コマンドー鑑賞会

テーマ:
男が自らを証明するものなど、免許証でもクレジットでもなく、金や地位でもなく、裸一貫自分である。
その自分を作り上げるものは、自分が来た道、そこにある轍である。

その一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ。バカヤロウ。1.2.3.ダァー。

とは、かの有名なアントンがトーナメントを勝ち抜き疲弊しきったドンフライをグランドコブラで絞め殺した後に呟いた有名な詩である。

まさに、男の生き方を表した素晴らしい詩である。

そこで、32歳から40歳までの男性の90%がその道程に刻み込んでいる作品がいくつかある。
格闘マンガなら北斗の拳、スポ根マンガなら柔道部物語、音楽ならボーイ、AV女優なら浅倉舞。
映画なら『コマンドー』である。
{E14B39DA-AFF0-4CC3-B6DD-96CF7F419F60}


あの頃、あの時代、僕らが子供の頃は、『シュワちゃん派』と『スタローン派』に二分されていた。
もちろん私は『スタローン派』だった。
何故私がスタローン派だったかと言うと、スタローンはメソメソ泣くからである。
{569A65AC-FD7C-4BA1-9628-6BE7912F7C9E}


男の象徴、筋肉の塊、どんな敵でもブン殴って、首を折って、銃を手にすりゃ一騎当千の殺人兵器がメソメソ泣くのだ。
なんて人間らしいんだ!!
幼稚園の頃の私は母の不在で泣いていると、近所のおばちゃんに家に連れて行ってもらって、ランボーを観せてもらっては爆笑していたと言う。
言わば、ランボーは俺の乳母の様なものなのだ。

だがしかし、やはりオーソリティーはシュワちゃんだ。
そりゃそうです。
だってみんなシュワちゃん好きだもん。
もちろん私も。
金曜ロードショーだけで『コマンドー』を少なくとも20回は観たはずだ。
あの甲高いテンッテテンッという曲が聴こえたら思わず体が反応する。
それはアラフォー男子ならもうパブロフの犬状態といっても過言では無い。
そういうものなのです。
{D20CE796-A388-415B-B07E-7634849F73CF}

そして、昨日はそのコマンドーを盲信し、盲信するあまりにコマンドーを数ヶ月かに一度集まり観るという会に参加した。

参加者は、家主早川、亀田さん、岡嵜さん、ぷぷり、私である。
私とて、コマンドー歴30年のベテランコマンダーである。
負けはせんてと遊びに行きましたが、、、負けました。
他のコマンダーの面々は、セリフを覚えているは当たり前。
岡嵜さんに至っては、撮影のミスなどもやたら豆知識を放り込み、若輩コマンダーの私など口を閉じてただのかかしになるしか無かった…
{363D91C2-B7C2-4E27-8628-47A157A69832}

{3D9F49DE-9AA9-4F84-980B-A0F33E90FE2C}

{FE159C31-4791-4FC5-A69A-7B46BB3BCC91}

いやー、コマンドーは何度見ても面白いですね!!
早速私もDVDを購入して、みんなに負けないコマンダーになろうと心に決めましたよ!!
{7192789D-0C4E-4C5E-91E7-23EE21DC6148}

{047982FA-FA0D-4EAA-A0BF-83DC2D427078}

アスタラビスタ、ベイベー!!
{86F11584-BA38-46F3-A413-E1E0DBFA0B83}


AD

MATSURI ビッグボディ戦

テーマ:
こんにちは。
小柳昇龍拳です。
永らく口をつぐんで来た私だが、あの日の事を語らねばならないであろう…。
{3EE59298-198A-4935-A869-9D1308BADD0D}


A long long time ago…
そう、話は遡ること昨年の11月3日、良い実の日だ。
私は世界館でビッグボディ選手と闘うことになった。
hahahahaha…
この236cmの私を差し置いてビッグボディだって?
hahahahaha…冗談が過ぎるぜ!!

取り敢えず、調べて見た。
{CE193EAF-8D2C-4097-8463-AC09B84CE700}

{36EFC65C-C927-4778-A573-12D79700D171}

………ビッグボディさん……マジビッグボディじゃん……

まぁ、良い。
そっちが剛のビッグボディなら、こっちは柔の小柳流合気柔術よ!!

当日はジムの代表中蔵さんも応援に来てくれて、鬼に金棒、中蔵隆志にヌンチャクである。
{D54D72C2-0258-448F-97D3-A593076C23A2}

試合迄は毎回毎回永田先生に来てもらって稽古をつけてもらった。
永田先生は、ADCCとADCC柔術の元日本代表という経歴を持つ化け物だ。
それに、酒が強い。
ビールのグラスをお猪口で飲むみたいに飲み干す。
準備としてはこれ以上のものはないであろう。
{84DCBBFF-12C9-4D7A-BB68-24A35EB2AB7A}

{AF898428-1FFE-4C1C-A497-FAD938E38D24}

と言うことで、入場時に軽く弟子の3人(吉田のアニキ、みずきっくす、ぷぷりぷり男)を吹っ飛ばしてウォーミングアップ。
入場曲は下石康太の生演奏、豪華である。
{3A5CC2D3-1CDE-468D-AE43-0675347E3888}

そして試合が開始。
最初は探り合い。
何せ初対戦、ビッグボディを名乗る程の剛の者。
強力の邪神に心を奪われた男である。
何をしでかすかわからない。
………誘っているぜ………乗ってやろうじゃねぇか!!
{AD487828-7C71-4DB3-BCC1-451C62F0C11F}

と、序盤はレスリングムーブで始まった試合。

ぬ…想像以上に力が…硬い…硬すぎない?あれ?
あれれ?硬いよね?何でこの人こんなに硬いの?
え?冷蔵庫?俺、今冷蔵庫と試合してる???
と思う程のパワァの持ち主である。

しかし、私には格闘技をやる上での曲げられないポリシーがあるのだ。それは、

『全局面真っ向勝負』

なのです。

相手が力が強いとか関係無いのです。
途中からギアを上げて挑んだものの、悲しいかな効かない。
途中膝十字を仕掛けて、成ったか!?と思う場面もあったがなかなか効かない。
そこで、私はギャンブルに出た。
ビッグボディ選手が邪神に取り憑かれる前の試合や練習動画を研究して、その研究結果から私が賭けたギャンブルとは、【背負い投げのカウンター】なのであった。
そして、私は色々な形で思わず背負い投げをしたくなるように仕掛けたのだ。

『来い!来いよ!!背負い投げ来いよ!!カモンカモン!カモン背負い投げ!!』

と誘うも、ササッと小外タックルを仕掛けられ、スコッと倒されて、サクッと膝十字で敢え無く一本負け。
6:30程の試合は私の膝から下がもげるという壮絶な形で幕を閉じた。
{3CE3FC9F-4EEC-4808-B455-D37A5A36AF8D}

また負けてしまった…
茶帯の時から試合を見続けて、どうやれば彼に勝てるだろうと色々思案していた人との試合がやっと最高の舞台で実現したのに、また負けてしまったのだ。
また負けの歴史に1ページ加わっちまったよ。
しかし、それは、勝つ為の負けだ。
挑戦しなかったら負ける事さえ出来ないのだ。
負けも俺の誇りである。
対戦してくれたビッグボディ選手、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!!
ストーカーのように挑みたいと思います!!
{437348D3-4332-4649-A01B-06BCC8F73EBD}

ビッグボディ選手の親友ことシュレックさんとレフェリーの新川先生。
チームBJJカープ会。
{0B1CEF02-7618-4D64-A4FD-1C5CC80ACF6A}

今回入場曲(生演奏)とセコンドを務めてくれた下石君、入場の時アップを手伝ってくれた弟子の3人(吉田のアニキ、みずきっくす、ぷぷりぷり男)、いつも応援してくれる飯塚タイガーさん、娘とちゃんケンの娘、みんないつもありがとう。
{3002CF88-D42A-4B70-BCD9-42D02E95B45D}

そして、一緒に出場したATTの仲間達。
{20D23777-E40E-466F-823E-A8F2A43B6BAB}

{0689A16D-1AF0-4E66-8C21-068937B84E51}

みんなふざける事しか頭に無い。
だが、それが良い。

終わってからは打ち上げ。
そろそろ勝利の美酒に酔いたいのぅ。
{4596B45D-3ABC-44F1-BD02-132E52502588}


AD

戦え 何を 人生を

テーマ:
{4D71701F-6FD6-4575-BF5C-56FFDD616B0C}

これを見て綺麗と思ったであろうか君は?

私は怖い!!

こいつが怖くて怖くて仕方がない!!!

そう、これは、この閃光のようにちょっとだけ綺麗に思わせておいて凶悪な存在のこれは、FF6で言えばオメガウェポンの様な存在なのだ。
{949CD6F3-936D-418E-9E70-E871278AD6C2}


そう、そのオメガウェポン的パワァの存在のこやつは、尿酸の結晶なのであるヒェェェェッ!!!!!

ところで、私は総合格闘技を現役でやってた時は、尿酸値が9.4あったのだ。
まさに、いつ痛風が爆発してもおかしくない状態だったのだ。
そりゃそうだ。
身長236cm(推定)の大巨人が試合時になると70kgとか76kgとかに落とすのである。
ヒョロヒョロ、いや、骨皮筋衛門といっても過言ではない。
{BE572B75-BAE8-4FE1-9675-BD168EDFBC57}
↑当時の写真がコチラ。わずか3年前である。

あの減量と言う奴は地獄だった。
朝起きて水分を取る、ワークへ行く、練習で水を出す、水を取る、走って水を出す、水を取る、半身浴で水を出す、水を取る、寝るの繰り返し。
飯も噛み締めたら味が出てくるんじゃ…とか言いながらシリコンスチーマーで蒸した何かを食う日々…
歪みが出て当然だ。
そんな生活をしてたら尿酸値がうなぎ登り!
正常値の上限7を一瞬で振り切って、欽ちゃんとシンゴちゃんが「やったーやったーー」ってのん気に叫んじゃうくらいに上昇!!
軽く痛風がいつ如何なる時に発症してもおかしくない9.4まで行ってしまったのである。
クワバラクワバラ
{CEEAD310-4DD6-4578-B871-02AEE839DE27}

しかし、引退して2年間、一度も減量をしない日々を過ごし、体重は95kgに到達。
まさにDE-BU。
{FCD39890-E56D-444C-ACCB-83CBC5525226}

あの強靭で有名な柔術衣がビリリッと破れちゃう、まごう事なきDEBUである。
しかし、去年の健康診断でなんと尿酸値が急降下で6.4に。
やはり、人は適度な運動と家で食う愛妻料理が一番なのだ。
ちょっとだけお肉は乗ってるけど、まぁ良いじゃない。
あの恐ろしい痛風の恐怖が過ぎ去ったんだもの。
{A5A44FFB-253B-4426-8896-638F4D350506}

と、安心していたのだが、今年まさかの尿酸値8.3で再検査に。

この一瞬安心させておいて地獄に叩き落すやり方は酷いじゃないか!!

まぁ、前日酒を飲んで行ったのが悪かったのであろう。

最近身近で大変な事が多いんだけど、そんな時こそ戦わなければならないのである。
人生を、戦え!!
ととある歌手が言っていたな。
長い戦いかもしれないし急に終わっちゃうかもしんないけどね。
{D01C441A-8D45-4106-8CBA-ED8609296DB4}

この師範感1,000,000%の写真が今の私である。
太ってる人を貫禄があるって良く言うけど、まさにその通りじゃのぅ。

痩せましょ。
せめて83kgぐらいに…

目指せ柔術全日本選手権黒帯ミドル級優勝!!
目指していたゴールはスタートだったんだ。
ってのも誰かが歌ってたな。
黒帯を目指していたけど、本当のスタートラインに立ったってだけだもんね。
AD