【ボタンに表示したい文字】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-23 22:14:16

歴史の真実 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:BOOK

歴史の真実 【沼津/雅心苑/菓子】

 

三寒四温ですね。今日はちょっと暖かかったです。今日は富士山の日。どうやら再来年には天皇誕生日になるみたいです。

 

ぴょんちゃんオリンピックは盛り上がっていますが、半島はいろいろと問題を抱えたままです。オリンピックが終わったらリ・スタートなのでしょうか。それともいくらかかの友好ムードを反映した地点から歩み寄るのでしょうか。

 

たまたま読んでいたのが、五世紀の東アジアを取り上げた本です。

 


倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア

 

3世紀の邪馬台国の時代の後、中国側の資料にまったく登場しなかった「倭」国ですが、5世紀初頭になって久々に中国に使者が遣わされます。

ほぼ5世紀を通じて歴代5人の王から朝貢が続きます。

 

この本の特徴は日本側の資料、記紀を8世紀に成立した政権に都合よく書かれたものとして、それよりも中国側、「宋書」倭国伝をより信頼のおける一次資料として扱っている点です。

 

そこから浮かび上がるのは、宋という大国をバックに、高句麗、百済、そして半島の南部にも勢力を持つ倭が、その権威を利用し、争ったり、協働したり、直接武力対立したり、さらには北朝の勢力と接触したりするダイナミックな朝鮮半島の国際政治です。

 

なんだよ、1600年昔も今と同じようなことをしてたんじゃないですか。

 

倭の五王と言うと、誰がどの天皇かと言うのが必ず取り沙汰されるわけですが、著者は多くの説を紹介した挙句、結局あきらめてしまいます。

 

継体天皇より前の記紀にある天皇系譜なんてあてにならないという立場です。5代も遡って遠方からやって来た王にとっては、傍系の一族の系譜なんて適当で良かったのです。

また、後世記紀を編んだ人たちからすれば、天命思想に則ってダメな帝が必要だったために武烈天皇を創造した可能性も高いと。

 

さらにはその王朝と継体天皇の共通の祖先である応神天皇=ホンタワケこそが、それ以前に有力な大王がいなかったとは言わないが、この国の王朝の創始者かもしれないとしています。

なかなか刺激的です。

 

古代の歴史なんて詳しくないのでどの程度信憑性があるのかわかりません。何と言っても日本には資料が残ってないですからね。でも中国や朝鮮の資料を元にした解説は勉強になりますし、途中からは読み物としてもかなり面白く、巻を措く能わずでした。応仁の乱より面白いです。

 

しかし、「倭」の五王は九州の王朝であってヤマト政権とは別の物だって説もありますからね。歴史の真実は決してわかりません。

 

右な人たちはこんな内容納得しないだろうなあ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-22 22:20:31

古本 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:BOOK

古本 【沼津/雅心苑/菓子】

 

やっぱり寒いですね。今日は猫の日です。

 

この人の本は好きなんですけどね。

感覚的な常識をデータで覆しちゃうひとです。独特の語り口も嫌いじゃないです。真面目な人には嫌いな方もいるかもしれませんが。

世間を渡る読書術

 

たまたま、アマゾンさんで見かけて新刊かと思って買ってしまいましたが、初出は5年ぐらい前みたいです。改題の上の文庫化でした。

いろんな本の紹介なんですが、1タイトルあたり3ページぐらいなので紹介数は盛り沢山です。ジャンルも実にバラバラ。

 

なぜかイタリア系の蕎麦屋兼古本屋の親爺が近所の主婦の悩み相談を受けながら書籍を紹介するという内容の対話スタイルです。なので読みやすいことはよみやすいです。

 

会話が多いので内容はけっして濃くはないですけどね。コンパクトにまとまっているし、あくまで書評じゃなくて紹介なのでこれぐらいの掘り具合が良いのかもしれないです。

 

ただ、どうやら雑誌連載やWEB連載が元のようなので、タイムリーではないです。紹介されてる本も会話の内容も。だからか、ああ、これはすぐ読まなきゃって本はなかったです。廃盤も多いだろうなあ。もちろん古典的な名著もあるのでしょうけどね。でも有名な本でも本屋になかったりする時代ですから。だから古本屋なのですね。

 

ま、読書術というほど大げさな内容ではありませんが、人生の参考にはなりますね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-21 23:05:31

20 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:ブログ

20 【沼津/雅心苑/菓子】

 

お花が届きました。

 

結婚記念日です。

 

先日の香港旅行が20周年記念のつもりでいたら、今日はまた別と言われて、近所でお食事。

 

いつの間にやら20年が経ってしまいました。早いもんですねえ。いろいろありましたがなんとかやれてます。

 

パシュート金メダルおめでとうございます。高木さん銀・銅・金ですね。

 

大杉漣さんが亡くなられました。早すぎます。

シン・ゴジラの総理も印象深いですが、個人的には浜野佐知さんが監督した同性愛映画『百合子、ダスヴィダーニヤ』での演技が忘れられないです。

R.I.P

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-20 22:56:13

今週末は 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:雅心苑のお菓子

今週末は 【沼津/雅心苑/菓子】

 

今日は月に一度の営業会議でした。各店、各部門の長を集めて報告反省と今後の計画。PDCAとしてあんまり上手には回っていかないのですが。

今日の会議自体は3時間ちょっとで終了しました。まあ、短い方ですね。もう少し短くしたいものですが。

 

一番時間を取られたのは今週末の企画「ストロベリーフェア」についてでした。

 

24日・25日・26日の3日間、旬のいちごを使ったお菓子のセールを行います。

人気の苺大福とストロベリーショートケーキをお安く販売いたします。

 

他にも3日間限定の苺のお菓子をご用意していますので、ぜひご来店ください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-19 20:45:52

もうすぐひなまつり 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:雅心苑のお菓子

もうすぐひなまつり  【沼津/雅心苑/菓子】

 

だいぶ暖かくなってきたような気もしますが、夜になればやはり寒いです。

ま、確実に春は近づいてきてますけどね。

 

わが家 と言っても狭いマンションには置けないので、目の前の実家ですが、にも人形が飾られてます。

 

いつまで飾るんだ?という問題もはらんでいるのですが、とりあえず中学の間は出そうと。

けっこう面倒なんですよね。

 

雅心苑ではひなまつりのケーキのご予約を承り中です。

 

 

http://www.gashinen.com/hinamaturi.html

 

女性はいくつになっても女子だそうですから、自分のためにお買上げいただいてもよろしいかと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-18 22:49:36

んー、そだね 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:BOOK

んー、そだね 【沼津/雅心苑/菓子】

 

連日の金メダルです。小平さんおめでとうございます。

 

ところで、カーリングの中継は選手の相談の声をマイクが拾っていて聞いてて楽しいです。

 

映画になるというので、買って読んでみました。雫井脩介さんの検察ミステリーです。

検察側の罪人 

 

雫井さん読むのは2作目かな。ミステリー作家というわけではないですが、ミステリー系の作家というイメージが強いです。

これもミステリーと言うより骨太な人間ドラマかな。まあ、一種の倒叙型ミステリーではあります。出だしはちょっとノレませんでしたが、途中からは一気読みでした。

 

悪人と対峙する検察の正義とは何なのか。

または、法律が届かない時に犯罪者をどうすべきか、というエンターテイメントでは常に取り上げられるテーマでもあります。

 

ただ、作者はそれなりの理由を用意してありますが、現実にこのベテラン検事のような対応をする人がいるのかは疑問ですけど。

 

主人公のふたりの検事だけでなく、登場人物ひとりひとりがそれぞれ深い人間性と個性が備わっていて、確かに映画向きかもしれません。作り込はしっかりしてます。

 

映画は若手検事を二宮さんが、ベテラン検事を木村さんが演じるようです。二宮さんはともかく木村さんは不安だなあ。小説読んだイメージとちょっと違いますし、SMAP解散以降落ち目だしなあ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-17 22:55:32

脳内恋愛  【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:映画

脳内恋愛  【沼津/雅心苑/菓子】

 

羽生さんすごいですね。おめでとうございます。ケガによるブランクをものともせず、期待に負けない精神力もずばらしいです。宇野さんもおめでとうございます。

 

でもねえ、なんか羽生すごいが日本すごいになりそうな雰囲気がちょっと嫌な感じがします。

オリンピック憲章を読んでみましょう。選手同士の競争であって国同士の競争ではありませんと書いてあります。なんせオリンピックの目的は世界平和ですからね。

 

今日見たのは、昨年末に都内で見逃してしまった映画。ちょっと遅れて地元におりてきました。

「勝手にふるえてろ」。たくさんの映画やドラマで存在感を示していた松岡茉優さんの初主演作です。

綿矢りささんの小説の映画化です。監督も女性ですね。

 

中学時代の同級生に対する片思いを十年間脳内で反芻しつづけるヒロイン。タイプじゃない男から現実に初めて告白されて、片思いの彼への思いを決着つけようと行動を始めるのですが。というストーリーのラブコメなわけです。

 

コミュニケーション障害気味で、自意識過剰な面倒くさい主人公ですが、自分にも似たようなところがあるんで共感しなくもないです。滅多に表に出さないはずの心の叫びもなかなか楽しませていただきました。こゆ感覚の女性はけっこういますね。

ウツまで行かないゆえ映画的にも楽しめるところでとどまっていて松岡さんの演技に救われているのでしょう。

 

こういうタイプと付き合えるかというと面倒くさいなあと思いながらも可愛いところもあって嵌まるかもしれないですね。

 

松岡さんならじゅうぶんありです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-16 23:45:35

春に向けて 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:雅心苑のお菓子

春に向けて 【沼津/雅心苑/菓子】

 

今日は高校のミニ同窓会@ベーカーズダズンでした。地元に残っていない人のほうが多いですからね。出てくる面子も限られているのでいつも会う人ばかりにはなります。今回は11人でした。でも会えば出会った頃の感覚を持ってしまうのはなぜなのでしょうかね。わずか3年の期間の付き合いでしかなかったのに。

来年は高校卒業40年になりますが、その学年全体同窓会の幹事をしなければなりません。そのきっかけみたいなつもりで今日の幹事をかってでたのですが、担当クラスの人間は僕しかいないという思惑とははずれてしまいました。まあみなさんの協力をとりつけた(つもり)なのでまあいいか。まあ1年以上先だし。

 

というわけで、春に向けて3月の上生菓子です・

こちらもご覧ください。

http://www.gashinen.com/jyougashi.html

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-15 23:27:06

ミズーリ州エビング郊外の三枚の立看板 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:映画

ミズーリ州エビング郊外の三枚の立看板 【沼津/雅心苑/菓子】

 

昨日に続いて今日も風が強いけど暖かいです。昼間は20℃近くありましたよ。

 

夜は市の方によるスピーチを聞きました。職務には直接関係ない町の活性化。以前から知ってはいる若手の人ですが、こんな風にがんばっているのは知らなかったです。

やはり50歳以下の人が作っていかないとね。老兵は消え去ろうかな。

 

えーと社会派の映画だとは思っていましたが、なんとも言えない重い映画をみてしまいました。

「スリー・ビルボード」

ミズーリ州の田舎町。娘をレイプされ殺された母親が、なかなか犯人を検挙できない警察を糾弾する大型の立看板を街の郊外に掲示します。しかし名指しされた警察署長は人格者で町のみんなから親しまれ、さらには末期がんに冒されていることを多くの人が知っているのでした。そして多くの住民を巻き込んで波乱が起きていきます。

 

中西部の田舎だけに強権的でレイシストな警官が署長の部下にはいるわけです。

 

それに負けず、主人公の母親もかなり思い込みの強い頑固者で、元夫との間に問題も抱えていたりして、あんまり仲良くはなりたくないです。

 

彼女と暴力警官と間の確執と共感がひとつのテーマにはなっていますが、どちらもけっして「いい人」ではないので、だからこそリアルな人間模様を垣間見ることができるのです。

 

ともかく、署長以外は嫌な人ばかりです。住みたくないですね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-14 23:23:40

美しい 【沼津/雅心苑/菓子】

テーマ:映画

美しい 【沼津/雅心苑/菓子】

 

バレンタインデーです。だというのに午後から千葉まで展示会を見に行ってきました。しかし、幕張は遠い。

 

バレンタインだからでもないですがロマンチックな映画

「今夜、ロマンス劇場で」

スクリーンの中から人が出てくるというのは確かウディ・アレンの映画にありました。「カイロの紫のバラ」ですね。ま、あっちは男優だけど。もっと洒落てた記憶があります。

 

えーと、綾瀬さんがどんなに美しいかという映画です。美しいです。そしてスタイルも良い。

 

ただ、もともと無理筋なファンタシーなので、もっとコメディに振ってもよかったかと。それなりにドタバタはあるのですが。

 

基本の舞台は昭和30年代。映画の最盛期が陰りを見せ始める頃です。綾瀬さん主演の映画は戦前ですので、その30年ぐらい前。そして現代から振り返るという設定なので、90年ぐらいの時代を越えたお話なのであります。さらに主役の映画青年の名前はマキノ君です。

 

現代の爺さんが加藤剛さんだとはなかなか気が付かなかった。老けました。

 

ちょっとシリアス気味なラブ・ストーリーにまとまりすぎた感じがします。悪くはないけどファンタシーのわりには無難な展開でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。