花と暮らす。

八幡町のガーデンゴッコラで日々のこと。
土日定休(祝祭日営業)
月・火 13:00~18:00
水・木・金 11:00~18:00
https://garden-gotukola.com
仙台市青葉区八幡1-1-30


テーマ:

下着はたいてい買うものです。

だって作ることなんかできないはず。

 

布ナプキンは作ることができます。

買わなくても理屈がわかれば買ったものより快適。

 

でも、ふしぎだな。

学校では お金の流通のしくみや

働いてお金を稼ぐ方法は教えてくれるのに

一番単純な 自分の体を守ることを教えてくれない。

たとえば布ナプキン。

 

10年前に布ナプキンの気持ちよさを知ったのは

たまたま ネットに流れていた

小さな情報。

ほんとかうそか そんな不思議なものがあるのなら試してみようと

手探りで始めたことでした。

 

こんなに体に気持良くて

すごいものをなんで学校で教えてくれえなかったのだろうと

今 ゴッコラでお手伝いをしてくれている佐藤さんと一緒に

普及活動を始めたのは ただ 知ってほしいという一念で

手弁当で走りまわっていました。

 

そんなことをしているうちにいつしか

布ナプキンという言葉も社会にだいぶ浸透して

認知され 社会的な流通に乗っているぐらいから

その活動は小さくなっていました。

 

今だにそうした活動をされている

今年始めに参加した才田春光さんの講演会で

スナフという 柔らかい布が紹介されました。

柔らかくふわふわとしていて 気持ちの良い布です。

これはスカーフにもマスクにも風呂敷にも

布ナプキンにもフンドシにもなりますと。

フンドシはいままで知人友人に教えてもらって3度ほど体験していましたが

布の感触が合わなく すぐに使わなくなってしました。

 

そんないきさつもあり

フンドシがどのくらいいいのか私にはよくわからなかったのですが

今回 才田さんがすすめるそれを

ちょっと試してみようかな(何回やっても懲りない性格)と、

布を購入して 簡単にひもで留めて使ってみました。

 

あれ?いままで使った時はごわごわしたけれど

今回は 何もつけていないようだけれどあたたかくて

きもちいい。

何もないのに暖かいって不思議だな。

 

そんな感触でした。

ゴムが体を締め付ける弊害を

古武術の甲野さんのヒモトレで聞いてはいたけれど

なるほど

 

脚の付け根のゴムの締め付けのなさの気持ちよさは

格別です。

 

フンドシですので前はおおわれていても

体の側面に布地は来ないので寒いのだろうか?と

思っていたのだけれど 不思議とこれが

寒く無いどころが 体の動きを邪魔しなく

脚の動きが良くなるのも不思議。

 

もう ゴムのついたパンツははきたくないので

あわてて残りの布でもいちまい。

 

小さな布が余ったので 両脇のひもを長めにとって

知らない人が見たら(見せることはないが)

かなりセクシーなーパンツがいちまいできあがりました。

 

これはさすがに寒いだろうと、

それでも 脚の付け根をゴムで包むパンツはもう履きたくなくて

とりあえずはいてみましたら

これはこれで何も気にならない(おなかが冷えることはない)

 

たぶん心地よい生地が体に触っているだけで

体は満足している様子。

なんでおなかが冷えないのかも不思議ですが

 

ふだんはもう少し大きめのフンドシ状態のものを

前垂れの部分と 後ろ垂れの部分が(オリジナルで作って使っているので人によって

いろいろな形はあると思いますが ゴッコラデザインということで)

洋服を着たときにまくりあがるので 自然と腹巻状態になって

シャツの下にそれが来るので それはまた気持ちいいのです。

 

こんなに簡単に パンツが作れて

しかもからだにやさしくて。

 

なんで学校では教えてくれないのかなぁ。

お気に入りの柔らかいシャツやネルでも

自分の肌が気持ちいいというもので作れば簡単でお金もかからないでパンツになる!

わたしはひもの部分だけ 直線縫いで(三分くらい)かなり荒く縫い留めてあるけれど

 

綿のひもや晒を細く切って腰ひもにすれば

フンドシ本体に縫縫い付けなくてもOK

現に才田さんは ひもで腰に巻くことを推奨していました。

 

お金でなんでも買うことができるというのは

お金さえあればなんでも買うことができると

錯覚しがちですが

そこにはモノありき

モノには 何がどうなって

この形になったのかという経緯があって

 

メディアやブランドやコマーシャルや

誰かと比べるということで

豊かになったような気がしますが

本当の豊かさは自分の内側から

あふれるようにでてくるような気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。