合掌

俺の生存記 


テーマ:
投稿写真

 

 

上司がExcelを開いて。
そのPC画面を見ながら電卓を叩いている。
その姿を見ると俺はいつも不思議に思う。
なぜって。
計算式を入れれば済むからだ。

 

 


顔はPC画面を向いたまま。
上司の指が電卓の上を跳ねる。
リズムを刻むブラインドタッチ。
それにしても電卓を打つのが早い。
なんて早さなんだ!(笑)
しばし見惚れる。
だがしかし。
計算ミスはないのだろうか?
そもそも作業効率だって悪いだろうに。

計算が終わったのを確認して。
俺は上司に声をかけた。

「計算式を入れましょうか。
俺でよかったらやりますよ。」

俺を一瞥して上司が言った。

「悪かったわね!Excel使えなくて。」

そう言う意味ではない。
よかれと思って言ったのだが。
俺は上司を怒らせてしまった。

南無妙法蓮華経

今年の4月に。
この上司の下に配属されて半年が過ぎて。
これに限らず俺と上司は。
幾度かこういうやり取りをしている。
その中で上司は俺にこう言った。
「私にあなたを信頼させて下さい。」

俺はまだ。
上司の信頼を得ることが出来ていないのか。
最も第一印象悪かったからな〜。
しゃーない(笑)

それからしばらくして。
俺は上司に呼ばれた。
「Excelでこういうの作ってくれないかな。」

頼まれたものを作り終えて上司に報告すると。
ずいぶん以前の事だけどと前置きして。
上司が言った。

Excelの計算式が間違っていてずいぶんと痛い思いをした事がある。
自分はExcelを使えないから直せないし。
その頃はまだ若くて。
間違ってるから作り直せとも言えなくて。
以来現在のやり方に至るのだ。
あなたに作って貰ったけど。
今もExcelに信用が持てずにいるから。
電卓で検算はするけど気を悪くするな。
これが私のやり方なのだ。

そういう理由があるのなら。
何も作ってくれなんて。
俺に頼まなくても良かったのだ。
ああ言った俺に上司は。
逆に気遣いをしてくれたのだ。
なのに。
俺の心に残るこのモヤモヤは。
一体何なのだ。
 
わかっているのは。
未だ相容れず。

合掌

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「Daily Life」 の記事

テーマ:

今頃。

何を言っているのだという話しであるが。

俺もとうとうLINEユーザーになったのだ。

 

LINEは当初。

登録を行うステップにおいて。
「友だちへの追加を許可」を設定することができなかった。
つまり。
LINEに登録した時点で。
俺の電話番号をアドレス帳に登録しているLINEユーザーに。
俺がLINEを使い始めたことが知られることになり。
トークや通話が可能になるのである。

親しくない人や付き合いの途絶えた人。
ビジネス関係の人とのプライベートでのやりとりは。
ハッキリ言ってしたくないので。
これには本当に困りものだったのだ。

後で拒否などは行えるが。
そういった煩わしさから。
俺は登録したその日すぐに削除して。
以来LINEを使うことをやめたのだ。

 

周りから散々「なんでLINEしないの?」
と言われる度に俺は。
「連絡は今まで通りメールで事足りるし。
それにLINEの既読無視とかいうルール?
そういうのも面倒くさそうなので。」
と答えてきたが。
中には。
LINEをやってないのは迷惑だと言う人もいて。
やるかやらないかは個人の自由じゃねぇかと。
俺はますますLINEから離れていったのだった。

 

南無妙法蓮華経

 

しかし。
そんな俺が。
とうとうLINEユーザーになったのだ。

そのキッカケになったのは姪である。

 

「おにい(俺)LINEやってよ。一生のお願い!!
相談したいことがあっても、メールだと届いているのか、
読んでいるのか分からないから、相談ができないんだよ。」

 

可愛い姪から一生のお願いとまで言われちゃ。
この俺だってやらないワケにはいかなだろう。(笑)

 

LINEの登録も当初とは異なり。
今は予め登録時から。
アドレス帳の情報を許可しない設定が行えるようなり。
使い勝手がよくなっていた。
これなら使ってもよい。(上から目線 笑)

 

アイツには。
私がお願いしてもLINE全然入れてくれなかったのに。
姪ちゃんのお願いはすぐにするんだから!!と。
嫌味を言われたが。
使ってみてわかった。
何よこれ。
メールより楽じゃん!!
すっごく便利wwwwww!!!

で。
LINEを始めた俺は。
周りのみんなにとっても喜ばれたのである。


そこで俺は気付いたのだった。
俺は今まで俺にメールで連絡をしてくれていたLINEユーザーに。
確かに迷惑を掛けていたのだなと。

みんな!
これからは楽に連絡取れるから。
今までお手数をお掛けしまして。
本当にごめんなさいね(汗笑)

 

合掌

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
万博もいよいよ終幕に近づいてくる。

MAN WITH A MISSIONでは曲に合わせて体が勝手に動いた。
それは多分トランス状態に近くて。
自分を解放したって感じで。
とにかく音楽に合わせて身体を揺らしているだけで。
すっげー気持ち良かった。
俺はその気持ち良さの余韻が抜けきれずにいて。
湘南乃風はステージから離脱して芝生に座って一休み。


日は沈んで。


あぁもうすっかり夜だ


そしてトリの岡崎体育。
湘南乃風で完全燃焼した友人は帰る気満々で。
面白い歌を歌うから絶対見た方がいいと俺は猛プッシュした。
始まった途端に大笑いの連続。
友人達も「岡崎体育ヤバイ!!最高!!」と大盛り上がり。
俺はちょっと鼻が高くなった。(笑)

フェスがこんなに楽しいなんて思いもしなかった。
それとも氣志團万博だから楽しいのか?
来年は俺も家族を連れて。
また万博に帰って来たい。

氣志團万博最高かよ!!

南無妙法蓮華経
合掌


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さて。
会場内を一通り見て周った後は。
友人と合流し本格的にライブ参戦。


タイムテーブルをチェック


ゴールデンボンバー
氣志團
UVERworld
MAN WITH A MISSION
湘南乃風
岡崎体育

目白押しである!!

ゴールデンボンバーでは張り切って端の前列に行ったものの。
ガチのファンに気圧される始末(笑)
ヘドバンする女子の群れは圧巻であった!
俺達の近くにいた女の子が。
喜矢武さまーーー!!
と叫ぶ声度に。
きゃんたまーーー!
と聞こえて俺はなんとなくモジモジ(笑)
氣志團と金爆のコラボもいいもの見た!!って感じだし。
UVERworldはとにかくMCが熱かった!
歌詞が心にダイレクトに響いて感動した。

会場は夕暮れ時になった。


アクアラインも夕日に染まる


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
腹ごしらえもひと段落して。
会場内をブラブラ。

すると。
万博会場の袖ケ浦市のPRをする市長と。
袖ケ浦市のキャラクター「がうら君」に出会う。
市長!ステキな笑顔をありがとうございます!
この写真を撮った後に俺は。
市長とガウラ君に挟まれた記念写真を市役所の方が撮ってくれたのだった。


袖ケ浦市いいところだな~。
お腹もハートも満たされて。
更にブラブラ。
テンションも段々と上がってきた。

やっぱりというか。
当然というか。
そこかしこに氣志團のコスプレしたキッシーズがいっぱい。
見るからに気合入ってるし。
目が合ったら絡んできそうな感じの人が集団でいるので。
見ちゃいけない!と思いつつでも見ちゃう(笑)
そんな中。
ステキなキッシーズを発見!
写真撮らせて下さいって声を掛けちゃった。


いや~マジでステキな家族だな~って。
またもやハートが満たされると同時に。
アイツとムスコを思い出しちょっぴり寂しくなったのだった。
来年は絶対家族で来たいな。




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
初フェスなら当然。
フェス飯も初(笑)
どれにしよう・・・


やっぱ記念すべき初フェスならば。
ここは。
ローストビーフ丼!


デザートもいっとく?


すんげー並んでる・・・
でもせっかくの初フェスで初フェス飯だしね!


並んだ甲斐のある美味しさ!
ってかこんな写真撮っちゃう俺。
OLかよ!!(笑)


この後も色々食べようと思ったものの。
暑さに食欲も湧かず。
その後は。
ビールとフランクフルト。
ビールとから揚げ。
ビールとフライドポテト。
ビールと・・・・・・
このループもういいわ!!(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
9月17日(土)氣志團万博に初参戦!!
っていうか俺は。
フェス自体行くのが初めてという。
記念すべき人生初のフェスデビューなのである!(笑)



万博の会場である千葉県袖ケ浦市の海浜公園。
本当に海の傍ですごくいいところだった。
Tシャツを購入して着替えていざ会場へ!
出迎えてくれるのは当然氣志團。




そしてステージ


んー・・・
とりあえず。
まずは会場をぐるっと周ってくるか。








いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨日の晴れとは一転して。
今日は朝からどしゃ降りの雨。
起きて来たムスコが窓の外を見て言った。
「昨日が夢みたいな雨だね~」
夢みたいとは大袈裟な・・・(笑)と思いつつ。
俺も思ったんだ。
昨日は夢みたいにしやわせな一日だったってさ。

朝食の食卓に並んでいたのは。
昨日ドライブに行った沼津で買ったアジの干物と佃煮と。
その帰り道の小田原で買った蒲鉾。
まるで旅館の朝食みたいだねとアイツと笑い合う。

家族で朝食を食べながら。
早速昨日のドライブの思い出話をする。

目的地の三島スカイウォークに行く途中で立ち寄った沼津で。
マグロやサザエの串焼きを食べ歩きしたこと。
ドライブインで食べたメロンのソフトクリームが美味しかったこと。
スカイウォークの揺れが楽しくて。
アイツとムスコは何回も往復してつり橋を満喫したこと。
それに付き合った俺はその揺れに気持ち悪くなってヘロヘロになったこと。
その時の俺をアイツが真似をしたことをムスコが笑いながら話す。
アイツがおねだりする時や甘える時に使う俺の呼び方を。
ムスコが真似して大笑いしたことをアイツが話す。
そうそうそれな。(笑)

その呼び方で俺は非常にハズイ思いをしたのだ。
普段アイツは俺のことを「konちゃん」と「ちゃん付け」で呼ぶんだけど。
何か“特別なこと”がある時は。
それが「kontaきゅん」と「きゅん付け」になる。
それをムスコが真似をして「お父さん」ではなく。
「お父きゅん」と呼んだのだ。
そしてその呼び名には最上級がある。
それが「きゅんきゅん」である。
その呼び名にはもはや俺の名前の面影すらない。(笑)

そしてこの日俺は二人から。
きゅんきゅん!きゅんきゅん!と
最上級の呼び名で呼ばれ続け。
時に人に振り返られたりして。
とても恥かしかったのである。
まさかムスコにイジられる日が来ようとは・・・!(苦笑)

でも。
俺は思ったのだ。
最高にしやわせだと。

家族3人。
こうしていつも。
いつまでも。
笑い合っていこうな。

南無妙法蓮華経
合掌
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨日は伊豆方面にドライブに行って来た。
久し振りに写真を取りたいなと思い立って。
どこかいいスポットはないかとネット検索をして見つけた。
ドライブの目的地は東京から車で1時間半ほどの。
『三島スカイウォーク』



このつり橋は観光用にワザと揺れるように造ってあって。
本当にものすごく揺れて。
だから橋から見た景色を撮ろうにもピントが合わない。
それは予想外だった。(笑)



かろうじて撮れた景色。


橋の下はこんな感じ。


スカイウォークのもうひとつの“売り”は。
総工費2億円!のラグジュアリー・トイレ。
その入り口(笑)


沼津で買った干物。
今日の朝食で食べた。
美味しかった~♪


紅葉の時期になったら。
今度はゆっくり泊りで来たいな。

南無妙法蓮華経
合掌
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
俺のデスクにやってくるなり開口一番。
「ありえないんですけど!!」と。
上気した顔でリーダーが言った。
その様子を見ればクレームの電話を受けたのは一目瞭然。
しかもその憤慨している様子から。
かなり理不尽な要求をされたのではと推測した。

「どこの販売店から?」と聞くと。
「違うんです!○○支社のヒロセさんって知ってますか?
最初に電話を受けたのは彼女なんですけど、彼女泣いてしまって、
代わって私が応対したんですけど、とにかくもう酷いんですよ!!
私達だって同じ会社で働いてる人間なのに、ありえません!!」

リーダーのカナさんはいつも沈着冷静で。
クレームに対しても毅然とした対応をするし仕事も速い。
俺が一番頼りにしているリーダーだ。
そのカナさんがこんなに感情を露わにするのは珍しい。
そしてその電話を最初に受けたのは。
退職したオペレーターの後任として研修を終え。
着台してまだ日の浅い新人のオペレーターだった。
ともかく。
当事者達が感情的になっているし。
事情を聞くより電話の内容を聞いた方が早いと判断して。
俺はすぐに録音を聞いた。

『ごちゃごちゃ言ってないで、いいからさっさと答えろよ!』
『だから!わかるヤツに代われって!使えねーな!』
『アンタ話しにならないね。頭悪過ぎ!』
『どうせ派遣なんだろう?まさかウチの会社の正社員じゃないよね?』

そもそも俺達のコールセンターは。
「販売店専用」の問い合わせ窓口なのだ。
本来は営業専用の社内ヘルプデスクへと。
このヒロセという社員は連絡すべきなのである。
それをオペレーターは懸命に説明しているのだが。
まったく話を聞かないどころか。
彼女達を侮辱し心を傷つけ涙まで流させた。
頭が悪くて使えないのはヒロセである。

本当に怒っている時は。
その感情とは裏腹に。
心はとても静かになるのだ。
俺の場合は。

南無妙法蓮華経

音声録音を聞くと。
ヒロセが依頼したかった内容は。
運用ルールの抜け道を知っていて。
それが使える裏技があることを知っていないと。
できない質問であった。
ただし。
その裏技は「スペシャル対応」と呼ばれ。
それを使うにはそれ相応の理由がないと使えない。
もしくは販売店に抜け道を気付かれた時。
販売店の担当者が目から鼻へ抜けるタイプだと。
時として気付かれることもあるのだが。
その時はバレちゃしょうがねぇ・・と使わざるを得ないのである。(笑)
もし仮にヒロセが。
何も知らない(気付いていない)販売店に対し。
そのスペシャル対応を前提に。
販売店への営業を行っているとしたら大問題である。
それに。
ヒロセがオペレーターに言った言葉は。
協力会社の社員に対するパワハラで。
これまた重大な問題である。

理由はどうあれ。
人をバカにしたり見下したり。
目下の人に対して高圧的に出るヤツを俺は軽蔑する。
往々にしてこういうタイプは。
上司に対してはへつらう小心者だ。
ついでに言うならこういうタイプって。
「昔ヤンチャでさぁ~」とか絶対言う。(笑)

ヒロセに電話すると彼はこう言った。
「怒ってるよねゴメンゴメン。
ちょっと慌ててたから、掛けるとこ間違えちゃったんだよね~。」

コイツどこまで人をバカにしてんだ。

「そうですかって言うと思うか?
なぁ、おいヒロセって言ったけ?
あんまり人を舐めてんじゃねぇぞ。
間違えちゃったで済む話じゃねぇし、一度発した言葉は取り消せねぇんだよ!
ウチのオペレーターに謝ってくれる?
次も同じことしたら今度はコンプライアンス違反で人事に報告するからね。
あ、それと。
抜け道と裏技、販売店には公にしてないよね?
だったらいいけど。
俺さ、元々営業企画にいたからわかるけど、それやっちゃうとかなりのペナルティーになるよ。
うん。」

運用ルールを作っているのが。
営業企画部で俺の古巣でもあるので。
揺さぶってみたら動揺してた。(笑)

俺はこのヒロセとのやり取りの録音を。
リーダーのカナさんと。
最初に電話を受けたオペレーターに聞かせた。
ヒロセの謝罪の言葉を聞いて。
これでちょっとは彼女達の気が晴れただろうか。

合掌
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。