ガーデンクリニック Dr.加藤雄大のブログ

美容外科をしながら感じたことやプライベートなことなど綴っていきます。


テーマ:
こんにちはチューリップ



ブログランキングに登録していますニコ

下のボタンをクリックして頂けるとランキングが上がりますのでよろしくお願いしますラブラブ



にほんブログ村



美容外科で目元の印象を変えたいと思ったときに


大きい変化を望まれる方と


さりげない変化を望まれる方がいらっしゃいますびっくり




一概には言えないし、あくまで一般論なのですが


どちらかと言えば二重の手術や目頭切開は変化量が大きいため、ガラッと印象を変えやすく


目尻切開やグラマラスライン形成はさりげない変化を求める方に向いているような気がします。



もちろん変化量はどちらの場合でもコントロールできますし、患者さまの元々の目の形によって向いている手術は変わってきますが。



今回は目尻切開とグラマラスライン形成で、さりげなく優しい印象に変化された方のご紹介です。








もともとつり目気味(特に右目)でしたが、下瞼がしっかりと開き、かなり優しい目になったように思います。


ご本人にも満足して頂いたようで良かったです爆笑



が。。


実はこの方、術後しばらくしてから、下まつ毛が内反してしまっていましたえーん


いわゆる逆さまつ毛の状態です。





よく見ないとわからないかもしれませんが、術前は下まつげの先端が前方を向いているのに対して


術後1ヶ月の時点では上のほうに向かっているのがわかりますかね??



しばらく様子を見て頂いたのですが、下まつげが目に入ってチクチクするとのことだったので、皮膚側を少しだけ切除する修正手術をしました。







これでまた、まつ毛が前方に向かって伸びるようになりました。



グラマラスライン形成では、ごくまれに内反を起こすことがあるので、術後の経過をしっかりと見ないといけません。


通常は結膜側からの操作なので皮膚は切りませんが、内反が起きてしまうと皮膚側を切ることもあります。



下瞼の皮膚は傷が目立ちにくいですけどね。


修正して2ヶ月後ですが、皮膚の傷跡は全くといっていいほどわかりません。





色々ご心配をおかけしましたが、結果としてご満足頂けて良かったです。





福岡院の限定プランは→こちら


福岡院のスタッフブログは→こちら



現在のブログランキングは→にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)