よく喋る狼さんだな・・・。

テーマ:

と、いうわけで早くも毎日更新が達成できなかったわけですが。

そこは短期集中更新ということで勘弁してくださいませ(´・ω・`)

昨日中に更新できなかった理由は一つ。

それは秋葉で大学の連中と飲んでいたからです。

何故秋葉で飲んだかというと

「秋葉原に行ってみたい。お前秋葉原に詳しそうだから案内して。」

と、言われたからです。

人を何だと。

まあ、あれですよ。ここまで言われたら引き下がるわけにはいきません、人として。

こうなったら連中に僕の秋葉買い物を見せ付けてやろうと思ったわけです。

以下買ったもの。


Circle・・・木村カエラのアルバム


クリアファイル2ヶ


Zガンダム:パラスアテネのプラモデル


ひぐらしのなく頃にTreading Figure


以下画像

パラス





ひぐらし








詩音




・・・っち、詩音か。

AD

いや~、ようやく全てのテストの日程が終了しました。

長丁場でしたがまず感想を一言。


これは留年するかもわからんね。

・・・ちょっと正直誤算でした。まさか本試の時出た問題の6割がそのままでるとは・・・。

僕は今回の再試に関し「本試験からは出ても三割」という諸葛亮孔明ばりの読みを聞かせ、

あとは新しい分野をみ○ず学院ばりの怒涛の勉強力で、本試を制そうと思ったんですが

結果は見てのとおりでした。

まあ、結果は3月23日にでるんで、楽しみに待ってます。


さあ、そんなことは忘れて春休み!待ちに待った春休みですよ~!!!!

とりあえず明日あたりからなにか行動を起こします。

これから毎日更新を実現していこうと思うんでヨロシク~(^^)


さてさて・・・何日もつことやら。


AD

再試一日目、例の薬理終了。


結果はまあなんとかかんとかでしたが、今日気づいたことを一つ。

今日は一科目だけの再試なんで学校が終わる時間が早かったんです。

なんで、丁度中高生達の下校時間帯と電車がかぶりました。


電車内を埋め尽くす、学生服。

彼らの希望に満ちた喋り声。

汚れの知らない瞳。

そして女子高生のセーラー服ならびにブレザー。


高校を卒業してたかだか2年くらいしか立っていないはず。

なのに彼らと腐った干物のような生活をしている僕との差は一体なんなんだろう。


中学生のころよくしていた廊下のマジダッシュがなぜか頭をよぎりました。


うん、全ての再試終わったら、久々に母校を訪ねよう。

AD

答えはバカめ、だっ!

テーマ:

「ごまかされるな!中身はただのブドウ糖だぜ!」

「・・・くそおおおおおお!」(うろ覚え)


神谷みたいな医者になりたい!そんな、20歳の二月!どうもGASです。

現在、追試のダルダル勉強中の合間をぬって更新です。

たまには頭よさそうなことを書いてみましょう。


現在追試科目の一つ、「薬理」なる科目を勉強してるんですが、内容は読んで字のごとく、薬品の名前とか効能を勉強する科目なんです。薬剤師になるわけじゃないのに、なんで勉強しなきゃいけないのか謎なうえに覚える薬品の数が尋常じゃないので、個人的には相当ナンセンスだと思っております。


さて、薬品名をあげてみると

例えば「局所麻酔薬のエステル型」という薬品類があるんですが、これだと

ベンゾカイン、テトラカイン、リドカイン、プロカイン、コカイン

・・・と、まあ連邦の新型モビルスーツみたいな名前が続きます。


正直、こんなの覚えてられるか、ボケえ!ヽ(`Д´)ノなわけですよ。

聖闘士星矢に登場する技の名前だったら全て覚えているGASなのですが、これにはお手上げです。

そこで登場するのが語呂合わせ。

例えば上記の薬品だったら

勉三、テトリスプロ後悔。

と、なるわけです。

・・・はい、そうです。実にくだらないですね。自分でもわかっています。

でも、このくだらない語呂合わせを考えるのに15分かかる男もいるんです。


もう、後半はやる気もなく、例えば

細胞壁合成阻害剤なるものがあって、それは

ポリミキシンB、ペニシリンG、アンピシリン

と続くんですが、これにいたっては

ミキティ、ペ○スで自慰、「アーン」

        ・

        ・

        ・

        ・

        ・

   どうです、頭よさそうでしょう?


inoriさんが感動的な事書いているっていうのに俺は・・・俺は・・・・。

only lonely glory

テーマ:

「おまえの持っている能力は他になんだ、まさか加速装置だけではあるまい。」

「あとは勇気だけだ!」(うろ覚え)


どうもご無沙汰しています、GASです。

いや~、ようやくテストが終わりました。

結果は11戦中

7勝4敗+総合テスト落ちる

という、なんとも微妙な結果でした。

留年はない!・・・と信じたいところですが、完璧に春休みがくるのが3月9日なので、モチベーションが維持できるかどうかですね。


さて、明日はエヴァ2のパチンコでも打ってくるかな。

さてさて、ひぐらし第六作目「皆殺し」編の感想。行ってみましょう~!

*例によってネタバレ含みますので未プレイの方はご注意を!

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

                   -=・=-  -=・=-..

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

ついにひぐらしワールド全容が見えてきましたね~。真犯人、梨花ちゃまの謎、雛見沢村を襲う災、そしてトミーの招待も。今回はついに部活メンバーが誰も道を踏み誤らなかった場合を描いていましたね。

正直、沙都子を叔父から救っていく過程は本当によかったです!さらに大石との友情も素敵でした!

これには

「ああ、今度こそみんな死なずにハッピーエンドを迎えれるんだ。」と思ったものです。

しかし、そこは流石の皆殺し編、流石の竜ちゃんことみんなの竜騎士07。期待を損なわず漏れなく(本当に漏れなく)殺ってくれはりましたよ・・・。


さて、最終作祭囃子編。どうなるんですかね~。単純に新キャラ羽入を含むみんなが奇跡を信じてハッピーエンドに導くのか。はたまた、最後の最後もなにかしらのバッド要素を持ってくるのか。

絶対最後悟史も揃って悟史も奇跡を信じなきゃハッピーエンドにならないと思うけどなあ・・・。


あ、てか思うんですけど。

この作品の推理って

雛見沢症候群という架空の病気と

敵が国家という巨大すぎる敵と

オヤシロ様は本当に存在してて今まで足跡がひとつ多いとかごめんなさいの声が聞こえるとかは羽入だった

ってのを考えなきゃだめだったんですね。


・・・正解率1%の人って神ですか?




さあ、新装開店と相成りました。本年もよろしくお願いします!

今年は戌年ですね~!戌年といえば聖闘士星矢のシルバー聖闘士、巨犬座のシリウスで有名ですね。

しかし、気づいてみれば西暦2006年。もう2006年なんですねえ。GASも今年で成人式に行く年となってしまいました。なんと名探偵コナンやポケモンは今年で10周年だそうです。

年取ったなあ、オイ(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

閑話休題。


さて、久々の近況報告をば。

昨日、高校の友達と飲みました。面子はおなじみのるび氏、inori氏、そして新キャラのGO(仮)さん。

このGO(仮)さん、うちの高校じゃちょっとした有名人でした。あまり多くは語りませんが、わが高校のワイルドカードとして有名な男です。まあ、当初はそんな遅れてきたルーキーを加えてどうなることかと思ったものの、ゲーセン、飲み、ゲーセン、カラオケの黄金コースで楽しくいけました。


チラシの裏:inori氏!早くJOJO第五部を読破してください! じゃないと、ギアッチョトークが

        できません!コロッセオってよお、殺っせよって聞こえねーかー、

        国語の先生よぉおおお!!

        北斗の拳、アーケード、もう少しがんばります!とりあえずシンでがんばります!

        マジアカ3!ホビット組脱出できねーー。

        あと、ひぐらし読み終わりましたよー、次回感想書きたいと思います。

    




もうちっとだけ続くんじゃ

テーマ:

う~、ご無沙汰してます。


来年からは真面目にやりたいと思います。ええ。

今日は金子賢に元気をもらい、サップと武蔵の試合に信じる心を受け継ぎ、2007年に宇宙人が侵略開始で2012年に世界が滅亡するという事態に勇気を頂きました。


一年間、どうもありがとうございました。

冬コミ行かれた方、お疲れ様でした。


来年も何卒よろしくお願いします。

お願い、外に出して!

テーマ:

まあ、あれですよ。再試の日が12月の23日~25日というあたり童貞が企画したとしか思えない日程なのですが。


とりあえず下妻物語がスカパーでやってたんで見ました。

土屋アンナに惚れました。

彼女はいいね、うん、彼女は。

俺の中で木村カエラと双璧をなしつつあります。


あ、「ハチミツとクローバー」読み始めました。いいですね~。しかし、アニメやってたんですね、これ。

微妙に時期を外したなあ・・・。


なんつーか「めぞん一刻」が来年実写ドラマ化するって話を聞いたとき、この国のテレビドラマ業界に未来はねえと思いました。