1ヶ月ぶりの更新です。
授業も今週が5回目。
撮りためた写真とともに振り返ってみます。



4月の土づくり。こちらはST用の畑。少人数ですが、役割を分担し上手に動いています。



第2イネーブルガーデンでのセミナーハウス内での講義。
人口密度も高く、「あつ~い!!」
これからは外の日差しが更にきつくなり、室内が涼しく感じるようになります。


こちらは学内での講義中。
今年は植物の名前をパワーポイントを使ってテンポよく覚えています。
花、野菜、樹木、これらをミックスしたスライドで、順番に答えていきます。
簡単な野菜が当たると「ラッキー!!」なんて声も。
植物すべてを覚えることは困難でも、「調べることができる」ことが大切です。
園芸療法士を目指すみなさんには、それぞれの季節にご近所の庭先で花咲く植物の名前は知っていてほしいのです。


第1イネーブルガーデンでも樹木やハーブの観察をしています。

今日のハーブの授業では、家族や友達、先生、先輩に紹介したい「自分のお気に入りのハーブ」を選んでもらいました。
触覚、嗅覚、時には味覚もフルに活用して、選んだ理由も書いてもらいました。

さて、どんなハーブ人気ランキングができるでしょうか!
もう1クラス分が終了してから、まとめて発表したいと思います。





AD
おはようございます。
先週、入学式が終わり今週から授業もスタートしています。
園芸療法も今日が1回目。
どうか雨が降りませんように。

ガーデンでは

ベニバナトキワマンサクの花が満開です。

その手前にはジューンベリーの白い花がモコモコ。

強風が多いこの季節、ジューンベリーの花は散りやすく楽しめるのは今だけ。あとは赤い実が実るのを心待ちにしたいと思います。

ハーブも少しずつ花を咲かせています。
こちらはボリジ


キャットミントも咲いています


まだまだ今から楽しみですね!
AD

色とりどり

暖かい日差しに誘われて桜が満開に近づいています。
今日の冷たい雨で小休止でしょうか?

大学のイネーブルガーデンでは、、、

クリスマスローズがまだまだ綺麗です。
宿根草のクリスマスローズは、夏場も葉を残し、毎年咲いてくれる万能選手です。


色とりどりのパンジーは、去年の1年生がプログラム実習で植えてくれたもの。


最近はこんなフリルのパンジーが人気です。
確かに華やか~!
そしてその奥には満開のユキヤナギ。


その株元には黄色いスイセンと青紫のムスカリ。

木々の新芽も出始めて、穏やかに春が訪れています。

AD

春の兆し


先週、少し暖かだったので、第2ガーデンではフキノトウが顔を出しました。

見上げると満開の梅!


今日はあいにくの曇り空で、写真写りがイマイチですね。

春からの授業に向け、畑の準備を始めていますが、風は冷たくとも、日差しは暖か。ずいぶん過ごしやすくなりました。

秋冬に授業で作った寄せ植えの鉢から、球根の芽が出て葉が伸びてきました。
みなさん、興味を持って、見てくださいね。

春は少しずつ近づいています。

水曜クラスでは

テーマ:
前回の記事では火曜クラスの訪問園芸療法について紹介しました。
今回は水曜クラスの「みどりのおもてなし」が終了したのでそちらをご紹介!

 
事前に役割を決め準備を進めてきました。
1年間園芸療法を学んだ「総まとめ」としての実践です。

大学の先輩方も関連施設の皆様も寒空の下、たくさんお越し下さいました。

 
「お楽しみガーデン案内」では第一イネーブルガーデンへ向かい、「宝探し」をしました。
植物の間に隠したお宝を見つけると野菜の種や小さなプレゼントがもらえたようです。
薄日がさしていたものの風は冷たかったのですが、ハーブなどの植物を眺めて写真撮影をされるなど、ガーデンでのひと時を楽しんでくださっていました。



室内では「オリジナル フォトフレーム作り」をご紹介。
飾りに押し花を使ったり、今年の干支のサルのモチーフを貼り付けたり、と園芸療法のクラフト作りを体験していただきました。

カフェコーナーでは「梅ジュース」「ベリーミルクジュース」などの飲み物と、「スイートポテト」「ベリーソースのケーキ」などのスイーツを1つずつ選び、ほっこりしていただきました。

 
お帰りの際にはみんなで育てた野菜をプレゼント。
「福袋」にハクサイ、ミズナ、ホウレンソウ、ダイコンなどなど詰め合わせました。


とても寒い1日でしたが、お帰りの際には皆様の笑顔があふれていたことが印象深かった、と学生の感想にもあがっていました。
朝早くから夜遅くまで準備を頑張ったからこそ引き出せた笑顔なのかもしれませんね。

大人数と少人数での説明の進め方が難しかった、との感想も出ました。
全体を見回しながら、わかりやすく皆に理解してもらうにはどうすればよいのか?
今後の授業、実習、そして作業療法士・言語聴覚士となってからも必要なことですね。
幾度も実践し、その都度修正しながら進めていくうちに見えてくることでしょう。


「みどりのおもてなし」にお越しくださった皆様、ありがとうございました。