久しぶりの更新です。

テーマ:

 時間を空けてしまいました。すみません。

 入試もあとは公立高校の一般入試を残すのみとなり,すこし時間に余裕ができました。もう学校が決まった人もいらっしゃいますが,高校に進学される方はここで気を抜かないようにして下さい。
 もちろん合格の余韻をしばらくは味わってもらっていいのですが,公立高校の入試は内申点が大きいので,実はそれに向けてばかり対策をしていた人は本当の意味での学力はついていません。
 数学はある程度定期テストの結果と真の学力とがリンクするのですが,英語に関しては定期テストで80点ぐらいを取れていたとしても,ほぼ学力はゼロだと思ってください。
 高校進学後は,「異次元の授業」で英語をやって行きますので,今年高校進学する人が最後となる,センター試験の英語で満点(に近いレベル)を目指したい人はぜひ舎長の授業を。

AD

通学・通塾時間。

テーマ:

 先日も大阪の方から通塾の問い合わせをいただきましたが,学校の通り道にもないこちらを選ばれることはあまりプラスにはなりませんよ,とお話しました。もちろん,能勢口や池田の有名塾よりも良いサービスを提供できるという自信はございますが,学校や塾はできれば近いほどいいと思います(以前京都市から通塾されてる方もいらっしゃいました)。
 学校に関しましても,川西北部や猪名川町から遠くの私立の進学校を目指される方も多いのですが,よほど「ここでなければ」と言うのがない限りは,川西市内の公立にされた方が良いかと思います。
 「遠くの私立」のデメリットですが,
・交通費がかかる
・授業料その他の費用が掛かる
・通学時間が無駄
・通学エネルギーが無駄
などが挙げられます。
 交通費に関しましては言うまでもありませんね。授業料に関してですが,進学校に通えば,大学受験の面倒が見てもらえるので塾代が節約できるとお考えかもしれません。しかし,統計によれば,私立の進学校の生徒の方が通塾率が高く,結局学校の費用が余分にかかるだけです。私も私立の進学校の出身ですが,周りに塾通いをしていない人など一人もいませんでした。また,学校の進学指導に関する対応も学校に寄りけりで,一概に私立の方が熱心ということはありません。私の行った灘校はどちらかと言えば「ほったらかし」です。
 通学時間・通学エネルギーに関してですが,片道30分で通える学校と,片道1時間半かかる学校(川西北部や猪名川町から私立に通う場合の平均的な時間)とで比較すると,往復で1日あたり2時間の差が出ます。これは,朝起きる時間が1時間早くなり,帰宅時間が1時間遅くなることを意味します。私自身は大阪から神戸の学校に通い,どちらかと言えば通勤通学(帰宅)ラッシュにぶつからない方向の移動でしたので,電車で座って学習することも不可能ではありませんでした(大半は座って寝ているかファッション誌,音楽誌,スポーツ紙を読んでいましたが...)。しかし,この地域にお住まいの方は,完全に通勤通学(帰宅)ラッシュと重なり,移動時間は単なる苦行で勉強どころではないのではないかと思います。せいぜいつり革を持って単語集を見るか,イヤフォンでリスニングなどの教材を聴く程度なのではないでしょうか?
 この1日2時間の学習時間の浪費は,年間500時間ほどの浪費になります。予備校の夏期講習などは,1講座5~10時間程度ですので,50~100講座,金額にすれば100万円以上の浪費になるのです。
 こちらの卒業生や講師でも,京大や阪大に行った人は全員緑台,北陵,雲雀ヶ丘(ここは駅と学校が徒歩三分と近いため,通学時間のロスが最も少ない私立です)の出身で,遠くの私立進学校に通塾されている我流舎ОBからは今のところ京大,阪大への合格者は出ていません。むしろ,睡眠時間不足からか,こちらでの授業中も私の目の前で寝てしまうなど,弊害が少なくありません。
 もちろん,すでに私立を選択されて通学・通塾されている方には最大限のバックアップをさせて頂きます。
  私は浪人しましたが,「遠くの私立」を選ばず近所の公立に行っていれば,現役で受かったのではないかと思っています(言い訳かな?)。まあそれなりに友達もできましたし,今までで一番楽しかった一年は浪人の一年ですので後悔はしていませんが,少なくとも受験という観点からはあまりプラスにはなりませんでした。
 学校でも塾でも,積極的にうまく利用できなければどこに行っても同じということですね。籍を置いているだけでは何の意味もありません。

AD

クリスマス。

テーマ:

3年前の税理士さんとCEOのミーティング。12月ですから,当然税理士さんにもトナカイになっていただきました。3年にもなるのか...。つい最近も塾生さんのお母さまに仮面をつけさせようとしました。その節は大変失礼いたしました。成長してませんね。

AD