタユウ』を披露した。
またスッキリ!出演後この新曲『オキノタユウ』が。
レコチョクデイリーチャート3位にランクイン。
USENリクエストチャートでも3位に上昇するなど反響を呼んでいるという。

俺としたことが和楽器バンドのTV出演の情報をすっかり失念し。
録画予約をしなかったことを悔やんだ。
が。
無事にYouTubeでチェックすることができた。



新曲のタイトル『オキノタユウ』はアホウドリの別名で。
沖にいる大きくて美しい鳥の意味であるそうだ。
新曲についてこの曲を手がけたギターの町屋氏によると。
「四季と時間を渡り鳥の目線で駆け巡っていくような、
それと、自分たちの活動をシンクロさせて詩を書いていて、
そういった美しい四季の世界観を和楽器の音色とともに
感じて貰いたいと思っている」と解説している。

海の上を自由に大きく羽ばたきながら飛ぶ渡り鳥のように。
和楽器バンドが国や世代を越えて。
広く世界で愛されるバンドになるだろうと信じている。

3rdアルバム『四季彩-shikisai-』が。
3月22日にリリースされるのが待ち遠しい。

南無妙法蓮華経
合掌
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
1月8日。
横浜ランドマークホールで行われた華風月 結成5周年記念LIVE
『月に照らされ、風に揺れる華』
に行ってきた。

今年の華風月のLIVEは子供を預けて。
久し振りに夫婦二人だけで出掛けたので。
LIVE前には海を眺めながら汽車道を歩いて赤レンガ倉庫に行ったり。
コスモワールドで観覧車に乗ろうとか。
LIVEが終わったら夜景を見て・・とか。
俺はベタな横浜デート(笑)をしようと思っていたのであるが。
あいにくこの日は雨の上に強風というの悪天候でプランは断念。
ランドマークタワーをブラブラとショッピングしたり。
タワーの中にポケモンセンターがあったので。
ムスコの好きなルカリオのぬいぐるみをお土産に買って。
タワー最上階の展望フロアで雨のみなといらいを眺めながら。
仕事のこととかお互いが知らないそれぞれの日常について話したり。
でも俺達の会話は自然にムスコの話になって。
お互いに我が子への愛しさを親であることを再確認したのだった。

image


南無妙法蓮華経

さて。
話しを華風月のLIVEに戻そう。

華風月というのは。
ピアノ弾き語りに尺八と箏という3人で編成された。
和風アコースティックユニットである。
メンバーはピアノとヴォーカルの鈴華ゆう子と。
尺八の神永大輔と箏のいぶくろ聖志で。
ともに和楽器バンドのメンバーでもある。
オリジナルの楽曲はもちろん。
詩吟などの古典音楽をはじめ。
童謡やJ-POPを和テイストでカバーしている。
また。
楽器の生の音を届けたいというコンセプトのもと。
収容人数も300人ほどの規模の会場でLIVEを行っていて。
そのためなのか。
LIVEはアットホームな雰囲気であり。
楽器の音色や歌声はとても濃密に心に響くのだ。

LIVEの冒頭のMCでボーカルのゆう子さんはリラックスしてLIVEを楽しんで欲しいと言い。
照明は観客の顔をステージから見れるようにしているとも言った。
また尺八の大さんはMCで。
華風月の曲を聴くと眠くなるのでCDを最後まで聴けないのだと言った。
LIVE中アイツが何度か俺の隣でアイツがうつらうつらしていたので。
まさかとは思うがひょっとしてアイツの居眠りに気付いたのでは!?
と思ってしまった(笑)
後でアイツに居眠りのことを言うと。
音楽が心地よくて途中何度か心がふわふわしたと言った。
おそらくCDを最後まで聴けない大さんもこんな感じなのだろうと。
俺は勝手に想像した(笑)

そしてこのLIVEのために書き下ろした新曲。
「月に照らされ、風に揺れる華」
メンバー3人の出会いから現在。
これからの未来を思いながら作ったという言葉通り。
これまでのアルバム収録曲のタイトルが歌詞に詰め込まれていて。
華風月の思いが曲と共にダイレクトに響き。
とても感動した。
その新曲を聴きたくて。
LIVE会場限定の6曲入りミニアルバムを買った。



相変わらずゆう子さんの歌声は美しい。
これから華風月5周年の集大成として。
3枚組みのアルバムが発売されるということで楽しみにしている。

また2月17日と18日には和楽器バンドのLIVEがあり。
俺は2日間とも参戦するのであるが。
それが楽しみでしょうがない。

合掌

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

1月11日に6回目の結婚記念日を迎えた。
毎年結婚記念日は老舗のすき焼きを食べて祝う。
いつしか俺達にはそんな慣例が出来上がったのだが。
年に一回の記念日くらいは贅沢したってバチは当たらないよね(笑)

 

そうそう。
バチといえば厄年。
いや。
いえばってこともないんだけど。
アイツが3回目の厄年だ。


女性の厄年は4回あって30代では6年間もあるんだね。
あんまりそういうのは気にしない方なんだけど。
アイツの2回目の厄年には俺達にとって辛い出来事もあった。
アイツの身に何か悪いことが起こった場合に。
やっぱり厄除けをしておけば良かったと後悔するのは嫌だし。
だから今年はきちんと神社で厄払いをした。


それと。
厄年には7色の物を贈るとよいと聞いたので。
俺はアイツへの結婚記念日に。
7色の石を使ったネックレスをプレゼントした。

けどまぁプレゼントと言っても。
一緒に買い物に出掛けてっていうんじゃなくて。
ふたりで一緒にAmazonを見てアイツが気に入ったものをポチった。

「プレゼントをネットショッピングで一緒に選ぶって何だかロマンティックさに欠けるよなぁ」と俺はアイツに言った。
そしたらアイツが言った。

 

「konちゃんサプライズ好きだし、ロマンティストだもんね!
私ね、休日の朝に起きたらマフィンを焼いてくれてたとか、
何でもない日にもお花を買ってくるとか、
今までkonちゃんにしてもらったこととかを人に話すとね。
旦那さん外国人なのって言われることがあるんだよ(笑)。」

 

俺がそういう風にするのは嫌なのか?って聞いたらアイツは言った。

「嬉しいよ!
でも申し訳ないなぁとも思うよ。」

 

申し訳ないなんてそんな風に思うことはない。
たぶん俺は年を取ってもそのままだし。

っていうかさ。

俺の言動の源はキミへの愛だぜ(笑)

 

南無妙法蓮華経
合掌

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

最近は更新も月イチのペースになっている。


けど。
決してネタがないということではなく。
ネタはそれなりにあるのだけれど。
自分の更新するタイミングと合わず。
さぁ更新するぞ!っという時には。
そのネタから随分と時間が経ってしまい。
結果更新する回数がだいぶ減ってしまったのである。

 

でも。
考えてみたら。
俺のブログは。
そもそも旬な話題とか時事ネタとか。
そういうのを取り上げてはいない。


だから。
時系列とかそういうものは。
あまりとらわれずに。
今年は更新していこうと思うのであーる。


新年迎えちゃったけど。
クリスマスのこととか書いちゃうかもしれないし(笑)

今年は更新回数を増やすことを目標に。
合掌していきます!

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

南無妙法蓮華経

合掌
 

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

先月末から続く忘年会ラッシュも残すところあと一回。
もう何度目の忘年会かなんて数えてないけど。
酒で荒れた胃と肌で今年の終わりを感じている。

俺の所属するコルセンでも忘年会を行った。
っていうか。
俺はオペレーターの彼女達から。
「忘年会をやりましょう!」とお願いされた事が意外であった。


近年では仕事とプライベートをきっちりと分ける風潮が定着しており。
忘年会のように就業時間後の社内的行事は敬遠されることが多くなっている。
俺が昨年まで所属していた部署も然りで。
歓送迎会以外は行わないという上司の方針もあって。
部として忘年会は行わなかったし。(忘年会は有志で行った)
まして女性は会社の飲み会を敬遠しがちだ。
だから俺は漠然と忘年会は行わないと思っていたので。
そういう声が上がることを意外に思ったのだ。

 

俺は上司に忘年会を行うのかお伺いを立てると。
忘年会をやるのは構わないが自分は参加しないということだった。
酒も飲めないし参加しても意味のない会だからということであった。
意味のない会ねぇ・・・。
俺達はいわばひとつのチームだ。
チーム内のコミュニケーションを図る機会と思えば。
忘年会だって意味のあるものではないのか?
色んな考え方があるからしょうがないけどさ。


っていうか俺は。
女性陣の中で男ポツリというのもバツが悪いし。
忘年会があるなら参加を遠慮しようと思っていたのだ。
だから俺はそのことを告げると上司はこう言った。

 

「コールセンターとして行うなら監督責任があるから、
konta君アナタは参加しなきゃダメだよ。」


なんだそれ。
俺に対する忘年会への参加強要だよね。
これってパワハラじゃね?(笑)
ま。いーけどね。

 

かくして。

男は俺だけという。
ハーレム忘年会を開催。
この女だらけの忘年会。
ポロリもある・・・ワケはない。(笑)

 

南無妙法蓮華経

 

12月某日。
女だらけの忘年会スタート。

しかしながらお世辞にも。
幹事の仕切りは良いとは言えるものではなかった。


ビンゴ大会を企画して。
ビンゴガードを会社に忘れるという大失態をしでかすし。
仕切りはグダグダである。
こんなの他のとこでやったらぶっとばされるに違いない(笑)
でもなぜかこのグダグダとゆるーい感じが。
この忘年会には妙にハマっていた。
ただし。
やっぱり男ひとりというのは面映かった。

 

ビンゴはじゃんけん大会に変わったが。
反って盛り上がったし。
一等の景品は2in1PCという大盤振る舞い。
幹事に聞くと。
それはマネージャー(上司)が寄付した物で。
忘年会に参加はしないけど会費も上乗せして払ってくれたと言う。

 

ふーん。
それで上司としての役割を果たしたってことなんだろうけど。
なんかが引っかかるというか。
上司はいつも俺の心にモヤっとするモノを残していく。


上司は忘年会を意味のない会だと言った。
確かに。
酒が入ると本音が出るというか口が軽くなって。
愚痴や悪口や聞きたくない話を聞かされたり。
先輩や上司から説教をされたりと疲れることもある。
けど。
俺が言うのも口幅ったいが。
意味のある会にするのも。

上司の力量であったりするんじゃねーのかよって思う。

 

忘年会は一年の有終の美を飾る会である。
今年も共に働いた同僚や部下や上司に。
感謝の気持ちを伝える会。
そんな風に考えれば忘年会も悪くないと思うんだけどね。

 

合掌

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
投稿写真

 

 

上司がExcelを開いて。
そのPC画面を見ながら電卓を叩いている。
その姿を見ると俺はいつも不思議に思う。
なぜって。
計算式を入れれば済むからだ。

 

 


顔はPC画面を向いたまま。
上司の指が電卓の上を跳ねる。
リズムを刻むブラインドタッチ。
それにしても電卓を打つのが早い。
なんて早さなんだ!(笑)
しばし見惚れる。
だがしかし。
計算ミスはないのだろうか?
そもそも作業効率だって悪いだろうに。

計算が終わったのを確認して。
俺は上司に声をかけた。

「計算式を入れましょうか。
俺でよかったらやりますよ。」

俺を一瞥して上司が言った。

「悪かったわね!Excel使えなくて。」

そう言う意味ではない。
よかれと思って言ったのだが。
俺は上司を怒らせてしまった。

南無妙法蓮華経

今年の4月に。
この上司の下に配属されて半年が過ぎて。
これに限らず俺と上司は。
幾度かこういうやり取りをしている。
その中で上司は俺にこう言った。
「私にあなたを信頼させて下さい。」

俺はまだ。
上司の信頼を得ることが出来ていないのか。
最も第一印象悪かったからな〜。
しゃーない(笑)

それからしばらくして。
俺は上司に呼ばれた。
「Excelでこういうの作ってくれないかな。」

頼まれたものを作り終えて上司に報告すると。
ずいぶん以前の事だけどと前置きして。
上司が言った。

Excelの計算式が間違っていてずいぶんと痛い思いをした事がある。
自分はExcelを使えないから直せないし。
その頃はまだ若くて。
間違ってるから作り直せとも言えなくて。
以来現在のやり方に至るのだ。
あなたに作って貰ったけど。
今もExcelに信用が持てずにいるから。
電卓で検算はするけど気を悪くするな。
これが私のやり方なのだ。

そういう理由があるのなら。
何も作ってくれなんて。
俺に頼まなくても良かったのだ。
ああ言った俺に上司は。
逆に気遣いをしてくれたのだ。
なのに。
俺の心に残るこのモヤモヤは。
一体何なのだ。
 
わかっているのは。
未だ相容れず。

合掌

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今頃。

何を言っているのだという話しであるが。

俺もとうとうLINEユーザーになったのだ。

 

LINEは当初。

登録を行うステップにおいて。
「友だちへの追加を許可」を設定することができなかった。
つまり。
LINEに登録した時点で。
俺の電話番号をアドレス帳に登録しているLINEユーザーに。
俺がLINEを使い始めたことが知られることになり。
トークや通話が可能になるのである。

親しくない人や付き合いの途絶えた人。
ビジネス関係の人とのプライベートでのやりとりは。
ハッキリ言ってしたくないので。
これには本当に困りものだったのだ。

後で拒否などは行えるが。
そういった煩わしさから。
俺は登録したその日すぐに削除して。
以来LINEを使うことをやめたのだ。

 

周りから散々「なんでLINEしないの?」
と言われる度に俺は。
「連絡は今まで通りメールで事足りるし。
それにLINEの既読無視とかいうルール?
そういうのも面倒くさそうなので。」
と答えてきたが。
中には。
LINEをやってないのは迷惑だと言う人もいて。
やるかやらないかは個人の自由じゃねぇかと。
俺はますますLINEから離れていったのだった。

 

南無妙法蓮華経

 

しかし。
そんな俺が。
とうとうLINEユーザーになったのだ。

そのキッカケになったのは姪である。

 

「おにい(俺)LINEやってよ。一生のお願い!!
相談したいことがあっても、メールだと届いているのか、
読んでいるのか分からないから、相談ができないんだよ。」

 

可愛い姪から一生のお願いとまで言われちゃ。
この俺だってやらないワケにはいかなだろう。(笑)

 

LINEの登録も当初とは異なり。
今は予め登録時から。
アドレス帳の情報を許可しない設定が行えるようなり。
使い勝手がよくなっていた。
これなら使ってもよい。(上から目線 笑)

 

アイツには。
私がお願いしてもLINE全然入れてくれなかったのに。
姪ちゃんのお願いはすぐにするんだから!!と。
嫌味を言われたが。
使ってみてわかった。
何よこれ。
メールより楽じゃん!!
すっごく便利wwwwww!!!

で。
LINEを始めた俺は。
周りのみんなにとっても喜ばれたのである。


そこで俺は気付いたのだった。
俺は今まで俺にメールで連絡をしてくれていたLINEユーザーに。
確かに迷惑を掛けていたのだなと。

みんな!
これからは楽に連絡取れるから。
今までお手数をお掛けしまして。
本当にごめんなさいね(汗笑)

 

合掌

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
万博もいよいよ終幕に近づいてくる。

MAN WITH A MISSIONでは曲に合わせて体が勝手に動いた。
それは多分トランス状態に近くて。
自分を解放したって感じで。
とにかく音楽に合わせて身体を揺らしているだけで。
すっげー気持ち良かった。
俺はその気持ち良さの余韻が抜けきれずにいて。
湘南乃風はステージから離脱して芝生に座って一休み。


日は沈んで。


あぁもうすっかり夜だ


そしてトリの岡崎体育。
湘南乃風で完全燃焼した友人は帰る気満々で。
面白い歌を歌うから絶対見た方がいいと俺は猛プッシュした。
始まった途端に大笑いの連続。
友人達も「岡崎体育ヤバイ!!最高!!」と大盛り上がり。
俺はちょっと鼻が高くなった。(笑)

フェスがこんなに楽しいなんて思いもしなかった。
それとも氣志團万博だから楽しいのか?
来年は俺も家族を連れて。
また万博に帰って来たい。

氣志團万博最高かよ!!

南無妙法蓮華経
合掌


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さて。
会場内を一通り見て周った後は。
友人と合流し本格的にライブ参戦。


タイムテーブルをチェック


ゴールデンボンバー
氣志團
UVERworld
MAN WITH A MISSION
湘南乃風
岡崎体育

目白押しである!!

ゴールデンボンバーでは張り切って端の前列に行ったものの。
ガチのファンに気圧される始末(笑)
ヘドバンする女子の群れは圧巻であった!
俺達の近くにいた女の子が。
喜矢武さまーーー!!
と叫ぶ声度に。
きゃんたまーーー!
と聞こえて俺はなんとなくモジモジ(笑)
氣志團と金爆のコラボもいいもの見た!!って感じだし。
UVERworldはとにかくMCが熱かった!
歌詞が心にダイレクトに響いて感動した。

会場は夕暮れ時になった。


アクアラインも夕日に染まる


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。